レバレッジ・リーディング

  • 6203人登録
  • 3.73評価
    • (712)
    • (944)
    • (1192)
    • (111)
    • (38)
  • 1054レビュー
著者 : 本田直之
  • 東洋経済新報社 (2006年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492042694

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ロバート キヨサ...
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
斉藤 英治
有効な右矢印 無効な右矢印

レバレッジ・リーディングの感想・レビュー・書評

  • 実際に理論が正しいかどうか試してみないと、その本当の価値はわからない

    こまめに自分の中の「常識」を更新していく

    意識して自分に新しい刺激を与え続けないと、自分のやり方に固執したり、視野が狭くなったりする

    知識に経験が加わって初めて、物事は「できる」ようになる

    「なぜその本を読むのか?」という目的をもつ

    使えそうなノウハウを抽出して自分なりの工夫を加えて実行する

    大量の情報を取り入れつつ、主体的に取捨選択することで、判断力が養われる

    同じ本を読むと考え方を共有することができる

  • ビジネス書の読み方の概念を変えた本。

    これに出会えた事で本当の意味で「読む」ことに気づかされた。

  • 多読を推奨してる本。多読する事で自分への投資となりその見返りが得ることが出来ると。それ以上に本の読み方を教えてくれる本だと思った。インプットと、アウトプットの仕方を教えてくれる。参考になる!

  • 呆れた。
    「読書は投資だ」ってか。
    でも、世の中にはこんなふうに読書してる人もいるんだ、という「反面教師」としての価値を認めて★1つ。
    そもそもカタカナの題名だけで衝動買いしたのが失敗だった。
    尤も、「密林」のマーケットプレイスでは1円だったから、「それなり」の評価なのだろうけれど。
    こういう本を読む時間こそ、筆者の言う「時間の無駄」だった。
    今までも所謂「ビジネス書」なるものにはほとんど手を出してこなかったのだけれど、金輪際その方面の本は読まないと決意した。

  • 速読ではない多読のススメ。やる気×他人の知識・経験=通常効果の何十倍何百倍。

    100%読もうと思わず16%でいい、捨てる勇気を持つということ。
    読書のモチベーションを上げてくれた。いずれ1日1冊読むのが目標になった。

  • 読書は最高の自己投資。これだけ読書で自分を磨いている人はやっぱり読書でメモを作ってるんだなぁと。

  • 読書をする時間がない、のではなく、読書をらしないから時間がない。

    重要な部分は熟読し必要性の低い部分は斜め読みする、という手法は他書にも書いてあった。しかし、実践してみると、どこが重要でどこがそうでない部分なのか俄かに分かりづらい。本書では、カラーバス効果を利用せよとある。つまりあらかじめその本を読む目的を定めて読む。読み飛ばしてしまった場合、自ら違和感に気づけるというもの。

    制限時間を設けて読む、ある程度捨てて読むことになるが、最終的に16%理解できれば十分。基本的に本の重要な部分は2割、それを80%理解することで、16%。

  • 二回目の読了。始めて読んだときは、まったく共感できなかったが、今回の読了により次の点が理解できたのが大きい。

    ○読了することやその本に書かれている知識を得ることがレバレッジリーディングの目的ではなく、その本に書かれていた内容を実践し、自分の資産とすることこそが大事である。そのために、読了後、読書メモを作成し、折に触れて読書メモを読み返したり、新たな情報を加えていくことにより、本に書かれていることを実践していくことができる。
    ○本の内容のうち、重要なものは2割である(パレートの法則)。その2割を捉えることで、その本から得られる効用の8割を満たすことができる。本を読む時は、必ず目的を持ち、その目的から目に止まったところを読めばよい。読みとおす必要はない。

    この視点を得られたことは大きいが、必ずしも筆者の主張には賛同できない。目的を持って本を読む姿勢そのものへの批判である。そうした読み方をすることで、その目的から外れた内容であるが重要であるものを見逃してしまう可能性がある。

  • 単なる「多読」「速読」を勧める内容かと思いきや、「読書は最高の自己投資」「本を読めば読むほど、時間が生まれる」など、様々な気づきが得られました。自分は「レバレッジメモ」を作るところまでは実践できていましたが、「それをいつも持ち歩いて繰り返し読み、実行する」ところまではできていなかったので、その気づきが何よりの収穫です。この本を読んで良かったです。

  • 読んだあとが大切、とういうことを今まであまり意識していませんでしたので、さっそくパソコンでリバレッジメモを作ってみようと思います。
    紹介されている本もおもしろそうな本ばかり。
    それと作りつけ家具の本棚、ip20がとてもほしくなりました。

  • ビジネス書の読み方は、この本を参考にしようと思った。
    教養型より経験型の本を選ぶ。
    まずは1週間に1冊から。
    読書初心者にも実戦しやすい読書の選び方、読み方、アフターケアの方法が書かれていたし、筆者自身が元々は読書嫌いだったというところがまたとっつきやすい。
    ただしこれはあくまでビジネス書を生かすための読み方なので、趣味の読書と並行して取り入れてみたい。

  • 読書は「投資活動」だから、必要なところをチェックしてそれを体に染み込ませること。
    そのためにはボロボロに書き込んだり端を折ったりすること推奨。
    レバレッジメモを残す。
    1500円の本を読んで得た知識で15万円稼ぎましょう、と。

    つまらなかったら無理に読まない。簡単だと感じる本をどんどん読む。
    前書き、目次、著者紹介を読んで興味が持てそうなものを読むのが良い。
    読み始める前に、この本からは何を得たいか目的を決めて、それ以外のところは飛ばし読みでOK。


    --
    全体は合計90分くらいで読めた。
    本ってもっと時間かかると思っていたけどそうでもないかも。

    たくさん本を買ってしまったので、読書を習慣にできればいいなぁ。

    この本を読んで一つでも実践してみようと思って、初めて人へのプレゼントに本をチョイスしました。

  • 多くの本を読み、実践する。
    本に線を引き、持ち歩く。
    プリントアウトして、まとめる。
    本は捨てる。本棚は常に整理する。

    当たり前だが、実践していなかった。

  • 約2年前に読みましたが、今でも使っています。

    本は買うこと
    読んでいる途中で気になったところはマークする
    簡単で安い本から選ぶ
    目的意識を持つ
    マークしたところを中心にメモをとってフォローする。
    重要なところ以外は素早く読む

    僕が使っているのは以上の点が主です。
    読書スピードが速くなった実感はありませんが、本の記憶は少し良くなりました。
    また、本を読む時間が多くなり、もっと本を読むことが好きになりました。

  • ビジネス書に興味をもったら、まず最初にこの一冊。
    これを読むか否かで今後読んでいく本の吸収度合いは大きく変わる。

  • 130103読了。
    今までも読書の習慣があり比較的多くの本を読んできた。ただ、読んだら読みっぱなしという状態をずっと変えたいと思っていて「目的を持って読み、読んだままで終わらせない」ことを実践するにあたって参考にした本。
    まず感じたのは「とても読みやすい」という事。著者自身が「自分にとってやさしくて読みやすい本を選べ」「難解≠高尚」と書いてるいるが、それを体現している本書も読みやすい良書である。
    第4章の読書後のフォローをしっかりと実践し、ビジネスに生かしていきたいと思う。

  • 読書法の本は何冊か読んだので、今となってはあまりインパクトは無いですが、読んだ後の実践については今実行できてないから参考にしたいと思います。

  • この本に出会って読書をする習慣が出来た。
    自分の人生を変えた本。

  • ビジネスマン用の読書法の解説本。要は、リーディングメモをとり、本の内容を自分なりに実践することが大事、ということ。最近、これがようやくわかってきたところなので、腑におちるところも多かった。ほかの著書からの引用が多く、ポイントは最後の2章を読めばいいかなー。期待していたことよりも情報が少なくて残念。

  • めちゃいい本です。
    読む量より質ですね~

  • 対象読者は月に1冊かそれ以下の頻度でしか本を読まない人のようです。
    ある程度読書をしてる人は、自分なりに読み方や活かし方を身につけてると思うので、こういう読み方をしている人がいるんだなという体験談を知る感じですね。
    ---
    年間に本代で100万円は使ってるぜ!と何回か出てくるんですけど、まあ仕事の資料も多いだろうし、それって凄いのかなと。
    そういや年間400冊読んでると書いてあったから1冊あたり2,500円程度というのは、ソフトカバーや新書の相場と比べてなんか高い気が。
    あと、はじめに→目次→あとがきの順で読もうとしたらあとがきがなかったのも残念だった。
    1冊で100倍のリターンをみたいな表現も裏付けが不明。そういう細やかな表現がいちいち気になってしまったので、自分には合ってなかったのかもしれません。

    ただ、この本に何度も何度も出てくる「重要でない部分を飛ばしながら読む」というのをそのまま実践できるいい本でしたし、ビジネス書だけに的を絞っているのも好印象でした。また、06年代のベストセラーの書かれ方も知ることができますね。

  • レバレッジ(てこの原理)でちょっとの力で何かを動かす。 レバレッジリーディング(多読術)にて必要な部分のみを重点的に読み、大半の不用な部分は飛ばす。 俗に言う「飛ばし読み!」

  • 「レバレッジ・リーディング」実は3度目の読了だが、なかなか難しい。どうしてもじっくり読んでしまうし、雑誌も必要なところだけ、というのは難しい。

  • 私が本をたくさん読むようになったきっかけをくれた本。確か2007年か2008年ごろに初めて読んで、「こういう読み方でいいんだ」と気づかせてくれた。

    ・多読を重視
    ・なぜ読むのかを問いかける
    ・重要な部分は全体の2割
    ・レバレッジ・メモ
    ・テーマ別集中読書
    ・付箋・書き込み・折り目

  • 本を読むのは好きだけど、読んだ内容はほとんど忘れてしまう。だからと言って同じ本を何度も読み返すのは時間も無駄のような気がするし、真剣に読んだからと言って頭に残るわけでもない。

    そんな悩みがある僕にこの本は向いてるかもしれない。
    本の中身は重要な16%をつかめばOK。かなりの部分は捨てると割り切る、という考え方です。
    本はついつい最初から最後まで一字一句読みたくなりますが、経験から言って読み終わった時にはほとんどの部分は忘れています。それよりも16%でも、5%でも頭にしっかり残った方がいいでしょう。

    そのためには本を読む目的を決めて、目的に沿わない部分は思い切って捨てることです。

    「完璧主義を捨てること。それが第一歩です。」というのが印象的でした。

    ちなみにこの本も簡単な言葉で無駄をそぎ落とし、少ないページ数でエッセンスだけ詰め込まれた本です。
    僕はダラダラした本より主張が分かりやすくて好きですね。

全1054件中 1 - 25件を表示

レバレッジ・リーディングに関連する談話室の質問

レバレッジ・リーディングに関連するまとめ

レバレッジ・リーディングを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

レバレッジ・リーディングを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レバレッジ・リーディングの作品紹介

なぜ「速読」より「多読」なのか?訓練不要であなたの思考が劇的に変わる。1日1冊のビジネス書を効率的・戦略的に読みこなす投資としての読書法。

レバレッジ・リーディングのKindle版

ツイートする