憧憬☆カトマンズ

  • 542人登録
  • 3.96評価
    • (77)
    • (119)
    • (69)
    • (9)
    • (0)
  • 139レビュー
著者 : 宮木あや子
  • 日本経済新聞出版社 (2011年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532171070

憧憬☆カトマンズの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「花宵道中」で涙したのと打って変わって、本当に気分爽快ハッピーエンド♪

    29歳・後藤ちゃん、同じく中尾ちゃん。
    二人とも派遣社員、でもただあの派遣じゃありません。


    アグレッシブで派遣ならではのプライドを持ち
    社員に負けない、優秀な派遣女子。
    カッコイィ、男前さに惚れてしまいそうです。

    彼氏がまたカッコイィ、いい女にいい男。
    ほんわりとハッピーエンドってところがステキ♪

    言葉遣いがすごく好き!
    「花宵」では切なくて、たくさん泣かされたけど
    「憧憬~」はオタネタ入っているし、萌えキュンしちゃいました。

    ・憧憬☆カトマンズ
    ・脳膜☆サラマンダー
    ・豪雪☆オシャマンベ
    ・両国☆ポリネシアン

    なんか「両国ポリネシアン」が一番キュンよかったー。

    装画★ワカマツカオリさんの絵がステキー。大好き!!

  • 暗い現実なんて吹き飛ばす、「ウルトラハッピーエンドな話」
    確かにこんなの、現実的にはアリエナイッティ!なんですが、小気味よく楽しく読ませてもらいました。
    主人公は29歳という、女性にとっては転換期となりやすい年齢。焦るよりは楽しく、恋に、仕事にひたむきな女性は、まさに日経ウーマンに連載されただけあって読者の心を掴むものでした。

    言葉遣いが結構チャラチャラしていて楽に読むことができるんですが、真面目に仕事に取り組む彼女たちは傍から見ていてカッコよくて。
    「採用段階でしょっぱなから低学歴なあたしら切り捨てておいて、社員が誰もやりたがらない仕事だけ低学歴の派遣に押し付けて、そんな派遣に会社に対する責任持てって、辞められたら困るって、ナニサマだよあんたら。勝手にこの子が育ったとでも思ってんのかよ、あたしがここまで使えるように育てたんだよ、派遣のあたしがね。」
    と、啖呵を切る場面なんて、痺れます。

    中高生の青春とは違った、大人の青春といったキラキラ感もまたすごくよかったです。
    確かにリアルな小説もいいけれど、せめて娯楽である小説くらい、キラキラした幸せ満載なものを見せてほしい。
    そういった意味で、手軽に気楽に楽しめる、1冊でした。

    あとがきでは、リアリティとかくそくらえ!なそこのあなた。ぜひとも既刊の「セレモニー黒真珠」および「野良女」と併せてこの本を3倍楽しんでください。と書かれていて、もともと気になっていたそちらの本を読むのがますます楽しみです。

  • 後藤ちゃんと中尾ちゃんのような、明るくサッパリてて、
    でも友達思いなすっ飛んだ、いい関係が素晴らしく羨ましい。
    こっちまで元気になっちゃう。
    パティちゃんのキャラクターも最高。
    ドラマにしたら面白いね。

  • 読んでハッピー、気分爽快。
    人生山あり谷あり、楽ありゃ苦もあるさ。

    カトマンズはアジアの山岳国ネパールの首都ですが、全く関係ありません。
    バカでお気楽、でも好きなものには貪欲で仕事も割り切って全力で取り組むアラサー女子、後藤ちゃんと中尾ちゃんの熱い友情と甘酸っぱい恋の物語。

    年下の彼氏かわいいなー。
    若い頃は大して興味なかったけど、もはや胸がときめく対象はほとんど年下だもんね。

    もっと彼らの友情と恋の話を読みたい気もするけど、何気にパティと力士・南国のパイナップル餡たい焼きラブストーリーもとても好きでした。
    ウルトラハッピーエンド万歳!

  • 先輩Iさんから拝借。
    私と違うジャンルの本を読むので、お借りするたび新鮮。

    で、今回の本。
    同年代の主人公たちが出てくるのですが力強すぎて…
    なんかごめんなさいって気分になりました。。。

    自分の立場を弁えている後藤ちゃんと、
    さらに上を目指そうと歩き出した中尾ちゃんと。
    バカだと自称してるふたり。
    そんなふたり(たち)の物語を読んで、分かったこと。

    社会に出て、本当に大切なことは、
    生きる力、生きていこうとする力。
    ふたり(たち)は、それが強いのだと思う。

    ああ、自分は足りてない。
    恥ずかしい。

    だから、私にはこの本、眩しすぎるのだ。

  • あはは・・(*^_^*)これはいい!中尾ちゃんと後藤ちゃんは29歳の独身女性。偏差値がとんでもなく低い大学出身ながら、仕事がデキちゃう彼女たち。派遣で高給を取り、恋だっていい感じ! 自分の持ち分を踏まえながら、楽しく生きようよ!と日々を送る中尾ちゃんと後藤ちゃん。
    いいなぁ、彼女たち、とても好きです。

    後藤ちゃんは、パソコンのメーカーのサポートセンターに勤務。
    基本的にかかってくる電話は苦情なのだけど、それにイチイチへこまない彼女の強さがいいんですよ。基本バカだと自称しつつも「右から左へ受け流す」能力に長けていて、そのサバサバ感には、読んでて元気が出るんですよ!(*^_^*)

    そして、学生時代からの友だち、中尾ちゃんは派遣会社の営業勤務。人を見るのが仕事なんだけど、やはり、自分のことを頭が悪いと思っているからこそ、の世間様(*^_^*)への対応がとても面白い。

    彼女たちはよく一緒に呑み、遊び、恋の話もする。
    学生時代はとことん遊んだ、という思いがあるから、自分の目の前の現実にないものねだりをしないで生きているところがさっぱりしていていいなぁ、ともね。

    中尾ちゃんの後輩社員の村内くん、お洋服が好きでアパレル業界にいたんだけど転職してきた彼なんだけど、その彼の着こなしの描写がとても楽しい。それに、「ゲイにしか見えない」ってよく意味がわからないけど(*^_^*) たぶん、とても綺麗な男の子、ということなんだろうね。
    そんな村内くんと中尾ちゃんが一緒に組んで仕事をして、それから・・・と、たっぷり楽しませてもらった。

    その他、後藤ちゃんの後輩の女の子、パティは実家がタイ焼き屋さんで、そこの常連さんであるサイパン出身の力士、南国と親しくなって・・。(*^_^*)
    ふわふわしているように見えて、「自分探しとか興味ありませんし、自分磨くならまず目の前の仕事の技を磨けと思っている26歳です」とさらっと思ってたりするところも好感度大でした。


    宮内さんって、こんな楽しいお話も書くんですね。
    あとがきで、友だちから「日常の中で何気ない幸せを見つけてしみじみハッピー」みたいな話じゃ満足できない、「ウルトラハッピーエンドな話」を読みたいんだ、と言われたことがこの小説を書くきっかけのように書かれてましたけど、うん、ホントに、己を知って普通に(*^_^*)努力してたらハッピーな日々が!という話で、嬉しかったです。「日経ウーマン」に連載されたそうだけど、これで元気出して働いてた女の人たち、いっぱいいたんじゃないかな。

  • 痛快!仕事、恋愛、将来!悩みも笑いもなにやら楽しめる☆

  • 29歳、おバカ大学出身。
    悩みはそれなりにあるけれど仕事はバリバリできて親友がいてイケメン彼氏がいて最後はハッピーエンドってなにそれめっちゃファンタジーな世界じゃん。こんなの現実的にアリエナイッティ!って思ってあとがき読んだら作者の思うツボだった。

    少女マンガのようなキラキラ輝く世界。とまではいかなくても胸がときめくような毎日をみんな送りたいんだよ!という心の叫びを叶えてくれてありがとう。宮木さん。

  • 「あとがきという名のいいわけ」の中の言葉を借りれば、「現実味がないくらいハッピーな話」。ウルトラハッピーエンドなだけあって、読後はとっても明るい気分になりました。
    後藤ちゃん、中尾ちゃんのお話も良かったけど、私はパティのお話が一番ぶっ飛んでいて好きだなー。現実にはまず有り得ない展開&結末だけど、そこがいい(笑)。

  • 超バカ大学出身のスーパー派遣と周りの人々によるアリエナイ&ハッピーエンドな話。
    有り得ないからこそ読んだ後にスカッとする娯楽な本。

全139件中 1 - 10件を表示

宮木あや子の作品

憧憬☆カトマンズを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

憧憬☆カトマンズを本棚に「積読」で登録しているひと

憧憬☆カトマンズの作品紹介

ハケンと正社員、外見と内面、偶然と運命…?仕事に、恋に、世直しに、ゆれるワーキングガール必読。痛快、爽快、ウルトラハッピーストーリー。

憧憬☆カトマンズの文庫

憧憬☆カトマンズのKindle版

ツイートする