配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)

  • 2385人登録
  • 3.73評価
    • (184)
    • (422)
    • (355)
    • (39)
    • (7)
  • 366レビュー
著者 : 大崎梢
  • 東京創元社 (2009年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488487010

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大崎梢さんとの出会いは【平台がおまちかね】でした。
    それまで、本屋さんを舞台にした本があるなんて知らなくて…
    そして、本屋さんの大変さをちょこっと垣間見て…
    興味深く思っていました。

    先日、大崎さんセレクトの【本屋さんのアンソロジー】で久々に大崎さんの作品を読みました。
    そして、古本屋さんで探してみると、この【配達あかずきん】を発見!
    これは大崎さんのデビュー作なんですね!

    駅近くのビル内にある書店『成風堂』。
    書店員の木下杏子と大学生アルバイトの西巻多絵。
    二人が書店を舞台に繰り広げられるミステリーを解決していく。
    5編の連作短編集。

    自身が本屋さんで働いていた経験のある大崎さんならではの視点がとても面白い!
    成風堂シリーズ、読まなくちゃ!!

  • 本屋さんが舞台のミステリーというだけで、
    ★一つプラスでしょう。
    ブクログにいる方たちにとっては、
    「猫にまたたび」みたいなもんですよね。
    その上、主人公二人のキャラが立っていて
    ふたり揃ってチャーミング!
    本当にこんな本屋さんがあったら
    毎日、通っちゃいそうです。
    ストーリーはしっかりミステリーしていて、
    その点でもポイント高い。
    騙されたと思ってこの本屋さんを
    一回訪ねてみませんか?

  • 書店を舞台にしたミステリー。

    日常の中に潜んだ小さなミステリーを本屋さんならではの
    解き方で解決してくれるのがすごくおもしろかったです[*Ü*]

    大好きな本屋さんだけど、働いている人にしか分からない
    書店の中のことも少し垣間見れたり、知っている本が出てきたり
    知らない本にはまた新たな興味がわいたり。

    刑事事件になる陰惨としたミステリーとは違って
    派手さはないものの、本が大好きな人にとって
    楽しい視点の謎解きミステリーだと思います[^-^]

    「あさきゆめみし」がすごくすごく読みたい衝動にかられてます!

  • 4+ 

    これは面白い。特に劈頭を飾る「パンダは囁く」の充実ぶりには目を見張るものがある。途中、暗号ネタに持っていこうとする主人公の描写はやや強引だが、冒頭のお客とのやり取りから、最後のオチまで実に素晴らしい流れだ(このオチはベタでキザだけどかっこいいよ、イカス)。この一編が良い起爆剤となり、以降、若干勢いは落ちるものの、続く4編も同じ書店を舞台にしながら、多様性を持たせたストーリー、プロットで、ほとんど飽きさせない。書店蘊蓄も興味深いし、極力無駄を省いたストーリーテリングも潔い。贅沢を言えば、もう少し真相が明かされる際のカタルシスがあればなあと思う。

  • 出版社の営業マン・ひつじくんのお話を2冊読み、『クローバーレイン』を読み、やっと成風堂書店のお話を一つ読み終えました。
    書店での何気ない日常の謎がふんわりと心地よかったです。
    一番好きなのは『標野にて 君が袖振る』ですね^^
    『あさきゆめみし』がモチーフとなっていて 額田王、天智天皇、天武天皇との微妙な三角関係を示した和歌がとても良いアクセントになっていて読後感が何とも言えなかったです(^-^)
    『六冊目のメッセージ』の余韻を残す感じのラストにほこりしますね。

  • 私は気に入った本に出会うと、その作家さんを追いかけます!このかたも追っかけて読んでます!

  • 杏子さんと多恵ちゃんが良いコンビ。
    日常ミステリーにふさわしく(多恵ちゃんはカンが鋭く推理力に優れているが)二人とも本の事ならなんだってわかると言うようなスーパー店員ではないのがいい。
    本屋さんに勤めている人は、当然本が好きな人だろうと思っているけど、年間にどれだけの本が発刊されるか考えたら、何でも分かるなんて無茶だものね。
    日常の謎に絡んで本屋さんの内々の事情が分かるのが楽しかった。
    猫の好きな営業さん・・・恋が芽生えるかな(笑)

  • 本屋で起きるミステリー。これは面白い。読書好き、本屋好きにはたまらない。シリーズ読破決定。

  • 駅ビル書店の店員が、客の買う本にまつわるちょっとした事件を解いていく、いわゆる日常の謎系ミステリ短編集。といっても、読者に十分なヒントが出されるわけじゃなく、あーそういうことか、と後でわかるので本格とは言い難い。最初の「パンダは囁く」とか題材は悪くないんだけど、探偵役の女子コンビがほんわか設定で、甘々人情フレーバーがちょっと僕には合わなかった。。書店の仕事がよくわかる点は、参考になるかも。ちなみに「パンダ」というのは、新潮文庫のYondaくんというキャラクタのことで、キャンペーン自体が1998年から2014年までだったから、これから読む人にはわからない高難度ヒント。そのキャンペーンすら知らなかったです。。。

  • ≪『書店の謎は書店員が解かなきゃ.』≫

    自分も書店でバイトしていたから,「あぁこの感じなつかしいなぁ」と感じた.
    もちろん謎なんて起こることなんてほとんどなかったけれど,それでも,あの空間には何かが起こるような気がしてた。
    仕事として張り詰めながらも,本という虚実入り混じるものに囲まれた、おおらかさを感じていたのは間違いない.
    この本を読んでいるときも,そんな空気を感じた.

全366件中 1 - 10件を表示

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)のその他の作品

大崎梢の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
森見 登美彦
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)に関連する談話室の質問

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)に関連するまとめ

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)の作品紹介

「いいよんさんわん」-近所に住む老人から託されたという謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし』を購入後失踪した母を捜しに来た女性。配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真…。駅ビルの六階にある書店・成風堂を舞台に、しっかり者の書店員・杏子と、勘の鋭いアルバイト・多絵が、さまざまな謎に取り組んでいく。本邦初の本格書店ミステリ、シリーズ第一弾。

ツイートする