少女には向かない職業 (創元推理文庫)

  • 3435人登録
  • 3.39評価
    • (160)
    • (405)
    • (675)
    • (137)
    • (23)
  • 447レビュー
著者 : 桜庭一樹
  • 東京創元社 (2007年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488472016

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
伊坂 幸太郎
万城目 学
伊坂 幸太郎
桜庭 一樹
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

少女には向かない職業 (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

  • ページをめくる手が止まらず、一気読み。

    しかし、なんて切実で、
    美しく痛い小説なんだろ。

    やはり桜庭さんの小説は
    自分の琴線に触れまくる(>_<)


    島に閉じ込められた少女たちの
    ジリジリとした焦燥感と苦悩、
    大人たちへの嫌悪、
    ガラスみたいな音を立ててパリンと割れる少女の心、
    追い詰められた者たちの咆哮が
    文章の隙間から聞こえてくる。


    山口県の小さな島に暮らす
    中学二年の主人公、
    大西 葵は
    育児放棄した美人のママに疎ましく思われ、
    お酒を飲んでばかりの義父を
    殺してやりたい衝動に駆られる。

    ある日、葵は
    学校では地味な図書委員だが、
    私服ではゴスロリファッションに身を包む
    宮乃下 静香という不思議な少女と出会い、
    やがて殺人の共犯者となっていく…。



    言わなきゃいけないことを
    いつも言えずに、

    アル中の義父に
    虐待を受けながらも
    強くて優しい大人になりたいと願う葵と、

    大人になるまで目立つことなく
    息を殺して生きなきゃいけないと願う静香が
    本当に切ない。


    大人たちからの理不尽な制圧から
    なんとか生きて抜け出すために
    殺人を犯していく
    愚かで悲しき少女たち。


    同級生への淡い恋心と併せて
    思春期特有の残酷性や
    葵の心の揺れなどを
    克明に描写したリアルさは、
    少女を書かせれば
    右に出る者はいない
    桜庭さんの真骨頂だし、

    貴志祐介の「青の炎」やサガンの「悲しみよこんにちは」との共通点や、
    「わらの女」や「悪魔のような女」など
    様々なミステリー小説のオマージュが散りばめられたストーリーも
    読書好きにはたまらない魅力でしょう。


    大人たちに弄ばれる弱者の
    反逆とあがき。

    お互いを救うために
    絶望的な闘いへとひた走る少女たち。


    いい歳をしたオッサンが
    静香が葵のことを誇らしげに話す
    物語終盤の言葉に
    不覚にも胸が熱くなってしまった…



    大人は判ってくれない。

    血にまみれた絆であっても
    生き抜くために
    固く固く繋がる二人を
    誰が笑えるだろう。


    誰もがみんな13歳だった。

    少女たちは大人たちと
    どう闘い
    どう散っていったのか。

    エモーショナルに胸を撃ち抜く
    ラストシーンを
    いつまでもいつまでも
    忘れることはないだろうと思う。

  • みなさんおっしゃってますけど、女子中学生版「青の炎」ですね。

    この話の中で私が一番「死んだ方が良いのでは?」と思ったのは、主人公・葵の母親です。
    話の噛みあわなさや、親として人として弱く人に迷惑を掛けているのに権利だけ主張してくる所がイライラしました。
    でもこの主人公は母親のことは好きなんだよね。そこが一番心に痛かった。

  • なんとも稚拙で愚かで不安定な2人の少女がよく書けてるなぁと思いました。
    2人は過激な表現や暴力的な言動があっても、根っこは純粋で繊細で弱っちい。呆れるほどに子供。

    これはミステリーではなく、中学生の、少女の魂の脆さを味わう小説だと思います。
    展開の安っぽさも、それが2人の未熟さを演出しているようで、いい味わい。

  • 女子中学生版の『青の炎』が頭に浮かぶ。
    でも大きく異なるのは櫛森少年が綿密な電子工学を駆使した完全犯罪の企てに対し、彼女達は衝動的に鼠取りを仕掛けるような陳腐な発想と流されるがままに人を殺めてしまう。
    物語の舞台は漁師町。母親の再婚した義父はアル中・虐待・ヒモ の3拍子揃いからして大筋は読めてしまいますが、殺害後の徐々に追い詰められていく描写が秀逸です。
    学校では本当の自分とは真逆の道化に興じる裏側に潜むSOSの声…。ゲームに出てくる武器との絡みも大人でもなく子供でもない彼女達にリアリティをもたらし、アイテムの使い方が巧いな~と唸ってしまった。

  • 桜庭一樹は二冊目。読みやすく、すらすら読めた。自分の立場を守るために家と学校で自分を演じ分けていた主人公が、自分の犯した罪や年頃の少女特有の人間関係によって追い詰められていく様子が綿密に描けている。弱者である彼女たちは仲を深めていく中で静香の考える計画に沿って殺人を目論む。しかし、未熟な少女たちの計画が何もかもうまくいくはずもなく悲劇的なラストへ向かう。砂糖菓子のほうが評判はいいようだが、奇妙な信頼関係を育みながら、罪を犯してまで生きようともがき続けた彼女たちに私は軍配を上げたい。

  • なんて救われないラスト…。アル中オヤジの殺害を企てるというのは貴志祐介の『青の炎』を思い出した。桜庭一樹はやはり少女の描写に長けている。中途半端なお年頃の中学生たちの危うさが丁寧に書かれている。ふたりは加害者であると同時に被害者だったのだから。誰か彼女たちに救いの手を差し伸べる人がいてほしかった。2011/313

  • 今まで読んだ桜庭一樹の中では薄くて、似たような感じ。
    浩一郎さんと静香のキャラが…描写(主人公が感じる畏怖)と実際の2人が噛み合っていない印象を受けた。

  • 現実的に見ると、確かに、「殺人者」とは、少女には向かない職業かもしれない。
    けれど、虚構の世界なら、少女程「殺人者」に向くものは無いのではないかな、と、ふと思うのです。

    後、斧を振り下ろした相手が、実は地球に侵略してきた宇宙人なら、大槻ケンヂ。
    斧を振り下ろす瞬間で物語が終わったのなら、嶽本野ばら、かな、とも思いました。

    内容そのものも面白かったのですが、それとはまた別に、大晦日に、大晦日で終わる小説を読めて、良かった。

  • 一般的で心に闇を抱えてる少女とミステリアスな少女な構図は砂糖菓子の弾丸はうち抜けないと一緒だけど、内容的には及ばない印象。
    物語に救いがないし、どん底の絶望感も物足りないかな。
    でも、文章はいつも通り好き。

  • 義父をトリックを使い殺害してしまった少女、大西葵。
    その友人の宮乃下静香。

    甘い乙女時代と揺れ動く女の血。
    儚いはざまに生きる限定の時期。

    切ないなー…。少女でいられる時間は儚い。
    それでいて、だから甘酸っぱい。


    殺人バトルアックスは少女には必要ない。

  • 桜庭一樹らしい「少女」らしさが非情にもうまく出ている。非情なまでにだ。それは『少女には向かない職業』というタイトルで出て来ているが、命を左右することは、少女にはまだ重たく向かないものだ。身勝手な大人の中ではどうしても縮こまってしまう非力さ、か弱さ、それが前面に出ている。少しは完全に近づけさせようとするが、やはり何所か抜けていて完全さがない。大人にだって完全と云うのは不可能に近いが、それに近づけようと必死に努力するか弱さが少女らしさとして表れているように思えた。
    学校での明るい実に中学生らしい生き方の中で、たまたまに出て来る暗い部分は、二面性とかではなく、誰もが持っているものだと感じた。
    大人が居ないと生きていくことが難しい、保護される立場にある少女の、大人への必死な葛藤が、実に少女らしい不完全さで描かれている。

  • 葵が二人目を殺めてしまうシーンが、とても胸に残ります。呆然とします。

    追いつめられた静香が見せた、葵に対する信頼、期待、誇り、友情、そういう無数のものが葵を突き動かし、浩一郎を殺めてしまう。凄い密度の場面です。

    そしてそんな物語を、作者が中学生の視点に落とし込んで描けているのも凄い。大人にとってはどうでもいいようなことに繊細に傷つき、かつ大人の汚い想いを敏感に感じ取ってしまう少女が、本当に生々しく痛々しい。

    どことなく伊坂幸太郎の重力ピエロと重ねながら読んだんですが、こっちの方が好みです。

  • 純文学とは、とどのつまり“理不尽”なのではないのかと。
    主人公にはどうしようもない歪みが生まれた時点から存在していて、
    ライトノベルのように特別な能力もなければお姫様王子様もあらわれない。
    ただ崩れていくだけのどろどろとした闇、
    “現実の理不尽さ”という意味ではかなりの極上でしょう、そのため私は純文学を好みませんが。

    桜庭さんの本もこの例に漏れず、闇に沈まりかけている世界から始まります。
    光に手を伸ばそうとして、その手を誰かがつかむ事は出来なくて、
    死ぬのでもなくただ染まりきってしまう、そんな本。

    バトルアックスで殺されましたとか、ギャグみたいですよね?
    でも、そんな馬鹿げた事が子供にとっては真剣なんです。
    そう考えると色々と感慨深い。

    派手さはありませんが心情描写は丁寧です、
    沈んでいく中でも色々ともがいて、沈んで、助けを求めようとして……。
    最後に、とぷん。

  • 『危険からわれわれの身を守るための”悲しみのプログラム”という状態なんだ。悲しみというものは、生き残るための本能なんだよ。だから辛いときにじっとして、なんにも手につかなくなるのは、けして君のせいではない。』

    『いったいぜんたい、頭のどのへんを打ったらこんな服装をしたがるようになるんだろう。側頭部?』

    『用意するものはすりこぎと菜種油です、と静香は言った。』

    『一度超えたら、かんたんにその場所に行けるようになる。きっと、いいものも悪いものも一緒なんだ。一度やれたら、二度目はかんたんになる。』

    『用意するものは冷凍マグロと噂好きのおばさんです、と静香は言った。』

    『あたしはママが一番大事な人を誰か知っている。それは娘でも、死んだ夫でもないし、あの新しい恋人でもない。きっと”若いころの自分”なんだ。』

  • はじめの殺人までは引き込まれたんだけど、そのあとは尻すぼみだった…

    すごい行動力があるのに、やっぱり思考がJCで、JCが衝動で人が死ぬように仕向けてしまうところはすごく面白かったんだけど、読者は静香をどう扱えば良かったんだろ…
    静香、よくわからんし感情移入もできないし、最後も結局口ほど強くなかったし

    良くも悪くも、リアルJCなんすかね????

  • アルコール中毒の義父と,母親との三人暮らしの葵は,クラスでも目立たない,ステレオタイプの図書委員といった風貌のクラスメイトとともに,偶然にも義父を殺してしまう.
    クラスメイトに新たな殺人を持ち掛けられ,苦悩する中学2年生の少女の話.

  • 1日で読めた。つい最近、中学生に「今の中学生におすすめしたい本はあるか」と聞かれて、難しい質問だなと思ったが、これなんかいいのではないか。そう考えると、青年のための読書クラブもいい。

  • あたしはもうだめ。ぜんぜんだめ。少女の魂は殺人に向かない。読みはじめは静香はただのゴスロリ少女だと思ったけれど、後半すごくすごくキャラクタがよい、「用意するものは冷凍マグロと噂好きのおばさんです、と静香は言った」第三章のタイトルなんてユーモアが溢れてる!桜庭一樹は、一番乙一ににている作家なのでは?ほかの作品も読みたい。

  • 読みやすかった。でも、その読みやすさとは別に、内容は家族や友達の複雑さがリアルで重かった気がした。そして、この本は子供と大人とで、きっと読んだ後の感じ方が違うと思う。

  • この衝動は共鳴することでより強くなっていく。
    助けてと手を伸ばしても、繋がるのは自分と同じ考えを持っている人ばかり。
    それが救いになる瞬間もあれば、それが地獄へと繋がる瞬間もある。
    それでも耐えきれずに手を伸ばし、希望を求めてしまう。
    珍しく少女が少女のままでいる印象を受けた。

  • 少女犯罪モノ。読み終わったあとの解説で知ったのだが、GOTHICで盛り込めなかった話をひとつの小説の形にしたらしい。

    なるほどどことなくライトノベル風なところもありサラッと読める。夢中になって1日で読み終えた。

  • 中学生の女の子が、義父を見殺しにし、友達の口車に乗って、友達の従兄弟も殺そうとしてしまう話。
    子供っぽさと、大人っぽい行動力とが混じり合って、本人も混乱し悩みつつ、流されたりそうでなかったり。

  • 『原始人は悲しいときにじっとしてる。あたし、あのくだりを読んで、あぁ、自分のことだって思った。あたしはずっとじっとしてたの。

    洞窟の外は危険だから。大切な仲間を殺した、大きな熊がいるから。自分を守るために気配を殺して、あらゆる欲を排除して、ただ目立たないように生きる。それってまるで自分のことだった。』

    プロットの細やかさはさておき、かなり面白かった。『私の男』同様、ドロドロした表現力は健在。

  • 20151010
    青の炎女子中学生版
    静香も普通の中学生だと最後に分かって、愛情がわいた。
    ハラハラして一気に読めた。
    最後、ある意味ハッピーエンド。助けを求めることができ、(遅いけど)よかった。

  • あたし、大西葵13歳は、人をふたり殺した…あたしはもうだめ。ぜんぜんだめ。少女の魂は殺人に向かない。誰か最初にそう教えてくれたらよかったのに。
    だけどあの夏はたまたま、あたしの近くにいたのは、あいつだけだったから―。
    これは、ふたりの少女の凄絶な“闘い”の記録。『赤朽葉家の伝説』の俊英が、過酷な運命に翻弄される少女の姿を鮮烈に描いて話題を呼んだ傑作。

全447件中 1 - 25件を表示

少女には向かない職業 (創元推理文庫)に関連する談話室の質問

少女には向かない職業 (創元推理文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

少女には向かない職業 (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少女には向かない職業 (創元推理文庫)の作品紹介

あたし、大西葵13歳は、人をふたり殺した…あたしはもうだめ。ぜんぜんだめ。少女の魂は殺人に向かない。誰か最初にそう教えてくれたらよかったのに。だけどあの夏はたまたま、あたしの近くにいたのは、あいつだけだったから-。これは、ふたりの少女の凄絶な"闘い"の記録。『赤朽葉家の伝説』の俊英が、過酷な運命に翻弄される少女の姿を鮮烈に描いて話題を呼んだ傑作。

少女には向かない職業 (創元推理文庫)の単行本(ソフトカバー)

少女には向かない職業 (創元推理文庫)のKindle版

ツイートする