よくわかる初等力学

  • 64人登録
  • 4.33評価
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 前野昌弘
  • 東京図書 (2013年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784489021497

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
広江 克彦
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

よくわかる初等力学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • *****
    大学等で力学を学ぶ時,「力学そのものの習得」も大事だが,実は「力学を通して得られる,物理的な思考方法(これを身につけて,更に高いところへ向かってほしい)の習得」こそ大事であるはずだ。(p.iv)

     そろそろニュートンの時代から使われているこの「作用・反作用」(action-reaction)という名前からは卒業した方がいいんじゃないだろうか。「作用・反作用」という並びはどうしても,「まず作用があって,次に反作用が起こる」という時間経過をそこにあるかのごとく感じさせてしまうし,また「作用」が主で「反作用」が従属するかのごとき印象も与える。作用と反作用を合わせたものを「相互作用」(interaction)と呼ぶが,「作用・反作用の法則」よりも,「同時相互作用の法則」などにした方が実体に合うように感じる。(p.15)

  • 初等物理を学ぶ醍醐味は、身近な現象を原理や法則から理解できることだ。

    本書は必要な数学的知識もおさえつつ、物理の基礎概念をじっくり議論してくれる。

    20年以上前に高校、大学で物理を学んだ割には、なんと自分にそのセンスが身についていなかったのか。

    本書を学びきったことで、そのセンスの一端が身についたようで嬉しい。

    著者がサポート掲示板ですぐに答えてくれるのも、本当にありがたい。

  • 力学だけでなく、物理的な考え方も身につけたい人に。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする