七つの会議

  • 3783人登録
  • 3.89評価
    • (359)
    • (889)
    • (449)
    • (33)
    • (14)
  • 573レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 日本経済新聞出版社 (2012年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (403ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532171162

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

七つの会議の感想・レビュー・書評

  • 七つの会議といいながら、8章立てになっていて、各章も必ずしも”会議”で成り立っているわけではない。一応、各章ごとに主人公が変わるんだけど、全ての話は繋がっています。最近流行の連作短編集を意識してこんな形式にアレンジしたのかもしれないが、どんなにあがいても池井戸潤ワールドには変わりありません。同じ”事件”でも、それぞれの人間の立場から描くと違った顔を見せてくる、という点は新鮮だけど、池井戸潤小説はこれまでもそうだった気もする。大企業、中小企業、銀行、不正、偽装、リコール、社内政治、etc。あくまでも、サラリーマン組織の不条理さを描いている池井戸潤小説です。

  • 大手電機メーカーソニックの子会社・東京建電で巻き起こる会社生命を揺るがす不正の隠蔽を、社内外8人の人物の視点から描いた群像劇小説。
    ある人物から見たら悪党以外の何者でも無い人物も、その人物の過去の生い立ちや思いの部分が見えてくると、必ずしも悪者では無いと思えてきます。
    現実世界で悪党としか思えない人物も、その人なりの正義があって、一人の人間として生活しているのだと思いました。

  • 久しぶりに読み終わった小説
    もっと銀行ネタのが面白いかなー

  • 八田さん、よい味出してます。
    パワーハラスメントについても多く取り上げてます。

    誠実に「求められているものを売り、求められている適正な価格に設定する」ってことは、難しいことなんですかね。
    当然なんでしょうかね。

  • 池井戸さんの作品は、親近感があり非常に楽しめるものだ。しかし、今回の作品ふ楽しむ以上に、自身が置かれている組織の在り方について深く考えさせられた。昨今、様々な組織、場面でコンプライアンスが叫ばれている。さらに踏み込みコンプライアンスを当たり前に守れる風土を持った組織しか、残ることが許されない世の中になっている。
    だれでも不正や不備、ミスは防止、改善すべきだとの認識だが、意図せず発生した不正や不備が、組織の存続を揺るがすものであった場合。果たして、個々や経営層はどう判断決断するのであろうか。各組織の理念に照らし合わせ判断すべきであろうが、組織の存続、この一言が大いに判断を歪める。歪んでる時点で風土は醸成されていないのであり、醸成されていないため、不正、不備が隠蔽される体制になっているのではないだろうか。
    組織存続の判断は、ともすれば末期癌の発見と似ており、完治不可の状態といえよう。そうならないために、普段から健康管理をするのである。
    組織のコンプライアンスについても同様のことがいえるのではないだろうか。
    経営判断がなされる状態を作らないために、理念からブレない決断を常にトップは体現し、組織に見せ続ける。末端は、組織存続が危ぶまれる不備は、理念に沿って対応判断され、自身は職を失う覚悟をもち、小さな不備や不正も発生させない。しても、初期の段階で組織的にカバーが成される。

    上記状態がコンプライアンス遵守風土が徹底された組織のあるべき姿ではないだろうか。

    組織存続のための綺麗事を否定はしないが、理念に照らして綺麗事を公表しても、果たして社会は認めてくれるのだろうか?

    さまざまなことん考えさせられた。
    該当の書籍は、組織の方に強く勧めたい。そして
    自身の状況と是非照らし合わせてほしい。

  • 2017.3.12-25
    8つの章の主人公が異なり、それぞれ生立ちや心情や立場が語られつつ、それぞれの視点からソニック子会社の不正の真実に近づいていく。

  • やはり池井戸が書く本の人間模様は面白い。登場人物の細かい設定まで書かれている。主人公が誰なのかははっきりしかった。一人じゃないということか。

    舞台はソニックという大手電機メーカーの子会社、東京建電。(ソニーとパナソニックで「ソニック」?)営業第二課の課長である原島は、会議で営業部長の北川に詰められていた。それと比べ、第一課長の坂戸はバシバシと営業成績を上げている。そんな坂戸が年上の部下、万年係長である八角へのパワハラで更迭されたが、それは不可解なものであった。強くいうことはあったが、それは正論であり、また成績を強く求められる同社で坂戸は成績を上げていた。新しく営業第一課の課長になった原島は、その秘密を知ることになる。(ただし読者にはまだ明かされない)

    カスタマー室の佐野は、毎月のように"ちょうどいい"クレームを探し、報告書を作成しようとしていたが、営業部の態度が気に食わなかった。そんなとき、椅子のネジが壊れたというクレームが目に留まった。それを調べると、強度が規格にあっていないネジが使われていた。コストダウンのために強度をないがしろにしたのだった。

    初めから気づいていたのは八角だった。営業部の北川と同期で、昔は北川と同じく成績を挙げていたが、押し売りした客である老人が自殺したということから、無理な押し売りはやめ、正しいことをしようとしていたのが八角だったのだ。

    リコールをせず隠蔽しようとしていた、東京建電社長宮野、ソニック御前会議のメンバーは、八角がマスコミにリークしたことで、隠蔽していたことがバレてしまう

  • (ネタバレ注意)

    一つの事件を軸に、そこに関わった人たちのそれぞれの立場、視点、背景、心の葛藤が描かれている。

    一つの章で各登場人物が主人公となって話が進むので、初めはその人物の視点で事件や立場や葛藤を理解していくのだが、各登場人物のストーリーがみえ、束となってくると、次第に俯瞰した場所から、審判を下している自分の視点が出てくる。
    つまり、この事件で一番悪いのは誰だ!と

    しかし、事件の全容が明らかになると、そのジャッジそのものが無意味なのかもと思い始めた。各人、自分の正義によって動いた結果では?!

    強いてあげれば、安全基準を下回る強度の製品を作ろうと持ちかけた下請け会社、そこに出会うよう仕向けたトップが悪役?、、、しかし彼らもそれで人を傷つけても良いとは、考えていなかったのではないか?少しぐらい誤魔化しても大丈夫、バレもしないだろうという甘え、弱さ。

    そうすることで、守らなければいけないものを守れる、我が責任が果たせるという正義。

    きっとその方法は他に求めなければいけなかったのに、安易で卑怯な手段しか見えなかった創造性のなさ、またそのような手段に魅かれてしまう人の弱さ。悪役と思える人物にはそんな悲劇が描かれているように感じた。

    もっと以前にこの本に出会っていれば、誰が考えても正義だと思える人物、行動に魅かれただろう。いろいろな視点で考える事ができ、その一人一人を魅力的に思えるのは、自分自身が年齢を重ね、様々な経験と出会いを通して得たものがあったからかもしれない。

  • 池井戸潤作品
    3話のドーナツの話がビジネスを作るとは何かを分かりやすく示唆してる
    誰が主人公か最後の方まで分からない
    流れは池井戸潤作品のいつもの流れ

  • 企業人の大変さを、つくづく感じました。
    でも、決して忘れてはならないのは、
    「仕事は金儲けではない。人の助けになることだ。
    客を大事にしない商売は滅びる。」という、文中の言葉。
    淑子さんのような奥さんがいて、幸せだね、八角さん。

  • 「七つの会議」というタイトルから七つの短編なのかと連想するが、一話一話独立した形を取りながら進む実は長編小説。
    どんどん先を読み進めたくなるが、忙しい時は切りよく一話読んで次の話はワクワクしながら翌日読むという楽しみ方ができる。

    理不尽に耐えそれでも前を向いて突き進むしかない、企業人としての辛さや厳しさを書いていて、それでいて読みやすいエンターテイメント小説になっているのは、必ず胸がスカッとする勧善懲悪・信賞必罰の意識が働いているからだと思う。

    池井戸潤さんの作品を読んでからはスーツ姿のサラリーマンを見かけると、また現場仕事のジャケット姿を見る度、ある種「今あるところで頑張らなきゃ」と自分の甘々な日常に思いをはせる。

  • 久々の池井戸作品です。

    勧善懲悪のシンプルな構成がとても読みやすく、登場人物の苦悩を描きながら予定調和的なラストまで、万人受けしそうだなーと思いながら読みました。
    とても面白かったです。
    さすが売れっ子作家。主力ターゲットと思われるサラリーマンの求めるものが分かってますね。

    でもまあこれはフィクションだから大げさだよね、なんて思ったけれど、よく考えたらそうでもない。
    読みながら私の頭をよぎったのは三菱自動車。
    あの会社の隠ぺい体質は何十年経っても変えられない。まさにこの小説の東京建電とそっくりです。

    本当の意味で何のために働くのかを自分でちゃんとわかっていないと会社の倫理が個人の倫理を押しつぶしてしまうことになるのでしょう。
    組織ってこわいな、とあらためて思わされました。

  • 後味すっきり解決!ではないけど、不祥事を起こしてしまった会社の深い人間関係のドラマ、思惑が交差して面白いです!
    淡々とストーリーは進みますが、奥深いストーリー

  • 誰が一番良いという、圧倒的な主人公のいない物語。池井戸さんにはめずらしい。会社がつぶれるほどの不祥事にどう立ち向かうのか、自分だったらどうするだろうか、と考え込みながら読み終えた。公にはするだろうが、どの方法に擦るだろう、答えはまだ出ていない。

  • ちゃんと池井戸作品を読んだことがないものの
    ドラマはどれも好きなので手に取ってみた。

    手に取った時期が悪かったのかw
    ゆっくりと本を読む時間がなく
    軽い感じのモノは読めたのだが・・・これは
    人物把握から手間取り、結局は時間がある時に
    ゆっくりと読もうと現在「保留中」

    秋頃に読もうかな

  • 昼行燈が会社の不正を暴く。
    前回の不正のときに何とかできなかったのか。
    同じ轍を踏むなんて。
    達観しているのもズルいと思った。
    「客を大事にする」商売をしないなんていけない。
    ただ社内政治や大人の事情もあるのだろうか。
    「バレなければ不正ではない」という驕った考えがあるのかもしれない。

  • それぞれの章ごとに、主役が違っています。面白い書き方。
    でも、ストーリーは製品強度偽装の1つのストーリー。
    偽装は、一人の社員がノルマ達成に起こしてしまうかもしれないという身近な展開でした。
    面白かったです。

  • 全体的に面白く、リアリティーを感じる。企業の体質、旧態依然にしがみつく部分あり、人間模様、理不尽さもあったり、リコール隠しによる信用の失墜、窓際部署の実情が伝わって来る。会議で自分の意見を述べても、会社の伝統、コストの問題等が生じるなど、通りづらい部分が少なくないが、ある社員が面白そうだと興味を示し、試行錯誤の末、やり始めたドーナツのように柔軟な発想も会社の風通しを良くするのに必要な部分だと感じる。自分の信念を持って仕事に取り組む大切さ、何のために取り組むかを大事にすればやりやすいかなと感じる。

  • ソニックの子会社、東京建電を舞台に繰り広げられる池井戸ワールド。突然失脚する同期の坂戸。後を引き継ぐ万年2番手だった原島、不思議な立場の古参八角。キーワードはコスト削減のネジ。

  • 下町ロケットで有名な、池井戸潤氏の書かれた作品で、日本経済新聞に2011年から一年間かけて連載された小説が、単行本になったものです。近所の図書館でも人気の様で、リクエストしてから手元に来るまで一年かかりました。

    最近、本屋さんには文庫本が並んでいて、手に取ってみたら最初の数ページから面白い内容で、買おうかどうか迷っていたところに、図書館から連絡があって嬉しかったです。

    数か月前に読んだ「空飛ぶタイヤ」と同様、会社が起こした不正を隠ぺいしてしまうことになった経緯が、小説として上手に描かれています。この作品の興味深いのは、最初からその点に絞って話が展開するのではなく、一見すると関係ないような話(8章から成っています)が、繋がっていくので読んでいて面白いです。

    章ごとに主人公がいて、そこでは主人公の経歴が上手に紹介されています。現在あるのは過去の決断の結果と言われますが、なぜその主人公たちが今、そのような境遇にあるのかも述べられています。よく調査されて書かれた小説だなと改めて面白さを実感しました。

    この本を読んでいるときは、テレビドラマを頭の中で見ている気分です。最高ですね!

    2016年7月17日作成

  • ネジにまつわる話を各立場の人からみた八つの章から構成される話。 結論から言うと、何か規模の小さい半沢直樹を読んでいる間隔であった。 あとは、この本を読んで、やたらドーナツが食べたくなりました。(笑)

全573件中 1 - 25件を表示

七つの会議に関連する談話室の質問

七つの会議に関連するまとめ

七つの会議を本棚に「読みたい」で登録しているひと

七つの会議を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

七つの会議を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

七つの会議の作品紹介

『下町ロケット』の池井戸潤 さん最新作!

トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を“パワハラ”で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だった―。いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?パワハラ委員会での裁定、そして役員会が下した不可解な人事。急転する事態収束のため、役員会が指名したのは、万年二番手に甘んじてきた男、原島であった。どこにでもありそうな中堅メーカー・東京建電とその取引先を舞台に繰り広げられる生きるための戦い。だが、そこには誰も知らない秘密があった。筋書きのない会議がいま、始まる―。“働くこと”の意味に迫る、クライム・ノベル。

七つの会議のKindle版

ツイートする