レバレッジ・リーディング

  • 6267人登録
  • 3.73評価
    • (719)
    • (951)
    • (1195)
    • (112)
    • (39)
  • 1063レビュー
著者 : 本田直之
  • 東洋経済新報社 (2006年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492042694

レバレッジ・リーディングの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実際に理論が正しいかどうか試してみないと、その本当の価値はわからない

    こまめに自分の中の「常識」を更新していく

    意識して自分に新しい刺激を与え続けないと、自分のやり方に固執したり、視野が狭くなったりする

    知識に経験が加わって初めて、物事は「できる」ようになる

    「なぜその本を読むのか?」という目的をもつ

    使えそうなノウハウを抽出して自分なりの工夫を加えて実行する

    大量の情報を取り入れつつ、主体的に取捨選択することで、判断力が養われる

    同じ本を読むと考え方を共有することができる

  • ビジネス書の読み方の概念を変えた本。

    これに出会えた事で本当の意味で「読む」ことに気づかされた。

  • 多読を推奨してる本。多読する事で自分への投資となりその見返りが得ることが出来ると。それ以上に本の読み方を教えてくれる本だと思った。インプットと、アウトプットの仕方を教えてくれる。参考になる!

  • 呆れた。
    「読書は投資だ」ってか。
    でも、世の中にはこんなふうに読書してる人もいるんだ、という「反面教師」としての価値を認めて★1つ。
    そもそもカタカナの題名だけで衝動買いしたのが失敗だった。
    尤も、「密林」のマーケットプレイスでは1円だったから、「それなり」の評価なのだろうけれど。
    こういう本を読む時間こそ、筆者の言う「時間の無駄」だった。
    今までも所謂「ビジネス書」なるものにはほとんど手を出してこなかったのだけれど、金輪際その方面の本は読まないと決意した。

  • 速読ではない多読のススメ。やる気×他人の知識・経験=通常効果の何十倍何百倍。

    100%読もうと思わず16%でいい、捨てる勇気を持つということ。
    読書のモチベーションを上げてくれた。いずれ1日1冊読むのが目標になった。

  • 読書は最高の自己投資。これだけ読書で自分を磨いている人はやっぱり読書でメモを作ってるんだなぁと。

  • 読書をする時間がない、のではなく、読書をらしないから時間がない。

    重要な部分は熟読し必要性の低い部分は斜め読みする、という手法は他書にも書いてあった。しかし、実践してみると、どこが重要でどこがそうでない部分なのか俄かに分かりづらい。本書では、カラーバス効果を利用せよとある。つまりあらかじめその本を読む目的を定めて読む。読み飛ばしてしまった場合、自ら違和感に気づけるというもの。

    制限時間を設けて読む、ある程度捨てて読むことになるが、最終的に16%理解できれば十分。基本的に本の重要な部分は2割、それを80%理解することで、16%。

  • 二回目の読了。始めて読んだときは、まったく共感できなかったが、今回の読了により次の点が理解できたのが大きい。

    ○読了することやその本に書かれている知識を得ることがレバレッジリーディングの目的ではなく、その本に書かれていた内容を実践し、自分の資産とすることこそが大事である。そのために、読了後、読書メモを作成し、折に触れて読書メモを読み返したり、新たな情報を加えていくことにより、本に書かれていることを実践していくことができる。
    ○本の内容のうち、重要なものは2割である(パレートの法則)。その2割を捉えることで、その本から得られる効用の8割を満たすことができる。本を読む時は、必ず目的を持ち、その目的から目に止まったところを読めばよい。読みとおす必要はない。

    この視点を得られたことは大きいが、必ずしも筆者の主張には賛同できない。目的を持って本を読む姿勢そのものへの批判である。そうした読み方をすることで、その目的から外れた内容であるが重要であるものを見逃してしまう可能性がある。

  • 単なる「多読」「速読」を勧める内容かと思いきや、「読書は最高の自己投資」「本を読めば読むほど、時間が生まれる」など、様々な気づきが得られました。自分は「レバレッジメモ」を作るところまでは実践できていましたが、「それをいつも持ち歩いて繰り返し読み、実行する」ところまではできていなかったので、その気づきが何よりの収穫です。この本を読んで良かったです。

  • 読んだあとが大切、とういうことを今まであまり意識していませんでしたので、さっそくパソコンでリバレッジメモを作ってみようと思います。
    紹介されている本もおもしろそうな本ばかり。
    それと作りつけ家具の本棚、ip20がとてもほしくなりました。

全1063件中 1 - 10件を表示

本田直之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
安河内 哲也
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印

レバレッジ・リーディングに関連する談話室の質問

レバレッジ・リーディングに関連するまとめ

レバレッジ・リーディングを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

レバレッジ・リーディングを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レバレッジ・リーディングを本棚に「積読」で登録しているひと

レバレッジ・リーディングの作品紹介

なぜ「速読」より「多読」なのか?訓練不要であなたの思考が劇的に変わる。1日1冊のビジネス書を効率的・戦略的に読みこなす投資としての読書法。

レバレッジ・リーディングのKindle版

ツイートする