明日の空 (創元推理文庫)

  • 405人登録
  • 3.05評価
    • (3)
    • (33)
    • (85)
    • (27)
    • (2)
  • 55レビュー
著者 : 貫井徳郎
  • 東京創元社 (2013年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488425050

明日の空 (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015年12月19日読了。
    2015年226冊目。

  • 『私に似た人』に続き、貫井作品ちょうど20作目。貫井先生にしては珍しい青春ミステリィ。確かに“どんでん返し”でした。二章の主人公が一章の飛鳥部君だと、思ったんだけど違った… (^^; 三章に至っては(山崎さんが)今度こそ飛鳥部君かと思ったら、また違った… (^^;; こうゆう結末を迎えるとは思いませんでした。面白かった!星四つ。

  • 意外性はあったけど、登場人物が全員なにか嫌だ


  • 社会派事件を題材に扱ってきた貫井氏としては、かなりの異作の青春もの。
    一人称が私の女性もはじめてだ。

    帰国子女の高校生の持つ、日本の風習への不安、社会主義国ではないのに、出る杭は打たれるという村社会根性の文化。
    黒人が白人の財産と扱われていた差別の時代が長い年月をかけて、大統領に選ばれる時代が来るように、明日は必ず晴れる、と。

    高校生から大学生へ。
    貫井氏の描写する人の心は、相変わらずだが、ミステリでありながら、読了後は爽やかになる一冊でした。

  • あー、、
    物足りない感じだった。
    ミステリとしても、青春モノとしても。
    恋愛も。
    アンディの行動はうまく行きすぎでは?
    飛鳥部くん、、イメージ変わりすぎ。
    大学のサークル、印象悪すぎ。
    エイミー呑気すぎ。
    山崎さん、どうしたいーー

  • あらすじを読んで読んだことない本だ、と思って読み始めたのに、既読の本であることに途中で気づいてちょっとショック。

    初めて読んだ時にも思ったけど、身近にまったく血のつながらないソックリさんがいるってリアリティないよなぁ。

  • 貫井さんらしくない単なる若者の恋愛小説かと思いきや、終盤で展開が…。でも、他作品とは異なり淡々とした青春ミステリー?でした。今回は後味も良く、スッキリとした読後感。こんな作品も書かれるんですね、貫井さん。

  • 帰国子女の女子高生・栄美が初めの語り手。第一章は学校生活やほんのりとした恋愛に一喜一憂する栄美の生活が語られる。ここだけなら殆ど青春小説のようです。
    第二章。語り手が変わって、男子大学生と黒人のアンディとの話になる。これも、二人の文化を超えた友情に終始して、ミステリー要素は薄い。
    第一章、第二章ともに、大きな盛り上がりはなく、うっかりしてると謎やヒントを読み飛ばしそうになるんだけど、「ん?」と引っかかる部分が随所に残り、三章でそれが綺麗に解かれていきます。
    読んでいて、伊坂幸太郎の「アヒルと鴨のコインロッカー」みたいな構成だな、とチラッと感じました。
    なので、第二章の語り手が、一章で出てくる飛鳥部だと思わせるように書いてあるんだろうなって言うのは初期から気付いたけど、アンディの正体はちょっとわかりませんでしたね。やられた。
    主人公をアメリカからの帰国子女設定にしたのは、アンディの人種に対する描写がさほどなくてもいいのと、英語脳の問題があったからだったのですね。

    最後はホロッときました。
    私は、自分の命が付きそうでも、誰かのことを考えられるのかな……。

  • 表紙に夏を感じたので手にとってみた。短いのですぐ読み終えた。
    ミステリーとしてはイマイチだが、青春ストーリーとしては面白かった。ミステリーにしなくても良かったんじゃないかな?
    安易に登場人物同士でくっつかないのもいい。

全55件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

明日の空 (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

明日の空 (創元推理文庫)の作品紹介

ある人との出逢いをきっかけに、栄美の高校時代の思い出はまったく別の形を見せてゆく──。「誰かのために」清廉な願いを名手が鮮やかに描いた、忘れがたい青春ミステリ。

明日の空 (創元推理文庫)の単行本

明日の空 (創元推理文庫)のKindle版

ツイートする