アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

  • 31736人登録
  • 3.89評価
    • (3833)
    • (4445)
    • (4280)
    • (381)
    • (92)
  • 3034レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 東京創元社 (2006年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488464011

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

  • なかなかグロい描写もありましたが、後半のドンデン返しによって何かスカッとする気持ちになりました。まんまと騙されました笑

  • まんまと騙された。
    ところどころの小さな描写に、クスって笑ったり感心したりでした。

  • 伊坂幸太郎にハズレなしって感じ。2つのストーリーがカットバック形式で展開していく。2つのストーリーの繋がりにそうきたかと思わず唸ってしまう。中々の作品。

  • 伊坂さんの作品を読むと途中で止めたくなります。でもそこを超えていったら、そうやったんかぁとなる不思議な作品です。

  • * 最後のページに差し掛かった時、思わず本の装丁を確認してしまった。もしかして下巻もある?と思ったから。知りたい事がまだ残っている。伏線の未回収という雑さではなく、下巻は書けますよね?あなたが、と置き去りにされたような感じ。
    ”ぼくの下巻”は、ぜひ明るい形で終わらせたい。

  • やっぱり伊坂さんのお話好き、と思えた一冊。それぞれのキャラに愛着が湧く。
    死神シリーズの千葉といい、河崎といい、会ってみたいと思う人が多い。

  • 面白い
    けど切ない
    切ない所がまた面白いんでしょう

    後半はそう来たか!
    って感じです

    やはり伊坂幸太郎さんの作品は素晴らしい

  • ずっと不安がつきまとう。

    2年前と現在の物語が交互に紡がれる中で、いつまでたっても登場しない一人の主要人物。

    不安とともに読み進める。

    やがてその不安が間違いないものだと確信する、その時にまさかの事実が。

    その驚きにいつのまにか不安は吹き飛び、一気に物語は収束していく。

    これは映像化できないな。小説ならではの話だ。

    つかみはオッケーから、あきさせない中盤、そしてあっと驚かせて、きっちり終わらせる。

    なるほどこれが「起承転結」ってやつか。

  • 映画化できない、そういうことね。

  • 切ないの一言。人を想う物語でした。人は生まれ変わるなら、この人生に大きく傾倒する必要はないのかもしれない。それでも、だからといって、軽く見ていいものではないのだろう。その考え方は心の支えにするだけなのだろう。人の宗教観や考え方はそんなもので、やっぱり、自分が感じる理不尽に憤ってしまう。そんな物語。かな。
    久々に伊坂さんの作品を読んだけれど、おしゃれー。会話おしゃれー。行動おしゃれー。最高ですよ、
    神様を閉じ込めるところなんて、全身を包み込む心地よさに溺れてしまった。それと、それが話に重要な鍵であるかどうかは無関係に、タイトルを作品内で関連させるのは好き。無意識に感嘆の息をついてしまう。
    ミステリーというわけではないけれど、終盤には驚く展開も待っていて、退屈という文字が読者の辞書から消える。楽しいというよりは、良い小説でした。

  • 過去の出来事と現在の出来事が交錯しながらもリンクしていく
    伏線の張り方も見事
    最後の最後にみえてくるもの そして驚愕
    読み終えたあとに残る胸にじんわりとくる思い
    読む人の感性にゆだねられたような物語
    会話が妙
    「一緒に本屋を襲わないか」「神様を閉じ込めに行かないか」などは秀逸だと感じた
    ミステリーであると同時に、田舎から出てきた青年の軌跡を追う青春小説でもある。
    二年前の過去と現在の出来事が交互に語られ、交錯しながらもリンクしていく。
    現在の語り手は、大学に進学したばかりの「僕」。
    そして二年前の語り手は、ペットショップに勤める琴美。
    一度もめぐりあうことのなかった二人は、二年の時を経てまったく同じ舞台に立つことになる。
    一人は舞台の幕を開けた人間として、もう一人は舞台の最終幕を飾る人間として。
    伏線の張り方も見事で、最後の最後にみえてくるものには予期せぬ驚きを感じた。
    どうにもならないことが世の中には確かにある。
    読み終わったあとに、やり切れなさと憤りが胸にずしりと残る。
    もしかしたらこの世の中にも、本当に奇跡はあるのかもしれない。
    哀しい奇跡も残酷な奇跡も、平等に誰にも同じように降りかかってくる・・・。
    けれどきっと同じだけ、嬉しい奇跡も優しい奇跡も待っているような。
    そんな気持ちにさせてくれる物語だった。

  • 【読書感想】「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂幸太郎

    引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的はーーーたった一冊の広辞苑?!そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口にたってしまったのだ!注目の気鋭が放つ清冽な傑作。第25回吉川英治文学新人賞受賞作。(作品紹介より引用)

    読後感は色々複雑だったりもしますが、間違いなく面白いです。
    読み始めたら先が(琴美ちゃんが)気になって気になって・・・。
    結末が気になりすぎて途中で後半を少しだけ読んで結果を知った上で読み進めるという、
    人によっては邪道と言われてしまう行為をしてしまった(笑)

    伊坂幸太郎の作品はまだちょびっとしか読んでませんが、ひどい奴が出てくる頻度が結構高い気がします。。たまたまそういう作品をチョイスしてしまっているのかもしれませんが。。
    あ、でも推理小説なら大概ひどい人はでてくるか(笑)
    ホッコリしたやつばっかり読んでたから久しぶりの「悪!」にやられました(笑)

    この作品のなかにも悪いやつらが出てくるんですけども、本当に胸糞悪くて、でももう理屈が通用しない感じで、本当に怖いんですよね・・。
    読後感はそこまで悪くないと思うんですけど、私のなかでこの悪い奴らがなんだかもうインパクトありすぎて。。。

    快楽殺人とか面白半分、興味半分で人を傷付けるとか、そういうことをしている人は、その最中本当にびびったり後ろめたい思いとかなく、興奮してその悪い行為をやれているのかしら。
    この作品のなかに出てくる悪い奴らは本当に単純に楽しんでいるようにみえるんですよね。
    それが怖い。
    後ろめたさや怖さを一切感じずにやれてしまうって、なんかもう怪物みたいな気がしてしまうんですよね。
    その悪い人にも生い立ちとか情状酌量の余地があるのかもしれないけど、なんだか自分と明らかに違いすぎて「怪物」扱いでもしないと説明がつけられない・・。
    「やむにやまれず」とか「勢い余って」とかそういう気持ちの延長線上に人を傷付ける行為があるなら話はわかるんですけど。

    現実にもきっとこういう人はいるんですよね。
    怖い。
    本当に怖い。

    人がそういう怖い人になるかならないか、その違いはどこなんだろうか。
    やっぱ親かな。
    こういう怖い人、減ってくれるといいけど、きっと増えてんだよねぇ。
    怖いなぁ。

    ワタクシ的名言
    わたしは人差し指をたてる。「楽しく生きるには二つのことだけ守ればいいんだから。車のクラクションを鳴らさないことと、細かいことは気にしないこと。それだけ」(本文より引用)

    確かにーー。
    そうだと思います。

    「俺も違うと思った。だから、『間違っている、滅茶苦茶だ』と言った。そうしたら、川崎は言ったんだ。」と彼はそこで言葉を一度止めて、僕に顔をむけた。「『世の中は滅茶苦茶。そうだろう?』」(本文より引用)

    そうなんだよね。
    整っているようで、
    理屈があるようで、
    やっぱり世の中は滅茶苦茶なんだよね。
    滅茶苦茶ななかに人がなんとなく法則性やルールを敷いて整っているように見せてるだけなんだよねぇ、きっと。

    「ブータンってそんなにいい場所なの?」
    (中略)
    「自分のことだけじゃなくて、他人のことを祈ってるっていうのは本当?」
    「世の中の動物や人間が幸せになればいいと思うのは当然だろ。生まれ変わりの長い人生のなかで、たまたま出会ったんだ。少しの間くらいは仲良くやろうじゃないか」(本文より引用)

    本当かどうかわからないけど、ブータン素敵すぎる。
    宗教が人に与える影響っ... 続きを読む

  • とても読みやすい文体と、展開がどうなるのかといくワクワク感。一気に読んでしまいました。映画も見てみたいです。

  • 初!伊坂幸太郎作品!!!文学に触れ始めたばかりなので、誰の作品に触れるときも新鮮で新しい興奮が味わえてすごく、楽しいのですが、特に、伊坂幸太郎の表現は、文学を味わっている。感じがすごくした。
    所詮は、高校までで習う文学への触れ方程度しか知らない私には 丁度、その暗喩の先を推測できたり、綺麗な文法だと思えるものでした。
    特に、この作品のメッセージ性に共感できて、正義感のようなものは自分には存在しませんが、何か別な事で 重ねられることがありました。作品における読者の想像に委ねる、空白も程よかったです。
    是非、映画の方も鑑賞したいと思いました。

  • 過去と現在を行き来しながら、河崎と琴美とドルジの物語と河崎と椎名の物語が少しずつ語られていく。
    本屋から広辞苑を盗むという、不思議な椎名の物語から始まるが、読み進めるうちにその理由について少しずつ分かっていく。ネタ明かし後の爽快感はさすが。

  • 「すごいメモ。」で伊坂との対談を読んで読みたくなったので。
    気になりつつ実はあまり読んでない作家で、対談でも名前が上がっていて、有名なのに意外と読んでなかったこれを。
    何かと何かを組み合わせてまずタイトルを作るということで、なるほどなと思った。

    えー!

    さすが伊坂。やっぱり面白いなぁ。
    最後、止まらなくなった。読み返しもした。
    最初構成で春樹の海辺のカフカを思い出したけど、ちょっと違うか。

  • 映画が気になっていたので、先に原作を読むことに。

    なかなか面白かった。
    意味のわからないタイトルと序盤からのちょっとファンタジーが入った突拍子もない展開に、なかなか物語に入り込めなかたけど、読み進んでいくうちに自然と引き込まれていって、気づいたらラストって感じだった。

    ミステリーも人間ドラマも少し軽めに感じたけど、登場人物が個性的で会話も洒落てるので飽きずに楽しめたかな。

  • 未来と過去の繋げ方が巧い。月並みな表現だが、“伊坂幸太郎らしい”人物描写、表現技法にあふれた作品。

  • 最初に。☆3つだからってつまらない・評価しないとかではないです。好みの問題です。

    前評判が高かったのと、タイトルから全く内容が想像できなかったのとで、ワクワクしながら読んでいったら、まさかの切な悲しい話だった。
    そうだと分かってて読んでたらまた違ったんだろうけど、なんかけっこうショックを受けてしまったので☆3つです。

    あとは、なかなかなトリックだと思うけど、現実的に他人になりすますのさえ困難なのに、まして外国人が日本人になりすますなんて、いくら猛勉強したってさすがにナイかなぁ、と考えちゃったせいでもある。

    つまり、他の伊坂作品の方が好みなんだな。

  • 一つ前に読んだのが村上龍の本だったのもあるかもしれないけど、とても読みやすい。最後に一気に伏線全部回収してくれて、最後のほうは一気に読んでしまう。とても面白かった。読んだあとはボブディランが聴きたくなる

  • はじめての伊坂幸太郎。かなり好きになりました 現在ハマっております。ふたつの物語が交互に描かれてるのだけれど、共通点がちらほらみえつつ核心的なことが最後までわからなくてああはやく先が知りたい!ページをめくりたい!って思いに駆られる。タイトルの意味がわかったときの感動はほんと鳥肌もの。知的で挿入話も会話も物語のユーモアセンスもすべて最高。魅了されました。おすすめです。

  • スリルもあり、どんでん返しありのおもしろいストーリー。ただ、伊坂さんの作品の中では、個人的には好みじゃなかった。

全3034件中 1 - 25件を表示

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)に関連する談話室の質問

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)に関連するまとめ

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)の単行本(ソフトカバー)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)のKindle版

ツイートする