経済ってそういうことだったのか会議

  • 796人登録
  • 3.56評価
    • (52)
    • (89)
    • (164)
    • (7)
    • (5)
  • 93レビュー
  • 日本経済新聞社 (2000年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532148249

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ロバート キヨサ...
佐藤 雅彦
アレックス・ロビ...
村上 春樹
伊坂 幸太郎
劇団ひとり
スペンサー ジョ...
村上 春樹
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

経済ってそういうことだったのか会議の感想・レビュー・書評

  • ホリエモンさんがお勧めしてた本で、留学前にちょっと読んだんだけど返却しちゃってて、帰ってきた今みた手に取った。
    すごくわかりやすい経済。経済って聞くだけで、数字と同じで、そっと遠ざけてしまうけれども、経済って共同体の生き方のことで、ひいてはみんながどうよりよく暮らしていくかってこと。
    いろいろむずかしいこともわかりやすく説明されててなるほどなるほど。けど、やっぱり昔の生活に戻って、時間がかかるけれどひとつひとつ丁寧に手作りして、価値を交換して、って生きてくのが共同体としての理想形なんじゃないかなって思ってしまう。実際それやったらやっぱり不公平で理想なんかじゃないのかもしれないけれども。

  • 日本を極端に批判するでもなく、かと言って「御安心を」なんて甘言を弄するでもない、とても読みやすい本でした。

    面白かったのは税についてのお話。
    株主の見えにくい日本の企業形態では、「店長が居ないコンビニで気楽に働くアルバイト」の如く、ある程度自由に振舞ってしまう。
    会社の金を、譬えそれが無駄であれ、気楽に遣っちゃうっていう。
    加えて年末調整まで会社がやってくれるのは日本くらいで、サラリーマンは最寄りの税務署の場所すら知らずに職を退く。
    「何もしなくても安心国、ニッポン」にいるなら、やっぱり自ら興味を持って学ぶしかないですね。

    あとはよく言われていることですが、日本の競争力の乏しさ。
    海外では競争力を付けさせたい場合、方法としては単純に「競争させる」らしいです。
    日本では「補助を与えて強くする」…うーん、何か物足りない。
    髭剃りメーカーのジレットなんか、5年で半分の製品が変わるらしいです。
    日本が完全にダメだと主張してはいませんが、海外と比べるとこんな違いがありますよ、と投げかける本。
    10年前の刊行ですが、現代も全く通じる内容です。

  • 経済の知識が中学生レベルだったので、友人に薦められて読んだ。
    何となくわかっているようでわかっていない経済に関する事柄を、身近でユニークな具体例を用いて解説している。
    欄外にある用語解説や、ところどころに登場する佐藤さんの一コマ漫画も、記憶に残りやすくて理解を助けてくれる。

  • 経済って当たり前に回ってるけど、仕組みって実はよくわからない。経済学って何?資本主義ってなんかシビアで利益最優先って感じだけど実際どうなの?
    そんな素朴な疑問を対談形式で解き明かす本書。

    国内外の比較にはへぇ~ってなったし、新聞で目にする経済が身近に思えて面白かった。

    「税金」の章と各国経済の章、「円・ドル・ユーロ」の章が特に興味深かった。
    サラリーマンが年末調整まで他人任せにしてる主要国は日本だけらしい。年末調整とか税金支払いが億劫で正社員になりたいと思う私はちょっと考えさせられたなあ。税金についていかにめんどくさく思ってるかが如実に表れてるよね。

    示唆に富む実際の人物や企業のエピソードもいくつも出てきて面白かった。
    カネボウの資生堂に対する戦略=どれだけ差があっても「真っ向から喧嘩すると急に対等になる」とか。

    私も私なりの目線で世の中を見なければ。
    そして世の中がどうなったら良くなるのか、自分なりに考えてなくては。
    それが「エコノミクス」だと本書は教えてくるたわけだし。

  • 本書は経済学でも超基本的内容を対談形式で記したもの。
    一応経済学部を出て(「経済学部出たので経済のことはよくわかっています」とは言えないよくいる経済学部出身者ですが)経済学と名の付く本は数冊読んでいることもあって内容でわからないことは無かった。
    それでも、無機質な経済学の本より読みやすく、仕事を始めて初めて聞いて出会う言葉(その他の本にも書いてあるかもしれないけど気づいていなかった)の説明があったりと、読み返してみると中々面白い。
    「ジャーゴン」:特定の職種や業界だけで通じる特殊用語。(株関連の章で紹介)
    「ブル」「ベア」:為替の上げ下げ気配。
    等、意味わからなくても無視していてよかった用語などの復習にもなった。

    経済学のわからない人から、経済をかじった人など、幅広い人たちにお勧めかと思います。

  • アメリカ
    ニューワールド、フロンティア、多様性

    上場=place

  •  電通に勤めた経験を持ち、慶應義塾大学教授の佐藤 雅彦氏。
    大蔵省に勤め、ハーバード、大阪、慶応の大学教授などを経た社会学者、竹中 平蔵氏。
    両者による経済学についての対談。

     以前、ある本にて元ライブドア社長の堀江貴文氏が、「経済ってそういうことだったのか会議」を推薦していたので、今回読んでみました。
    出版が2000年(15年前)ということで、データが古いですが、内容は勉強になることばかり。

     冒頭は、お金についての話題で始まります。
    いったいお金とは何か?
    どういう役目を果たすものなのか?
    そして、国のお金の管理について語られていく。

     2章に入ると、 株式について。
    3章では、税金。
    それ以後は、アメリカのとの競争力。
    経済の発展の段階や、アジア経済。
    後半は、投資や起業、党動力について。

     文章中には、図や白黒の写真が入っています。
    文中には、48の重要なポイントが「竹中語録」 として、取り上げてある。
    難しい用語や、人物、出来事などは、文章下に補足がしてあるのでわかりやすいです。

     佐藤さんと一緒に竹中さんに経済を教えてもらっている感じで、とてもわかりやすい内容でした。
    対談形式が特に良かったと思います。

  • 学生時代に読んだものだけど、経済学の良書として紹介されているのを見て、再度読んでみた
    とてもわかりやすく書かれているのでスラスラと読めるが、まだ点と点の理解にとどまっているのを強く感じる
    いくつか似たような書籍を読んでみよう

  • ちょっと古いが積ん読の下層から出してきた
    竹中は教えるのが上手いね
    4.0点

  • 大学1年生の頃、ディベートの授業の先生がおすすめしていてずっと気になっていた本。ようやく読みました。
    経済に関してまるで無知なので、少しでも勉強できればと思って。

    対談形式ですごく噛み砕いたわかりやすい話になってるんだと思います。竹中氏の話を佐藤氏がわかりやすく例えて聞き返したりしてるのがいい。イラストや、「語録」という形でキーポイントをちょこちょこまとめてるのもわかりやすいです。

    ただ、私は根本的なところからわかってない無知すぎてこのレベルでも難しかった(笑)
    後半の「投資と消費」「起業とビジネス」「労働と失業」の話は面白く読めました。

    10年以上も前の出版ですから若干話が古いっていうのはあるのかもしれないけど、経済を学んだり興味をもつ取っ掛かりとしては十分なのではないかな。
    もっと世の中のことを勉強しなければいけないなと思いました。

  • 経済はもちろんのこと、国ごとの文化の違いや歴史についても学べる

  • 貨幣の話から株や税金、投資や起業の話など、
    経済に関する幅広い知見が盛りだくさんの内容。

    もう10年前の本だけど、
    内容はまったく色あせていない、かなりの良書だと思う。

    ってかこの二人どんだけ知的なのよ。。。

  • 経済の基礎をふと振り返り見たくなって購入。
    竹中さんは、人に説明するのが上手ですよね。

    中身自体は経済の仕組み、考え方を丁寧に説明してくれる。
    初心者にもいいと思うし、どこかで振り返るときに読むのもよし。
    この中で興味あるテーマを探して、深く勉強するもよし。

  • 何年も前の本だけど、経済の基本がわかりやすく書かれていて勉強には十分。当時に課題認識されている内容が未だに改善されていないものが多く、何も決められない政治の歴史を再認識。

  • 途中からわけわからなくなってしまった。なるほど、と、思うところもちらほら

  • 広告クリエイター佐藤さんと経済学者竹中さんによる”お金”に関するおはなしです。
    佐藤さんの素人目線の素朴な質問とかわいいイラスト、竹中さんの名言”竹中語録”がとても分かりやすく、その中の難解にみえる仕組みがスッキリとあたまに入ってきます。

  • 展示期間終了後の配架場所は、開架図書(3階) 請求記号:331//Sa85

  • 竹中さんは、現実の経済と、経済学を結びつけて説明をすることがバツグンに上手いと思う。

    経済に興味を持つ入門書として読んでもいいし、経済学の本質を学ぶ上でも、大変勉強になると思います。

  • すごく良い!!基本的な仕組み(特に、税金の話)の非常に本質的な部分を分かりやすく感じることができる。日本国民の全員が読むと素敵な国になるのに、と思った、

  • やっと読み終わった。一言で言うと、みんな言ってるけど色褪せない名著。
    エグジットストラテジーを考えるとか、最近出た本にも書いてあったのは気のせいだったかなぁ。
    あとまだこのときは「失われた10年」だったのだなあ。
    竹中さんが「自らをリスクのなかに置くことによって初めて自分たちの社会が変われる。」って言ってる。その後10年もそういう潮流にはなってないんだよな。実際自分もリスクの中に自分を置いてない。
    あと税金のくだりはいろいろと考えるところがあります。納税意識が高まらない源泉徴収制度。コストは安いんだけどね。

  • 中学生のときに読みましたが
    ほんとによくわかりました

全93件中 1 - 25件を表示

経済ってそういうことだったのか会議を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

経済ってそういうことだったのか会議を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

経済ってそういうことだったのか会議を本棚に「積読」で登録しているひと

経済ってそういうことだったのか会議の作品紹介

あの竹中平蔵と、あの佐藤雅彦がこの地球の経済をやさしくするどく解き明かす、新・経済の入門書。

経済ってそういうことだったのか会議はこんな本です

経済ってそういうことだったのか会議の文庫

ツイートする