配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)

  • 2357人登録
  • 3.74評価
    • (185)
    • (411)
    • (348)
    • (38)
    • (7)
  • 356レビュー
著者 : 大崎梢
  • 東京創元社 (2009年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488487010

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

  • 大崎梢さんとの出会いは【平台がおまちかね】でした。
    それまで、本屋さんを舞台にした本があるなんて知らなくて…
    そして、本屋さんの大変さをちょこっと垣間見て…
    興味深く思っていました。

    先日、大崎さんセレクトの【本屋さんのアンソロジー】で久々に大崎さんの作品を読みました。
    そして、古本屋さんで探してみると、この【配達あかずきん】を発見!
    これは大崎さんのデビュー作なんですね!

    駅近くのビル内にある書店『成風堂』。
    書店員の木下杏子と大学生アルバイトの西巻多絵。
    二人が書店を舞台に繰り広げられるミステリーを解決していく。
    5編の連作短編集。

    自身が本屋さんで働いていた経験のある大崎さんならではの視点がとても面白い!
    成風堂シリーズ、読まなくちゃ!!

  • 本屋さんが舞台のミステリーというだけで、
    ★一つプラスでしょう。
    ブクログにいる方たちにとっては、
    「猫にまたたび」みたいなもんですよね。
    その上、主人公二人のキャラが立っていて
    ふたり揃ってチャーミング!
    本当にこんな本屋さんがあったら
    毎日、通っちゃいそうです。
    ストーリーはしっかりミステリーしていて、
    その点でもポイント高い。
    騙されたと思ってこの本屋さんを
    一回訪ねてみませんか?

  • 4+ 

    これは面白い。特に劈頭を飾る「パンダは囁く」の充実ぶりには目を見張るものがある。途中、暗号ネタに持っていこうとする主人公の描写はやや強引だが、冒頭のお客とのやり取りから、最後のオチまで実に素晴らしい流れだ(このオチはベタでキザだけどかっこいいよ、イカス)。この一編が良い起爆剤となり、以降、若干勢いは落ちるものの、続く4編も同じ書店を舞台にしながら、多様性を持たせたストーリー、プロットで、ほとんど飽きさせない。書店蘊蓄も興味深いし、極力無駄を省いたストーリーテリングも潔い。贅沢を言えば、もう少し真相が明かされる際のカタルシスがあればなあと思う。

  • 書店を舞台にしたミステリー。

    日常の中に潜んだ小さなミステリーを本屋さんならではの
    解き方で解決してくれるのがすごくおもしろかったです[*Ü*]

    大好きな本屋さんだけど、働いている人にしか分からない
    書店の中のことも少し垣間見れたり、知っている本が出てきたり
    知らない本にはまた新たな興味がわいたり。

    刑事事件になる陰惨としたミステリーとは違って
    派手さはないものの、本が大好きな人にとって
    楽しい視点の謎解きミステリーだと思います[^-^]

    「あさきゆめみし」がすごくすごく読みたい衝動にかられてます!

  • 出版社の営業マン・ひつじくんのお話を2冊読み、『クローバーレイン』を読み、やっと成風堂書店のお話を一つ読み終えました。
    書店での何気ない日常の謎がふんわりと心地よかったです。
    一番好きなのは『標野にて 君が袖振る』ですね^^
    『あさきゆめみし』がモチーフとなっていて 額田王、天智天皇、天武天皇との微妙な三角関係を示した和歌がとても良いアクセントになっていて読後感が何とも言えなかったです(^-^)
    『六冊目のメッセージ』の余韻を残す感じのラストにほこりしますね。

  • 私は気に入った本に出会うと、その作家さんを追いかけます!このかたも追っかけて読んでます!

  • 杏子さんと多恵ちゃんが良いコンビ。
    日常ミステリーにふさわしく(多恵ちゃんはカンが鋭く推理力に優れているが)二人とも本の事ならなんだってわかると言うようなスーパー店員ではないのがいい。
    本屋さんに勤めている人は、当然本が好きな人だろうと思っているけど、年間にどれだけの本が発刊されるか考えたら、何でも分かるなんて無茶だものね。
    日常の謎に絡んで本屋さんの内々の事情が分かるのが楽しかった。
    猫の好きな営業さん・・・恋が芽生えるかな(笑)

  • ≪『書店の謎は書店員が解かなきゃ.』≫

    自分も書店でバイトしていたから,「あぁこの感じなつかしいなぁ」と感じた.
    もちろん謎なんて起こることなんてほとんどなかったけれど,それでも,あの空間には何かが起こるような気がしてた。
    仕事として張り詰めながらも,本という虚実入り混じるものに囲まれた、おおらかさを感じていたのは間違いない.
    この本を読んでいるときも,そんな空気を感じた.

  • 大崎さんのデビュー作を含む短編集。「日常の謎」と聞いていたけど遺産目当ての殺人計画や名誉棄損・ストーカー未遂など、結構事件は派手と言うか、深刻な感じ。
    「標野にて、君が袖振る」は「きみが見つける物語 十代のための新名作 不思議な話編 /角川文庫」にて既読。

    ・パンダは囁く
    本屋にまつわる謎を解いたら命を助ける結果になった。
    わけのわからないヒントから本を当てるという本屋の店員さんの本領発揮。

    ・標野にて、君が袖振る
    二股でおなじみ額田王。既読。

    ・配達あかずきん
    店員が駅で突き落とされたりしたのは、大事には至ってないけど、こういう一つ一つのエピソードになんらかの意味があるんだろうなーと思いながら読み進めると、最後に綺麗にオチる。
    犯人の姉弟が身勝手すぎると思った。こういう人が悪役だったのもさらにいい(すっきりする)。

    ・六冊目のメッセージ
    本を選んでくれた人に一目ぼれ。
    本を選んだのは常連のおじいさん(冒頭で入院すると言って去った人)かと思ったら違った。

    ・ディスプレイ・リプレイ
    折角苦労して作ったのに自らダメにしてしまう、その憤りの内容にちょっと共感しきれない部分はあったけど、憤りの果てに行動がエスカレートしてしまうのはあるだろうなーと思った。わたしもオタクなので入れ込んでいる作品がどうこうなったら、いたたまれないという気持ちはわかるし。
    ネットで顔も見えないまま誰かを叩くことがすこし批判的に書かれていたけど、何というか、こういうのってケースバイケースだなぁと個人的には思っています。

  • 以前、「晩夏に捧ぐ」を読んで面白かったので、シリーズ1作目を読んでみた。
    本屋に持ち込まれる色んな事件。いつも名推理で解決する大学生バイトの多絵が、ちょっと抜けたとこもあって憎めないキャラクター。本屋好きにはおすすめの作品。

  • 驚くほど話を覚えてない自分にびっくり。久々の再読、本屋バイトを思い出して楽しめました(^_^)☆

  • 本格派にも通ずる暗号の話が面白かったです。

  • 甘いかもしれないけど
    本屋さんずきとしてはたまりません。

    浅田さんずきにも「ですよねー」といえるトリック(?)です。

    続きが読みたいと思いました。

  • 本屋さんを舞台にした日常ミステリ作品。
    短編が集まったもので、文体もさらりとしており非常に読みやすい。
    軽く本が読みたい時や、本屋好きにオススメの本である。
    坂本司の作品が好きな人にもいいのではないだろうか。

    語り部である杏子はこれといって特徴はないが、本屋の店員さんだったら嬉しい感じの人物で好感が持てる。
    謎を解いてくれるのはアルバイトの多絵。
    頭の回転がすごく早いというよりは目の付け所がいいタイプに思える。
    ちょっと推測の域を出ない推理もあるのだけど、日常ミステリだからそれもご愛嬌。
    とにかく、本屋フリークにはあるあるが楽しい本だった。
    個人的には『六冊目のメッセージ』が1番好きだった。

  • 書店ミステリー。
    そこに出てくる本の名前なんか、知ってるものもあって、あ~これ知ってるって楽しくなってくる。

    『六冊目のメッセージ』の話が一番好き。

    『標野にて、君が袖振る』
    なんか、今どきの流行っぽい話によくあるなーって思ってしまった。
    『配達あかずきん』にしても、やけにきらっきらした人出てくる。
    面白かったけど、
    本屋さんという現実的な場所なのに、現実的じゃない設定というか、それはないだろーということがたまに頭をかすめる。
    本屋だし、本だし、夢があるからいいか~(?)

    でも、最後のディスプレイ。リプレイ読んで、いろいろ思った。

    こうやって、私は本のことを書いている。それって、どうなんだろう。
    物語とは全く一緒ではないけど、
    私のこれも、自分は何も生み出したり、努力もせずに、ただ人の作品の気になるとことかを勝手に考えとして、外に発信している。
    けなしているつもりはないけど、でも、書いてる人からしてみたら、読んであんまり気分がよくなるものばかりじゃないかもしれないよね。

    感想は続けていくと思う。
    だけど、もっともっとこれから言葉を考えて書いていきないなあ。
    良いところもいっぱい見つけていきたいな。

    簡単に書き込める場所だけど、どこで誰がみて、どう思うか分からない。
    それを忘れちゃいけないんだなあ。

  • 電車で読んでたら夢中になりすぎで乗り過ごしました 笑

    5話収録されてありますが、どの話も面白かったです。

  • 本屋さんは大変だ。

    読んでいる最中は、これにつきる。

    推理場面の、はっとさせられるほどの切れのよさもさることながら、書店の日常業務に驚かされる。

    これから書店にいくときは、もっと感謝の目を向けよう、と、決意してしまう一冊。

    自分的には、表題ほか、「六冊目のメッセージ」がお気に入り。

  • 駅ビルの六階にある書店・成風堂を舞台に、しっかり者の書店員と
    、勘の鋭いアルバイトがさまざまな謎に取り組んでいく本格書店ミステリ、シリーズ第一弾。
    話しは日常の謎的なミステリ連作短編が5作入り
    お客様の曖昧なヒントで本を探すことから、事件を解決する「パンダは囁く」
    常連のお客様の失踪をさぐる「標野にて君が袖振る」
    美容院へ配達した雑誌をめぐるいざこざ「配達あかずきん」
    入院先へのお見舞いの本をめぐる「6冊目のメッセージ」
    コミックのディスプレイで起きた「ディスプレイ・リプレイ」
    謎としては、本当に「事件」もあれば、日常の謎もありで楽しめる

  • 「いいよんさんわん」 近所に住む老人から託されたという謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし』を購入後、失踪した母を捜しに来た女性。配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真…。駅ビルの6階にある書店・成風堂を舞台に、しっかり者の書店員・杏子と勘の鋭いアルバイト・多絵が、さまざまな謎に取り組んでいく。本格書店ミステリ、シリーズ第1弾。

    <収録作品>
    パンダは囁く*標野にて君が袖振る*配達あかずきん*六冊目のメッセージ*ディスプレイ・リプレイ

    東京創元社(2006.05)
    創元推理文庫(2009.03)

  • 表紙の雰囲気と舞台が書店ということで買いました

    思っていたよりミステリーの要素があって、でもほのぼのとしたストーリーです
    読んだら本屋さんでバイトしたくなりました

    この本を読んで以来、大崎梢さんの本は出たら読んでます
    他の本もおすすめですよ

  • 書店員が事件を解決するお話です。
    書店員とだけあって本に関わったものが多かったです。
    本好きには読みやすい作品でした。

  • この物語は――しっかり者の書店員・杏子さんと,勘の鋭い学生アルバイト・多絵ちゃんが、書店で起こる様々な謎に取り組んでいく、本格書店ミステリーである。
    探偵役は多絵ちゃんで、杏子さんは助手的な役割‥かな?

    「パンダは囁く」
    読書好きのおじいさんから依頼された探求書リストが、まさかこんな大捕物に発展するとは…!!
    でも、せっかく気づくことができたとしても、そこから実際に一歩踏み込むのって、すっごく勇気がいると思うのよ。
    なので、鮮やかなお手並みに感服。多絵ちゃん本当にお手柄でした!

    「標野にて 君が袖振る」
    明るい内容ではなかったけど、いちばん気に入った話。
    だってこれはミステリーというより、二十年越しのラブレターだよ!!(≧v≦)
    謎解きの過程が、さながら女子会トーク~って感じで面白かった。女同士って、出会ったばかりでも意気投合できちゃうもんなのかね?笑

    「配達あかずきん」
    表題作…なんだけど、ややこしくて頭こんがらがったw
    というか、書店員さんって配達とかもやってるんだ!?と思って。知らなかったー!

    「六冊目のメッセージ」
    出てきた5冊、全部読んでみたくなった!
    せっかくだから6冊目も明かしてくれたら良かったのにィ~。笑

    「ディスプレイ・リプレイ」
    うーん。気持ちはわかるけど、書店に迷惑かけて仲間まで傷つける前に、もっとほかにやり方があったでしょ!としか思えなかった。(-`ε-;)
    それにしても…杏子さんって、本当に多絵ちゃんを頼りにしてるのねぇ。そこが微笑ましかったから、まぁいっか☆

    私は基本的にミステリーが苦手なんだけれど、ちゃんと探偵役がいて謎解きしてくれるものに関してはわりと苦にならずに読めるので、このお話もとても楽しく読めて良かった♪
    この「成風堂書店事件メモ」シリーズは、今のところ第4弾まで出ているようなので、ぜひ読破したいなと思う。

  • 本だけでなく、本屋が好きな方には、設定だけでうれしいのではないでしょうか。心温まる、まさに日常の謎の良さを感じました。

  • 2人の若い書店員さんの活躍。
    職場の仲間も馴染みやすい人たちで、穏やかに読める。

    日常のささいな、でも当人にとっては大きな事件。
    それぞれの話も、最後には爽快に終わってスッキリ。

    実際にある本や作家の名前が使われてて、それにも興味が出る。

  • 本屋を舞台にした推理小説は、私にとって初めて。内容もさることながら、本屋に興味を持った。面白い。

全356件中 1 - 25件を表示

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)に関連する談話室の質問

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)に関連するまとめ

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)の作品紹介

「いいよんさんわん」-近所に住む老人から託されたという謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし』を購入後失踪した母を捜しに来た女性。配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真…。駅ビルの六階にある書店・成風堂を舞台に、しっかり者の書店員・杏子と、勘の鋭いアルバイト・多絵が、さまざまな謎に取り組んでいく。本邦初の本格書店ミステリ、シリーズ第一弾。

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)のKindle版

ツイートする