名探偵に薔薇を (創元推理文庫)

  • 1335人登録
  • 3.82評価
    • (146)
    • (211)
    • (168)
    • (32)
    • (6)
  • 207レビュー
著者 : 城平京
  • 東京創元社 (1998年7月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488423018

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

名探偵に薔薇を (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

  • お勧め度:☆7個(満点10個)。とりあえず、積ん読本になっていた小説でした。でも、設定といい、構成といい、良くできているなあと思います。解説にもあったように、第2部の方が先にできていたんですね。
    内容的には、第1部が前振りで2部が本編とういう形は面白いと思った。それに、1部の毒々しさに対して2部での名探偵「瀬川」の苦悩の対比が面白い。真実を追究すれば必ず、不幸が生じる探偵ミステリーにとって、これほど真に問題意識を持たせる小説はないと思う。ラストの二転三転は面白かったが、彼女の苦悩の方が勝っていた気がした。

  • 誰かが書いていましたが、理想の毒薬の最も下手な使い方という点が面白かった。第2部は本当に切ない

  • いやぁ、見事にしてやられた。もうこの言葉に尽きる。
    まさか第一部が第二部の布石だったとは思わなかった。
    第二部のための第一部だったと言っても過言ではない。
    自分が読んだ中で、今年一番のミステリー小説だった。
    チラッとなかなかのミステリー小説だというのは見たが、予想以上に本格ミステリーだった。

    第一部は、鶴田が際立ち過ぎてなんとなくではあったが、真犯人が鶴田であると分かった。
    でも、第二部ではその第一部での瀬川の活躍という先入観があったからこそ、瀬川の推理こそが真実たり得るのだと思っていた。
    そればかりに真相を全く見抜けず、瀬川同様、どんどん明らかになる事実に三橋の掌の上で転がされてしまった。
    瀬川の推理こそが物語の真実だと思っていたから、まさか単純に鈴花ちゃんが殺人を犯したとは…。
    それに動機も殺害に至るまでの経緯も明らかになればどうということでもなく、よくある悲劇的なものだった。
    まあでも、女性である瀬川に惚れていたってところはちょっとだけ特殊なことになるか。
    異性であれば本当によくある動機だった。
    恋しい人に会いたい、という。
    経緯も、単純に容量を把握してなくて誤った量を使っただけで悲劇が起こってしまった。
    構成力が見事過ぎた。

    瀬川の過去も悲劇的だよなぁ。
    まさか実の妹が名探偵になるきっかけの事件の渦中の人物だったなんて。
    てっきり友達とか入れ込み過ぎた事件の人かと。
    もっと瀬川の話が読みたい。
    過去のでもいいし、今後のでもいいし。

    これシリーズ化してくれないかなぁ。
    とにかくなんでもいいから続編なるものが読みたくて堪らない!続編求む!
    最後の瀬川が切なすぎて、救いを与えてほしい!

  • 第一部よりも、第二部の方がスピード感があり、さらに人間的なドラマがあるが故に、名探偵と称される瀬川も惑わされている。ラストでは自分の存在意義をもとめて名探偵であろうとする彼女の「助けて」という悲鳴にも近い声がありありと聞こえる、気がする。
    私は単純なので、ミステリを読むとき挑戦はできない(そもそも謎解きの楽しみは求めていない)のだけれど、先入観だけは捨てて読もうと決めている。が、今回も無理だった。結局、人は見たいものしか見れない、そこを突くのが、ミステリ作家の腕でもあるのか。
    タイトルは謎。作中に登場する少女を百合に例え、それにかけて何か花をもってくるのであれば、名探偵にこの世界が少しでも優しくあれ、という意味を込めてせめて棘のない花を選んで欲しかった。たとえば「名探偵にたんぽぽを」とか。(うーん。タイトルとしてはいまいちだ)
    誰かすっきりする答えを教えてください。
    それにしても、帯はよろしくないかと。解説の最後もまた然り。

  • 小人地獄という特異な猛毒を巡って起こる事件。
    1部は2部への伏線と主要登場人物の説明といった感じで、1部のおかげで2部は物語にすっと入っていけた。
    どんでん返しに次ぐどんでん返しで、後半はスピード感があって面白かった。続編 を出して欲しい作品。

  • 前半読んだとき、「おお、乱歩のようなおどろおどろしさ。こういうの好き」とかなりワクワク。
    名探偵の登場でワクワクは最高潮に達したのだが、その解決があっさりしすぎててちょっとがっかり。もうちょっと盛り上げようがあったんじゃないかなあ、と。

    この時点で、本書は「佳作」。悪くはない、むしろいいんだけど、まあ普通に良い、というくらい。
    しかししかし、最後が、あれですかー!!!ああなったあとに、またああなりますかー!!!

    いやもうびっくり。2つの中編を集めた本かと思いきや、1つの大きな物語が語られていたのですな。
    いやまあ、細かくは若干気になるところもあるんだけど、そんなものは小さい。小説としての完成度は高い。☆5つです。

  • 2015.1.25(土)読了。
    ミステリー小説を探して、すごく評価されているようなものを読んで、それなら読んでみようと購入。期待が大き過ぎたのか…はたまた私が読み崩せなかったのか…ヒットしませんでした。2部は面白いかな?と思ったけど、二転三転し過ぎです。最後も取って付けたような気さえします。残念だー。残念です。

  • 読破するとタイトルの意味が分かる、といったことが帯に書いてありましたがすいません、読み取れなかったのか、理解できませんでした。
    そもそも、なぜ一昔前の言葉遣いとか言い回しが必要なのでしょうか? 舞台、現代ですよね? 昭和初期とかじゃないですよね? なんで??
    もう、読んでる最中から疑問符ばっかりが頭の中を飛び交ってて仕方がなかったw
    三橋と瀬川(名探偵?)の関係性が、どっかで見たこと(読んだこと)があるような気がして仕方なかったし。確か「空の境界」や「DDD」とかの奈須きのこ作品で、似たような関係性の男女があったような・・・
    つか、自他共に認める天才=名探偵で自称もしていてそれを業のように負っている、そのわりには自分が絡んだ途端に思考が回らなくなるとはこれいかに?(つまり、肝心要の2部での ていたらく っぷり) それで『名探偵です』って名乗ってていいのか?とか、ツッコミどころがありすぎw

    解説文を読んで、ようやく2部構成の意味が分かりましたが(なぜそうしたのか、そうなったのか、という点だけは)、付け足されたお話だという1部の方が、正直まだマシだったような気がしました。肝心の、それも先に書かれたという2部の方が、どうにも馴染めなかったのでw
    結果としては、同作者さんの別の作品や新作を読んでみたいという気は少しも起こりません。残念。

  • 名探偵役の瀬川みゆきの性格・言動や、使い方によっては完全犯罪が可能な毒物「小人地獄」の設定が非現実的過ぎるのですが、そこに違和感を覚えることなく、意外なほどすらすらと読み進められます。

    その原動力となっていたのは間違いなく帯の煽り文句。「第一部で読むのを止めないで……」「衝撃を与える脅威の二部構成」と書いてあれば、第二部に驚くべき展開を期待しちゃうわけで。

    ただねぇ「第二部に“何か”ある」と思って読んでいたら、それに対して構えて読んでしまうので、よほど驚異的な何かがなければビックリできないっすよね。

    案の定、真相が分かったときもそれほどの驚きはなく、期待感のわりにアッサリとした読了感。さらには、帯に「タイトルはこれ以外ありえない!」とデカデカと書かれていますが、何か読み落としてるのか、私の脳スペックがチープなせいか、サッパリ意味が分からなくてモヤモヤしてます。

    過剰に煽る帯がなければ印象違ってたのかなぁ。けれどそれがなければ真相に興味津々で読み進められなかったかもしれないし…… と、いろんなことでモヤモヤさせられて困った本でした。

  • 最近重版され書店に平積みされていたところ、帯に惹かれ購入した。初読みの作家さんで予備知識ナシ。

    2部構成をとっており、どんでん返し系のトリックが後半に用意されている。作品の構成としてはよく練られていると思う、また前半のグロ描写を含む文体にも、作家の個性を感じた。

    作品の中心には「小人地獄」なる完全無欠の毒薬が据えられている、探偵役も、読者も、その推理はこの毒の個性からスタートされるのだろう。この個性は現実的ではないが非常に面白いと感じた。

    どんでん返しが強調されてはいたが、そのトリックは個人的にはすでに経験済みのものであり、目新しくはなかった。そこまでの誇大広告には意義を唱えたいところだが、探偵の内面を抉り、彼の苦悩を(すなわち推理し真実を晒す!という行為)ここまで描いたものはかつて知らなかった。そこにこのタイトルを据えたのは、帯にあるとおりであった。(帯にはタイトルはこれしかない!のような文言がありました)

    調べてみたら城平氏はアニメ、コミックの原作なども数多く手がけているようで、ちょっと追いかけてみたい作家さんとなった。

  • 読みながら浮かぶのは江戸川乱歩のおどろおどろした作品の思い出だった。現実からちょっと浮き立ったような状況を思い描くところが似ているのではないだろうか。
    二転三転のストーリーは複雑で推理小説の答えを探り出すのは難しかった、という意味では良い作品なのですがスッキリとした推理小説ではないと感じる人間の情としがらみの描写とそれらがストーリーへ絡みついているところが私からするとマイナスな所。ちょっと残念。

  • 作風がちょっと古臭い感じでした。
    でも私より年下の作家さんなんですよね。
    謎はありがちですぐにわかってしまいましたが、そこからまた展開があって良かったです。

  • 第一部・メルヘン小人地獄と第二部・毒杯ポットの二部構成。
    ある日、『メルヘン小人地獄』という不可思議な童話がマスコミ各所に送られ、その後その内容に沿ったかのような猟奇的な殺人が起こり、、



    わずかな量で確実にしかもそれとわからないように毒殺が可能となる毒薬・『小人地獄』が関わるミステリー。
    名探偵・瀬川みゆきの名探偵としてのかっこよさを描く第一部と名探偵としての苦悩を描く第二部。
    題名からしてみれば、あくまでも第一部は序章であり、探偵小説としての本作の真髄は第二部にある。
    ―『問題は誰が、何のために毒を入れたか』である。

  • マスコミ各社に奇怪な創作童話「メルヘン小人地獄」が送りつけられた。
    そして童話さながらの殺人事件が起こってしまった。
    舞台になるのは藤田家。
    藤田克人、恵子夫妻と、娘の鈴花、そして家庭教師の三橋。
    第一の犠牲者になったのは恵子だった。
    三橋は高校生の時から名探偵と言われていた瀬川を呼ぶ。
    瀬川は即事件を解決してたところで一部は終わるのだが
    その2年後に再び事件が起こり、瀬川が呼ばれる。
    二部を読んだら、一部は序章だったのかって思うしかない。
    これは苦しい。切ない。辛すぎる。正に苦悩する探偵。
    面白かったんだけど、そう言ってしまうのが
    いけないような読後感でした。

  • 一部を読み終わったときはオーソドックスな探偵ものだと思ったけど、二部を読んで衝撃を受けた。とにかくめちゃくちゃ面白い。

  • 『小人地獄』。それは最も完全に近いとされた邪法の毒薬―。
    始まりは、各種メディアに届いた「メルヘン小人地獄」だった。
    それは途方もない毒薬をつくった博士と毒薬の材料にされた小人たちの因果を綴る童話であり、ハンナ、ニコラス、フローラの三人が標的とされ仇を討たれ、めでたしめでたし、と終わる。
    やがてその童話をなぞるような事件が起き、床には「ハンナはつるそう」の血文字が・・・。
    そしてさらなる犠牲者が。
    混迷する捜査陣の前に、一人の名探偵・瀬川みゆきが現れる。

    2部構成になっており、第1部は上記のような内容。
    そして第2部はその2年後、小人地獄が使われた事件が起き、またもや名探偵が現れます。
    どちらかといえば、長い第1部のほうが前置き的な感じ。
    以前から気になっていた作品でしたが、ようやく読みました。
    いや、凄かったです。
    ちなみに作者は、パッと見「平城京」みたいですが、「しろだいら きょう」さんと読みます。

    物語の核となる小人地獄は完全犯罪可能な毒薬なのですが、これを使った殺人がメインではないところがミソ。
    あくまでも小道具です。
    そのため途方もない毒薬ですが、すんなり受け入れることができました。
    導入部は江戸川乱歩のようで、昭和の香りがしてとっても好みの世界でした。

    真相の二転三転も凄いですが、なにより驚いたのは探偵のスタンス。
    これまた(私の中では)新しい探偵像でした。
    事件の謎がとけて、めでたしめでたし。ばかりじゃないですよね・・・。

    いやぁ、これは久しぶりに手元に置いておきたくなった作品でした。

  • どうしようもなく救いのないこの物語、この結末をどこか美しいと感じてしまうのは罪なのかもしれない。名探偵であることはここまで重い。ミステリとしてというよりも、ひとつの小説としての完成度が非常に高いです。
    読み終えてまず思う。せめて。せめて、名探偵に薔薇を。

  • 私は受け付けませんでした。
    話を受け付けない、というわけではないのよ。最初に、「メルヘン小人地獄」というとんでもない毒薬がでてきて、それをふまえて(毒薬の存在が定義されている)…ということなんだけど、この毒薬が…受け入れられなかった。
    この毒薬、出来る過程(というの?)を童話で書かれてるんだけど、いやもうこれが気持ち悪くてねえ。読んでてこんなに気持ち悪くなったのは『眼球奇譚』の『特別料理』以来ですよ。よく最後まで読めたと思います。永久封印してもおかしくなかった。

    でも、この話って、トリックだとか謎だとかその毒薬だとかに焦点があるわけじゃないんですよね。
    瀬川がなぜ「名探偵」なのか。「名探偵」であるがゆえの、彼女が「名探偵」であったから起きてしまった事件、それに対しての彼女の苦悩、影。
    それが全てといってもいいかも知れない。それを中心に話が構築されてる。
    評価や好き嫌いは分かれそうな気がするなあ。

  • 一人の科学者が生み出した究極の毒薬。それは、赤子の脳髄を材料にしたおぞましいものだった。その毒薬の名を「小人地獄」という。

    それから33年後、小人たちの復讐劇を描いた寓話が各メディアにばらまかれる。その後、寓話をなぞった殺人事件が発生する。

    そして、名探偵が呼ばれるのだ。

    その推理力で数々の事件を解き明かし、「名探偵」と呼ばれてきた女性、瀬川。しかし、彼女は名探偵であったがゆえに、妹を死に追いやったという暗い過去を持つ。

    名探偵は彼女にとって職業ではなく、生き様。名探偵であり続けることを自分の鎖とし、自らをがんじがらめにするのだ。

    この作品は、毒薬「小人地獄」をめぐるストーリーの2部構成になっている。1部は2部の序章として機能し、そして結末は、名探偵を叩きのめすものであった。

  • 「・・・のように」「・・・のような」
    あっと驚く衝撃のラストを期待しながら読み進めたが、独特の描写表現や執筆のテンポにつまずき、そもそも話が頭に入って来なかった。
    もう少し平易で簡潔に伝わる作風の方が個人的には好み・・・というか、こういったジャンルに小洒落た文体や巧い言い回しは求めていない(汗)。
    リアルでも耽美でもなく、漫画っぽいとでも言うか・・・、自分は苦手な感じでした。

  • 名探偵が翻弄される話です。
    登場人物たちにちっとも情が湧かなくて……
    前妻の置き土産を処理をしないまま再婚した父親の神経がよくわかりません。。ラストの逃げ場もやるせもない瀬川の描写にきっと読者は胸打たれるんだろうなと思ったけど、ハイハイ自分に酔ってる酔ってるおつかれさん、、と浸りもせずそそくさと読み終えた自分の感受性がそもそもゴミなんだと思います。

  • 第二部を読み終えた時、瀬川のことを考えるととても切なくなりました。
    彼女は何も悪くなく、ただ名探偵として自分に出来ることをしただけなのに。
    でも、人生ってそういうものですよね。
    自分には悪気が無く、出来ることをしただけなのに、他人からはまた違うように取られてしまって自分の思った通りに事が運ばない…。
    そんな当たり前のことをうまく使ったミステリだと思います。

    ***********************************
    スパイラルの時から大好きな作家さんの作品。
    やっと読むことができてとても嬉しかったです。
    スパイラルが好きな方は、きっとこの「名探偵に薔薇を」も口に合うと思います。

  • 第1部 メルヘン小人地獄
    不気味な童話になぞらえた
    猟奇的連続殺人事件が発生。
    33年前に地方紙を賑わせた
    謎の毒薬・小人地獄が
    関係しているらしい。
    友人の三橋に助けを求められ、
    名探偵・瀬川みゆきが事件に挑む。

    第2部 毒杯パズル
    小人地獄事件に巻き込まれた
    藤田家を再び襲った不可解な事件。
    またもや小人地獄が使用された。
    捜査が進展しない中、
    三橋は再び瀬川に事件解決を委ねた。


    第1部はなかなかグロテスクで
    凄惨な事件だった。
    ミステリとしてはさほど
    満足度の高い物ではなかったが、
    筆者の個性的な言葉選びと
    毒薬にまつわる
    ファンタジックで怪奇的な話が
    魅力的な事件だった。
    何と言っても本題は2部。
    多くを語る事はできないが、
    この2部はミステリとしてより、
    名探偵に降りかかる
    名探偵故の苦悩を描いた物語、
    読み物として一級品だった。
    後半の怒涛の展開、
    そしてあの何とも言えないラスト。
    タイトルがたまらない。
    少しはミステリを読んでいる方だが、
    これまで読んだ中でも特に印象に残る
    味わい深い一作だった。

  • キャッチーな前半と核心部の後半という2部構成が効いているミステリー。
    事件自体は王道だけれど、みゆきの描き方が凄まじく重くて悲しい。

  • 名探偵の叫びと祈り
     本書は2部構成になっており、第1部は家庭教師の三橋荘一郎、第2部は探偵の瀬川みゆき視点で描かれています。
     第1部はそこまで優れた出来ではありません。「小人地獄」という毒薬だったり、瞬時に謎を解く名探偵であったり、どこかすっきりしません。しかし、第2部を語るうえでは必要不可欠な要素です。
     第2部は名探偵の苦悩、葛藤を1つのテーマとしており、普通の探偵小説では窺い知れないセンシティブな一面を垣間見ることができます。そして、鮎川哲也賞に落選した要因と思われる◯◯について、これこそがこの作品の最大の栄誉であると思っています。ここまで引き込まれたのは久々でした。
     世の探偵諸君、これが名探偵になるということだ。

全207件中 1 - 25件を表示

名探偵に薔薇を (創元推理文庫)に関連するまとめ

名探偵に薔薇を (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

名探偵に薔薇を (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

名探偵に薔薇を (創元推理文庫)の作品紹介

創作童話『メルヘン小人地獄』をなぞるように発生した事件を名探偵が推理。

名探偵に薔薇を (創元推理文庫)のKindle版

ツイートする