春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)

  • 6467人登録
  • 3.60評価
    • (487)
    • (982)
    • (1321)
    • (132)
    • (26)
  • 871レビュー
著者 : 米澤穂信
  • 東京創元社 (2004年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488451011

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人の死なない日常ミステリーは嫌なドキドキ感がないから安心して読めるので好き。

    「小市民」になろうとしている小鳩くんと小佐内さんの二人の何とも言えない距離感が面白い。この先もこの距離感を保っていくのかも気になるし、
    小市民になるのを忘れて素の自分に戻ったときの小佐内さんのギャップもすごい。小佐内さんの過去が非常に気になる。

  • 古典部シリーズと比べて推理の対象が小規模(なくなったポシェットを探したり、美味しいココアの作り方を推理したり…)なのは、この物語の主役が小市民を自負しているからだろうか。小鳩くんと小佐内さんの雰囲気はとても緩やかで可愛らしい。私も彼らと同じく小市民でありたいので、共に小市民クラブ活動をしたいくらいだ。

  • 「小市民」として穏やかな生活を送るために、お互いを楯にし合って、
    面倒なことには首をつっこまない。

    おもしろい関係だけど、自分に能力があるのがわかってて、
    なんだかちょっと嫌味な感じ?と思いつつ
    おいしそうなクレープやいちごタルトに目を奪われつつ読んでいたら。。。

    「小市民」たることに小鳩くんより熱心だった、影の薄い小佐内さんが
    大事ないちごタルトを乗せた自転車を盗んだ犯人に遭遇して
    小動物のような容姿からは想像もできないような
    本性を現し始めるあたりから、俄然おもしろくなってきます!

    小佐内さんの過去に何があったのか、次を読まずにいられない♪

  • 著者の作品では「満願」以来の読了。こちらは対照的に人の死なない日常の謎解きテイストの作品。タイトルから、今の季節に向いているのではと思い読んでみた。いちごタルトが美味しそう。ココアの章での謎解きこその日常のできごとに隠された物語が映し出されていると感じる。小さくて、可憐で儚い印象の小佐内さんと、高校生らしからぬ大人びた話し方の小鳩君。二人の関係とキャラクターが良い味に表現されているのが良い。各章の謎解きが日常の出来事から明かされ、まとまりのある終わり方でスッキリとする。二人の過去が気になるし、続編に期待。

  • 古典部シリーズにはまって、小市民シリーズも読んでみることに。
    こちらもサクッと読めた。

    小山内さんは見た目とは裏腹に、ものすんごい性分を持っているのが面白い。相手を油断(?)させるには充分な外見と控えめな行動なのに、一旦ブーストかかると凄い(笑)
    完膚なきまでに遂行するからには、行動力だけでなく頭も相当に切れるんだろうな。
    お互いがエンジン&ブレーキの役割をしているようだ。

    常悟朗は過去が少し明らかになったけれど、小山内さんの過去も気になる。次も読みたい!

  • 小山内さんのギャップ萌え。小動物的見た目なのに中身は狼って。いまだかつてこんなにギャップがある登場人物はいただろうか?
    小鳩君と小山内さんが恋愛関係にないっていうその関係性も好き。
    健吾は良い子だなぁ、ちゃんと小鳩君の中身見てるのね、変な人って自分が変だと理解しているから、他人はそんな自分を理解出来ないものだと知っている。小鳩君の場合は知らしめされたか。
    なので、そんな小鳩君には健吾という同性の友達がいるのは心強いんじゃないかと。認めてくれる人がいるって大事だよね。

  • ミステリー小説にしては読みやすくて良かった。甘いものが大好きな小山内さんがかわいい。
    小山内さんの過去が気になる。

  • イチゴタルトを持ってコンビニに入らなかったなんて、信じられない!自分の事のようにショックです。

  • 新刊で買って以来、何故か長期間積読にしていたシリーズ。米澤穂信大好きなのに何故…。米澤氏がラノベ的作家からすごい勢いで成長していく過程で読む時期を逸してしまった。

    中身はお馴染みの米澤ワールドで古典部よりもさらに地味で乾いた風味。この作者の、全てに対する微妙な距離感がいいんだな。

    余談ですが、印象派の絵に対する小鳩君の感想はよくぞ言ってくれました、我が意を得たり、てな感じで嬉しかったよ。

  • 目立ちたくない、出しゃばりだとか鬱陶しいとか思われたくない、というのが本心でも、つい、知っていること、気づいたことは得意になって喋ってしまったり、お節介な口出しをしてしまったり、するものである。寛容でいたいと思っていても、ムカっとくれば意趣返しをしてしまったりするものである。人間だもの。
    注目を浴びたいと思っている人がいる一方で、小市民たれ、と心の中で呟いている人は、結構多いと思う。小鳩君や小山内さんのように、封印したいほどの過去を持たずにいるのは、彼らほど才能がないからに過ぎないかもしれない。
    …解説の最後の一文は、まさにまさに。小山内さんの過去、すごく気になる。

    謎解きの結論よりは、過程が楽しい青春もの。そう、青春だ。間違ってもかぼちゃタルトではなく、いちごタルトでなくてはならない。
    どうして秋に読んじゃったんでしょう、私。

全871件中 1 - 10件を表示

米澤穂信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
ZOO
乙一
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)に関連する談話室の質問

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)に関連するまとめ

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)の作品紹介

小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。名探偵面などして目立ちたくないのに、なぜか謎を解く必要に迫られてしまう小鳩君は、果たしてあの小市民の星を掴み取ることができるのか?新鋭が放つライトな探偵物語、文庫書き下ろし。

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)のKindle版

ツイートする