文豪妖怪名作選 (創元推理文庫)

  • 54人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 東雅夫
  • 東京創元社 (2017年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488564049

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
江戸川 乱歩
ホルヘ・ルイス ...
有栖川 有栖
塩田 武士
恩田 陸
米澤 穂信
ジェイムズ・P・...
ニール・シャスタ...
原田 マハ
辻村 深月
大竹 昭子
有効な右矢印 無効な右矢印

文豪妖怪名作選 (創元推理文庫)の感想・レビュー・書評

  • 文豪主催の百物語に招かれた気分になれる素敵なアンソロジーでした。彼らが語る妖怪話を思う存分堪能。
    文豪毎に採用する物語の選び方と編集の順序が絶妙。巻末の編者解説でそこら辺のこだわりが書かれてますが、掲載順に話のネタが繋がる感じになっているので、百物語で「この話をきいて思い出しましたが、こんな話が……」と次々文豪が語りはじめてくれているような気分になれます。(なので、アンソロジーだからと気になる作家の作品だけつまみ読みするのではなく、頭から順番に読んで欲しい)

    どれも面白かったのですが、やはりトップバッターの紅葉先生の『鬼桃太郎』がお気に入り。まさかのドジっ子属性のアレとかトンデモ展開とか凄いですよ……挿絵もステキでした。
    あとは、流石門弟三千人の佐藤春夫。あっちこっちの文豪の語りに出てきて笑ってしまう。どんだけ顔が広いんだよと(笑) で、締めが寅彦ってのもシビれました。

  • 妖怪をテーマにした短編アンソロジー。
    尾崎紅葉から始まり、泉鏡花、小泉八雲(翻訳は円城塔)、芥川龍之介、内田百閒……と、そうそうたる顔ぶれ。登場する妖怪にそう多くのバリエーションがあるわけではないのだが(例えば〝狢〟や〝河童〟は被っている)、読んでいるとそんなことは気にならない。
    本編だけでなく、巻末の解説も読み応えがあった。怪談好きは是非。

全2件中 1 - 2件を表示

文豪妖怪名作選 (創元推理文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文豪妖怪名作選 (創元推理文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文豪妖怪名作選 (創元推理文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文豪妖怪名作選 (創元推理文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

文豪妖怪名作選 (創元推理文庫)はこんな本です

ツイートする