整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣

  • 2397人登録
  • 3.43評価
    • (104)
    • (254)
    • (355)
    • (78)
    • (19)
  • 296レビュー
著者 : 小山龍介
  • 東洋経済新報社 (2009年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492043370

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
土橋 正
原尻 淳一
ロバート キヨサ...
フィリップ・マグ...
小山 龍介
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣の感想・レビュー・書評

  • 仕事効率化のちょっとした小ネタ(Hacks)が90も載っているが、各小ネタはだいたい次の4つに分けられる。
    A) それ良いかも! ちょっとやってみよう。
    B) それって普通の会社員じゃ無理じゃね?
    C) もうやってる。
    D) ちょっとピンと来ない。何言ってんのかな。

    B)、C)、D)がそれぞれ3割ちょっと、A)が1割弱と言った感じ。特にPC環境については一定以上の規模の企業なら社員が勝手にソフトを選ぶことも、自由にクラウドを利用することも禁止されているはず。自分の会社じゃgmailも弾かれる。使えない小ネタ多し。

    まあこの手のHacks本は1割も使えそうなネタがあるのはマシな方だと思う。ただ今回は家と職場のKeyboardをそろえるとか、出張の小物は透明なポーチに入れるとか、袖机の引き出しをマグネット型の仕切りで区切るとかショボいものが多く、『おぉ、そんなやり方があったか!』と膝を打つようなものは皆無だった。

  • 様々なハックが記されており、大きく自分の生活スタイルの変革に役立った!エバーノートやクラウドの使用やリンクなどデジタルライフもこの一冊を入り口に他の月刊誌などから学び生活の一部にうまく取り入れられていると感じる。やや時代に左右されるないようなので年数がたってから読むには時代に合わない内容も出てくるかも!?生き方は時間の使い方。よい生き方をするためには役立つ本です。

  • さすがにちょっと色褪せたなぁという感じだが、エッセンスは使えそうではある。

  • 今となっては懐かしいツールもそれなりにあるなあと言ったところ。
    ScanSnap(ドキュメントスキャナー)とかは一時期無茶苦茶はやった。みんな紙の本を裁断して電子書籍を自分でつくってた。今ほどは、電子書籍も充実してなかったからな。
    代行業者まで現れて、裁判沙汰に発展して結局違法だったと思う。
    当時自分がもっとも使っていたGoogle Readerももはやサービスを終了し、過去の遺物となってしまった。サービス終了前に移行することができずにそれだけは残念。

  • 書類、環境、情報、生活、思考、人脈を、様々なツールやテクニックを使って整理し、効率よく日々を過ごすためのノウハウ。どんな小さなことでも適当にこなすのではなく、つきつめて工夫を凝らしていけば効率化につながり、そこにクリエイティビティがあることがよく分かった。著者ほどの几帳面さがないので恐れ入るが、雑務を効率化すれば本当にやりたいことに避ける時間が増えるので、できる範囲で見習ってみたい。

  • 同じネタでよくこれだけの本を書きますね。
    今回は4つほど目新しいHACKがありましたが、今となったては、少し古いね。

  • 2009年に発行されているため、既に導入済の内容が多かった。
    ・机の上の整理だけでなく、その日のうちにPCのデスクトップを綺麗にしてから帰宅する。
    ・机の右側をクリエイティブスペースとしてあけておく。

  • 数年前に読み終わった本です。
    この本をきっかけにEvernoteとScanSnapに出会えることができましたので、人生に良い影響を与えてくれた1冊です。
    ただデジタルサービスは日進月歩なので、時が経つとあまり参考にならないかも・・・

  • 今となっては、ちょっと古臭い内容。
    確か再読。
    有料サービスか無料サービスかが分かりにくい。
    ・自宅とオフィスで同じキーボードを使う
    ・gmailとtodoリスト
    あたりが参考になったか
    ちょっと無理くりな感じのものも

    2009年の本

  • 著者が実践している作業効率化のためのアイデアを紹介している本。特にパソコンなどのデジタル機器の活用に詳しい。

    自動で同期する機能などを使って、複数の場所でスムーズに作業が続けられたり、いつでもどこでもどんな情報も確認できたりする。

    IT活用で効率化を図りたい人にオススメ。

  • メモ。
    はじめに
    「クリエイティブな仕事があるのではない、仕事をクリエイティブにやるかどうかが重要だ。」


    1 書類ハック!
    ・打ち合わせ資料はメールで共有、保管する
    →Gmailは結構使えますね。

    ・書類をスキャンしてデジタル書棚をつくる
    →PDFにして使うのもいまは普通ですね。

    ・外出先、コンビニで必要書類をプリントアウトする
    →これもかなり常識。

    2 環境ハック!
    ・出張セットを用意して急な出張に備える
    →女子は大抵やってる。

    ・充電はすべてUSBケーブル経由で行う
    →PCは自分のものからだけにしないと。

    3 情報ハック!
    ・オリジナル注釈をつけて本を情報データベースに変える
    →紙の本も併せてブクログ使ってます。

    本、雑誌、新聞など、この辺は個人の好みもあるから。ただ電子化にしろアナログにしろ、貯まるとゴミになる。

    4 生活ハック!
    ・通販を活用して生活をシンプルにする
    →ほどほどにね。子どもが小さい頃は活用してたけど、そこまで買い物もできないほど忙しいという人はまず仕事の中身から見直さなければ。

    5 思考ハック!
    ・「わからない」まま頭にインプットし、無意識のうちに整理する
    →鈴鳴第一の村上鋼…!(わかる奴だけ分かれ

    ・歩いて考えをまとめる
    →たまには気分を変えなければ。

    6 人脈ハック!
    メモないけどとりあえず。
    名刺スキャン等は情報古いかな。

  • 今風(2015年読了)の整理術。MACとFireFoxを使っていると参考になるてん多いかも

  • 2009年。
    こういう意味のハックって言葉、こんな古かったんか。
    遅れてたな。

    読みながらふんふん思っても忘れるから意味ないな。
    重要度は考えず、思い出す訓練。

    わからんまんまインプット。寝て整理。
    scansnapはともかくsugarsync
    キーボードマウスなど環境統一
    シャツ曜日ごときめておく 飯も
    マインドマップマインドマネージャ
    充電器がどーの
    モレスキン
    個人名刺
    判断不要 考えずにルールかすると、脳的資源を必要な方に使える
    マンダラート weblio 対立概念 
    図解
    思い出すのは左クリエイティブは右
    ワンツーるマルチユース
    紙はすてまくる
    一年立ったら名刺は捨てる
    クラスタ
    レイヤー俯瞰
    書籍を会社で受け取って評判をあげる
    二次会に行かないいいわけ
    コンビニプリント
    おわりっ

  • 2009年に書かれた本なので、既にクラウドやらデジタル関係の記載はもう時代の流れに取り残されてるので、ほとんど流し読み。

    他にももうすでに実践している内容もチラホラ。ジョブズがいつも同じ格好していたのは、服について考える時間がもったいないから、という話も今ではもう常識みたいになってる。(もう死んじゃってなかば神格化されてるけどね)

    ただ、いろいろと面白い箇所があった。例えば、脳は無意識下で処理しているので、一旦インプットされて寝かしておいた散り散りの情報が、朝起きて閃きとともにアイディアとしてアウトアップされる、という記載はなるほどと思った。また外山先生の「思考の整理学」を読み直そうかな。

    今はこうやって、ライフハック本を読んで、よしさあ明日からやろうか、という気になってるけど、若いうちに読んでも全然実践できなかっただろうなあ。

    それは、単純に大人になって自制心が芽生えたから、というのではなくて、若者時代の自分だったならば、そんなに効率性を追い求めて人生楽しいの?というお気楽視点でしかなかったからじゃないか、とふと思う。意識高い系の若者は違うかもしれないが。学生のうちから、この本に書いてあることを実践してたら、それはそれで気持ち悪い気がする。

    というのも、子供のころは毎週ワクワクしてアニメを見てたし、毎日、朝起きた気分で服を選んで悩んで着た方が楽しいと思ったし、何時間でも友達と中身のないことをだべったりしても、それがちっともムダだとは思わなかったからだ。

    大人になって、これはもう自分には必要ないと切り捨ててきた色々な「若者のムダ」というものを振り返って、ふと少し物悲しくなる。

  • 少し昔の本なので斜め読み。

  • 前著に比べて良い点が見つからない。結局合理性を追求するという事がセコさにつながるということを確認したのみ。10円ショップに30分くらいいたら、だんだん胸くそ悪くなってくるのと同じ。「HACK」が「吐く」とは之如何。

  • 机の前の紙書類の山と、大量の本をどうにかしろと怒られたので、
    整理のために読んでみたけど、さっぱりだった、、、Σ( ̄ロ ̄lll)

    ここまで、pcとネットを使いこなせたらすごいな。

    ティッシュとペン立ての固定。
    思考のギアチェンジの為にペンの太さを変える。
    ぐらいしか実行できない!

    皆さんすごいな。

  • net使うことが前提なんだけれど、なにかそのあたりの感覚がうまくそちらへ行かない。どうしたものか。

  • 図書館にて。何事も効率よくこなせるといいな。取り入れられるところは取り入れたいです。

    ということで、現在書類をPDF化中。

  • 同時期に佐藤可士和の本を読んでいたのでどうしてもくらべてしまうけど……。これは抽象的な指針よりも、いままさに行っている具体的なノウハウの紹介を徹底している。

    といっても、読んでいてもっともなるほどと思ったのは、夜にインプットして、睡眠を摂って思考が整理されている朝にアウトプットするべきだという、数少ない抽象的なノウハウについてだった。刊行から5年も経っているのだし、しかたのない部分もあるけどね。

  • 仕事、生活を効率的に整理していくためのツール・考え方を記した本。

    1.ハード文書は、検索できるように、Adobe Digital Editionで管理する。

    2.写真データは、SDカードではなくEye-Fiで行うことにより、無線LAN経由で、PCに転送される。

    3.充電はすべてUSB経由

    4.IEはアドオンが出来るFirefox

    5.IMEバーは操作の邪魔にならないよう、常に中央上部

    6.雑誌の定期購読
    「大前研一通信」、「ハーバード・ビジネスレビュー」、「FACTA」「選択」、「フォーサイト」、「Forbes」、「AXIS」、「サイゾー」など

    7.EverNoteの利用

    8.那須高原の2期倶楽部やホテルラウンジなどの利用

    9.手紙は一筆箋の短冊タイプ

    10.人物検索は「Spysee」

    11.名刺作成は「アイボス」

    参考になる情報はとても多かったです。いかに、効率的に合理的に日常を過ごすかを追及してる著者は、注目していきたいと思いました。

全296件中 1 - 25件を表示

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣を本棚に「読みたい」で登録しているひと

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣の作品紹介

「何も考えずに放り込むだけ」それがライフハッカー式超整理術。

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣はこんな本です

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣の文庫

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣のKindle版

ツイートする