さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

  • 5987人登録
  • 3.82評価
    • (544)
    • (682)
    • (669)
    • (68)
    • (33)
  • 729レビュー
  • 日本経済新聞出版社 (2001年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532149475

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ジェームズ アレ...
トニー・ブザン
有効な右矢印 無効な右矢印

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすの感想・レビュー・書評

  • 強みを活かす。
    自分の中の資質を軸に考える。
    他人を活かすのにも、強みを考える。

    インターネットのページに接続して、
    自分がもつ5つの資質を知るのも、
    興味深い。

    強みというのは、案外無自覚なものだというのを感じさせられる。
    というのも、自分では普段あたり前にできてしまっていたり、自然にとってしまう行動だから。
    言われてみて、え、これが強みになるのっていうのがあがってくるが、納得。

    “自分はどのような状況で満足を覚えるか、それを仔細に観察してほしいということだ。それがわかれば、才能のありかは必ず突き止められる。”

  • リクナビの診断なんて受けてないで、もっと早くにこの本を買っていればよかった。。笑
    自分について知ることができるかなり良質な分析ツールであるというだけでなく、心理学の本としても興味深かった。測定というのは心理学の永遠の課題だ。

  • 会社の課題ホームとして読了。
    自分の強みが知れたのでよかった。
    今の企業の研修や現場は、よいところをのばすというより、弱点や改善点をあげて、数字をあげよう! 成長しようという色が強かった気がするけど、どっちが合うかは人次第なのかな

  • 自分の得意分野を模索するのに良い。
    大企業の社員研修などでも取り入れられているが、仕事などのパートナーなどにもやらせて強みを把握しておきたい。

  •  弱点は「克服」するのではなく、適当に「折り合いをつけ」、それより自分の強みを正確に・具体的に把握し、それを徹底的に活かすことが重要だという。これができれば、自信を持って仕事もできるだろう。
     本書では、仕事に必要とされる34の資質(強み)を、「ストレングス・ファインダー」という自己分析ツールによって、個人の適性を明らかにしていく。ネット上の「適正検査」180問を回答することで、特に優れた5つの強みを提示してくれる。自分が実際にやってみた結果、「アレンジ」「回復思考」「収集心」「慎重さ」「調和性」は、確かにそうかなと思った。
     34のうちの5つが全く同じになる確率は3300万分の1だという。各自の検査結果はそれ自体が個性であり、多様性に富んでいる。
     この書名は邦題(訳)が「さあ、才能(自分)に目覚めよう」、英語(原題)は、"Now, Discover Your Strengths."となっている。「才能」=「自分」=「強み」。才能・強みは誰にでも必ずあるというのが、全体を通じてのメッセージだ。
     本書は2001年の初版以来、53刷を重ね、日経新聞の就職活動の学生への推薦図書にもなっている。

  • 本自体というより、ストレングスファインダーのテストに価値がある。

    私の強み上位5位は、ポジティブ、親密性、学習欲、社交性、アレンジ。それ以下も気になって+αのお金を払って見てみた。
    上位の資質に関しては納得感があるし、下位の素質は確かに持っていないなと思った。

    ただ、下位の資質は持っていないからと言って、嘆かなくてもいいのではないかと思う。たとえば、私は戦略性や慎重性がワースト5だけど、実生活でそんなに困ってない。たぶん、自分で戦略とか危ないかどうかとかはあまり考えないけど、本で読んだことや周りの人から言われたことを取り入れる方なので、自分で考える代わりになっている気がする。

    私はゼロから何か考えるより、人や本から物事を教わって、それを上手く組み合わせていくのが得意だし好きだ。

    …こんな風に、強みを活かした快適な思考や成功パターンを考えるきっかけになる。人に勧めたい本。

  • 34の資質

    アレンジ
    運命志向

    回復志向
    学習欲
    原点志向

    公平性
    活発性
    共感
    競争
    規律
    個別化
    コミュニケーション
    最上志向

    自我
    自己確信
    社交性
    親密性
    成長促進
    責任感
    信念
    達成欲
    着想
    調和性
    適応性
    内省
    分析思考
    包含
    ポジティブ
    未来志向
    目標志向

  • 自分の適性は何か?
    それを探るための本。
    しかしよくありがちないわゆる心理テストとは一線を画し、才能や適性というトピックだけのために膨大な調査をしている。
    そもそも才能になりうる要素を34個挙げており、これだけでも通常言われる適性の語彙より多い。

    また非常の有益なのが、1回きりしか使えないが、ストレングスファインダーにより、自分の持っている才能を示される点。自分の中で上位に来る才能を順番に5つ教えてもらえる。
    ここでいう才能とは18歳までの脳成長において自分がよく使う意思決定や判断の神経回路の種類。
    どの回路をよく使うかは18歳くらいまでにほとんど決まってしまう。(どれが強くなるかは生まれ持ってのもの)
    無意識のうちによく使うのもこの回路。
    またこの回路はほかの回路に比べ、どんどん強固になり力を発揮するようになる。逆にほかの回路は使わないため、どんどん脆弱になるのだが。。
    だからどうにもならない弱点はそこそこに強みをどんどん強化していくべき。
    また才能は1つのものが卓越するのではなく、特に上位のいくつかの才能が組み合わさって力を発揮する場合が多い。よって自分と同じ才能を持った人と出会うことは非常に稀である。

    ちなみに私は
    1.着想
    2.内省
    3.収集心
    4.共感性
    5.最上志向

    言われてみれば、自分がよく行っている行動は上記に則っていることが多いかもしれない。
    非常に実りの多い良本でした。

  • 成功している企業・個人に共通しているのは、強みを自覚し、生かしていくことである。
    しかし、世の中では、弱点の克服に重きが置かれすぎているのが現状である。

    本書は、このような状況を打破し、人それぞれの強みを知ること、
    そしてそれを活かしていくという「強み革命」を起こすことを目的に書かれている。

    さらにこの本では、自分では見つけることが困難な強みの源泉(才能)を見つける
    「ストレングス・ファインダー」という強力なツールを提供する。

    【強みを生かせていない企業】
    強みを生かす機会に恵まれていると答えた従業員が多い企業では、
    生産性や顧客ロイヤリティーにも明確な差が見られる。
    一方で、企業人の中で「強みを生かす機会に恵まれている」と
    感じているのは、20%しかいない。

    多くの企業のマネジャーは、弱点こそが最も成長の余地があると考えおり、
    それを元にした教育・評価が行われているが、それは間違っている。
    一人ひとりが強みとして持っている分野こそが、最も成長する可能性を秘めているのだ。

    【強みとは何か】
    強みは、先天的な「才能」と、後天的に身に着けることが
    可能な「知識」・「技術」から構成される。

    「才能」は幼い頃までに決定づけられる強固なシナプス結合によって生み出される
    行動・思考パターンのことである。これは、大人になるとほぼ変わらないものとなる。

    「知識」・「技術」が「才能」という土台の上に築かれたとき、それが強みとなる。
    逆に「才能」がないところに強みを築こうとしても、「才能」があるものには勝てず、
    自信・意欲の減退を招き、エネルギーを消耗し、燃え尽きてしまう危険がある。

    このことから、弱点の克服ばかりに重点を置いている企業は、
    企業も従業員も不幸にしている可能性があることを知るべきである。

    個人レベルでは、自分の「才能」を自覚し、
    それに基づいて戦略的に強みを築くことが大切である。

    【強みを知る方法】
    強みを知る一般的な手がかりは4つある。

    「無意識の反応」:自分が無意識に行ってる反応
    「切望」:自然と湧き出てきて、夢中になるような願望
    「修得の速さ」:新たな技術の習得の速さ
    「満足感」:自分が満足を覚える状況

    しかし、多くの人は十分な時間や自分自身に対する客観性を持つことが難しく、
    自分で強みの手がかりを掴むのは困難である。
    そこで作成されたのが本書で提供する「ストレングス・ファインダー」である。

    【ストレングス・ファインダー】
    このツールは、200万人以上の自由回答形式インタビューを元に作成されており、
    強みになりうる最も優れた潜在能力の源泉(才能)を浮き彫りにするように設計されている。

    ストレングス・ファインダーでは、34項目に分類される強みのうち、
    あなたの強みの源泉を持つ項目として5つが浮き彫りとなる。

    【34の強みと特徴・活かし方】
    続いて本書では、個人・企業での強みの活かし方のヒントとして以下①~③の内容を紹介するが、
    本の要旨とは関係なく、個別具体的な内容や方法論の解説になるため割愛する。

    ①34項目の強みを持った人の特徴、インタビューでの声
    ②マネジャー視点での従業員の強みを活かす方法
    ③強みに基づく採用システム、パフォーマンス管理システム、キャリア開発システム

  • 弱みに目を向けるのではなく、自分が生まれ持った資質≒強みを自覚して、資質をよりよく生かしていこう。それこそが、才能に目覚めることであり、人生をよりよく生きるコツ!ってな内容。

    本にはIDがついてて、WEB上で自分の資質の上位5がわかるテストを受けることが出来ます(資質は全部で
    34種類)。このテストこそが、この本の売りだと思います。

    尚、1つのIDで1回しかテスト受けられませんので、中古本を買わないように気をつけましょう!自分は先に中古を買ってしまって、テストを受けたいがために、新品を買いなおしてしまいました(笑)

    ちなみに、自分の上位資質は下記の通り。自分では「おー、あたってるなー」と思いましたが、どうでしょう?


    ①調和性
    調和性という資質を持つ人は、意見の一致を求めます。意見の衝突を嫌い、異なる意見でも一致する点を探ります。

    ②収集心
    収集心という資質を持つ人は、より多くの知識を求める知りたがり屋です。ものを集めたり、あらゆる種類の情報を蓄積したりするのが好きな人が、このタイプに多くみられます

    ③成長促進
    成長促進という資質を持つ人は、他人の持つ可能性を認識し、それを伸ばし、目覚めさせます。他人の小さな進歩の兆候を見逃さず、このような進歩を実現することから充足感を得ます

    ④達成欲
    達成欲という資質を持つ人は、並外れたスタミナがあり、旺盛に仕事に取り組みます。自分が多忙で生産的であることに、大きな満足感を得ます。

    ⑤抱合
    包含という資質を持つ人は、他人を受け入れることができます。人の輪から外れている人に注意を払い、そのような人を輪に入れようと努力します


    以下、参考になった点、引用、自己解釈含む

    ・無意識に繰り返される「思考・行動・感情パターン」こそが、各自を特徴づける「強み」であり「才能」である。

    ・脳科学的に、どんな人でも、思考がスッっと通りやすい神経回路がある。物事を判断する時には、このストレスの少ない神経回路に情報を流すようで、結果として、ストレスの少ない神経回路がどんどん発達し、これが無意識に繰り返される「思考、行動、感情」のパターンになる。

    ・それ以外の回路は、普段から使われていないので、徐々に廃れていく。多くの人が試みる「弱みの克服」とは、この廃れた回路に無理にスポットを当てているようなもの。廃れた神経回路を無理に使おうとすると、強いストレスがかかるし、不快感もある

    ・どの回路で判断を繰り返すかは、無意識レベルで起こっているものであり、これをコントロールするのは非常に難しい。

    ・だからこそ、発達した神経回路≒強み・才能、をより発達させることが、人生をよりよく生き得るコツ。

  • 買わないと強みがわからない

  • ある人に勧められて読んでみた。
    私が疑り深い気質だからだろうが、若干占いに近いものを感じた。
    もちろん自分の長所を生かそうという考え方には賛成だし、その長所がなんであるかを知るためにいろんな研究がなされたことも否定はしないのだが、「で?」という思いが頭から抜けない読後感だった。
    まあ心理テストには違いないのでやってみるだけやってみたら、面白いっていえば面白いんだけど。

  • 俗にいう企業における底上げ教育がどれほど非効率なのかを説明している。自分のことをよく知り、一人一人独自の持つ才能を発揮すること、させることが企業にとって良い結果を生むことになる。本書ではストレングス・ファインダーと呼ばれる34の資質で才能を見極める。

  • 自分の仕事に対する、向き合い方がかわりそうな予感がします。5つの強みを知る事(統計上の話ですが)は、今後の自分が仕事緑をのばす事、わくわくしながらできる事につながり、人生もハッピーになりそうです。

  • 何となく願望に寄せられた感のある強みが出たが、これを活かしていきたい。

    ・才能は持ち主にそれを「活かしたい」と感じさせ、「活かす」ことで「愉しい」という感情を抱かせる

    ・「才能の中に必ず存在する強みの種を見つけ、それを育て、実現させるというのは、何より責任の重い、何よりやり甲斐のある、さらに自分自身に忠実であるという意味において、最も尊敬に値する行為ではないだろうか。」

  • 実はウェブサイトで自分の「強み」を診断してみた。「強面」よりも「柔和」が僕の強みと出た。厳しさよりも寛容を出して、僕の場合はそれで人が寄ってくる、という実感があったので、膝を叩いた。読むだけじゃなくて、使って真価を発揮する一冊、だと思う。

  • 弱点補強に力を注いでもそれは発展には繋がらない。労力の割りに成果は上がらない。ならばいっそ弱点を気にするのは止めて自分の強みを把握し、磨く。そのほうが生産性も良く、その人自身幸せになる。考えたら当たり前の事だけど実践できている人は少ない事。本書では様々なデータを元に強みを活かす事の合理性が説かれている。

    一番の特徴は「ストレングス・ファインダー」。このテストで自分の中で優位を占める五つの資質を知ることができる。カバーの裏にIDナンバーが記されていて、購入しないとテストできない仕組み。商売上手です。

    資質についての詳しい説明も書かれており、今自分は適職に就けていないと感じる人や客観的に自分を知りたい人にはヒントになるかも。

  • タイトル通り「才能」について書かれた本でした。が、いわゆる自己啓発本と異なっているのは、この本が200万人を対象にインタビューを行い、得た膨大なデータを基に書かれているということです。
    この本では「才能」を、「無意識に繰り返される思考、感情、行動のパターン」と定義して、人の優れた行動パターンをインタビューによって導きだされた「34の資質」に分類して紹介しています。
    しかもそれだけで終わらず、180の質問に答えて自分の資質を判断する「ストレングス・ファインダー」という診断テストも行え、自分の生まれ持ったであろう資質を判断することもできます。
    あと、その資質毎の活かし方も。
    ストレングスファインダーで提示された資質を信じるか信じないか、合ってるのか合っていないのかということは結局自分次第だとは思います。
    しかしながら、間違っているという余程の確信がない限り信じてみる価値はある、と思わせるのに十分なくらいの説得力がこの本にはあります。

  • 今はやりの「いやな仕事はしない」「弱点を克服するよりも強みを伸ばす」という考え方の本です。

    基本的には苦手なことはやらずに、強みだけを発揮しなさいという視点で書かれています。

    この本を購入すると、裏表紙にIDがついており、ネット上でストレングスファインダーという心理テストのようなものを受けることができます。

    ストレングスファインダーとは、その名の通り、自分の強みを見つけるためのツールです。34の強みとなりうる資質から、自分の強みである5つの資質を抽出してくれます。

    ちなみに私の5つの強みは以下の通りです。


    ・収集心(知りたがり)
    ・目標志向
    ・社交性
    ・内省(考えることが好き)
    ・回復志向(問題を解決する)


    一見、社交性と内省は相反するものに見えるかもしれませんが、これがストレングスファインダーの特徴の1つであるようです。

    一般的な心理テストは、対極にある資質を並べ、ゼロワンでどちらか一方の資質しか持たないと判断するようにできているようです。

    しかしこの本では、相反する資質は一個人の中に共存しうることを説いています。いわゆる「さびしがり屋の一人好き」みたいな。

    ちなみに34個すべての資質に対して、しっかりと解説が書かれており、それぞれの資質をいかに生かしていけばよいかということも書かれています。

    強みを活かすことに関しては大いに共感できますが、ちょっと弱点をないがしろにしすぎな感もあります。

    強みを発揮できるようなフィールドへ持ち込むことを意識し、自分の力を最大限活かせるような社会人になりたいものです。

  • ちょっと元気になる。
    ちなみに私の強みは、最上思考・学習欲・目標思考・社交性・ポジティブ

  • 自分の見つめ直しのために再読。
    強みの解釈がわからなくなったので、再確認しました。

    ストレングス ファインダーはとても参考になります。
    ちなみに私の強みは、収集心、学習欲、責任感、達成欲、内省。
    自分の行動傾向が客観視できるので、いいツールだなと思います。
    この強みを、もっと生かしていきたいな。

  • 自分の強み(strength)を診断してくれるツールであるStrength Finderを利用するためのIDがついてくる書籍。

    強みのリストとして挙げられている以下の34の資質のうち、自分にとって最も強い5つの資質が出力されるというもの。
    (一応1~5位はランク順になっているらしいが、5つそれぞれを強みと認識して良い様で、差に大きな違いを感じなくても良いとのこと)

    「34の資質」
    アレンジ・運命志向・回復志向・学習欲・活発性・共感性・競争性・規律性・原点思考・公平性・個別化・コミュニケーション・最上志向・自我・自己確信・社交性・収集心・指令性・慎重さ・信念・親密性・成長促進・責任感・戦略性・達成欲・着想・調和性・適応性・内省・分析思考・包含・ポジティブ・未来志向・目標志向


    ちなみに私は。。。

    1.最上志向
    =標準ではなく、最上を志向。弱い物事を平均に引き上げるよりも、ある程度得意なことを最上にまで磨き上げたがる
    2.学習欲
    =学びが快感。これは必ずしも学者になることを意味するわけではないらしい。
    3.共感性
    =周りの人の感情を察知する力、相手が言葉に出来ないでいることを手助けする
    4.着想
    =着想とは結びつきのこと。現象の背後にある説明原理やシステムなどが大好き。異質なもの同士に共通性を見いだしたり、簡潔に原理を説明するようなものごとに興味を覚える。
    5.成長促進
    =他の人の持つ潜在的な可能性を見抜く力。相手の成長を見守ったり、促進したり、成長させるために仕掛けを施したりする。


    1.2.3.5.は思った通りでしたが、1.の最上志向は言われてみて「たしかに!」と思った。
    4.着想はアイディアに価値を置くという意味で正しいですね。

    うすうす自分の強みに気がついている人は、大抵の結果は予想通りかもしれません。
    この本によって隠れた才能が見いだされるかどうかは人によるでしょう。
    普段から強みを意識しているか、強みを探ろうと内省しているか、そんな人にはとくに驚く結果は出ないと思います。


    ただし、それぞれの資質の説明文や、その資質に長けた人が自分のその側面(資質)について語っている言葉が引用されているのですが、共感できるものが多い気がしました。
    また巻末には強みを活かす立場、職種などの提案もあり、これは人事などに携わる人が社員の配置を決める時などに参考になりそう。

    確かに自分の資質の所を読んでみると。こういうのやりたいね。っていうのあります。


    ☆4つの理由
    この本が翻訳であることを考えると、やや英語圏の価値観寄りの診断かなという気がした。
    本の問題ではないが、サイトの診断時に出てくる日本語訳が不正確?と思われる部分があり、(とくに助動詞must, shouldなどの訳語の問題かもしれません)、それが原因で多少なりとも結果が左右されることがあるかも。

  • さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
    著者:マーカス バッキンガム   発行日:2001年12月1日
    評価:★★★★☆
    読破冊数:21/100冊(時間:?時間)


    ◼︎こんな人におすすめ
    ・自分の才能を見つけたい方。
    ・強みを見つけたい方。


    ◼︎内容紹介
    成功を収めたすべての人に共通するのは、自分の才能とその活かし方を知っていること。それがわかれば、欠点さえ強みになる。さあ、あなたの眠れる強みは何か。自分の強みがわかるウェブサイト「ストレングスファインダー」へのアクセスID付き。
    「ぜひ、隠れた能力を見つけて、わくわくしてください」~“学習欲"と“着想"が強みの勝間和代氏推薦!

    内容(「BOOK」データベースより)
    頑固さ、神経質といった欠点さえ、それが力を生み出すなら「才能」となる。ビジネスを成功に導く、あなたの強みは何か。

    内容(「MARC」データベースより)
    ビジネスを成功に導く、あなたの強みは何か? ここで紹介する34の資質から、ビジネスを成功に導くあなたの強みを見つけだそう! 2000年刊「まず、ルールを破れ」の第2弾。
    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
    バッキンガム,マーカス
    ギャラップ・オーガニゼーション副社長。同社のメイン・スピーカーであり、「CNNインターナショナル」、CNBCの「パワーランチ」、NPRの「モーニング・エディション」など多数の番組に出演。妻のジェーンとともにニューヨーク在住

    クリフトン,ドナルド・O.
    ギャラップ・オーガニゼーションの前会長。現在は、ギャラップ・インターナショナル・リサーチ・アンド・エデュケーション・センター会長。ストレングス・ファインダーで紹介される「34の資質プロフィール」において設計の総指揮をとる。ネブラスカ州、リンカーン在住

    田口/俊樹
    翻訳家。1950年、奈良市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。英米文学を中心に幅広い翻訳活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    引用先:Amazon


    ◼︎この本から学んだこと
    この本は、以前読んだ本ですが、紹介したくてUPします。
    あるブロガーが紹介していた本で、自分の才能を見つけるのに良いとされていたので、Amazonで注文して購入した本。

    この本は、人がもつ34ある強みの中から、自分の強みを才能として優先順位をつけて見つけてくれる。
    自分の才能をしればどのような職種が向いているか、知ることができる。

    本末にアクセスコードがあり、それをパソコンに入力して34ある強みの中から自分がもっとも強みである 5つを見つけてくれる。
    そのため、アクセスコードは1回のみであり、新刊で買わなければ、自分の強みは探せない。

    僕の一番の強みは「慎重さ」
    用心深く、決して油断しません。

    ただ、用心深い方ではあると思う。
    普段持ち歩く荷物は最低限にしているが、女子並に持ち歩いている気がする。そして翌日の準備は前日にしている。

    そのためか、あまり忘れ物で困ったことがない。
    この強みは、仕事の丁寧さに生きているので、強みとしてはあっている。
    油断しないとまではいかないが。。

    自分の才能を確認したい人にお勧め。


    ◼︎もくじ
    第Ⅰ部 強みを解剖する
    第1章 強固な人生を築く
    第2章 強みを築く
    第Ⅱ部 強みの源泉を探る
    第3章 強みを見つける
    第4章 34の強み
    第Ⅲ部 強みをビジネスに活かす
    第5章 疑問を解く
    第6章 強みを活用する
    第7章 強みを土台にした企業を築く

  • 34の資質の中から、自分の強みを診断してくれる本。
    Web診断は思いの外長いけど、客観的に自分を見られて面白い。ちなみに診断結果は
    「戦略性」
    「収集心」
    「向上志向」
    「社交性」
    「コミュニケーション」

    全く同じ並びの人がいる確率は34P5?
    33390720?計算あってるのかな…
    とにかく、こんな自分にも特筆すべきところがあったんだなぁとちょっと嬉しくなる。
    ただ、どう活かすかは自分次第。

    好奇心旺盛で人が好きで、たくさんの人や物から得た情報の中から必要なことだけを選択するのが得意らしいけど、何に活かせるのかさっぱりわからない。誰か教えて欲しい。
    ちなみにエニアグラムはtype7かtype2

全729件中 1 - 25件を表示

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすに関連する談話室の質問

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすに関連するまとめ

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすを本棚に「積読」で登録しているひと

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすの作品紹介

頑固さ、神経質といった欠点さえ、それが力を生み出すなら「才能」となる。ビジネスを成功に導く、あなたの強みは何か。

ツイートする