モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術

  • 586人登録
  • 3.38評価
    • (16)
    • (57)
    • (66)
    • (16)
    • (6)
  • 71レビュー
著者 : 土橋正
  • 東洋経済新報社 (2014年2月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492045220

モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私は、間違いなく、氏のブログ・著書の被害者である。
    読み終わると決まって新しい文具を買ってしまう。
    早速、今回もBookchairを購入。
    Bookchairに本書を固定し、にんまりしながら感想を記録している。

    本書で紹介されている文具については、まだ1点しか購入していないが、「スケッチブック ウス点」、「Xフレーム」、「PANTA」は、ちょっとした気のゆるみで買ってしまう可能性大だ。

    文具は、学生時代から好きでよくいろいろなものを試してきた。書かなければ覚えられないという強迫観念や、受験時代の不安から書き味のすぐれた文具を探し始めたのがきっかけ。

    大人になり、少し自由なお金が手に入ると、ついついいろいろなものを買い込んでしまった。車、高級時計と比べ、圧倒的に手に入れやすい価格帯。もちろん、文具に興味がない人にとっては、どうしてペンにそんなお金を??と言われることもあるが、ワクワクするんだから仕方ない。

    それでも、30歳を過ぎ、あふれる情報を処理しきれない時期が続くようになると、自然とモノを減らし、シンプルな生活を志向するようになる。四角さんの教えなどもありその志向に拍車がかかる。

    おかげでオフィスのデスク周りも、徐々にすっきりしてきた。氏の言われる思考のスリム化も図れてきた気がする。

    モノのスリム化の行程は、モノを厳選するというよりは、誘惑に負けないように新商品を見ないようにすることが中心。情報を遮断し、手持ちの道具でまわしていき、しばらく使わなかったものを手放していくという作業。
    いわゆるアップデートはできていない。
    そこへきて、ひょんなことで出会ってしまった本書で、自分がもっている一軍文具に少し時代からの遅れを感じてしまった。もちろん、自分の文具に愛着はあるので、おいそれとすべて総取っ替えが必要というわけではない。それでもいくつか試してみたいものが出てきたのも事実。

    単なる所有欲で買いあさることは頑として控えると宣言しつつ、新しい文具との出会いを楽しんでみたい。

  •  単に使いやすいとか面白い文房具の紹介ではなく、モノを少なくして快適に働ける環境を作った筆者の整理術と共に、そこで活躍する文房具が紹介されている点が新しい。必要最小限ではなく、快適最小限という発想も面白い。

     私は片付けが苦手なのでとても真似はできそうにないが、やってみたいと思ったのは紙をスキャンしてデジタル化するときに、その都度するのではなく、フォルダに一時保存するという発想。そのときは後で使うかもと思った書類が、結局使われないというのはよくある話。スキャンするのを月に1回にすることで、その時点でいらないとなれば、スキャンしないまま処分をすればよい。

     職場の机は難しそうなので、まずは自宅の机まわりから始めてみたい。

  • ミニマリズムとは、選別すること、そしてそれは日々の細々した選択から解放されることなんだなーとわかった。

  • ライツ Xフレーム
    エセルテ ハンギングフォルダー
    高橋書店 ラフィーネ手帳
    ATOMA PPカバーノートA7

  • この手の本で男性の著者で、ここまで読みやすいのは初めてでした。
    文章にもミニマリズムの精神が宿っているのかな。端正な語り口で、気負いや押しつけがましさがなくって、素直に読めました。この生活見習ってみたいです。

  • ものや考え事を最小限に抑えることで、余裕ある生活を送り、より活力的に過ごせるようになることを謳っているほんと。
    第1章、第2章は書類や仕事ツールを最小限にする方法を提案されているが、具体的過ぎる上、会社勤めでは難しいかも。
    ただし、考え方やワークフローの部分は参考になる。書類編の書類の分け方など。
    第3章、第4章は時間管理やプライベートの過ごし方の提案で、特に第3章のマンスリー手帳の使い方、工程表や時計式ToDoリストの運用方法はとてもタメになった。実践してみたい。

  • 【No.128】「自分というフィルターに情報を通過させているイメージ。そのフィルターに少しでも残ればよしとする。記憶として頭に残すというより、体の奥底に残しておくイメージに近い。それらがいつか、企画を考える時などに、ふと思い出されることもある」「仕事の量は、完成のために与えられた時間を満たすまで膨張する」「空白は予定がないということではなく、”人との約束がないという予定がある”ということ」「美容院が1ヶ月の中で一番混むのは、給料が入った後の月末」

  • ミニマリスト的仕事術の本ですね。
    著者自身が実践している知的生産術も
    具体的で参考になるし、考え方も面白いものがいくつかありました。
    けっこう徹底したミニマリストです。
    例えば僕なんかつくづく便利だなあ、と思っている多色ボールペンを著者は使わないそうです。使うボールペンは単色のみだそうです。
    なぜなら、たくさん色があると、書いてる時に、どの色にしようか?と考える一瞬が、思考にブレーキをかけるのを避けたいからだそうです。細かいですよね(笑)
    それから本は積読はしないと決めてるらしいですね。一冊にきちんと向かい合って読み切り、読了して初めて書店へ行って、一冊だけ購入するというパターン。
    著者によれば腹が空いている時が一番ご飯が美味しく食べられるように、本も足りないくらいの状態で本当に楽しく読める、ということだそうです。活字欠乏感を作れと。
    まあ、そう言われてみればそうですねー、と自分の積読山脈を遠い目で・・・・(笑)

    以下、参考になりそうな著書の提案と考え方。

    ・紙類はためずに流す
    ・本は考えるための場所
    ・デスクは物を置く場所ではなく、何かを生み出す場所
    ・手書きでノートに向かうと脳と手が太いパイプでつながるように感じる。
    ・パソコンはどうしても変換という作業が必要になり思考の流れを止めてしまう。
    ・人はノートの罫線に影響され、自分の書いた文字にも影響される。
    ・頭は変換に使うのではなく、考え、生み出すために使いたい。
    ・手帳を8種類同時に買い最適なもので一年過ごす。残りの7冊は使わないが、7年の遠回りを回避したと思えば安い。
    ・毎月必ずやるタスクなどは向こう一年分先に手帳に書き込む。モノだけでなく、予定にも定位置を決める。
    ・スケジュール管理で大事なのは予定を書き込むことではなく、予定を着実に実行すること。
    ・人とは会わない日という予定を作る。
    2017/03/10 18:32

  • 刺激になる本。
    自分の現在置かれて状況を考えると、見習うべきてんが多かった。
    また独自の工夫で人生を送られており、漫然と生きてきた自分に反省
    早速、仕事場のデスクを整理して、思考ノイズが発生しないようにしていこうと思います。

  • 著者の本は初めて読んだが、文具使いが巧みな印象。自分が快適に過ごせる空間がどんなで、何が必要で手帳はマンスリーでないと駄目といったこだわり、譲れないものを経験上知っている人なのだなと思った。
    引き出しのない机に憧れるし、モノの整理に先に器を用意しないという言葉にハッとした。

全71件中 1 - 10件を表示

土橋正の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
古川 武士
OJTソリューシ...
有効な右矢印 無効な右矢印

モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術を本棚に登録しているひと

モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術を本棚に「積読」で登録しているひと

モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術の作品紹介

なぜ、残業ゼロの人は、デスクがきれいなのか・・・・・・?

仕事が早い人はやっている、秘密の習慣

◇紙類の流れをつくる

◇いつでもどこでもチェックできるノート、名刺

◇デスクのコックピット化

◇ミニマリズム的時間管理

◇なにも考えない「静寂のプライベートタイム」

ほか、仕事がはかどる日々の習慣&整理術のアイデアを大公開!

この習慣&考え方で、著者の家族が片づけに目覚め、担当編集の部屋もぴかぴかに。

一度知ったら、心地よくてやめられなくなります。

モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術はこんな本です

モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術のKindle版

ツイートする