勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒント

  • 136人登録
  • 3.66評価
    • (10)
    • (13)
    • (18)
    • (2)
    • (1)
  • 18レビュー
  • 東洋経済新報社 (2010年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492043653

勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒントの感想・レビュー・書評

  • 羽生さんの自在
    白石さんの明るさ
    平手でお願いできるのも、平手でうけるのもすごいなー。

  • 羽生さんはすごい格闘家のように構えないのが構えなんだな…。白石さんのお話も面白い。2人のマッチぶりも素晴らしい。夫の会社の人が2人をマッチングさせた件にはちょっとほっこり。

  • まったくフィールドの異なる二人の
    思考の根底が、非常に似ていたのが
    興味深い。
    羽生さんの、思考における破格の柔軟さには
    他の追随を許さない何かがある気がする。

    時折ある、お二人の写真がとっても楽しそうで、尚良し。
    仲良しなんだろうなー

  • 帯のことば、三手先を読む。三日先を予想しないに惹かれて古本屋で購入。なぜか白石さんのサイン入り。

    ヨットで世界一周する冒険家と羽生との対談。
    将棋に対する羽生はなんでもやる(先方を決めない)あまりこだわりは無いと融通無碍。
    一方のヨットの白石は野生の勘とエンジニアとしての冷静な判断という両立が求められる世界にいる。

    ヨットレースと言うのは1億くらいの金が簡単にかかるのに世界的な大会の優勝賞金が400万円とかとても普通の人には行けない世界。
    白石もようやく世界の入り口に日本人として初めてたったばかりで、乗るのは中古艇で壊さないように完走する所から。
    早く走るのは簡単だが無理をすると艇が壊れてリタイアになると。
    1レースの中で1日くらいは飛ばせる日がありその日は勘を信じて飛ばすとか。

    羽生の方は経験とともに負けにくい手はわかってきているがそればかりでは勢いがつかない部分が有るので普段は意識してアクセルを踏んでいる状態だそうだ。
    序盤からえいっと決めに行くと息切れして続かないと言うのはなんとなくわかる。
    若い頃はリスクがわからずに指してたところもあるがそういうのも必要なのだろうと言っている。

  •  何気なく羽生さんにひかれ、数冊読んでいる中でであった一冊。
     冒険家白石さんとともに、どちらもその道の一流としての様々な経験をしてきているので、この2人の対話はとても奥深かったです。
     窮地に陥った時にこそ発揮される力、そこを裏打ちする背景など、印象深い一冊でした。

  • 将棋の羽生名人と、海洋冒険家の白石康次郎氏の対談です。
    自分は将棋ファンで羽生ファンですし、羽生さんの対談はビジネスのヒントにもなるので、早速読んでみました。
    将棋とヨットという専門がそれぞれにありますので、やや専門的な内容はありますが、詳しくなくても十分読んで楽しめる1冊です。

    どこにも接点がなさそうなふたりですが、冒頭でそのカラクリが明らかになっています。つまり同じ会社の講演会で別々に話をして、主催者がふたりを引き合わせたということでした。

    サブタイトルにありますが、「問題解決」が大きなテーマ。
    羽生名人は40歳になり、盤上ではやや過激な手を指してちょうどバランスがとれていると考えているようです。これは自分のアドバイスとして考えると、若いときよりもリスクを知って腰が引けた状態になってしまっているので、無理だと考えて最初から手を出さないのではなく、実行することが大事だということになるかと思います。
    自分自身、行動力に欠けていた部分がありますので、常に意識しておかなければならない部分だと感じました。

    白石氏は、ヨットで外洋を世界一周するようなレースを戦っている人ですから、レース中の判断ミスは艇を壊したり、最悪命を落としたりすることをよく知っています。調子がよく、がんがん突っ込んでいけるときは1レースに1日くらい。あとはどれだけ抑えていくかの世界です。これを自分のアドバイスとするなら、猪突猛進はよくなく、熟考した上で行動せよということになるでしょうか。
    また、最近のヨットレースでは天候や位置など各種の観測機器のデータが重要となりますが、調子のよいときは自分の判断が機械に勝り、層でないときは逆転するという考え方が印象的でした。機械を利用しても、依存しすぎてはいけないということですね。

    昔と今の時代環境の違いについても述べられています。ふたりが共通の認識として持っていたのは、現代はモノや情報が有り余り、子供たちが情報に振り回されて小さくまとまってしまっているということ。モノや情報が増えるのは豊かさの象徴であり、多くのメリットがあったのですが、子供たちには難しい時代だと思います。

    さいごに、著者ふたりが若い世代にかけたい言葉が非常に心に残りました。
    白石氏「素直にまっすぐ」。生きていく上でいろいろな困難があるが、逃げないで受け入れれば、自分が困難の主導権をとれるようになる。
    羽生名人「裏切らない」。他人だけではなく、自分も裏切らない。周囲の期待や空気を意識しすぎて、自分のやりたいことを隠してしまうのはどうだろうか。
    人生訓やビジネス書として、取り上げたい1冊でした。

  • 将棋の羽生さんと海洋冒険家の白石さんの対談。2010年。一見共通点のなさそうな二人の対談。一流の人はお互いに通ずるものがあるようだ。
     二人とも小さな頃に興味を持ったことをずっと続けて、気がついたら今の位置にいた、らしい。外野の音を気にせずに興味のあるものに傾いていくと、そして、ある種の運が舞い込んできたときにそれをタイミングよくつかめると、道を究めるような一流の人間になれるようだ。本書の中では風、もしくは、風向きと表現していた。納得できるポイント。
     また、本書の中で印象的だったのは、将来の自分の夢、期待するものとして、羽生さんが言った内容。夢を描いてそれを成し遂げる自分も良いが、予想できる姿ではない自分、予想できる場所にいない自分がいることを期待していると発言していること。なにやら奥が深そうだが、確かに思い描けるところに到達しても、達成感はでるがわくわく感は出ない気がする。さすが一流の人は言うことが違う。

  • 以前ラジオでたまたま白石康次郎さんのお話を聞いた。
    このブログでも触れたが、名言の宝庫だった。
    その彼と羽生さんの対談だけに、何がなんでも読みたいと思った。
    羽生さんといえば驚きの一手で将棋ファンを興奮・魅了させてくれる天才棋士。「羽生マジック」とよく呼ばれる意外性は魅力たっぷり。

    これからの生き方に参考になるかもしれない二人の発言を少しでも多く吸収したいと思って2度も読んでしまった。
    印象に残ったセリフはワードに記録しておいた。

    グサッときた部分は羽生さんの一言。
    >>>

    「石橋を叩いて渡る」という言葉がありますけど、
    毎回石橋を叩いていたんじゃ、そんな勢いも流れも絶対つかめないはずなんで。
    よくわからないけれど、突っ走ちゃった方がうまくいくということも確かにありますね。

    <<<

    勝負に出なければならない局面にぶつかったら、
    あえてリスクをとってでも行かないと勝てないことってあると思う。
    いつまでも石橋を叩いていたら、せっかくのチャンスを逃してしまう。
    いままでの人生を振り返ってみて、深く反省してしまった。
    強気にアクセルべた踏みでいくことも必要なんだ。
    チャンスをつかむために、普段の準備・努力も同時にとても大事だと思った。
    かなり有意義な一冊であった。

  • 全く接点がない世界の二人が、共通の判断基準で決断している事で
    お互いを尊敬しあえっているのは、なんとも羨ましい。

    最後の方に「あきらめる」とは「あきらかに」「見極める」だと
    言う箇所は極限を経験している人ではないと全く説得力がないが
    二人の今までの経験や実績などをバックボーンにして出る言葉は
    本当に雷にたれたくらい衝撃的だった。

    会社のセミナーで二人の対談を聞いて、その場で購入。

  • もう一回読む。

  • 七冠独占など、次々と偉業を成し遂げる名棋士、羽生善治氏と、単独世界一周ヨットレース「5 OCEANS」クラスⅠに日本人初出場ながら2位という快挙を成し遂げた海洋冒険家、白石康次郎氏による人生の切り開き方について語った対談集。
    家族、夢、現代社会や勝負哲学など、様々に話は展開され、全く異なる世界でトップに君臨する2人の生き方に触れることができる。
    タイトルに「常識にとらわれない問題解決のヒント」とあるので、ビジネス書的な位置づけになる書籍だと思われるので、その趣旨とはかけ離れたことではあるが、白石氏の資金調達の苦労話が大変興味深いもので、白石氏のヨットにかける熱意を感じることができた。

  • メモ

    得意なところを伸ばせ

    夢にランクはつけるな

    連敗中の相手ほど侮るべからず。

    真剣勝負は見切りの感覚が大切

    たくさん球種を持つタイプ

    いま持っている力は温存せずに早く使う

    純粋に一生懸命夢を語る

    主導権を握るには序盤から積極的に行く。

    定石は崩ない

    運を引き寄せる準備をする。



    相手に手を渡す。
    相手の出方を見る。
    「後の先」

    時間の制約の中に自分を追い込む

    3手先まで考える

    リスクマネージメント

    石橋は叩いていたら流れをつかめない

    リスクはわかって分散させる

    豪速球の谷川
    変化球の羽生

    165P 
    長い目で見たとき遅くても一般道でいった方が順調に行ける。
    データ中心で来た人は経験が劣る。創意工夫で到達した人間と創意工夫無しで到達した人間とでは、同じ到達でも経験の差がある。

    理屈でなくて実体験。

    現在はギリギリやらなくても生きられる時代。
    そんななかあえて羅針盤の聞かない状況に身をおく。

    ルール以外の風習は外側からしか見えない。

    いろいろな手を使う。→羽生マジック


    勝つために何をやってもいいのかという温度感が世界と日本では異なる。

    調子がいい時は自分の直感を信じる。

    あきらめるのも決断の一つ。→明らかに、見極める。


    「いやどっちでもよかったんです」
    「それはこだわらないですよ」

    目先のことを一度否定してみる。

    ルーティンに陥らないようにアグレッシブに行く。

    一度選んだ以上振り返らない。

    自分を裏切らない。


    自分の想像を超えた自分になっていたい。

  • 将棋界でかつて、6冠に輝き、
    今も最強といわれる羽生善治氏と、

    「5OCEANS」クラス1に日本人として初参戦し、2位となった海洋冒険家、白石康次郎氏との対談形式で語られる本書。

    二人の経験を通し、物事について、どのように考えて判断しているのかは、相通じるものもあれば、そうでないものもあります。

    本書は、読者それぞれの課題について解決方法を示唆してくれるのではないでしょうか。
    興味のある方は一読してみてくださいね。

  • 将棋の羽生さんと、ヨットで世界一周をしている白石さんの対話本。
    お互い、ギリギリのところで勝負し続けている2人がそれぞれの分野で相通じるところであるとか、心構え、大事にしていることなどをもろもろ話し合っている。
    あんまり対話本って読まないのだけれどもなんとなく読んでみて、よかった。何度か読み直すとその時々にあったメッセージが受け取れそう。
    結構深い、というか最前線で戦っている人が言うからこそ重みのある言葉がたくさん入っていると思う。

全18件中 1 - 18件を表示

勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒントを本棚に「読みたい」で登録しているひと

勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒントを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒントはこんな本です

勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒントのKindle版

ツイートする