赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)

  • 2372人登録
  • 4.01評価
    • (261)
    • (342)
    • (196)
    • (22)
    • (5)
  • 270レビュー
著者 : 桜庭一樹
  • 東京創元社 (2010年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488472023

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

  • 米子に旅行に行っている間、ずうーっと読んでいた。そして2日で読み終わった。「こんなの、読んだことないっ」という気にさせてくれる面白さ。作中の鳥取弁が、異国の赤い言葉に聞こえる。ここであって、ここでない世界。ようこそ、ビューティフルワールドへ。

    語り手の瞳子の祖母・千里眼の万葉と、母・漫画家の毛鞠。それに比べて、現代の語り手である瞳子の、なんとふわふわと薄っぺらいことだろう。
    そう嘆きたくなるくらい、万葉と毛鞠の時間は謎めいた驚きに満ちている。時代とともに駆け抜けていく彼女たち、しかしそこにはまだ知らないもの、見たことのないもの、そして出会ったことのない人とのまだ見ぬ出会いがある。未知であることが不思議を生み、希望を生む。それらは時に残酷で、恐怖ですらあるけれど……それでも見えないからこそ、立ち向かえることもあるのだと思う。

    わたしたちは、悩み多きこのせかい、広大でちっぽけなこのせかいに生まれた。周りは自分と同じような人ばかり……なんでもできるけれど、特になにもできない。どこに行けばいいの? わたしはこのせかいで誰なの? 
    それでもわたしは、真っ赤なこのせかいで生きていく。せかいは、そう、すこしでも美しくなければ。

  • やっと、読み終わりました~っ。

    戦後の昭和から平成の今までを生き抜いた、女三代の生き様を書いた小説です。

    あとがきにもあったけど、有吉佐和子さんの『紀ノ川』みたいな感じをミステリー調に仕上げた本だな~。
    でもミステリーというよりは、ドラマを読んでる感じ。

    社会背景を踏まえながら、その時代に生き抜いた女の有様とその女に絡んだ男の生き様をとてもよく表現してると思う。
    物語は一見すると淡々と語られてるように感じるんだけど、要所要所でスパイスが効いてて私は楽しめた。

    私の時代は毛鞠を一緒なんだけど、読んでると万葉の時代がとても面白かったし、この本は彼女を中心に書かれてる気がするな~。
    一番つまらなかったのは、瞳子の時代。

    ミステリーさは、ほんとに最後の方にしか出てこないんだけど、でもこれはやっぱりこの長い前置きを読んでからじゃないと分からないんだな~。
    仮に「万葉が殺した」という死体の正体が早々分かっちゃっても、当人の心理描写や万葉との関係は、最後読むまで分からない。
    なんか、最後は胸があつくなった。
    最後、やられたな~~~。

  • 昔の話でなんだか現実だか幻想だかわからないような不思議な話が読みたい、とつぶやいたら友達が貸してくれた。
    たしかにそれっぽい。
    読みごたえもあって、時々出てくる文章にはっとさせられる。

    あらすじ
    ”辺境の人”に置き忘れられた幼子。この子は村の若夫婦に引き取られ、長じて製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれ輿入れし、赤朽葉家の”千里眼奥様”と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。――千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもないわたし。旧家に生きる三代の女たち、そして彼女たちを取り巻く一族の姿を鮮やかに書き上げた稀代の雄編。

  • 鳥取県紅緑村に構えるお屋敷、赤朽葉家の女3代の物語。
    村の描写や現実の流れ(オイルショック、バブル崩壊、家庭崩壊など)、人物の描写台詞すべてがばちっとはまった感じ。

    昔のジブリ映画観てるような感覚だった。

    物語の強さや現代の物語のお役目など、読みながら考えたこともたくさんあった。

    物語のための物語といったおもむき。

    桜庭一樹は少女向け短編よりも「私の男」とか「赤朽葉~」みたいな濃厚な長編がいいな。

    暗さを持たせずに惹きこむ感じも良かったと思います。

    語り手である現代の瞳子の空虚な感じが暗いといえば暗いが時代背景とのバランスが取れてると思いました。

  •  桜庭ー樹の初期の代表作を書け、と編集に言われた。さらに、桜庭さんは全体小説が書ける人だと思います……
     そう言われて、大きな物語を書くことにワクワクして書いたのが本作である、と作者は語っている。
     そうして本当に代表作を紡ぎ出した手腕は見事。さびしい山だしの娘が語る素朴さと、山陰の暗さと赤朽葉のあざやかさ。楽しい読書だった。

  • めっちゃ面白い。
    こんな小説初めてです。
    すっかり桜庭一樹ファンになった!!
    女性作家ぽくない骨太な小説。
    海外ミステリーを知り尽くしている著者。
    うなずけます。
    まさにそれが裏付けるようだと思いました。

  • 先週末に「私の男」を一気読みしてあまりに面白かったので、文庫版解説で北上次郎さんが強く薦められていた「赤朽葉家の伝説」を購入して、これま面白くて一気読み。

    これは好き好きだけど、「私の男」よりこちらの作品のほうが心に残っていく一冊。作家自身のあとがきに「担当編集から初期の代表作品をつくりましょう」というプレゼンから生まれたというだけに、まさに力作。

    作家自身は、ガルシア・マルケス「百年の孤独」やヴァージニア・ウルフ「オーダンドー」などが書き始める前に抱いたイメージだったとあったが、個人的な読後感としては、ジョン・アーヴィング「ガープの世界」「ホテルニューハンプッシャー」なども頭を過った。

    またこのような作品を「全体小説」と呼ぶということもこれまで知らなかったのでググってみると、中上健次三部作「岬」「枯木灘」「地の果て至上の時」などがジャンル的にはその代表作ということで、なるほどなあという想いに駆られる。それで言うとこの作品の第一部は「鳳仙花」にも雰囲気がとても近い。

    「全体小説」は好きなジャンルなんだと知れたので、しばらく漁ってみたい。全体小説について解説されているサイトで、高村薫「晴子情歌」は中上三部作の影響を感じるという感想があったので、まず読んでみたい。

  • 鳥取の旧家・赤朽葉家の万葉、毛毱、瞳子という女三代の壮大な物語。ほとんどの話が屋敷の中と周辺で展開するのに、本当にスケールの大きな物語を読み終えた気分だ。万葉の秘めた思いと、冒頭に出てくる「未来視」の謎が最後に解けた時には何とも言えず切ない気持ちになる。時代に、社会に翻弄され、でも必死で生き、その生を全うする人たちの強さを見た。目を閉じればそこに、巨大なお屋敷とそこを出入りする人々が浮かんでくるようなリアルさと、なんとも言えない不思議さが同居した物語で、桜庭一樹作品特有の美しい余韻が残る。

  • 題名から推測されるように、おどろおどろしい脚色でありながら、尚且つどこかコミカルな雰囲気もある長編小説です。伝説とあるように時代背景は1950年代、場所は山陰地方の辺境と称される一帯が話の発端になります。語り手は、この地で財をなした旧家、赤朽葉の系統者であるわたし、赤朽葉瞳子、彼女はその祖母、赤朽葉万葉の生きた時代、その母、赤朽葉毛毬の生きた時代、そして今の自分のことと、過去から未来に向けて三代に亘る一族の尋常ではない軌跡をたどります。
    祖母の万葉の超能力ともいうべき、「千里眼」、10歳の少女がその時視えた未来がこのお話をひもとく鍵になっています。
    祖母や母、その兄弟友人など登場する人物も多く、さらに時代の移り変わりと共にその時代の出来事などの記述も多いので、散漫になる部分も否めませんが、祖母、母も亡くなり、残ったわたしが、祖母の「遺言」ともいうべき言葉の謎を探る辺りになると、急に視界が開けた感じになります。

  • 戦後から現代までの日本を軽快に描いています。
    人が時代を動かしているのではなく、
    時代に人が翻弄されているように感じました。
    「ようこそ、ビューティフルワールドへ」という台詞は胸にくるものが…。
    旧家に生きた祖母、母、わたしと続く三世代の物語です。
    面白おかしくもあり、赤朽葉家の人々のつながりや生き様に、
    じんときたりします。
    近代から現代にかけての歴史的背景を織り込みつつも、
    伝説とか神話が似合うファンタジーで、とても読み応えがあり、
    濃密な時間を過ごせました。
    時代の大きなうねりと主人公の生きざまが自然に
    リンクしている迫力あるエンターテインメント小説です。

  • 桜庭一樹さんの本は何冊か読んだけどその中でダントツで好きな本。
    スピンオフの製鉄天使も読んでみたい。

  • 万葉、毛毬、瞳子。旧家赤朽葉家に生きた三代の女たちの物語。

    桜庭一樹さんの描く世界は本当に美しい。
    文章ひとつを取ってもため息が出るくらいだ。
    特に万葉の世界はどこか空想的で、体が宙を舞う感覚におそわれた。
    それに比べ、毛毬と瞳子の世界が妙に現実じみていて、どこか違和感を感じた。
    その違和感のせいか、ラストはありきたりな話のように思いながらも、今までにない切なさを感じるという、複雑な気持ちになった。

    空想が当然で現実がおかしい。
    この話はそんな物語なのかもしれない。

  • 島根の山奥の、とある女系の本家の血を引く最後の一人なので、小説の設定にかなり興味がありました。
    この小説の舞台は鳥取だけれど、同じ山陰で、近いですものね。
    それに、日本推理作家協会賞を受賞していますし。そんな訳で、文庫化されると割とすぐに読み始めました。

    三部構成になっていて、第一部では、赤朽葉の千里眼奥様と呼ばれた祖母・万葉の話、第二部では、伝説のレディースヘッドにして、後に有名漫画家となった母・毛毬の話、そして、第三部では、まだ若く、何者でもない、「わたし」・瞳子の話。
    しかし、語り手は一貫して、瞳子です。

    万葉は元々は、土地の人に「辺境の人」、民俗学者には「サンカ」と呼ばれる山の民だったのですが、ごく幼い頃、里に一人置き去りにされ、若夫婦に拾われて育てられました。
    この万葉には、未来や、見えない筈の遠くのものまで見えたりする不思議な力があり、彼女に何かの縁を感じた赤朽葉タツに、息子の嫁に、と迎えられます。

    万葉が持つ不思議な力以外にも、様々な奇妙な現象や、その土地の持つ力のようなものが描かれていて、全体の雰囲気は、ガルシア=マルケスの『百年の孤独』のような感じでした。
    三代にわたる年月が語られる訳ですが、単に家族の事だけではなく、当時の社会の事等もあわせて書かれているので、戦後史といった趣もあります。

    万葉は息を引き取る直前、孫の瞳子に、人を殺したことがある、と告白します。そこで、瞳子は様々な人に話を聞いたりしながら、そして、彼女自身が受け継いだ血の力によって、死んだのは誰なのか、を調べて行きます。
    その結果は、推理がメインの小説程衝撃的でもないので、推理、という部分に関しては、正直、読後はやや物足りない感じがしました。
    でも、少し経つと、じわじわと、良いなぁ、と思えてきました。
    あぁ、こういうのも良いなぁ。
    推理以外の、土地の力や、たたらの赤い魂、血を受け継ぐと言う事、そういう辺りの描かれ方は、すぅっと体に馴染みました。

    語られる年月が長いので、登場人物もかなり多いです。
    その中で、特に私が好きなのは、万葉とみどりの友情と、万葉とタツの関係。後、豊寿が凄く好きです。

  • 惜しいなー。最後、三代目のはなしは、残念ながら、蛇足っぽい気がしてならない。そこんとこよろしく、で終わってよかったんじゃないのかな。

    泪、孤独、鞄に毛鞠を産み育てた万葉の一代記、戦後日本の社会と世相を、平成世代の孫の口を借りて語るというのはうまいと思う。万葉を嫁にとったおんな恵比寿様をはじめ、魅力的なキャラクターがたくさん登場する。

    それが第三部になると、途端にスケールがちいさくなり、全てが色褪せてしまう。「自分はこの家に(或いは担うべき役回りに)ふさわしくないと悩む独白がくりかえしでてくるのだが、あまりにもドンピシャなため、そのとーりだよ、早くひっこめば?と思ってしまうのは否めない。

    伝説は伝説のままでよかった。スケールのでかい話だっただけに、終章のご都合主義的まとめ方がとても残念。

  •  これは…すごくよかった。すごくおもしろかった。
     鳥取の旧家に生きる3代の女性たちとその一族、そして彼らを取り巻く日本という国の物語だ。
    1つの家族、個人を通して時代を読むということ。歴史という時代のうねりの中で必死に生きる個人を見るということ。どちらも同じようでいて、しかしたとえば民俗学においてこの2つは決して同じ手法ではない。たぶん。それが、物語の中では平然と両立するから不思議だ。ここには、3人の女性の人生と、戦後の日本が歩んできためまぐるしい歴史が所狭しと描かれている。
     そして、冒頭で提示され、最後の最後で鮮やかに明かされるひとつの謎。わくわくして、悲しくて、寂しい。この本からは、「書物の力」みたいなものを感じる。そんなものがあればの話だけど。

  •  山陰の旧家を舞台に、祖母、母、娘の三代にわたる物語。

     面白かった。
     続きが気になって気になって、手をとめることができなかった。

     祖母は千里眼、母は漫画家、そして何者でもない孫、と孫は語るが、ようするに時代がそういう人物を望んでいたのだろうと、感じた。
     そう、ただ女たちの三代を描いたのではなく、そこ根底には戦後から現代にいたるまでの社会があり、山陰の旧家であってもその荒波は容赦なく押し寄せてくるのだ。

     と、同時に、祖母の悲しいまでに純粋な心の物語なのだと思った。
     飛ぶ男を幻視したのが始まりで、結局は物語はそこに着地していく。
     自分の気持ちも、相手の気持ちにも、気づくことも察することもできない程に純粋だった恋だったからこそ、祖母は孫娘にその結末を託したのだろう。
     孫娘が自分で歩き始められるように…。

     薄ら怖くて、優しくて、美しい物語だった。

  • 2017年、36冊目は桜庭一樹。ハードカバー出た段階で気になってた一冊。

    製鉄業で財を成した旧家、赤朽葉家。そこにまつわる、女史三代の物語。

    『ヤられたわ』が最初の一言。メチャクチャ面白いじゃん。

    全体を貫くミステリー要素は正直、どぅでもイイ。千里眼を持つ祖母。伝説のレディースを率いていた、売れっ子漫画家の母。今は何者でもない私。紡がれる戦後~の歴史。しかも、それが、地方都市~のモノ。

    様々な要素が渾然一体化した一冊。第三部が馴染みきれなかったが、充分、★★★★☆の価値あり。

    心のささくれに順応するか❔否か❔で評価変わりそぅだけど……。

  • 歴史小説ではないけれどまるで大河ドラマの原作のような物語だ。
    朝に似合うかどうかはさて置いて、万葉を主人公にすれば朝ドラだっていけるかもしれない。
    赤朽葉家の女三代、万葉、毛毬、そして瞳子。
    彼女たちの波乱に満ちた人生が描かれている。
    あまり現実味のない内容も、桜庭さん独特の筆致となればまた違ってくる。
    見えるものを大切な人たちのため使い、それでも言ってはいけないと決めたことには沈黙を通す万葉。
    見えることを隠し、素知らぬ顔を通した毛毬。
    どちらも強い女性・・・といった印象が強く残る。
    赤朽葉家の、というよりも万葉の中に流れる血の特異性の成せるわざなのか。
    生半可ではない芯の強さと潔さが、赤朽葉家の女性たちを通して伝わってくる。
    タイトルにある「伝説」に十分頷けるような物語だった。

  • 三世代にまたがる話とだけあって本当に濃い内容で、その長きにわたって横たわる謎が解明される瞬間は、ああ遂にと言う具合でとても楽しめた。

  • 評価は5。

    内容(BOOKデーターベース)
    “辺境の人”に置き忘れられた幼子。この子は村の若夫婦に引き取られ、長じて製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれ輿入れし、赤朽葉家の“千里眼奥様”と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。―千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもないわたし。旧家に生きる三代の女たち、そして彼女たちを取り巻く一族の姿を鮮やかに描き上げた稀代の雄編。第60回日本推理作家協会賞受賞。

    未来が見えたり、幻想を見たり・・・最初はSFなのか?と中々読み進められなかった。しかし、この小説は人をもの凄くいじめたり貶めたりする話では無く、淡々とこの一族の日常や出来事を語っていくのである。
    そして、2代目の「わたしのはは」の時代はまさに私の青春時代にあたる。それでも、話は淡々とすすむ。
    それが私の青春とも重なり・・
    マッタリとしたそれでいて地道な一族の3代の女性の生き様が生き生きと書かれたとても良い話であった。

  • 赤朽葉家の女三代の年代記。年代記ってどうしてこんなに面白いんだろう。もちろん、桜庭一樹が読ませる作家ということもあるのだが。桜庭一樹がワクワクしながら書いたように私もワクワクしながら読んだ。

  • 昭和という時代の激動を見事に写しとった、架空の名家の一大叙事詩。鉄鋼と造船で栄えた山陰の地方都市の栄枯盛衰。時代の流れに伴うライフスタイルや価値観の変遷。そこに生ずるドラマが心を打つ

  • この作者は作品によってかなり文体が変わるが、この作品では頭の空っぽな少女の一人称とは違いとても堅い文体で描かれていた。
    正直読んだのは確か高校生の頃だったので、またしっかりと読み直したい。
    ハードカバーの装丁がとても綺麗なのでおすすめ。

  • 年代記はいいなあ!なんで連作短編だと苦手で、これだといいんだろうな。長さかな。歴史かな。
    なんかの世代論で、三代目「わたし」の、322「行く手は茫洋として、(…)だからこそ、小舟にたまたま同乗した、級友たちに優しく接したかった。(…)漠とした重たい感情が心の奥深くでいつもうごめいていた。」のところが引用されてた。
    ぶくぷく茶ってほんとにあるのかな?…ぼてぼて茶http://furusato.sanin.jp/p/area/matsue/73/ うーむ。

全270件中 1 - 25件を表示

赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)に関連するまとめ

赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)の作品紹介

"辺境の人"に置き忘れられた幼子。この子は村の若夫婦に引き取られ、長じて製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれ輿入れし、赤朽葉家の"千里眼奥様"と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。-千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもないわたし。旧家に生きる三代の女たち、そして彼女たちを取り巻く一族の姿を鮮やかに描き上げた稀代の雄編。第60回日本推理作家協会賞受賞。

赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)のKindle版

ツイートする