いま知っておきたい2型糖尿病の注射療法の疑問67

  • 6人登録
  • 5レビュー
制作 : 寺内 康夫 
  • 南江堂 (2016年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784524254453

いま知っておきたい2型糖尿病の注射療法の疑問67の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 北里大学医学図書館OPACへ
    https://saosrv.kitasato-u.ac.jp/opac/opac_link/bibid/BB10146847

  • ◆内容
     一般内科医、看護師、薬剤師など糖尿病治療に携わる医療スタッフの、
     糖尿病注射薬に関する臨床上の疑問について、簡潔に解説する図書である。
     インスリン療法やGLP-1受容体作動薬についての基礎、経口薬との併用、
     患者指導のコツなどが掲載されている。
     「いま知っておきたい傾向糖尿病治療薬の疑問76」の姉妹紙である。

    ◆東邦執筆者
     臼井州樹(東邦大学医療センター大森病院糖尿病・代謝・内分泌センター)
     弘世貴久(東邦大学医療センター大森病院糖尿病・代謝・内分泌センター)
      II章 経口薬と基礎インスリン製剤の併用の実践
       Q18. BOT(持効型溶解インスリン製剤1回注射)の基本は? p.66-70

    ◆東邦所蔵(M3.12 : Te)
     http://lib.toho-u.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&place=&bibid=B000291931&key=B148523975211740&start=1&srmode=0&srmode=0#

全5件中 1 - 5件を表示

いま知っておきたい2型糖尿病の注射療法の疑問67の作品紹介

2型糖尿病の薬物療法は,近年新たなインスリン製剤やGLP-1受容体作動薬が登場し,注射薬と経口薬を組み合わせた適切な血糖コントロールが求められている.本書は特に糖尿病の専門ではない,注射療法をこれから始める医師,スタッフが注射療法導入の際に直面する様々な疑問,患者指導のポイントなどをわかりやすく解説し,実臨床ですぐに役立つ一冊となっている.

いま知っておきたい2型糖尿病の注射療法の疑問67はこんな本です

ツイートする