気を整えて夢をかなえるリセット整理術

  • 201人登録
  • 3.52評価
    • (12)
    • (19)
    • (22)
    • (10)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 苫米地英人
  • 永岡書店 (2011年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784522430453

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
苫米地英人
苫米地 英人
有効な右矢印 無効な右矢印

気を整えて夢をかなえるリセット整理術の感想・レビュー・書評

  •  気を整えて夢をかなえるリセット整理術の肝は、整理術ではなくて、自分の(社会に対する)役割を明確にすることでした^^;そう言われてみると、整理ができない人は、自分の役割が不明確な人なのかもしれませんね。

     「気」だとか「風水」だとか、今まで読んできた苫米地さんの本とは毛並みが違う表現でしたが、根本橘夫さんと、岸見一郎さんの本と並行して読んだせいか、夢を持つことの大切さがスーッと滑らかに心に沁み込んできました。「夢は大きい方がエネルギーも大きくなる!」など、いつもの苫米地さんらしい、ぶっ飛んだ言葉も、自分の無価値感が生み出された要因を知った上で読むと、妙に説得力があり「モノには、あなたが与えた情報があり、良い情報であれば、あなたにパワーと与え、悪い情報であれば、パワーと奪う。」という話を信じたいと思います。

     自分の可能性を引き出すには、人に与えられた夢ではなく、(子供がゲームに没頭するように)寝る時間も惜しんでやりたくなるような夢でなければなりません。私も含めて多くの大人は、そんな夢を叶うはずがないと、今はそれよりも、やらなければならないことがあると、若い頃に捨ててしまったのではないでしょうか?

     >あなた自身の「役割」が明確に決まっていれば、あなたの心は「良い気」満たされています。ただし、他人から押し付けられた役割ではダメ。自分が「こういう人間になりたい」という夢や願望から必然的に生まれたものでなければ意味がありません…苫米地さんは、自分の役割が決まれば、自然にモノの役割も決まり、必要なモノと必要ではないモノも明確になり、必要なモノの置く場所や置き方も定まる。と仰ってます。

     >夢を設定して、「なりたい自分」に沿った部屋にすれば、実際に夢がかかってしまいます…苫米地さんは、自分の役割を設定すれば、部屋とモノの役割が決まり、整理された部屋からは、夢を叶えるための力が得られると言います。だとしたら、部屋を整理することは、夢を叶えるための近道ですよね。

  • 自分の夢を叶えるために部屋を掃除すると考えるとヤル気が出るかな。

  • 風水の本を読むとよく「よい気を呼び込んで悪い気を追い出す」などと書かれていますが、なんだかスピリチュアルな雰囲気がしてやだなーと思ってました。
    でもここで言う「悪い気」はいらないものから発しているというふうに解釈すると納得できる。
    また、夢と理想をまず描いてから部屋を整理すべき、そして部屋それぞれに夢をかなえるための役割を持たせよう・・・ということにも納得。

  • 本の題名の通り、気(環境や体)を整えると、良い方向に行く。そのやり方を教えてくれる一冊

  • 潜在意識を利用した片付け方法。
    夢を設定し、それに合わせて良い部屋作りをすることで、意識的、無意識的に部屋が片付く。
    何を良し悪しとするかの判断は、自分対物を基準としたときに、物が持つ「気」というエネルギーを重視している。
    具体的な片付け方法についての記述はあまり無いので、片付けるための思考作りに適している。

  • 未来の自分を想定して、それに合わせた部屋にする。苫米地先生の本の中では、実践のイメージつきやすいと思います。

  •  著者は、万物はエネルギー=「気」を持っていて、モノを整理することは、「気」を整理することそのものだ、と強調してます。
     本書は、万物の持つ根本のエネルギーである「気」の働きを解説し、モノを整理することで「気」を整理する新しい整理術についてまとめた一冊です。

     詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=1040

  • なんか怪しかった。

  • 気をコントロールして人生を楽しもう

  • 断捨離系の本。モノに役割を与える部分が参考になった。

  • なぜ部屋がキレイになると気持ちがいいのか?脳科学者が「モノに気が存在」する仮説を用いて説明する。

  • 「なりたい自分」に適した部屋にする
    →モノの役割が最大限に発揮できる場所に置くorしまっておく

    部屋を片付けることでイメージできる対価をイメージする

    「片付けるのが面倒だ」と思っている人はただの怠慢&無気力、ドーパミンバランスの悪い人
    →続くとセロトニンバランスが悪くなり病気になる
    部屋が片付かない人は病気の可能性有り

    欲しいものがあった時のQ
    Q本当に心から欲しい?
    Q夢を実現するために必要なもの?

    デスク周りがキレイだと仕事に対して前向きな気持ちになる

    北枕 P157

    人形やぬいぐるみを窓側やTVの傍に置くのは×

    寝室に鏡は×

    窓の代わりになる写真や絵画は心を解放してくれる

    コリオリの力(慣力の力)=地球が自転している力

    トイレに本棚(縦線を見る)を作ると便秘が改善される
    →副交感神経が優位になる

    鏡(過去の自分)を見ずに未来の自分をイメージする

    好きな色にこだわると過去にとらわれる

    読書をする部屋なら白を基調に

    今の自分が嫌いになった時が部屋の模様替えの時期

    夜になると観葉植物は二酸化炭素を出す
    →病院では夜になると外に出す。つまり観葉植物をおけるのは健康な人だけ

    ◎あなたの現在、住んでいる場所はあなたの役割を最大限に発揮できる場所ですか?

    モノの「気」を整理すれば私の夢が勝手に実現してしまう。

  • 「気」に対する考え方と、夢を持つことの大切さを説いた本。
    タイトル通り、シンプルに整理されていて読みやすかったです。

    僕みたいに単純な人にはすんなり入ってくると思います。
    気とか夢とか結構目には見えないものを語っているので胡散臭いかも。

    読んだ後にはすぐ片付けがしたくなる不思議な本。
    部屋を片付けたいときに読み直してみようかな。

  • 断捨離に続く「おかたづけブーム」を巻き起こした、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」でも、「かたづけをすると人生が変わる」とおっしゃってます。
    苫米地さんの「リセット整理術」本では、「気を整えて夢をかなえる」とタイトルにあるように、同じようなことを書いてはるんだけど、アプローチがちょっと違う。
    つまり、「気を整える」ということと「夢をかなえる」ということを能動的にやりましょう、ってこと。
    http://big-river.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-7277.html

  • 抽象度を上げて高い視点から片付けを考えることが大切。

  • あらゆる物には 気を含んでいる 正のエネルギーは自分を良い方向に導く 負のエネルギーは 自分を駄目にする 普段から使っていないのは 思い切って捨てるべし BY G

  • 部屋の片付けは本当に苦手です。

    この本を読み終わった後でも
    やっぱり片付けはできていません。(TOT)

    でも、
    部屋に散らかっているモノが
    ほんとうに必要なものかどうかを判断するときに

    「気」

    で判断するという新しい発想を覚えることができ、
    以前よりはモノを捨てられるようになりました。

    徐々に自分の夢がかなう部屋になるように
    部屋が汚くなり始めたらまた本書を読み返してみようと思います。

  • 色んな「整理術」本はあるけれど、部屋や物に与える「役割」に注目して整理するという視点は、今まであまりなかったように思う。
    確かに、人それぞれ使い勝手も使用目的も違うわけだから、万人向けの整理法は存在しない。
    具体的テクニックが載ってるわけではないから「役に立たない」という印象を持つ方もいるかもしれないけど、「なぜ」「どのように」部屋を整理したいのか、自分の夢や目的を再確認するきっかけとなる1冊になるのではないだろうか。

  • 夢を設定し、それに向けて部屋を整理していく。
    夢がないと整理できない。

    STEP1 モノにも「気」が存在する
     ~自分のまわりの気を見渡してみよう~
    STEP2 夢という「気」の持ち方
     ~ココロの中を整理してみよう~
    STEP3 部屋の「気」を整理する
     ~夢に向かってモノの気を整えよう~
    STEP4 部屋の「気」を高める
     ~モノが持つ気と一緒に夢をかなえよう~
    おわりに 世界中の人の「気」が整理されれば

  • 本を読みながら、部屋を何度もうろうろしちゃいます。
    「役割」を考えるとは、さすがDr.Tですね。

  • ちょっと「苫米地博士の本」とは思えないような、すっきりオシャレな本。ちょうど今『片付けの魔術』や『断捨離』などの片付け本が流行っている中なので、「上手い事乗じたな…」と思ってしまうタイトル・内容なのだが、さすがは苫米地マジック。氏のエッセンスが所々に注入されていて、ちゃんと博士の本になっているところも関心。
    「コンマリ」さんの言う「トキメキ」は苫米地博士の『モノの役割』に置き換えられなくもないが、例えば「なりたい自分にふさわしい部屋」を考えた時に、それぞれのモノに役割を振り、その上で本当に必要か不必要かを考える、という点では私はこちらに傾く。

全30件中 1 - 25件を表示

苫米地英人の作品一覧

苫米地英人の作品ランキング・新刊情報

気を整えて夢をかなえるリセット整理術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

気を整えて夢をかなえるリセット整理術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

気を整えて夢をかなえるリセット整理術を本棚に「積読」で登録しているひと

気を整えて夢をかなえるリセット整理術はこんな本です

気を整えて夢をかなえるリセット整理術のKindle版

ツイートする