ブクログ大賞

演劇の力 ―私の履歴書

  • 37人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 蜷川幸雄
  • 日本経済新聞出版社 (2013年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532168988

演劇の力 ―私の履歴書の感想・レビュー・書評

  • 今年4月、80歳で亡くなった蜷川幸雄が遺した自伝・演劇にまつわるインタビュー、演出した舞台公演のプログラム案内で構成される大著。舞台稽古の時、彼は演者を厳しくしごき、時には面前で罵倒することもいとわなかったが、同時にその演出スタイルは、海外演劇界から高く評価されていた。その独特なキャラクターは、生来の人見知りで、友だちといるよりも一人の世界にふけることを楽しんだこと、母親が無類の観劇好きで、時には授業中であるにもかかわらず、観劇のために我が子を早退させるという生育環境によって生み出されたものである。
    日本の演劇界でその名を知らぬ存在だが、その影でさまざまな挫折を味わってきた。芸大入学を希望するも不合格、それならばと俳優に進路を変更するも、その道では大役にありつけない。演出家に転向したらしたで、劇団の内紛に巻き込まれる始末。舞台芸術で名前を知られるようになっても、それが収入に結びつかないもどかしさは、本人以外にはわからない。
    そんな彼がインタビューで見せる素顔は、情熱的で暖かい。半世紀にわたる盟友・清水邦夫への感謝の言葉。唐十郎を尊敬する態度。そして若手俳優に対する期待。彼の言葉を見ていると、この人は本当に演劇が、人間が好きなんだということがわかる。 「戯曲分析の方法」という概念を、私はこの本で初めて知った。この本を見て、舞台や戯曲に興味を持ってくれる人が、一人でも増えることを願う。

  • 没頭して読んでしまった。もう終わってしまったお芝居の話 それを作っていた蜷川さんや役者・スタッフの話・・読んでるだけで見たくてたまらなくなってしまった・・ 「蜷川さんの力」がサブタイトルな気がした。
    舞台 行けるだけ観たい!

  • 「鬼才の青春期明かす」評:長谷部浩(演劇評論家) 東京新聞
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2014021602000157.html

    日本経済新聞社のPR
    「おすすめポイント
    数多くの蜷川本の中でも自著は93年刊行の『千のナイフ、千の目』のみ。その後の活躍ぶりを考えると初の自著と言える作品であり、蜷川本の決定版といえる。
    商品の説明

    「世界のNINAGAWA」として演劇界を越えて日本のカルチャーシーンをリードし続ける“パンクじじい”の自伝。本書のためのロングインタビューに加え、年譜など資料も充実しており、文字通り、蜷川本の決定版!」
    http://nikkeibookvideo.com/item-detail/16898/

全3件中 1 - 3件を表示

演劇の力 ―私の履歴書を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

演劇の力 ―私の履歴書の作品紹介

商業演劇も、小劇場も、海外も同じ。発想は危地からしか生まれてこない。日本を代表する演出家の70数年の半生は、自意識過剰な自己との絶えざる格闘だった。97年以降の80数本、開演前の著者の言葉を一挙収録!

演劇の力 ―私の履歴書はこんな本です

ツイートする