サラリーマンは自宅を買うな ―ゼロ年世代の「自宅を買わない生き方

  • 139人登録
  • 3.55評価
    • (6)
    • (19)
    • (18)
    • (3)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 石川貴康
  • 東洋経済新報社 (2010年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492732762

サラリーマンは自宅を買うな ―ゼロ年世代の「自宅を買わない生き方の感想・レビュー・書評

  • 自分の住宅ローンへの考え方と同じであった。

  • なんとなくそのほうがいいような気がして読んでみました。何事も反対意見を知っておかないといけません。

    この低成長の時代に35年もローンを払えるのかとか、持ち家にかかってくるコストとか、まあ確かにそうだよなという指摘がたくさんありました。またローンを組んでいることがネックになって人生の選択肢が狭まってしまうこともあるようです。

    自分がいちばん気にしていたのは、高齢者になっても賃貸を借りられるのか?という問題。本書では全く問題ないというように書かれていますが、完全に納得したかというとそうでもありません。街の不動産屋も「借りにくくなるリスク」のことを言っていたし、多少はそういうこともあり得るのではないか。大家さん次第なのかもしれませんが。

    後半は不動産投資のススメだったので流し読みしました。「賃貸経営のご案内」は迷惑電話でお腹いっぱいという感じ。でも家を買おうかなと思っている方は前半だけでも一読された方がよいと思います。

    (2015/07/17)

  • 読了日:2015/03/10
    自宅を買うことのリスクがわかりやすく挙げられている。これから購入しようとしている自分でも、納得できる内容だった。
    しかし、自宅を買わずに不動産投資をしようという理屈には納得できなかった。
    これまでの記述と矛盾することもあり、理解できなかった。

  • 自宅を買うためにローンを組むよりも
    不動産投資のためにローンを組むべきだ
    家を買っても結局税金などの支出はある
    それよりもレバレッジさせて安定な不動産投資をして収入を得た方が良い

    家賃と同額だったらローンを組んで家を買った方が得だ、という考え方はある意味間違っている。投資的に得になる可能性は極めて低い。なぜなら、投資とは元値以上になることを期待してやるものだが、家は普通は元値以上に高くはならない。

  • 単にローンを抱えるのがダメだというわけではなく、一般的な価値観に流されて何となく家を買うのはやめなさい、ということ。

  • 不動産投資で、サラリーマンでもローンが組める可能性があることは知りませんでした。投資用マンションを持っている人は別次元の人かと思っていたため、参考になりました。

    しかし、この本の内容だと、分譲は損をするのに対し、賃貸物件は住む人も得だし、投資物件として購入し大家になった人も得・・という解釈になりそうです。借りる側も貸す側も得する?という話がちょっと出来すぎている気がします。あくまで家を買うことに反対する立場から書かれているため仕方ないのですが・・。

  • 自宅を買うのは損だ。
    ということを淡々と書かれた本。
    【資産価値はない】
    資産として自宅を持つとしたら、不動産投機用として、他人に賃貸したほうが、減価償却資産として計上できるので節税対策になり、投資対効果が大きい。
    そして、サラリーマン如きの資産・知識で不動産投機で金が稼げるような、甘い世界では無い。
    土地の地価上昇は、少子化が確定している日本に於いて期待できず、下落する一方であろう。
    【維持コストがかかる】
     家は資産と言うよりは、25年の寿命をもつ耐久消費財である。常にメンテナンスを行わなければすぐに壊れてしまう。コンクリートですらメンテなしでは50年が寿命とされている。
     そして、築年数が経てば立つほど、メンテナンスコストは増大する。
     愚かにもマンションを買ってしまった場合、保守管理費ははじめのうちは月1.5万ほどだったとしても、新築2年目には2万に上がり、20年目には月6万円ほどに上がる。30年目にいたってはいくらになるか。
     これは、マンションを保守するには、入居者が負担する必要がある。しかし、入居者の死亡・入居者が差し押さえられた・夜逃げした等により時間の経過とともに入居率は下がる。そのため、管理費は必然的に上昇し続ける定めにある。これのどこが資産なのか。
    【あなたの所有物ではない】
     税金を滞納したらあなたの家は差し押さえられる。子供に相続する際に、相続税が払わなければ物質として家が差し押さえられる。ローンが返せなくても差し押さえられる。これのどこが「家を持つ」なのだろう。
    【家族構成の変化に対応できない】
     一度家を買ってしまうと、家族が増えた時、子供が巣立った時に、狭くなったり、逆に広すぎたりとする。この時に、柔軟な対応が持ち家ではできない。老後広すぎる部屋は、掃除とメンテナンスに多くの負担がかかってしまうのだ。
    【仕事上のチャンスを失う】
     家を持つことで、転勤や転職ができなくなる。非常に保守的になってしまう。転勤で通勤時間が膨大になり効率が悪くなる。
     このことから、家を持つことで大きな収入の増加のチャンスを失う。または、収入が大きく落ちこんでも、会社から離れられずに心中をすることになる。結果的に大きなロスになる。

     というような様子。特に、家を持つときに、管理費を無視して、ローンで月額支払う金額だけしか計算せずに意思決定をする者が非常に多いという。これは車を持つときも同様。軽自動車の中古なら月1万円で済むと力説するようなものだ。
     中古のほとんど無料に近い車を買った際には、メンテナンス費として、タイヤを取り替えを始めとする費用が発生する。だからこそ捨て値に近い価格で中古の車が流れているわけであり、結局それらのコストは、中古車を利用した期間に分配して月あたりのコストを計算しなければならない。
     別に、隠れたコストを無視して正当化して家や車を買う人間を止めるつもりは毛頭ない。不動産屋の煽り文句に踊らされてとても大きな消費を行うのだ。不動産屋にしてみれば至上。いいことだ。

     将来を見通す際の不確定性をきちんと洗い出して評価できるような考えを持つほうが、より質の高い人生を歩めるだろう。

  • 心のなかでは、35年のローンの恐ろしさをうすうす感じていたけれど、
    やはり、まだまだ家は買うものというのが根付いている日本。

    著者の本を読んで、賃貸でもいいかなとまた考えるように。
    それに加えて、マイホームの頭金があるのなら、投資してみようかなとも思った。
    なんだか、楽しくなってきた。

  • 自宅を購入することに対するもやもやとした不安感が、この本ではっきりとしてきました。
    よく考えます。

  • 過激なタイトルが目を引くが、四分の三くらいまでは納得出来る内容。
    ただ、最後に不動産投資を薦めており、ここは違和感が非常に強い。
    前半で「修繕費等は大家持ち」と散々強調しながら、後半は不動産投資のメリットだけを強調するいいとこ取りが目に付く。
    プロフィールを見れば判るが、著者は不動産投資でそこそこ成功している立場で、こんな内容を知識の無いサラリーマンに等しく薦めるのはどうかと思う。最後に相続税批判をぶちあげているが、共感できるサラリーマンがどれだけいるだろうか。
    まぁ、リスクを取らないこともリスク、という世の中ではあるし、参考になる一冊なのは間違いない。

  • 元々全く買う気はないが、周りが買い出すことでちょっと傾いてしまう自分に喝

  • 言っていることはありきたりで、目新しいことはありませんでした。
    このタイトルなら、どちらにするか迷っている層ではなくマイホーム否定派向けなのだから、そこに対する求心力が欲しい。

  • 書いてあることは基本的なことであり、経営者の視点からは常識的なことばかりであるが、一般の方は日ごろ意識していない、できない考えなのだろう。
    図書館で十分。
    巻末グレーの数ページを読むだけでよいかと…

  • 挑発的なタイトル同様に内容もなかなかに挑発的。
    しかし、なんとなく妻の言うとおりに一戸建てかマンションを買うために知識を溜めていた私には啓示的に見えた。

    まあ最後の方は投資家らしく、自分の投資分野の人を増やして初心者から根こそぎいただきましょうという感じ。

    とりあえず現在は年収上昇中だが、はっきり言って人間関係で先が見えてきた。
    老後資金を貯めるのは絶望的。
    家を買うのを諦めても社宅に住む時期をいかに伸ばすかが問題。
    娘の進学資金も捻出しなければならない。
    なんとも厳しいものだ。

  • 著者は企業改革コンサルタント&不動産投資家。


    とにかく家をこれから購入しようと考えている方は一読を。

    大きな買い物ですからね。

  • ローン抱えた人が読めば後悔するかも。家を買おうとしている人は、その選択をもう一度考え直すきっかけになるはず。不動産投資はハードルが高いと思うが、挑戦してみようという気にさせてくれる。

  • 後半が猛烈に不動産投資を勧めてくるのが気になるけど、所有する事のリスクを分かりやすく説明してくれる。
    これ読むと一生賃貸でもいいのかなと考えさせられてしまう。

  • 自宅購入に対して警笛を鳴らしてくれた作品。賃貸と購入のどちらかという結論は個々人異なるが、購入を考える人は、本書で指摘するリスクを理解し覚悟しなければならないと思った。

  • 「家を買わない」
    この決心が間違えていなかったを再確認する本

    ただやたら不動産投資を薦めることが引っかかる

  • 「若いころは都会で賃貸暮らしをして自由に住み替え、できれば不動産投資をし、そのリターンで最後はローンを組まずに地方にリーズナブルな価格の自宅を手に入れることが、リスクを減らし、働く時期のチャンスを生かす生き方では」という提案になるほど。だが、あまりに不動産投資のメリットを強調し、デメリット・リスク
    に触れられていない点に疑問。

  • 「住宅ローンを組んで自宅を購入する」というスキームは
    右肩下がりの社会状況の中では非現実的だと説いている本。

    内容は
    ・これまでのスキームの抱えるリスク
    ・これからのスキームについての提案
    の大きく2つに分かれる。

    内容は若干クドいのだが、いってることは大体あってると思った。

全22件中 1 - 22件を表示

サラリーマンは自宅を買うな ―ゼロ年世代の「自宅を買わない生き方を本棚に「読みたい」で登録しているひと

サラリーマンは自宅を買うな ―ゼロ年世代の「自宅を買わない生き方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サラリーマンは自宅を買うな ―ゼロ年世代の「自宅を買わない生き方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サラリーマンは自宅を買うな ―ゼロ年世代の「自宅を買わない生き方を本棚に「積読」で登録しているひと

サラリーマンは自宅を買うな ―ゼロ年世代の「自宅を買わない生き方はこんな本です

サラリーマンは自宅を買うな ―ゼロ年世代の「自宅を買わない生き方のKindle版

ツイートする