ガラパゴス・クール

  • 17人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 船橋洋一
  • 東洋経済新報社 (2017年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492223765

ガラパゴス・クールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 編:船橋洋一
    著:日本再建イニシアチブ

    【書誌情報】
    ISBN:9784492223765
    サイズ:四六判 上製 404頁 C3036
    発行日:2017年02月24日
    定価3,024円(税込)
    日本の「宝の持ち腐れ」の部分に光を当て、それが日本ばかりか世界の21世紀型経済発展のフロンティアになることを示す。
    https://store.toyokeizai.net/books/9784492223765/


    【個人的メモ】
    ・理念の本。目次から本文までカタカナ語の含有率が高い。
    ・帯の文句は次の通り。やはり、日本論か日本文化論として本書を売り出すらしい。
    “「クール・ジャパン論」を越えた21世紀の新ジャポニズム論ここに誕生!”
    ・ただし「まえがき」によれば、帯と編者の意図には微妙な差がある。 
    “日本は世界から引き続き学び、かつ世界に与えるそれはどういうものだろうか。〔……〕そうした問題意識を持って私たち日本再建イニシアチブは2015年10月、「日本再発見」プロジェクトを立ち上げた” (iv頁)

    “報告書の執筆者による全体討議を行った。/私は、そこで執筆者の方々に三つのことをお願いした。/このプロジェクトではクール・ジャパンはやらない。〔……〕独立の立場から、また世界とともにもう一つの座標軸と評価軸を探求したい。/次に、日本人論はやらない。/日本の魅力を探求するとしても、それは日本の文化がユニークであり、日本は特殊であるが故に、日本が優れているとか、日本が魅力的であるという日本特殊論の立場は取らない。〔……〕日本特殊論にとどまっていては、世界と価値も価値観も共有できない。/最後に、日本の魅力を他国や他の民族と比較し、その良し悪しを語ることでそれを定義するのは慎む。” (v-vi頁)

    ・版元の視線が冷静ということになるのだろうか。たしかに、「これまでの日本人論を超越したつもりの論も結局日本人論」という試行錯誤は私も何度か見た。


    【簡易目次】
    まえがき――「失われた時代」からの跳躍(2017年1月20日 船橋洋一) [iii-viii]
    目次 [ix-xii]

    序論 日本が世界に提供できるものは何か[三浦瑠麗] 001

      第1部 インキュベーター
    第1章 インバウンド開国[加藤史子] 018
    第2章 読み解かれる日本[毛丹青] 042
    第3章 アートと科学の結合が競争優位を生む[隅研吾、デイナ・バントロック] 062
    第4章 実験精神に富む「文化的温室」[マット・アルト] 090

      第2部 異端者と先駆者
    第5章 アウトサイダーが大企業を活性化させる[櫛田健児] 120
    第6章 平均寿命100歳時代[石川善樹] 165
    第7章 「課題解決先進国」への条件[小島隆史、石川善樹、阿部大輔] 190
    第8章 3・11からの教訓[ダニエル・アルドリッチ] 214

      第3部 世界のシビリアン・パワーとして
    第9章 架け橋[伊波浩美] 246
    第10章 グローバル・シビリアン・パワー2.0[細谷雄一] 271
    第11章 日米和解のナラティブとメッセージ[ジェニファー・リンド] 295

    総論 ガラパゴス・クール[船橋洋一] 324

    注記 [1-28]
    ヒアリング協力者一覧 
    執筆者紹介 

全1件中 1 - 1件を表示

船橋洋一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トーマス・セドラ...
リチャード・セイ...
ジョージ・A. ...
伊賀 泰代
クリス・アンダー...
アンソニー・B・...
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ガラパゴス・クールはこんな本です

ガラパゴス・クールの作品紹介

日本が再び世界での存在感を取り戻しつつある。
 「失われた20年」の過程で出遅れたグローバル化とデジタル化がようやく経済と社会に浸透してきた。それに伴って、日本の価値がグローバルなニーズと評価基準によって見直され、日本の人材、モノ、プロセス、インフラ、取り組み、アイデアが輝きを増し、日本の文化がグローバル文化へと翻案(ほんあん)される時代が到来しつつある。
 本書では、日本がどのように世界に貢献しているのか、日本は何を世界に与えているのか、日本の何が世界に求められているのか、を考察する。そして、その潜在力が十分に顕在化されない場合、何がそれを実現の制約となっているのか、一体どうすればそれを実現できるのかを分析し、新たなチャレンジの取り組みを提示する。
 各界のフロントランナー11名が、それぞれの立場から、世界に誇るべき日本のソフトパワー、新たな役割と貢献の物語を伝える。

ツイートする