秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)

  • 4049人登録
  • 3.94評価
    • (445)
    • (680)
    • (458)
    • (32)
    • (8)
  • 454レビュー
著者 : 米澤穂信
制作 : 片山 若子 
  • 東京創元社 (2009年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488451066

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有川 浩
米澤 穂信
有川 浩
米澤 穂信
有川 浩
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)の感想・レビュー・書評

  • 図書館で借りた本。

    収まるところに収まった感じ。

  • 小市民を目指す小鳩くんは推理をし、小市民を目指す小山内さんは暗躍する。もう諦めたほうがいいと思う。犯人が誰かというよりそこまでに至るまでが楽しい。今後のふたりが目指す道は冬限定を待ちましょう。← あると信じてます

  • 米澤穂信さんのシリーズ物です!ビブリオバトルで紹介されていたので読みたかったです!

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50107345&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • あの2人の推理のはやさに慣れていると、解決まで時間かかる感があります。そもそも規格外ですし、実際こんないちいち物事考えてるひとが横にいたら疲れそうですが。なんとなく犯人はわかっていたので、最後に何か話とかしなかったのかちょっと見たかったです。

  • 小市民が何を勘違いしたのか、活躍してやろうと奔走するが、小市民になりたいと願う小鳩くんと小佐内さんには、見透かされていた模様。

    サザエさんのように、閉じられた時間のループするような世界ではないので、彼らは確実に歳をとる。おおよそ一年間にわたる謎解きなのだけど、その分、残り時間があまりない。次の冬期限定でシリーズは終わってしまうのかと思うと残念。

  • 少市民シリーズ第3弾。下巻。連続放火の謎が解け、小山内さんの思惑もわかり、小鳩君の日常が戻る?放火犯…はそうじゃないかな〜と思ってたけど、そうなると瓜野君がまあかわいそうに…。小山内さんこわあ!そして二人の仲がどうなるのかな!

  • 帰ってきた小鳩君
    小市民を目指す感じ癖になる
    やっぱり二人は小市民の皮をかぶった狐と狼だった

  • このミスベスト10、2010年版10位。このミスでコンスタントにベスト10入りしており最近は2年連続No.1になってる米澤さんの作品。シリーズの3作目からいきなり読んだので、1作目から読んでる人とは違った印象となってると思う。3作目からってのも善し悪しで一般的にはデメリットが大きいと思うけど、この本はそうでもないかも。1人称の視点が2人でころころ変わってくのが、いかにもそっち系かと思ったけど違った。殺人事件とか起こらず、日常の謎系で地味だけど結構すきな分野。この本も丁寧で細部にこだわってるけど、事件解決後のエピソードとか細かすぎてわからないものまね的でちょっといらんかも。

  • 既刊の小市民シリーズ読破。
    古典部シリーズよりも灰汁が強いね。

    互いを「信じあう」小佐内と小鳩。
    このシリーズを読んでいるのは
    この二人の風変わりな高校生の
    「恋」と「成長」を見届けたいから。

    だからちゃんとしたレビューは
    「冬期限定…」の刊行と読了を待ってください。

    古典部シリーズよりも深く 
    より捩れた主人公たちに 私は魅かれています。

  • 何だかんだでよかったです。
    冬期もでるんしょうか??楽しみです

  • 2011/04/23 読了
    高校時代のブックリストから記録

  • 《小市民シリーズ第3弾下巻》

    『そのままではえぐい栗を、誰もが愛するお菓子にするための方法論。
    (略)
    そのままではえぐい小市民を、誰からも疎まれないようにする方法論。』

    栗きんとんとおまっちゃたべたヒ。

  • 小市民シリーズ第3弾 下

  • 小市民シリーズ第4弾。
    小鳩君と小佐内さんの恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校2年生。

    放火魔追跡をめぐる一年間が完結します。
    結局のところ、小佐内さんは小悪魔ですね(笑)
    春夏秋冬だと思っていますが、冬期限定~はいつ出るのでしょう。もう出ないのでしょうか。気になります。

  • ぼくは思わず苦笑する。去年の夏休みに別れたというのに、何だかまた、小佐内さんと向き合っているような気がする。ぼくと小佐内さんの間にあるのが、極上の甘いものをのせた皿か、連続放火事件かという違いはあるけれど…ほんの少しずつ、しかし確実にエスカレートしてゆく連続放火事件に対し、ついに小鳩君は本格的に推理を巡らし始める。小鳩君と小佐内さんの再会はいつ―。

  • 小山内さん、相手を陥れるために自らを囮に罠をはるのは・・・相当にヤヤコシイ性格なんだろうなぁ。夏季でも秋季でも、ギリギリのところを行ってる。
    そうして小鳩くんと共に、お互い落ち着くところに落ち着いた。
    2人とも、甘いお菓子を口にしながら会話がとってもスリリング(笑)
    やっぱりこのコンビはこうでなくっちゃ!
    冬季限定はどんなストーリーになるのか楽しみだ。

  • 【小市民シリーズ・秋(下)】栗きんとん事件続編。連続放火事件の犯人確保に向けて動き出す。小佐内ゆきは、関連しているのか?小鳩常悟朗・小佐内ゆきコンビの会話好きだなぁ。スイーツ食べながらの会話。悪いこと、謎解きを楽しんじゃっちゃっている感じ。やっぱりこうでなくっちゃ。そして、一番の被害者、瓜野君。大丈夫かなぁ。記事にする理由とかイラッとする所はあったけど。立ち直るまで時間かかりそう。

    「記事は反響を呼んでいる。」

  • ここまで読んでよかったと素直に感じた。

    小鳩の性格や行動は、概ね夏季限定の方で見られたものと同じく予想のつくもので、月報の差し替えで犯人を絞り込んでいるところはなるほどと感心した。

    しかし、小佐内ゆき。彼女だ。
    夏季限定にて特定の人物に対して復讐を行うという一面を見せたが、ここに至っても何を考えているのかさっぱり予想がつかなかった。
    彼女の特異性がこの作品の最大のキモだと実感。

    小市民とはよく言ったものだと思う。
    小市民なんて正直なところ、どう行動してもそれらしい説明をつけられそうなもんじゃないか、と思っていたが
    瓜野と小鳩・小佐内を比較すると小市民然とした行動がどのようなものかが浮き彫りになる(それでも瓜野は結構考えて行動しているほうだと思ったが)
    キャラクターの強烈な個性と性格が物語を動かしていくさまを見れて良い読後感を味わえた。
    オチも完璧。

  • 面白かった~~。小山内さんどんだけよ?って思ったけど最後はなるほどっと。(それでもやっぱり恐ろしい)放火犯は意外な人物といわけでもないし、ミスリードもミスリードになってんのかなという思いもあるけど、それでも楽しめた。

  • 春期あたりまでは古典部シリーズとどこか似ていると思った事が自分にもありました(苦笑)。
    が、2人の関係性やその他もろもろが決定的に違うよなぁと。
    連続放火事件も解決し、ひとまず元の鞘におさまった小鳩と小佐内さん。やっぱこのコンビじゃなきゃ。
    これが出たのが6年前……続きってあるんですよね?

  • なんと、二股をかけた側が振るなんて。
    放火魔の正体は…後味悪いですね。瓜田くん、キスしたかっただけなのに気の毒。

  • 連続放火の陰に小山内さんが見え隠れ。
    小鳩君は情報操作を仕掛ける。彼の変化に驚きました。
    そしてやっと二人が対峙する。
    大どんでん返しとかの派手な演出はないけれど
    今回の小鳩君は、ちょい黒だったけど見事に犯人をあぶり出し
    小山内さんは・・・見事な黒さでした。
    ある意味、さんざん盛り上げられて、叩き潰された彼が
    一番の被害者だったよねぇ
    あれは立ち直れないだろうなぁ~(^◇^;)

    卒業まであと半年。
    今度は何をやってくれるんだ?
    っていうか、続きはいつ出るんだ??

  • 何股かけられようが、そもそも興味がなければ嫉妬も怒りも湧きようがないんですよね。小市民になれない彼らは、そういった感情が欠けているのだろうと思います。なにはともあれ、やはり小鳩と小山内さんの掛け合いが楽しい。待ち望んでいたのはこれだ!!と最後は満足しました。

全454件中 1 - 25件を表示

秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)を本棚に「積読」で登録しているひと

秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)の作品紹介

ぼくは思わず苦笑する。去年の夏休みに別れたというのに、何だかまた、小佐内さんと向き合っているような気がする。ぼくと小佐内さんの間にあるのが、極上の甘いものをのせた皿か、連続放火事件かという違いはあるけれど…ほんの少しずつ、しかし確実にエスカレートしてゆく連続放火事件に対し、ついに小鳩君は本格的に推理を巡らし始める。小鳩君と小佐内さんの再会はいつ-。

秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)のKindle版

ツイートする