夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)

  • 4987人登録
  • 3.76評価
    • (470)
    • (846)
    • (876)
    • (50)
    • (12)
  • 614レビュー
著者 : 米澤穂信
  • 東京創元社 (2006年4月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488451028

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
米澤 穂信
米澤 穂信
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

  • 図書館で借りた本。

    シリーズ2作目。スイーツが食べたくなるお話ばかり。

  • シリーズ1冊目はまあまあ、主人公たちが鼻に付く感じだったけど、2冊目は良くなった。終わり方もこれはもうまあどうなるのか。推理的な部分と主人公たちの人間関係、良いバランス。

  • 再読。内容はほとんど忘れてた。日常の謎を扱いながらも見事な倒叙ミステリをやってのけた「シャルロットだけはぼくのもの」がお見事。小鳩くんがどこで失敗したのか考えながら読むと楽しいです。全体を貫く話としては春の方が好きだったな。夏はピンチになってる筈なのに淡々とし過ぎた書き味のせいで盛り上がりが圧倒的に足りなくて。あと最初から最後まで小山内さんが普通の女の子みたいになっちゃってて、威圧感や苛烈さを伴う彼女が好きだった身としては残念。最後のほろ苦い展開も、もうちょっと描写の積み重ねが欲しかった。秋に行きます。

  • 前作の内容をすっかり忘れてしまってよく分からないところもありましたが、高校生活の枠を越えて大掛かりな事件が起きたりするのが、他のこの手の作品とは違って読み応えがあります。

  • この終わりかたは反則だなあ…
    絶対続きを読まなきゃならない!
    序盤は軽妙なやり取りで、ある意味しょうもない推理劇が次々と繰り広げられますが、終盤雲行きが怪しくなり、まさかのラスト。

    解説も秀逸です。ライトノベルのような題材と語り口のなかで、実は著者がどれだけ物語を練り込んでいるかを丁寧に教えてくれます。

  • 予想以上に面白かった。好きな著者ではあるが、ラノベ系はいまいちだった為、本書もそんなに期待せず何となく読んだのだが、短編の中にも織り込まれた長編の伏線などは、米澤さんらしい作品だなと感じた。
    古典部に比べて登場人物もこちらの方が好きですね。
    二人の今後の関係など続編もぜひ読んでみたいと思わされました。

  • 春限定から時間が経過。ふたりの関係に変化が現れる。にしても小山内さんの性格がコワイ。小鳩くんのことは信頼してるから出せるのかもだけどフツー引くよ?今後の展開が気になります。

  • おやおや、こう言う流れですか。
    内容もさる事ながら、二人の関係がこう言う風になるとは、意外な結末です。
    ほほぅ、小佐内さんがそこまでやるとはね。
    さて、次は秋物語でどう展開していくのやら。

  • 今回は、日常の謎に加え、ちょっとリアル犯罪も起こったりして。その分、前作より重厚さが若干上がった気も。でもこの脱力系主人公が味なんですよね、このシリーズ。全面的に好き!って感じではないですが。

  • このミスベスト10、2007年版10位。小市民シリーズの2作目。2007年版ベスト10は10位が2作あってこの本をリストアップするの漏れてた。シリーズ3作目が2010年版の10位にランクインされてて、ぞっち読んでからこの本もランクインされてるのに気づいた。なので、いきなりシリーズ3作目を読んで次に2作目を読むという変な読み方になってしまったのです。この本は、連作短編集のようなこった作りだけど、しっかりした謎解きになってるし、ラノベ風で読み易い。ただ、日常に謎系にするとちょっと事件がヘビーな感じでバランスが悪いような。まあ、この人のはほぼ毎年ランクインしてる常連さんだし、安定感あるし、理屈っぽいところが知的な感じで良いんじゃないでしょうか。

  • スイーツへの愛がたっぷりの小佐内さんが選ぶ
    〈小佐内スイーツセレクション・夏〉が激しく魅力的
    ただ怖いの苦手だから途中で心折れかけた
    でも次の栗きんとんが読みたかった
    そうくるのか、
    早く読みたい秋期限定栗きんとん。

  • 夏休みに通常であれば小市民として、特にイベントもなく過ごす予定が、意外にも互恵関係の小山内さんからの連絡により、おすすめの甘いものめぐりをすることになる。訝しい点が多々ある中、途中途中日常の謎を解くのを抑えられない小鳩は次々解決していく。それでも今回は小山内さんはあまり責めることなく寧ろ機嫌は上がる一方でさらに気持ち悪い、居心地が悪い感の小鳩くん。あの小山内さんのことだから絶対に何か企んでいるとは思うのだけれどまさにその通り。この夏休みすべてが彼女の計画でした。とはいえ上機嫌でにっこり嬉しそうなところは可愛いです。そして計画とはいえ少しは心揺れていると思う、思いたいです。次回はどうこの関係が戻っていくのか変わっていくのか気になります。

  • 前巻から、主人公とヒロインの異様な持ちあげが気になっていて、自意識過剰な痛々しさを感じていた。今回ここに見事切りこんでくれたのですっきりした。

  • 小市民シリーズ第2作。夏季限定スイーツも関係あったのね…。小山内さんの過去と二人のこれからが気になる。

  • こええ。小山内さんマジパネエっスよ、っていう感想でよろしいでしょうか。

    小山内さんが巡らす陰謀がスイーツの上を暗躍いたします。小鳩くんは結局それをあばいてしまう。あばくって、暴、って字なのね。

  • 再読。一見、前作と同様に短編集のように見えるのですが、実は全てのお話が繋がっていて、最後にはどんでん返しが…。張り巡らされた伏線の数々が終盤で回収され一本の線に繋がっていく様子はわくわくしました。同時に、明かされるまで伏線に気付かなかった悔しさや、ここまで見事に繋げることができるのかという感動もあり、大満足…と行きたいところなのですが、続きが気になる終わり方。前回読んだ時にはまだ「秋期限定」が発表されていなかったので、終わり方にやきもきしたものです。引き続き、秋期限定を楽しみたいと思います。(図書館)

  • 小市民シリーズ第2弾です。
    二作目と言うこともあり、結構すらすらと読み進められました。秋季を読むのがすごく楽しみです。

  • 2011/10/28 読了
    高校時代のブックリストから記録

  • 小市民シリーズ第2弾

  • 小市民シリーズ、2年生夏休み編。小鳩君と小佐内さんの関係は、前作と変わらず、慈恵関係である。この関係がお互いに小市民を目指すといった点ではベターなのかなと思う。目指すところは同じでもお互いの考えが合わずに平行線をたどったままな部分があるのも否めないような感じ。どこにでもいる高校生の夏休みであるものの、ある事件が起き、謎を解明していく内に事件と関連がある人達と小佐内さんが繋がっている何かがわかる様と、まさかの展開が、読むテンポが上がってしまう程。謎解きの面白さと小佐内さんがキャラ立ちしていたのが良い。

  • 《小市民シリーズ》第2弾。
    序章から、狐のお面小佐内さんのかわいさと不気味さが全開。
    第1章で小鳩くんと小佐内さんの推理バトル。
    第2章以降は、1つの事件に対する小鳩くんの推理、堂島くんの行動、小佐内さんの暗躍が描かれる流れ。

    完全な偶然なんてない。完全な必然がないように。
    全編通して引かれた伏線が、夏の運命を左右する!
    夏真っ盛りな時季でもそうでない季節でも楽しめるのには間違いないけど!

    結末で、小市民を目指した彼らの今後の歩み方が描かれるので、続く『秋限定』もはやく、秋になる前に買ってよまなきゃ。

  • #『グラップラー刃牙』に、闘うとは相手を理解すること、という格闘論があって、そこがとても好きだ。相手の得意な攻撃を受け、嫌がる弱点を見抜き、より早く深く相手を「理解った」方が勝者。理解ることと傷付けることはそもそも不可分の行為なのだ、というこの認識は、探偵と犯人に一種の恋愛関係をみる探偵論にも通じる。本作での直接のバトルは2回。「小佐内さんと二人きり」のコミカルな1章は、終章で「あまりに気持ちの悪い構図」と訂正される。相手に理解られたい、理解されるに足る自分でありたいという暗い悦びの自覚と、依存関係の解消。

    (2009/04/07)

  • 小市民シリーズ第2弾。
    小鳩君と小佐内さんの恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校2年生の夏休み。

    {小佐内スイーツセレクション・夏}
    夏休みの間に町のお菓子店を味わい尽くす計画のことです。
    ここにミステリも加わるという、なんとも甘美な1冊です。

    自分はシリーズのなかで1番好きな内容です。
    読み終わったあとには、ぜひ美味しいスイーツを味わいほっとしたくなります。

全614件中 1 - 25件を表示

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)に関連するまとめ

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)の作品紹介

小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。賢しらに名探偵を気取るなどもってのほか。諦念と儀礼的無関心を心の中で育んで、そしていつか掴むんだ、あの小市民の星を!そんな高校二年生・小鳩君の、この夏の運命を左右するのは"小佐内スイーツセレクション・夏"!?待望のシリーズ第二弾。

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)のKindle版

ツイートする