森へ行きましょう

  • 254人登録
  • 3.78評価
    • (5)
    • (13)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 川上弘美
  • 日本経済新聞出版社 (2017年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532171445

森へ行きましょうの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 500ページ超え!でも、するする読めちゃいますw

    1966年ひのえうまの同じ日に生まれた留津とルツ。
    パラレルワールドに生きるふたりの女性は、いたかもしれないもうひとりの「自分」。

    主人公の2人のように「いつかは通る道」を見失った世代の女性たちのゆくてには無数の岐路があり、選択が・・・。

    選ぶ。判断する。突き進む。後悔する。また選ぶ。
    進学、就職、仕事か結婚か、子供を生むか……

    そのとき、選んだ道のすぐそばを歩いているのは、誰なのか。少女から50歳を迎えるまでの恋愛と結婚が、留津とルツの人生にもたらしたものとは――

    道は何本にも分かれて、つながっていて、いつの間にか迷って、帰れなくなって……

    だからこそ「人生という森は深く、愉悦に満ちている」。

  • H29/12/10

  • 2018 1/1

  • 請求記号:913.6/Kaw
    資料ID:50088848
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • なんというかあまり共感できなかった。

  • +++
    1966年ひのえうまの同じ日に生まれた留津とルツ。「いつかは通る道」を見失った世代の女性たちのゆくてには無数の岐路があり、選択がなされる。選ぶ。判断する。突き進む。後悔する。また選ぶ。進学、就職、仕事か結婚か、子供を生むか…そのとき、選んだ道のすぐそばを歩いているのは、誰なのか。少女から50歳を迎えるまでの恋愛と結婚が、ふたりの人生にもたらしたものとは、はたして―日経新聞夕刊連載、待望の単行本化。
    +++

    500ページ超えの超大作であるが、途中一度も飽きることなく――というよりも、次の展開が愉しみで愉しみで、本を置くのが名残惜しくて仕方がなかった。留津とルツ二人の人生が描かれているのだが、登場人物はほぼ同じ。いわゆるパラレルワールドの物語である。後半、さらに分化してべつの「RUTSU」が登場するが、彼女たちが、留津の小説の登場人物なのか、さらなるパラレルの世界の人なのかは判然としない。そしてそれは大した問題でもないのかもしれないとも思われる。それぞれの人生は、良くも悪くもありそうな人生であり、誰もが自身に引き寄せて考えることのできるエピソードが満載であり、何ら突出したことはないのだが、ほんの些細な選択の違いによって、少しずつ様相を異にしていく人生の道筋がたいそう興味深くて、のめり込む。語り口も至って淡々としているのだが、すっかりとりこになってしまう一冊である。

  • たくさんの ″るつ” に出会い、胸が締め付けられ、それでも清々しく、いつのまにか森の中で迷ってしまったけれど、最高に美しい悲しみの物語。おかえりなさい弘美さん。

  • これまで読んだ川上弘美作品で一番好き!(そう多く読んでいるわけではないのだけど)
    実はあの時、もしくはあの時、さもなければあの時に私はもう死んでいて、そこから先は柩の中で見ている夢なんじゃないかという考えにしばしば襲われるのだけど、その感覚にも少し似ているパラレルワールドの二人の「私」の話。
    遠く離れているようで、絡み合っているようで、でもやっぱり触れてはいなくて、けれど限りなく近くにある世界。
    なかなかのボリュームだが、面白くて一気読みだった。
    ラストの温かさと意地の悪さの塩梅がまた好き。

  • 登場人物が同じでも、最初が違えば、違う森がある。

全17件中 1 - 10件を表示

川上弘美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
角田 光代
柚木 麻子
今村夏子
朝井 リョウ
平野 啓一郎
西 加奈子
本谷 有希子
柚木 麻子
川上 弘美
小川 洋子
角田光代
益田ミリ
森見 登美彦
湊 かなえ
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
宮下 奈都
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

森へ行きましょうを本棚に登録しているひと

森へ行きましょうを本棚に「読みたい」で登録しているひと

森へ行きましょうを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

森へ行きましょうの作品紹介

川上弘美さんの最新刊は、長らく待ち望まれていた恋愛と結婚を描いた長編小説。500ページ超えも一気読み必至の傑作です。

主人公は1966年ひのえうまの同じ日に生まれた留津とルツ。このパラレルワールドに生きるふたりの女性は、いたかもしれないもうひとりの「自分」。それは読者のあなたのもうひとりの「自分」かもしれませんし、留津とルツの恋人や夫も読者のあなたのもうひとりの「自分」かもしれません。

主人公の2人のように「いつかは通る道」を見失った世代の女性たちのゆくてには無数の岐路があり、選択がなされます。選ぶ。判断する。突き進む。後悔する。また選ぶ。進学、就職、仕事か結婚か、子供を生むか……そのとき、選んだ道のすぐそばを歩いているのは、誰なのか。少女から50歳を迎えるまでの恋愛と結婚が、留津とルツの人生にもたらしたものとは、はたして――

道は何本にも分かれて、つながっていて、いつの間にか迷って、帰れなくなって……だからこそ「人生という森は深く、愉悦に満ちている」。

装画と挿画はファッションブランド「ミナ ペルホネン」の皆川明さんが手がけています。
たくらみに満ちた造本にもご注目ください。

森へ行きましょうはこんな本です

ツイートする