血液疾患最新の治療2017-2019

  • 7人登録
  • 6レビュー
制作 : 小澤 敬也  中尾 眞二  松村 到 
  • 南江堂 (2017年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784524254224

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大塚藤男
有効な右矢印 無効な右矢印

血液疾患最新の治療2017-2019の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • WH100

    『年々進歩する血液領域の最新情報と治療方針を簡潔にまとめた最新版。巻頭トピックスでは、免疫チェックポイント阻害薬、急性骨髄性白血病(AML)の新規治療薬、多発性骨髄腫治療の新たな展開、移植後大量cyclophosphamideを用いたHLA半合致移植など、話題の10テーマを取り上げた。疾患別各論では、疾患の概説、治療のための検査・診断、治療の一般方針、処方例のほか、生活指導、リハビリテーションまで具体的に解説。また今版では新たに「患者への説明ポイント」も掲載。疾患別各論以外にも造血幹細胞移植、血液領域の主な診断・治療法も網羅している。』

    巻頭トピックス
     1.免疫チェックポイント阻害薬の作用機序と
        造血器腫瘍での臨床試験
     2.再生不良性貧血におけるゲノム異常
     3.急性骨髄性白血病(AML)の新規治療薬
     4.成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)のゲノム解析
     5.低リスク悪性リンパ腫に対する新規治療薬
     6.多発性骨髄腫治療の新たな展開
       (IMiDs,プロテアソーム阻害薬を含む)
     7.血栓性血小板減少性紫斑病(TTP),
        特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の最新治療
     8.移植後大量cyclophosphamideを用いたHLA半合致移植
     9.間葉系幹細胞(MSC)を用いた
        ステロイド抵抗性重症急性GVHDの細胞治療
     10.キメラ抗原受容体発現Tリンパ球(CAR-T)を用いた
        養子免疫遺伝子療法

    I 主な血液疾患用薬剤の作用機序と適応
     1.鉄剤・葉酸・ビタミンB12
     2.造血因子
     3.免疫抑制薬
     4.抗がん薬
     5.抗体医薬
     6.抗凝固薬と抗血小板薬
     7.止血薬と凝固因子
    II 赤血球系疾患
     1.鉄欠乏性貧血
     2.巨赤芽球性貧血
     3.溶血性貧血
     4.再生不良性貧血
     5.赤芽球癆
     6.全身疾患に伴う貧血
    III 造血系・リンパ系疾患
     1.急性骨髄性白血病
     2.急性前骨髄球性白血病
     3.高齢者白血病
     4.小児白血病
     5.慢性骨髄性白血病
     6.骨髄増殖性腫瘍
     7.低リスク骨髄異形成症候群
     8.高リスク骨髄異形成症候群
     9.急性リンパ性白血病
     10.Ph染色体陽性急性リンパ性白血病
     11.慢性リンパ性白血病
     12.MALTリンパ腫
     13.濾胞性リンパ腫
     14.びまん性大細胞型B細胞リンパ腫
     15.血管内リンパ腫
     16.Burkittリンパ腫
     17.リンパ芽球性リンパ腫
     18.成人T細胞白血病/リンパ腫
     19.マントル細胞リンパ腫
     20.NK/T細胞リンパ腫
     21.Hodgkinリンパ腫
     22.多発性骨髄腫
     23.原発性マクログロブリン血症
     24.血球貪食症候群
    IV 出血・血栓性疾患
     1.先天性および後天性血管障害による出血
     2.特発性血小板減少性紫斑病
     3.血小板機能異常症
     4.血友病
     5.von Willebrand病
     6.その他の先天性凝固異常症・線溶異常症
     7.先天性血栓傾向
     8.深部静脈血栓症
     9.抗リン脂質抗体症候群
     10.播種性血管内凝固症候群
     11.血栓性微小血管障害(TMA)/血栓性血小板減少性紫斑病
    (TTP)と溶血性尿毒症症候群(HUS)
     12.ヘパリン起因性血小板減少症
    V 造血幹細胞移植
     1.造血幹細胞移植の前処置
     2.非血縁者間造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植を含む)
     3.臍帯血移植
     4.HLA半合致移植(PT/Cy以外)
     5.GVHDとTA-TMA
     6.造血幹細胞移植後のウイルス感染症と対策
    VI 主な診断法・治療法
     1.PET診断
     2.フローサイトメトリー
     3.遺伝子診断
     4.輸血療法
     5.放射線治療
     6.感染症とその対策(細菌)
     7.感染症とその対策(真菌)
     8.細胞免疫療法
    付録 主な血液疾患用薬剤

  • 北里大学医学図書館OPACへ
    https://saosrv.kitasato-u.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB10092646

全6件中 1 - 6件を表示

血液疾患最新の治療2017-2019の作品紹介

年々進歩する血液領域の最新情報と治療方針を簡潔にまとめた最新版.巻頭トピックスでは,免疫チェックポイント阻害薬,急性骨髄性白血病(AML)の新規治療薬,多発性骨髄腫治療の新たな展開,移植後大量cyclophosphamideを用いたHLA半合致移植など,話題の10テーマを取り上げた.疾患別各論では,疾患の概説,治療のための検査・診断,治療の一般方針,処方例のほか,生活指導,リハビリテーションまで具体的に解説.また今版では新たに「患者への説明ポイント」も掲載.疾患別各論以外にも造血幹細胞移植,血液領域の主な診断・治療法も網羅している.

ツイートする