ピッチと和声の神経コード―心は脳の音楽―

  • 7人登録
  • 1レビュー
制作 : 根本 幾 
  • 東京電機大学出版局 (2017年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784501555207

ピッチと和声の神経コード―心は脳の音楽―の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【491.375】税込 3,780円(本体価格 3,500円)
    http://ci.nii.ac.jp/ncid/BB2321805X

全1件中 1 - 1件を表示

ピッチと和声の神経コード―心は脳の音楽―の作品紹介

音楽にとって極めて重要なピッチ(音高)を人間の神経がどのように符号化するのかを詳しく考察。事実と実験結果、推測に基づいた大胆な仮説を提案し、秀逸な知的エンターテインメントとして読むこともできるが、各分野の研究者には多くのヒントやテーマが潜んでいるだろう。神経生理学、音響心理学、音楽理論、物理・工学など、幅広い層の読者に興味深い本だと思われる。

ピッチと和声の神経コード―心は脳の音楽―はこんな本です

ツイートする