トコトンやさしい人工知能の本 (今日からモノ知りシリーズ)

  • 43人登録
  • 3.73評価
    • (3)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 辻井 潤一  産業技術総合研究所 人工知能研究センター 
  • 日刊工業新聞社 (2016年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784526076404

トコトンやさしい人工知能の本 (今日からモノ知りシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「人工知能の本」
    今話題の人工知能が一体どうなっているのかが網羅的にまとめられている。
    産業技術総合研究所の人工知能研究センターがまとめているので、浅くはあるが技術的な要点はコンパクトにまとめられている。
    ディープラーニングや機械学習の概要を含めていろいろな技術が説明がされているので、人工知能と言ってもひとつの技術だけで何かができあがっているのではないことがよくわかる。
    α碁で一躍人工知能が脚光を浴びたが、本書を読めば人間のように考える強いAIができるまでにはまだまだ時間がかかると感じる。
    それでも、範囲を限れば人間の能力を遙かに超えることができるので、今後は人工知能を含めた社会システムを作ると言うことが重要になってくるという考えは説得力がある。
    また、自然言語処理が可能になることで応用技術が広がりネット社会での通信が監視され、国家による監視が広がるのではないかという心配もあるが、問題は誤認される危険性が出てくることなのかも知れない。
    しかし、コンピューターは所詮電力で動くものである。現状では巨大システムは莫大な電力を必要とし採算が合わないのではないか。電源を含めたセキュリティも重要である。
    それよりも、簡単なロジックで虫のように動くような人工知能ロボットが大量に動くようになると始末が悪いかも知れない。

  • 【投票者イチオシ】人工知能時代に他なりません。https://opac.lib.hit-u.ac.jp/opac/opac_link/bibid/1001111385/?lang=0

  • 人工知能について、アルゴリズムについての紹介まで書いてある本。
    正直、まだまだよく分からないことだけど、少しは人工知能のプログラムにふれておいたほうがいいのかもしれないと思った。
    それにしても、コラム3の小中学生からのよくある質問での、「人工知能が人類よりも賢くなって、私たちを支配してしまうのですか?」という質問にたいする回答の冒頭が、「もう支配されています。」というのでちょっと笑った。しかもその末尾は「人工知能に支配されるのも案外いいものですね。」で終わるという。少し狂気を感じた。

  • まだ知らない用語が多かった。

  • 請求記号 007.1/Sa 63

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784526076404

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
クリス・アンダー...
佐々木 圭一
ウォルター・アイ...
デール カーネギ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

トコトンやさしい人工知能の本 (今日からモノ知りシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

トコトンやさしい人工知能の本 (今日からモノ知りシリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

トコトンやさしい人工知能の本 (今日からモノ知りシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

トコトンやさしい人工知能の本 (今日からモノ知りシリーズ)の作品紹介

ディープラーニングの仕組み、言語や概念、映像を機械が理解する、ベイジアンネットと大脳皮質、なぜ人の常識は機械にとって難しい?汎用人工知能の実現への課題、どうすればうまく応用できるのか?応用が進む今の時代、改めて人工知能技術の全体像を見てみる。

トコトンやさしい人工知能の本 (今日からモノ知りシリーズ)はこんな本です

ツイートする