ニューヨークの妖精物語 (フェアリーテイル) (創元推理文庫)

  • 54人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 今泉 敦子 
  • 東京創元社 (2017年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (435ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488503093

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
寺地 はるな
森見 登美彦
三浦 しをん
ロビン・スローン
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

ニューヨークの妖精物語 (フェアリーテイル) (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

  • 魔法株式会社が好きだっただけに期待値も大きく、そこからするとちょっと期待外れかも。でも妖精=ティンカーベルじゃないというところは新しくかつ興味深い。

  • ああ良かった……前シリーズは東京創元社さんの英断のおかげで最後まで読めたけど、本国ではスウェンドソン打ち切り作家扱いになってるんじゃないかって心配してたんだ(笑)。新作が読めるなんて嬉しい! しかもこれは続くよ!
    ニューヨークでバレエで妖精という既にわくわくする取り合わせだけど、話の進め方が相変わらず上手い。キャラクターの性質を明かしながら、過去の秘密や執着や情を絡めた謎で引っ張っていく。この話の妖精は怖いほうのだし、フェアリーテイルのお約束も踏襲していて、油断できない緊張感も保っている。
    期待を裏切らない、ひそやかだけど力強い物語の第一幕を楽しんだ、といったところ。早く続きが読みたい。

  • 妖精にさらわれた妹を助け出すため、ソフィーは持ち前の鉄の意志と知識をフル活用して妖精に対抗する。
    現代のニューヨークを舞台としたフェアリートーク。人間界とは別の世界として妖精の世界があり、そこを行き来することにより物語は展開します。妖精たちはそれぞれのグループごとに年代の違う人間の流行を取り入れた様相をしていたり、妖精界の食べ物を口にした人間は元の世界に帰れなくなることや、妖精は鉄を苦手とすることなど、伝承として広まっている妖精の特徴とこの作品ならではのルールが相まって世界観が形成されています。そして昔話でお馴染みの要素も散りばめられています。なのですぐに妖精たちの世界に入り込めるのですが、肝心の目的が見えて来ない。その謎で物語を引っ張っていくのですが、それよりも牽引力として大きいのは、登場人物たちの個性でしょう。
    向かうところ敵なしの主人公ソフィーにしろ、意外と堅実的な妹のエミリー、悪の女王然とした妖精メーヴ、事件に対して必死に食い付こうとする刑事マイケル、世界一ものぐさであり頼りになるブルドックのボーなどなど。そこに人間の魔法使いの老姉妹やら様々な妖精たちも入り乱れて、あっという間に物語が進んでいきます。それもエンターテインメントの王道のど真ん中を駆け抜けるように。その読後には爽快感もあります。しかもまだまだ問題を残しておき、以下シリーズ続きますよという素晴らしい引きも残しながら。

全3件中 1 - 3件を表示

ニューヨークの妖精物語 (フェアリーテイル) (創元推理文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ニューヨークの妖精物語 (フェアリーテイル) (創元推理文庫)の作品紹介

女優を夢見てNYにきたエミリー。念願かなって舞台で脚光を浴びたその晩、忽然と姿を消してしまった。だが、姉のソフィーにはわかっていた。妹は妖精にさらわれたのだ。なぜならソフィーはかつて妖精界を訪れたことがあったから。妹を救い出さなくては。とはいえ、警察は信じてはもらえまい。妹の友人の刑事の追求をかわしつつ、ソフィーは妹を探し始める。『ニューヨークの魔法使い』の著者が贈る、現代のフェアリーテイル開幕。

ニューヨークの妖精物語 (フェアリーテイル) (創元推理文庫)のKindle版

ツイートする