春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)

  • 6348人登録
  • 3.60評価
    • (482)
    • (968)
    • (1313)
    • (127)
    • (26)
  • 857レビュー
著者 : 米澤穂信
  • 東京創元社 (2004年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488451011

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

  • ある高校生男女の日常の謎を題材にしたもので、2人の掛け合いも可愛らしかったです!
    全体としてはあっさりというか淡々とした印象でしたが、最後の「狐狼の心」ではなんてことない日常の謎が伏線になっていたことに気づき、はっとしました。
    主人公の小鳩くんと小佐内さんがとにかくかわいいです☺︎☺︎

  • 米澤穂信さんを読んでみたくて手に取った本。
    (『氷菓』がなかったので)

    ええと…これはラノベなんでしょうか。
    正直ついていけませんでした。
    ついていけなかった、というか、連ドラを途中から観てしまった、あるいは仲良しグループの中に突然放り込まれた部外者のような、置いてけぼりの気分にさせられるのが性に合いませんでした。
    多分この、ほのめかし調の書き方は狙ったものなんでしょうが。

    小鳩くんと小山内さんは、能ある鷹が必死で爪隠して日常をやり過ごし、その日常はオムニバス形式で語られ、んで最後に各オムニバスに張られてた伏線が回収され、必死で隠してた爪もチラッと見えてしまうと。

    いやむしろ私はその爪をストレートに見せて欲しい。
    その「チラッ」程度じゃ満たされない。

    伏線回収のあたりはちょっと前のめりになったけど、そこまでが長くて「???」って感じでずっと読んでたし、やっと盛り上がってきた!と思ったら頂点まで行かず失速してゆくし。

    自分の人生のステージと、出会う本とのタイミングはとても大事。
    多分この本に関しては出会うのが遅かったんだと思います。

  • 再読。日常の謎を扱う淡々とした話なだけに、全ての伏線が繋がる最終話の展開がなかなか熱くて嬉しい。実は執念深い小山内さんの二面性はとてもかわいい。ココアの話だけはずっと覚えていた。しかし健吾くんはサブキャラながらもキャラが立っていて侠気濫れる良い人だな。小鳩くんと、特に小山内さんの過去が気になるので、シリーズ冬で書かれることを期待。最終話の最後、結局復讐と探偵をやめられない二人が面白い。続けて夏も読もう。

  • この作家さんの作品の中では、軽いタッチでサクサクと読める、と思った。

  • なかなかこじれてるしちょっと厄介に思うけどまあ年頃だし仕方ないか。古典部シリーズの方がキャラクターのバランスなどはよいというのは明確に感じる。

  • 主人公•小鳩常吾郎が物知り顔で上から目線ではらたつのりだし、小市民とか小佐内さんとの約束とか曖昧で思春期こじらせてる感じが苛々したけど、最終章でなんとか許せたかな。
    夏季限定と秋季限定も読んでみようと思う。

  • なんだかずいぶん地味なコンビだなあと思って読んでいたら、なかなかどうして。
    ただの地味な二人なら、わざわざ小市民を目指したりはしないわけで。
    二人が約束を破るラストは欲求不満が解消されるようにスッキリ。
    小佐内さんの本性は、まだまだ発揮されてはいない様子。
    続刊も要チェックです。

  • 文章は明確でよみやすいと思う。多少もってまわった言い方があり、思わせぶりだが、こういうのがなくては本当に小市民になってしまうだろう。「小市民」をめざすというのは、それなりに面白い設定だが、めざすという時点で非凡の裏返しであるから、思わせぶりはしかたがないというところか。謎そのものはまあ、途中でわかるものも多く、ありていに言えばたいして面白くないが、登場人物のキャラクターは読んでいて面白いと思う。

  • 殺人が起こらないミステリー。
    日常の中の、悪意のないような謎も謎として楽しむ。

    ミステリの主人公にして小市民たろうとする小鳩くんと小佐内さんは魅力的。軽く楽しめた。

  • 米澤穂信さんのシリーズ物第1巻です!ビブリオバトルで紹介されていたので読みたかったです!

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50107344&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 随分前に出た本だけど、時代を感じさせない内容で面白く読めた。
    タイトルと表紙の絵で買うのをためらったけど、他の本をいっぱい買うのに混ぜて購入。シリーズも読む予定。

  • 一朝一夕にはうまくいかないさ。すぐに完璧に理想通りなんてね。僕達短気にならないようにしないとね。がんばろうよ。諦めずにじっくりやっていこうよ。目指すって決めたんだから。できることはそれほどないのかもしれないけど、いてくれるから、がんばろうって思えるんだよ。

  • いわゆる”日常の謎”ってやつですね。作者はそっち系も得意とするところだから、まあ水準は高いと思います。シリーズものだから、今後、だんだんと明らかにされる本性もきっとあるんでしょうけど、今のところあまり特徴があるとは言えない登場人物たちもあって、作品全体として、そこそこどまりと思ってしまいました。

  • 頭がいい小鳩くんと幼い容姿の小佐内さんは
    過去の出来事から小市民として暮らすことを目指し、
    お互いを利用する約束で進んでく
    小佐内さんが笑顔を見せるのは甘いものを食べる時だけだったが……。

  •  余計なことはせず、慎ましい”小市民”を目指す小鳩君と小佐内さん。しかし、そんな二人の目的に反し、二人の回りには様々な謎が現れ、そしてそれを解く羽目となる。

     日常の謎系統の連作作品。消えた女子のカバンから、不可思議なココアの入れ方、自転車泥棒の謎まで様々。

     印象的だったのは「おいしいココアの作り方」
     小鳩君の友人の家で温かいミルクココアをごちそうになった二人。しかし、牛乳をどうやって温めたかが分からない。それがどうも気に入らない友人の姉と一緒に、二人が推理を働かせる短編です。

     別にどうでもいい事なのに、それに頭を働かせる三人、特にお姉さんの意気込みっぷりがなんともおかしかったです。そして真相のしょうもなさも、またご愛嬌(笑)。

     謎解きうんぬんよりも、謎が謎であることの魅力と、それが分かってしまった時の、「なんだ、そんなことか……」感が楽しかった短編でもあります。

     現実世界の謎はえてしてそんなものですが、ミステリ小説であるこの本の他の謎は、もちろんつまらないものではありません。

     最終話の「孤狼の心」では、どこにでもありそうな、自転車泥棒の謎が、思わぬ展開につながっていきます。自転車泥棒の行動から、その目的に迫っていくロジックの構築はスリリング!

     そして、主人公コンビのキャラも、不思議な魅力があります。

     二人がなぜ謎と関わらない”小市民”を目指すのか? そこら辺の過去のゴタゴタも気になるところですが、なにより小佐内さんの本性と過去が気になって仕方ないです。

     おとなしくてケーキが好きな女子、だと思いきや、読めば読むほど、化けの皮が剥がれそんな分かりやすい女子、という感じが無くなっていきます。かなりの黒歴史があるのでしょうか(笑)

     シリーズはこれから、『夏季限定~』、『秋季限定』と続いていくみたいですが、そこで二人の過去により焦点があてられるのかも気になるところです。 

  • 主人公の語り口調が気にかかり、正直続編はいいかなと思った。しかし、後半になるにつれて二人の過去が気になって仕方ない。もう小市民を目指すのをやめて、思いっきり素の姿をさらけだしてくれたら面白いのにと思う。

    「氷菓」の主人公にそっくりな小鳩くん。アニメでしか知らないけど、彼そのもの。気にかかる部分は結構ある。でも、面白かった。読むものあるし、とりあえず少ししてから夏を読もうと思う。読みやすいし。

  • 小鳩君と小佐内さんは小市民を目指す高校生…途中の一作をアンソロジーかなにかで読んだ記憶。日常の謎系で気軽に読める。二人とも過去に何があったの…

  • 再読。日常の中で起きるちょっとした事件や謎を解決していくライトミステリー。気軽にさらっと読めるのですが、読み進めるにつれて小市民二人の過去がどうにも気になってきます。個人的には「おいしいココアの作り方」が好き。夏と秋も楽しみです。
    (図書館)

  • 同じ作者さんだから良いかな、「氷菓」を思い出す主人公。実はすごい推理力の持ち主なんだ、みたいなのが地の文からがっつり出ているので、過去がうすうす察せられてにやにやする。ライトで明るい話ばかりかと思いきや、再会を忘れられた絵と女の子の苦い話もあって、ああやっぱこの作者さんだったと安心した。ゴミって言いながら破いた彼女の心境を想像するとぐさぐさきて良いなあ。

  • 中学のときに相当なトラウマを抱えて高校生になった二人が、小市民を目指して自分のやめられなかったことを封印しつつ日々をともに過ごしていく、が、日々疑問や持ち込まれる問題を気が付けば考えてしまうのを止められない小鳩くん。小山内さんも最終的にはやり遂げてしまったりで、次こそはというものの、きっと次巻もこのような連鎖が続きそうです。現実にいる頼まれていない探偵は嫌われる。

  • 古典部シリーズより、ミステリー色が強く面白かった。
    が、米澤作品なのにこんな感じになるんじゃあ、個人的にラノベは合わないってのを再認識。

  • 米澤さんの作品は後味が悪い物ばかり選んでいたが、今回は明るい?物を。
    どこかのレビューで読んだように逆高校デビュー。登場人物達の年齢に若干の違和感はあったが面白かった。ラノベだなあ。

  • 題名の可愛さに惹かれて読みました。最初は小市民というものが何か分からず、そして小佐内さんと小鳩くんとの関係も何なの!?って感じでずんずん話が進んでいき、読んでてちょっとよく分からなくなりました。そして、やっと最後まで読み終えて、やっと小市民というものが若干理解できた気がします。

  • 2011/10/28 読了
    高校時代のブックリストから記録

  •  小鳩くんと小山内さんという高校1年生の2人は、別に恋人でも何でもないんだけれど、とりあえず互恵関係にあり、そろって小市民を目指している。
     とにかく、小市民であろうと、必死になってる。
     …という設定で、ミステリの短編がいくつか入ってる本。

     うーん、何ていうか…、おもしろいような、おもしろくないような。
     何で2人がそんなにも小市民を目指してるのが、最初まったく分かんなくて、読んでて面倒くさくなったんで、途中でやめようと思ったんだけど、人のレビューを見たら、最後に明かされるとあったんで、がんばって最後まで読みました。
     まぁ、一応最後に、それなりに触れられた、て感じかな。

     その『小市民でありたい設定』の理由があんまりはっきりしないのが面倒くさいのと、そもそもその設定が面倒くさくて、何かもういい…て感じ。
     単に目立つのが嫌いな性格、というだけならいいけど、この2人の場合、『自分たちには人と違うすごい力がある』感をすごい出して来るのが腹立つ。
     『自分たちにはその謎を解くだけの力があるけれど、謎解きをしたら周囲が騒いで大変だから、大人しくしておいたほうがいい、そのほうが自分たちのためにも周囲のためにもいい』て雰囲気が、自意識過剰で鼻に付く。

     最初は鬱陶しいと思ってた健吾くんが、最後には一番まともに思えて来た。

全857件中 1 - 25件を表示

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)に関連するまとめ

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)の作品紹介

小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。名探偵面などして目立ちたくないのに、なぜか謎を解く必要に迫られてしまう小鳩君は、果たしてあの小市民の星を掴み取ることができるのか?新鋭が放つライトな探偵物語、文庫書き下ろし。

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)のKindle版

ツイートする