プリズム (創元推理文庫)

  • 1929人登録
  • 3.22評価
    • (54)
    • (230)
    • (542)
    • (105)
    • (14)
  • 255レビュー
著者 : 貫井徳郎
  • 東京創元社 (2003年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488425029

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

プリズム (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

  • ミステリーの一つの形としてこういったものもあるらしいが、やはりスッキリしない。
    被害者に関わりのある人々がそれぞれのやり方、視点で調査をして一応の結論を出すが、次の章ではまた覆される。誰かが嘘をついている可能性もあるのだが、それは最後までわからないしハッキリしない。少なくとも、作品をスッと読んでいる限りでは分からない。

    被害者に感情移入出来るかが、一つのこの作品を評価出来るかどうかのポイントになりそうだが、自分はダメかな。

    それにしても警察の捜査はどうなっているのでしょうか。

  • 面白かったが自分が読みたいと思っていたような内容ではなかった。
    結局真犯人は分からずじまいでいくら考察をしても永久に答えは出ないようにできている。
    確かにそういうミステリがあってもいいとは思うが私は読んだ後に真実が把握できるものが読みたかった。

  • 著者の作品を初めて読みました。
    衝撃的でした。
    それぞれの視点で推理していく過程がゾクゾクした。
    結局真相は…?

    というのもこの作品の魅力なのだと思う。

  • 2013.11.24読了。
    犯人は誰!途中で『あれ、これ最終的に犯人分かるの?』と思ってしまったら、本当に分からずに終わってしまった。
    ミステリーって難しい。
    こういうミステリーもありなんだと思うけど、私はしっかり犯人が分かってから遡ってみて『あ!ここね!』みたいなのが好きだな。読んでるときは面白かったけど。
    …ゆかりは井筒が美津子のアパートに行った時間を嘘ついたのはなぜだったの?嫉妬から?

  • ある意味途方もない物語ですね…
    この中の誰かが嘘をついているのかもしれないし、ついていないのかもしれない。だとしたら別の人ということになるけれど、とてもそうは考えられない。だとすると、やはり…のエンドレスリピート。読んでいれば答えは判明するのかなと思いきやいつまでも事態は快方に向かわずぐるぐると停滞するばかりの、ふーむ、もどかしい…
    貫井さんお得意のじめっとなまあたたかい後味の悪さ。さすがです。

  • 解決しないのかぁ。面白いけど、こんな小学5年生いたら嫌だw

  • ミステリ好きの自分には物足りない。
    同じ作者の慟哭を読み、他も気になったので借りてみた。
    解説では、ミステリの中でのマイノリティ分野に
    挑戦したとあるが、大いなる謎解きの快感を好む人に
    とってイマイチ感はいなめない。

    アガサクリスティ「招かれざる客」にも似ている

  • 「慟哭」が素晴らしかったので、では他の作品は?ってことで本作。選出の理由は、「国内ミステリーマストリード」より。なるほど、真相は闇の中のまま、多方面からの推理を元に、それぞれの解答を読者の中に求めるパターンか。知的遊戯としてのミステリにあまり魅力を感じない身としては、こういう系の作品には正直あまり惹かれないのです。「乱反射」も買ってみたけど、読むのはいつになるかな~。正直、遠のいた感じです。

  • 貫井氏の作品にハマってしまいました。自分がこういう推理小説が読みたかったんだと再認識しました。
    被害者が多面的に、まさにプリズムのように描かれますが、探偵役となる人物及びその中で語られる人々もまさにプリズムのように描写され、どのようにでもこの殺人事件(事故とも推理可能ですね)という事象を解釈することが出来そうです。どのように解釈するかによって読者の心理まで試されているようで少し怖い気もします。
    遅まきながら私の貫井シンドロームは終わりそうにありません。

  • うん…うん…
    で、誰なんや?
    私は嫁だと思いました。

  • プリズムという作品名はまさに。しかしながら、どうしてもハッキリとさせたい人間のため読後は物足りない感じ。三者三様な素人考えの交錯。で、結局!?とワクワクしていただけに少し残念だった。

  • 慟哭が面白かったので読んでみました。
    最後の落ちが物足りず少し残念。

  • プロローグを読んで、なぜあんな終わり方にしたのか理由はわかったけど、面白かっただけに、終わりも満足な展開を期待してしまった。

  • 被害者である山浦美津子の人物像が面白い。
    人は見たいものだけを見るものだ。
    ある人にとってはとても魅力的に思える一面も、ある人にとってはどうしても好きになれない一面でしかないこともある。
    誰からも愛される人だったけれど、私にとっては「疲れる」人だった。
    朗らかでかわいらしく、我が侭で他人の気持ちがわからない、子どものような人。
    何もわからないお嬢さんだったから。ぜんぜん悪気なんかなく、他人にいやな思いをさせる人。
    堅すぎず、かといって軽薄にはならず、適度に抑制があり、適度に奔放だった。
    美津子の死に疑問を持った人間たちが、それぞれその謎を解明しようとする。
    もちろん警察とは違って捜査が出来るわけではない。
    自分たちの調べられる範囲でわかったことをもとに、憶測していくのだけれど。
    真犯人は結局わからないまま物語は終わる。
    この手法って前に読んだことがあるような気も。
    それでも十分にミステリーの面白さを堪能できる物語だったと思う。
    結着がつかない物語は消化不良のようで苦手という人以外は楽しめるのではないだろうか。

  • 女性教師が殺されたところから始まる。それぞれの登場人物が犯人を推理していくが、仮定を置いているのでどこまで確かなのか分からない。で?と言いたくなる一冊。

  • ミステリの感想というのは書きにくい。
    一番ネタバレしちゃいけないジャンルだからなあ。

    これはひとつの殺人事件に対して、何人もの登場人物がそれぞれの推理をしていく話。
    だから被害者とのつきあい方によって、被害者の人となりが違って見えてくる。
    タイトルは『プリズム』
    なるほど。

    でも、この被害者は違う一面を見せているわけではないと思う。
    彼女の性格を、受け取る側が好もしく思うか嫌悪するか。
    これでは人物描写としては浅い。
    まあ、ミステリは必ずしも人物を描かなくてもいい場合もあるのだけど。

    部分的にも全体的にも、突っ込みたいところはある。
    でも、登場人物たちがそれぞれの理由で事件の真相を知ろうと考え、推理するというスタイルは好き。
    だって、ひとつの事件でいくつもの解決編を読めるのはお得でしょう?

    必要なのは真実ではなく、自分が納得するということ。
    そういった意味では、私は必ずしも納得できなかったので、自分なりの解答を考えなくてはいけないなあ。にこにこ。

  • 【あらすじ(Amazonより)】

    小学校の女性教師が自宅で死体となって発見された。傍らには彼女の命を奪ったアンティーク時計が。事故の線も考えられたが、状況は殺人を物語っていた。ガラス切りを使って外された窓の鍵、睡眠薬が混入された箱詰めのチョコレート。彼女の同僚が容疑者として浮かび上がり、事件は容易に解決を迎えるかと思われたが…。

  • 始まりがうまい
    いつもページにきりがつかない

  • 正にプリズム。視点によって事件の見え方のみならず、被害者やそれを取り巻く人物像も様々に変化する。物語中では様々な仮説が構築されるが、読者の目線からまた別の仮説を構築することも可能な、うみねこで言うところの『ゲーム盤』のような一作。共に仮説を構築して議論してくれる人が身近にいれば、濃密な娯楽となるだろう。あとがき、及び解説も秀逸で非常に面白かった。本格ミステリの3つの源流を辿りたくなった。

  • 著者の作品を読むのは初めてでした。
    読みやすかった。
    重い、深いというのはなくて、いい意味で浅く広く
    老若男女の別なく、好き嫌いなく読めるような作品かなと思いました。
    また違う作品も読んでみたい。

  • 光の当たり方によって見え方が異なる。ネーミングセンスも好きです。

  • 2/25生まれの作家だったので。話題のバースデイ文庫で購入。
    思っていた結末と違っていた。「藪の中」を読んだときと似た読了感。
    フォロワーは喜んでこの作品についていくのだろうなあ。
    解説にあった乙一や本多孝好は好きだけど、私には合わなかった。
    いかんせん心情描写がなさすぎる。機械的に事件が起きて、それを推理していく流れ全てに人間味を感じない。まず推理する動機が不自然過ぎる。
    登場人物の心情描写が弱いあたりは、「謎解きはディナーの後で」とか、「貴族探偵」に少し似ている気がする。
    読者自身が推理することを楽しめるなら、この作品も合うのだろう。

  • 読みやすいし、なにより構成はめちゃめちゃ面白いと思いました
    でもやっぱラストに関しては好き嫌いが別れるところかな~嫌いではないです、でもめちゃめちゃ好みでもなかったです

  •  誰からも愛される若くてきれいな女教師、山浦先生が殺された。教え子たちはこの殺人という異常事態に興奮し犯人捜しを始める。
     容疑者として浮かび上がったのは同じ小学校の教師である南条だった。驚くべきことに山浦先生は彼から送られてきた睡眠薬入りのチョコレートを食べてから死んだのだった。
     しかもクラスのマドンナである山名さんも南条が生理的に嫌いだと言っている。これは間違いないぞ!
     だが綿密な調査を進めていくうちに容疑者は南条からマンションの管理人、小学校の女教師である桜井へと移っていく。
     どうなってやがry。一体誰が犯人なんだ、何が動機で、なぜ山本先生は死ななければならなかったのか!
     次回『結果ではなく過程』――見る人間によって対象の人物像は異なる

  • えーっ(゜□゜;)!!こんなオチ!?
    楽しかった…楽しかったのに…真相はご想像にお任せしますかよ!!こんなんイヤー!!
    パキッと!パキッとした解決が欲しいのに!
    『プリズム』っていうタイトルは見事だよ…。

全255件中 1 - 25件を表示

プリズム (創元推理文庫)に関連する談話室の質問

プリズム (創元推理文庫)に関連するまとめ

プリズム (創元推理文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プリズム (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プリズム (創元推理文庫)の単行本

プリズム (創元推理文庫)のKindle版

ツイートする