人民元切り下げ

  • 12人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 村田雅志
  • 東洋経済新報社 (2016年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492444399

人民元切り下げの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中国が人民元を大幅に切り下げ、世界的な経済ショックから
    金融緩和加速、最終的に株式、不動産に金が流れバブルが形成されるシナリオ。

    予測に関してはそうなるかもしれないし、ならないかもしれないし、どっちでもいい。この手の予測は当たらないんだろうなぁと思いながら読みましたが
    データーを通じて中国の経済実情を書かれた記述や、習近平の一帯一路構想、新常態という改革路線、反腐敗運動、チャイナセブン抗争などと経済、為替を関連させた内容はすごく良かった。

    今、中国を把握してないと分からない、ピンとこない
    ことが多いし、資本流出による元安に対する元買い介入も理屈は分かるんだけどなんかねぇって感じだったんだよね、
    この本読んで断片的ないろいろな情報がパズルが解けたようにつながってスッキリ。
    トランプ大統領が中国との貿易赤字問題で為替についていろいろつぶやいているタイミングでタイムリーな読書でした。
    ぜひ、お勧めしたい本です。

    https://youtu.be/dw7gXE88Kts

  • 中国の資本流出と、結果として発生しそうな人民元切り下げ可能性について書かれた本。
    かなり丁寧に論を組み立てています。

    ただし、タイトルの「バブル発生」のくだりは、かなりあっさりで、特に本のタイトルにするほどの内容が書かれているわけではありません。というか、中国人民元以外のことは、ちょっと疎い人かもと感じました。

    個人的によかったところは、一帯一路構想と金融マーケットをあまり関係付けて考えたことはなかったので、新状態も含めて、頭の整理になったことです。

  • タイトル煽りはともかく、中身は丁寧にファクトを提示してロジックを組み立てている。が、丁寧すぎる。図表だけで済むものを一つ一つ日本語でいつはいくらがいくらに、と書いてるので要約すると記事2〜3本分にまとめられるのではないか。予想シナリオだけのベテあるが、もう少し引き締めた上で予想される反論とその反論などがあるとよかった。

全3件中 1 - 3件を表示

村田雅志の作品

人民元切り下げを本棚に登録しているひと

人民元切り下げを本棚に「読みたい」で登録しているひと

人民元切り下げを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人民元切り下げの作品紹介

大量の資本が中国から流出している。
米国では中国に敵対的なトランプ氏が大統領に就任する。
為替市場では人民元の下落が止まらない。
人民元が大幅切り下げに追い込まれれば、
世界の金融市場にネガティブ・ショックが走り、
日本では大規模な金融緩和や財政出動が議論になるだろう。
世界は金融緩和を止められず、余ったマネーがバブルを生み出す。
これはべき論や陰謀論ではなく、経済データから読み取れるグローバル市場の将来像だ。
外資系通貨ストラテジストが、明快なロジックで人民元切り下げ後のマーケットを予測する。

人民元切り下げはこんな本です

人民元切り下げのKindle版

ツイートする