ライフログ入門

  • 154人登録
  • 2.33評価
    • (0)
    • (8)
    • (13)
    • (15)
    • (13)
  • 27レビュー
著者 : 美崎薫
  • 東洋経済新報社 (2010年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492580875

ライフログ入門の感想・レビュー・書評

  • 小学校のときの絵日記→あれほど定型であったのに、その瞬間瞬間は光り輝いていないだろうか。→もし一枚の写真でも残っていたら、記録できていたら→それこそ宝物になるのではないだろうか。
    神坂次郎「元禄御畳奉行の日記―尾張藩士の見た浮世」 元禄時代にも筆者と同じように日常的なことを事細かに記録していた人間がいたことに、驚き、自分を肯定されたように感じ、強く共感した。

    情報の収集者 個人(記憶強化、思い出、健康管理) 企業(広告) 国家(犯罪防止)

    足の爪を切るタイミング→ログ→月に1回切るのがいいのが分かった。

    マイケル・ポランニー「暗黙知の次元」→人は意識しているよりもっとたくさんのことを知っている。
    人の顔の判別→モンタージュ写真を用いて推測→いつかは言語化されるだろう。
    暗黙知が暗黙知のままとどまって言語化できない。
    ソムリエ→言葉にしてワインを評価
    暗黙知→明晰知

    持ち物の全て→エバーノートに突っ込んでみたら想像以上にスッキリした。

    日用品の一覧→実際に購入している商品のバリエーションは220種類以上→メモなしに管理するのは難しい。

    ライフログでできなかった過去をあらためて実現→ログなしでは「わからなかった」気持ちは消えてしまう→ログで記録

    シャーロック・ホームズ 4つの長編と56の短編

  • 題名の「ライフログ」と、著者名の「美崎」と、丁装に惹かれて目次も見ないで購入したが、美崎栄一郎氏の言うかなり『残念な』本。しかし、美崎栄一郎氏が言う通り、必ず役立つ箇所を探してみる。著者の変質的な収集趣味を読まされた読後感。読者のことを考えない、エゴを丸出しにした小人的な自己満足文章。特にせっかくのライフログの有効な活用法が一切なく、著者の人生を心配してしまう。〈疑問〉なぜ東洋経済新報社が発行したのか?…〈仮説〉著者のようなお手軽フリーライターは出版業界では使うに便利なので、生活させるために出版させ、今後も出版社が持ち回りで出版させて生活させるのでは、と推測される。◆最後に、心ある出版社は早めに著者に診察を勧めるべき。

  • ライフログって何だろう?と手にとった本。
    自分の中の暗黙知を明文化しておくことか。
    確かにログを残しておいた方が、より効率的に生きれるだろう。
    せっかくコンピューターがあるのだから。
    まず自分が自分の歴史に学んでこそ人類としての進歩があるのかも。

  • いまさらながらfoursquareはじめたが、いつかこれが何かの役にたつだろうか?

  • 違う美崎氏(笑)

    デジタルにかぎらないライフログという切り口。
    非常に新鮮である。

  •  最近ライフログとやらに興味が出てきてネットでいろいろ調べましたが、やはり書籍でも読んだ方が良いのではと思い、読んでみました。筆者は、子供の頃からログ(子供の頃の日記から始まる)を取り始めていて個人データの保存料では世界一ではないかと言っているくらいで、今では自分でそれ用のプログラムまで組んでやっているということなので、本当に非常に本格的にやっているものと思われます。
     実際読んでの感想としては、ライフログを取ることによる効果などがいろいろ書かれているのですが、逆にここまでやるのはそういう性格を持ち合わせている方でないととてもできないと思うし、私などはその時間があったらもっと別のことに使いたいという気持ちが起きたのは正直なところです。読む前は、読んだら自分で細かくログを取ろうという気になるかと思っていましたが、そうはなりませんでした。
     それとログを取る手段ですが、多少は書かれているものの簡単にしか書かれておらず、自分で実際に役に立つレベルにはなっていませんでした。発行は2011年1月ですが、今時はやりのEvernoteなどの話が出てこなかったのは予想外でした。

  • ライフログって面白そうだからしてみようと思ったので手に取りました。マーケティングの視点からのライフログでなく、パーソナルな視点に立った内容がよかった。
    ライフログのシステムを構築した著者はすごいと思う。

    ただ、何をどのようにログをとり、活用するのかがイマイチ分からなかった。
    ライフログに関するアプリケーションやサービスの話が多く、ライフログをとるメリットが掴みきれなかった。

    あまりネットなどに詳しくないと、ライフログが何なのか、、そしてその活用やメリットは掴みにくいとおもいますが、ガジェットやアプリを使いこなしたい人には読みやすいと思います。

  • ライフログという言葉が流行るかなり前から、
    自分のすべてを紙ベースで記録していたという著者。
    見事である。

    ライフログというと、どうしても企業が収集・活用するものと
    考えられがちだが、この本では「パーソナル」、
    つまり自分で記録して自分で活用することに焦点を当てている。

    ログをとると人生の捗りがあることは明らかだ。
    ただ、著者は収集癖があるからよいが、
    何か重要なインセンティブがないと他の人は
    そこまでログをとらないだろうなあという印象。

    それにしても自分でライフログシステムを作った、
    という著者はすごい、今度使ってみる。

  • ライフログという単語は知らなかったが、人にまつわる情報を全て記録する。ということに興味を持ち購入。
    読んでみたが、システムの紹介が目に付き、入門書といえるものではなかった。著者のシステムの良さや、ログを残すことにメリットがあることはなんとなくわかるが、いまいちすっきりと頭に入ってこない。

  • ● だいたい物を覚えておくというのはムダなことだと、シャーロック・ホームズもいっているし、そういうのはライフログシステムに任せるのがいちばんなのだ。

    ● ここで重要なことは、ライフログシステムがつまらないことをしていることではない。つまんないことの大半をシステムに任せれば、残るのは、つまっているところだけである、ということである。

  • 著者のネットでの連載記事を読んでいたので、正直目新しいことはなかった。
    この人は基本的にライフログのツールは全部自作する派なので、共感がもてる。その辺りは、ツール開発のヒントにさせてもらっている。

  • 20分ほどで立ち読みした。

    ・何に役立つかわからないけどとりあえず記録しよう
    ・ライフログで、すべてが「いま」になる
    ・複雑な繰り返し処理は自動化しよう
    ・検索容易性に留意しよう

    ・ライフログは「初体験」に弱い
    ・ライフログにとらわれすぎると、体験じたいを阻害する可能性がある(ライフログは体験の夾雑物となりうる)
    →要は、「体験そのもの」に集中すべき、ってことらしい。良い体験から良いログが生まれる、とも。


    1日1ツール作れるのはすごいなあ、と思った。アイデアと技術とモチベーションの面で。
    (オリジナルツールのeightPageMemoは、A4用紙を8等分してメモした文書をスキャンしたファイルを、自動的に8分割するツールらしい。)
    リンク:<http://www20.tok2.com/home/papemoon/eightPageMemo/index.html

  • 全てがライフログなんだ。家計簿から、電車の乗降記録、読んだ本まで。
    ライフログは奥が深すぎる。概念が広すぎる。

  • 著者が独自に開発したシステムを使ったライフログ活用事例といった感じで、入門というレベルの内容ではありません。
    ただ、ライフログを有効活用できたときの楽しさの一端は垣間見ることができました。
    著者の語り口は独特ですが、私にとってはそこが一番面白く感じた部分だったりします。

  • 自称記録魔である著者のような人間にとってしか有益でないライフログの活用方法を、冗長で自己満足気味の文体でダラダラと綴るだけの本。
    生まれて初めて、本を買って後悔した。

  • ライフログ入門というタイトルなので、ユーザー目線でのライフログ指南書であるだろうという先入観から入った。
    まさにその通りであったが、著者は現在のデジタル機器が発展したからという理由ではなく、昔からログを残し続けていたのだという。

    Evernoteやtwitterなどを始め、mixiやFacebookのようなサービスも当然ライフログの範疇に入る。
    クックパッドのレシピなども記載があるのだが、これもまた然りだ。

    ムーアの法則は破綻したが、情報量の爆発的な増加は留まるところをしらない。一つのストレージに収まりきらなくなったデータも並列分散処理により対応するという時代だ。
    この流れは止まらないだろうし、本書の言うように、今後は意識しないでもログを取ることが可能になっていくことは間違いないだろう。

    Webサービスのサプライヤーとして、この蓄積データとその活用については不可分だと確信しているので、ある程度は既知のことであったが、新たな気づきを得られてよかった。また、マイケル・ポランニー「暗黙知の次元」が触れられるとは思わなかった。
    未読なので、早く読まねば。
    Webサービスに関わる人ならば一読すべき。

    目次
    Chapter1 イントロダクション
    Chapter2 ライフログの可能性
    Chapter3 ライフログのある生活
    Chapter4 さまざまなライフログシステム
    Chapter5 ライフログで人生は変わる

  • 読みにくい。読者を絞って書いているわけではなく、書きたいことを書いたという印象を受ける。

  • LifeHack的な本なのかと思ったらどうやら違ったらしい。著者の思想的なものが全面的に出ていて、少しエキセントリックに感じた。

  • 入門書としては内容が難しい。
    読書やその他(食事や家計簿)を管理しようというきっかけになった。

  • 著者が何を言いたいのか私にはどうもよく分からなかった。著者が作成しようとしている「ライフログシステム」のことを紹介したかったのか?<br />ライフログで商売ができるみたいなことが書いてあったから余計に混乱した。<br />ライフログとはあくまでも個人的な記録であり、有用性があるとすれば固辞的なレベルなのではないかと思うのだが・・・・・・。

  • Web2.0などのライフログでは無く、ライフログ根源が大半を占めているな歴史的内容だった。

  • ライフログを記録することの意味といったようなことは読み取れたが、そのためのツールの紹介を期待していたことや、関心領域が違いすぎてあまり内容に興味がもてなかったことなど、ちょっと期待はずれ。事前の内容確認があまかったかな。

  • ライフログの第一人者と言って良い筆者のライフログ生活。

  • 作者が実に変質的で、大変愉快に読めた。

  • ライフログのすすめ。ライフログによって得られる効果が綴ってある。
    具体的なツールの紹介は少ない。しかしライフログを取りたくなる一冊。

全27件中 1 - 25件を表示

美崎薫の作品一覧

美崎薫の作品ランキング・新刊情報

ライフログ入門を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ライフログ入門のKindle版

ツイートする