夜の国のクーパー (創元推理文庫)

  • 2778人登録
  • 3.57評価
    • (101)
    • (335)
    • (310)
    • (58)
    • (7)
  • 260レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 東京創元社 (2015年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488464028

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

夜の国のクーパー (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私個人的には、伊坂幸太郎は当たり外れがある人なのだけど、この小説はとても読みやすかった。

    猫が語り手となって始まるファンタジー。
    クーパーという不気味な植物を倒すために、徴兵される青年たちと、息子はアレながら慕われる施政者冠人。
    そこに鉄の国からの兵士たちが攻め込んでくる……。

    人と、猫と、鼠と、しがないサラリーマン。
    この四者の強弱構造が面白いのだけど、単純明快なストーリーに、強い者の傲慢さと弱い者の理性が上手く絡み合っていると思う。

    最後に進展が明示されるのも、良い。
    一つの訳の分からない出来事が終わって、それぞれが自分の内側に集約していく後味は好きだ。
    喋る猫は、いついかなる時もチャーミングである。

  • ねこが語り聞かせてくれるある国のお話。
    人も馬もそしてネズミもいるねこの住むその国は、戦争が終わって、支配されることになった。

    「俺を信じるかどうかは、おまえたちの自由だ。どんなものでも、疑わず鵜呑みにすると痛い目に遭うぞ。たえず、疑う心を持てよ。そして、どっちの側にも立つな。一番大事なのはどの意見も同じくらい疑うことだ」
    物事を一方的に見ることの危うさ。
    自分の頭で考えることの大切さ。

    付け足し。
    初めて馬をみたねこのトムが、馬の歩き方をまねするシーンがとてもかわいい♡

  • 物語中盤まで読み進めた段階では失敗作だと思った。猫が人間や鼠と喋る設定などは既視感ありありで、展開される物事も安易な小ネタの繋ぎ合わせのようにしか感じられなかったからである。

    ところがどっこい、終盤である事実が明かされるとその観測はいい意味で裏切られる。詳しくは読んで確かめていただきたいが、読み終えて振り返ってみると、懐かしいようだけど実はこれまでにない話であり、起きた物事がいずれも何かしらの示唆を含んでいるんだよなあ。まさに伊坂マジック。

    内容的にはファンタジー作品に分類されると思うけど、ミステリの要素も持ち合わせているので、そちらの方面が好きな人にもおすすめ。

  • 敗戦国の人間模様を猫の目線を通じて描かれてて面白かった。猫とネズミの関係が、鉄国との関係なんだろうなというのは予想できたけど、最後のオチに驚いた。
    話のペースがゆっくりなので読むのに時間がかかった。

  • しゃべる猫目線、気を失っていた男目線・・・
    いかにも作者らしい。

  • 猫の視点から見た話の紡ぎ方が面白い。鼠とのやりとりが伏線になっていて、後の方で成程なぁと思う。

  • オーデュボンに近い雰囲気があって、なんか懐かしかった。好きじゃない人にとっては最初の方があんまり劇的な変化がないから、リタイアしちゃうかも。

  • 久しぶりに小説。
    多分、オチに「え?」と思う人も多いかもだけれど、それすらふっとばすくらいの気になる伏線やら謎やらですらすら読めて相変わらずファンタジーと現実世界の線引きが素晴らしかった。

  •  久々に伊坂さんを読みましたが、このふわっふわとした、いまいち想像がしにくい異世界観に浸るのが、なんだか懐かしくて楽しかったです。猫のトム君による語りが飄々としていて、戦争をテーマにしていながら、大仰な文章にならないところが好みでした。散見する伊坂さんらしいトリックの数々も、今回はご都合主義感が少なく、すんなり受け入れられたのも嬉しかったですね。

     タイトルの「夜の国」。壁や固定観念に囚われて、国民たちには周りのことが何も見えていないから、「夜」なのでしょうか。複眼隊長と「私」の活躍により救われた国にはきっと、長い支配からの夜明けが待っているんでしょうね。

  • 目を覚ますと見覚えのない土地の草叢で、蔓で縛られ、身動きが取れなくなっていた。仰向けの胸には灰色の猫が座っていて、「ちょっと話を聞いてほしいんだけど」と声を出すものだから、驚きが頭を突き抜けた。「僕の住む国では、ばたばたといろんなことが起きた。戦争が終わったんだ」猫は摩訶不思議な物語を語り始める――これは猫と戦争、そして世界の秘密についてのおはなし。

    伊坂作品が肌に合わないんだと思う。オーデュボンで挫折したものの人気だしテーマは面白そうだったので読んでみたがやはり苦手だった。つまりは何が言いたいのかいまいちよく分からないんだ。強いて言えば「とらわれないこと」なのかなぁ。途中までは結末がどうなるのか気になったしクーパーの話もわくわくしつつ読んだけど、終盤は現実が虚しすぎて興醒めしてしまった感じに近い。ハッピーエンドと言えるのか、これは。上手くいくことを諦めたら終わりっていうのは事実かもしれないが、相手が悪い場合にそれをろくに責めもしないのはどうなんだろう。主人公に肩入れできなかった。

全260件中 1 - 10件を表示

夜の国のクーパー (創元推理文庫)に関連する談話室の質問

夜の国のクーパー (創元推理文庫)に関連するまとめ

夜の国のクーパー (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

夜の国のクーパー (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜の国のクーパー (創元推理文庫)の作品紹介

僕の住む国では、いろんなことが起きた。戦争が終わったんだ――猫は摩訶不思議な物語を語り始める。伊坂幸太郎10冊目の書き下ろし長編は、世界の秘密についてのおはなし。

夜の国のクーパー (創元推理文庫)のKindle版

夜の国のクーパー (創元推理文庫)の単行本

夜の国のクーパー (創元推理文庫)のKindle版

ツイートする