ブクログ大賞

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方

  • 842人登録
  • 3.70評価
    • (39)
    • (74)
    • (56)
    • (12)
    • (5)
  • 62レビュー
著者 : 慎泰俊
  • 東洋経済新報社 (2014年4月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492557310

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
佐々木 圭一
ベン・ホロウィッ...
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方の感想・レビュー・書評

  • Business Due Diligenceの際に組むモデルのお作法を学ぶために読んだ。

    基本思想、モデルのレイアウト、計算式で参照する際のレベル感など、細かい部分でのお作法を学ぶことができた。

  • 外資コンサルの先輩にオススメされました。基礎的なことですが即効性のあるtipsが書かれてます。Excel初心者にはいいですが、使い慣れてる人には不要かなと思います。

  • 仕事でエクセルを使う事は非常に多い。
    感覚から言うと仕事の半分はエクセルで行っている感じだ。

    エクセルで表を作る際に、おさえておくべき作法や、美しく(わかりやすく)見せるルールなどを紹介している。

    ショートカットや関数を覚えて効率的な仕事ができるようになりたいと思った。

  • いわゆる常識がすべて明確に書き下してあるところに価値がある本です。

  • excelの効果的な使い方が学べるかと思い、読んでみた。確かにレポートのまとめ方や見せ方に関しての参考になる記述もあり、ショートカットの使い方も参考になった。中盤以降は財務モデルの組み方の話で、こちらに関しては財務の基礎が未熟な自分にはまだ有効活用できない内容かな。。。

  • 今更ながら、大変役に立ちました。

    ・見やすい表…フォント、表記、配色、罫線等のルール
    ・「なってない」と思われるもの…保存前にカーソルをA1に合わせる、改ページを設定しておく
    ・早く表を作るワザ

    表の作り方のブートキャンプ?を受けたという著者の実務的なお作法が整理されていました。
    マウスでチマチマ書式を設定している人、意外と多いと思います。

  • わかりやすい。

  • excelの表についてあまりノウハウ本を読んだことなかったけど知ってることも多いかなって印象
    後半は財務モデルに特化したことだから今はあまり参考にならないかなー

  • 4月からいきなり新しい業務に取り組む後輩の為に買った本。モデリングに精通は出来なくとも、Excelルールは知って欲しいな。私も苦手意識が強いけれど。

  • エクセル忍者(名人)と呼ばれる著者が書いた、金融、コンサルタントのエクセルの使い方指南の本。
    いわゆる、エクセルの入門編などの使い方の部分をカバーしつつも中級編の実際に実務に使う方法がかなり細かく書かれています。
    著者は、エクセルをマウスを使わずに効率的に使っていたり、その方法やこの時はこんなショートカットを使う、など具体的かつわかりやすく図なども多く出ています。
    そして、後半は財務、KPI分析などの方法をが書かれています。自分は「関係ないや」って思う人はちょっと待ってください。
    少なくともエクセルで数式を使う人は絶対に自分の使い方を改めるポイントが見つかります。「こう分解すればわかりやすい!」「より深い分析ができる!」と読み終えた後に、あなたはふつうのエクセル使いからエクセル忍者になれるはずです。きっと。

  • 美しい(他の人が理解しやすい)エクセルのフォーマットの作り方とエクセルで財務モデルを組み方を勉強したい人にはお薦め

  • 過去に財務を担当していた時に出会えたらよかったなぁと。
    こういうテクニックを身に付けることで以下に作業を効率的に行えるかなんてことばかり考えていた気がする。

    でもテクニックばかり磨いても意味が無く、どのように予測をするのか、何を判断する為のものなのか、きちんと理解することが大事。
    数字は嘘を付かないというが、予測は予測でしか無いのだから。

    とはいえ、今でもシミュレーションをすることは多いので、EXCELにはお世話になってます。

  • 後半は外資系というか金融関係の人しか使わないかもしれないが、前半はExcelを使うときの参考になる。

    表の書き方や、フォントやショートカットなど。
    見やすいExcelの書き方が書いてある。

    会社で表を書くときにマネをしてみたが、
    縦線がない表は場面を選ばないと、
    逆に見にくいので注意。
    前半だけなら新人とかに読ませたい。

  • 財務モデルとは何か、という点から見ても分かりやすい。Excelでのデータの積み重ねの重要さを理解できて良い。

  • ありそうでなかった一冊。
    非常にわかりやすいし、参考になるところ多数

  • 数式を組んで変数を元にシミュレーションすることで、モデルを洗練させまたExcelのポテンシャルを活かす営みは汎用性が高い。個々には知っている内容もあり、財務分析自体もすぐ使う需要はないが、体系だって読めて勉強になった。

  • ーーーーー↓SK2014/10/14↓ーーーーー

  • 20140912 見やすいエクセルの作り方。

  • 役立ちそうなのは1章と2章。
    今の仕事では財務分析を行うことはない。
    データ分析、処理にしても本書で紹介されるほどのモデルを組む必要はなし。
    ただ、データを右寄せにすることで縦線を不要とし、文字は基本的にMSPゴシ+arialというのは勉強になった。

  • タイトルはすごいカチっと決まっていますが、本当にエクセルの基礎の使い方と見やすい表の作り方のコツそして経営分析のための方法を具体的にブレイクダウンしてわかりやすく教えてくれています。
    エクセルは奥が深いと、前に同僚に言われたのですがその片鱗を感じました。

    エクセルの使い方だけでなく、分析の方法、いろいろなパターンによっていつこの事業が赤字になるか、などの分析をどうやるのか、また売り上げに関わりKPIの導き出し方と考え方も書かれています。

    文字がそれほど多くなく、図表を中心に書かれている本のため読みやすいのでエクセルなんかまだ覚えてないわーって人にはお勧めの一冊です。

  • 高いレベルの成果物とは何ぞや論と、その作成ポイントを丁寧にカバーしてる数少ない良書。

  • いつもやっつけで図表を作っていた自分に反省。もっと見る人のことを考えたものを作りたくなった

  • 最初の方は知ってることばかり。最後の辺りは参考になる。what if 分析は使ってみよう。

全62件中 1 - 25件を表示

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方に関連するまとめ

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方を本棚に「積読」で登録しているひと

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方の作品紹介

世界的金融機関、モルガン・スタンレーのExcelテンプレートを作成し、ニューヨーク本社のチームから「エクセルニンジャ」と呼ばれた著者が、世界で通用するExcelシートの作り方と、プロフェッショナルの分析手法を解説する。
第1部「基礎編」では、フォントや色、罫線の使い方など、日系企業が知らない世界標準の「お作法」を紹介。実は、日系企業が作るExcelシートの多くは、グローバルでは「非常に見づらい」という評価を受けている。何が違うのか、なぜそうすべきなのか。世界の金融機関が暗黙のルールとしているExcelの書き方を紹介する。
第2部「モデル編」では、外資系金融マンの必須スキル「財務モデル」の作り方を紹介する。Excelでできる本格的企業分析の手法を、基礎から判りやすく解説。コンサルティング会社や投資銀行、総合商社、監査法人などにお勤めの方はもちろん、企業で経営企画や財務に関わっている読者にとっても、すぐに役立つ実践的内容となっている。

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方はこんな本です

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方のKindle版

ツイートする