佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)

  • 1403人登録
  • 3.63評価
    • (86)
    • (148)
    • (169)
    • (26)
    • (9)
  • 154レビュー
著者 : 佐藤可士和
  • 日本経済新聞出版社 (2011年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532195878

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
デール カーネギ...
池井戸 潤
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)の感想・レビュー・書評

  • 以前テレビで小山薫堂と対談してたのを見たり、友達が好きだったりで前から気になってた佐藤可士和。その対談の際も、ものっそいシンプルに整理し尽くされた彼のオフィスや常に手ブラスタイルを貫いてるとこなんかがクローズアップされてた。この本ではそれがどのような理由で徹底的に整理され、それがどのようにデザインや考え方に発展していくか、っていう部分をわかりやすく伝えてる。彼のファンでなくとも、断捨離やGTDに興味のある人なら共感するところ大かも。彼の仕事にはこれからも注目していきたい。

  • 整理整頓がいかに仕事効率を上げるか、ということを
    体感できる本。

  • 日々持ち歩くものを極力減らすってところが刺さった。
    自分の荷物多すぎるから。

  • 読んだ後、何でも整理がしたくなる。カバンの整理から頭の整理の仕方まで学べる一冊。サッと読めて、面白い。アートディレクターながら感性に頼っていない所も良い。

  • ロジカルシンキングができるようになりたくて。
    分かりやすい。けど横文字多用だわ

  • ■文章が長くなりがちな人、議題をうまくまとめられない人は、必見。

    「情報の整理ができない」。
    それがコピーライターという職業に就いている私の課題でした。クリエイティブの仕事は、さも天才的なひらめきが必要とされそうなのですが、実はロジカルシンキングがめちゃくちゃ大事。頭の中が整理できてない人に、キャッチコピー一本でスパッと言えるはずがありません。

    言いたいことがずれると、誰にも伝わらない広告になる。そんなときに手にしたのが、いつもシンボリックなデザインをされる、佐藤可士和さんの本。あれだけ強い印象を残せるデザインを手がけられるということはきっと整理上手なんだろう、と思ってたのですが…いやぁ、ホントに素晴らしかった。

    CMやグラフィックのアイディア出しでかなり苦戦してましたが、やっていけそうです。がんばります。可士和さん、ありがとうございました。

  • 408

    2017年では42冊

  • アートディレクターとは
    「コミュニケーション戦略を総合的に立案しデザインの力で目に見える形にしていくこと」
    だそうです。
    対象の持ってるポテンシャルを最大限引き出すという意味では僕の仕事である人材育成に共通するものがあると思います。

    整理をする時って複雑なことを複雑に捉えるから問題解決しないんですよね。
    問題の本質を見ることで初めて整理可能になるんやと思います。

    「状況把握」「視点導入」「課題設定」
    素材のポテンシャルの状況を把握し、自分の視点からバラバラな情報をつなげていき、独自のポジティブな立ち位置を確立させることが最重要課題です。

    「他人事を自分事にする」
    これは仕事するときの基本ですよね。
    「他人事」が「他人事」のままやったらいつまでもピンとこないんですよ。
    「他人事」が「自分事」になって初めて自分の外にあった情報が自分の思考に組み込まれますて両者がイコールにつながります。

    最後にこの本の肝心な点です。
    「空間の整理」整理するにはプライオリティが大切
    「情報の整理」プライオリティをつけるためには視点の導入が不可欠
    「思考の整理」視点を導入するには思考の情報化を
    この3つの整理がシームレスにできるようになれば仕事の整理もバッチリ進むかもしれませんd(^_^o)

  • 30分もかからず要点のみ読破

    既にやっていることなので、

    うなずける部分は多かったです。

    しかし新しいヒントは無し。

    読みやすく良い本ではありますね。

  • なかなか一般企業勤めの人にはマッチしないとこもあるご、日本一のクリエイターの考え方や思考の組み立て方はよくわかった。

  • 佐藤可士和さんの奥さんである、悦子さんが書いた本。
    クリエイターである可士和さんをマネージャーとして支え、縁の下の力持ちになっている人。
    以下、印象に残ったメモ。

    ============================================
    ・株式会社サムライのコンセプトは「ちゃんと見る」。少しだけ関わるような仕事は受けないようにしている。

    ・やりたいことは普段から口に出すようにすること。「幼稚園の仕事をやってみたい」とテレビで発言したら、本当にふじ幼稚園の仕事をやることになった。

    ・佐藤可士和さんに対して悦子さんがヒアリングを緻密に行い、そのデザインに至った経緯を説明するのも悦子さんの役割。クリエイターは自分の作品に対して思い入れが大きいため、経緯を自分の口で話すのは難しいという。

    ・クリエイターだからルーズでも良い、という風潮を悦子さんは嫌う。可士和さんも、元々時間にはルーズ気味の人だったが、悦子さんが厳しく管理してきたことにより今では一切時間に遅刻しない習慣ができた。

    ・スピーディーなレスポンスを大事にしている。会った人に対しては、必ずその日のうちにメールを出すようにしている。そのための工夫として、議事録をメールの下書きに直接書く、というのを行っている。

    ・オフィスにはかなり投資している。実際、あのオフィスはサムライのブランドイメージにつながっているし、テレビや雑誌にも数多く取り上げられている。

    ・サムライでは、将来やりたいことや方向性に関して定期的に夫婦で話し合う会を設けている。

  • 【メモ】
    思考の整理術の章は仕事でも実践出来る内容。「他人事ではなく自分事であるように考え整理する。」この姿勢が大事

  • デザインとは、相手の抱える問題点や思いを聞き出し、整理する作業。
    アートディレクターはドクターに近い存在。

  • 整理方法で主軸となる本。

  • まぁ、参考になる事があったかな。

  • 整理整頓が超苦手な自分にとって、頭の中がスッキリとする学べる本でした!!

    広告関係をやっている身として、もっと早くからこの本に出逢えていれば、、、と悔やむ。

    佐藤可士和さん自身が整理をすることが
    とても好きだということもあって、
    ・内容がきっちり整理されているので
    読んでて混乱しない
    ・事例を混じえて分かりやすい
    と思います。

  • 「アイデアは無理やりひねり出すのではない。対象を整理し相手から見つけ出すものだ」――各界から注目され続けるクリエイターがアイデアの源を公開。現状を打開して、答えを見つける方法がわかります。

  • ずっと気になっていて。整理とデザインが方法論として通じるという話。

    ・視点を引いて客観視
    ・自分の思い込みを捨てる
    ・視点を転換し多面的に

    ・考えを言語化
    ・仮説を立ててぶつけてみる
    ・他人事を自分事に

    捨てるというのは苦手

  • 2015/11/21
    ・整理はコミュニケーションスキル。日常の生活知識である整理、片付けにとどまらない。物、デザイン、人間関係、方法、様々なものを整理の上、円滑に仕事を進める。

    ・お客さんは当社と当社の製品に全く興味がない、とういう前提で仕事は進めないといけない。

    ・大事なのはチラシそのものではなく、注目を集めるということ。

    ・p49整理のプロセスは
    現状把握→新しい視点の導入→課題の設定

    ・物事の本質に迫るのは細部に近づいて見るのではなく、一度引いて神の視点から客観視して見ることが大事。

    ・思い込みを捨て、多面的に見る。

    ・弱点は強みでもある。

    ・「思考の整理術」

    ①言語化
    もやもやした思いを言葉にする。
    無意識の意識化
    ②他人事を自分事にする。
    自身を相手の立場に置き換えて、共感できる部分がなければ、本質に迫るのは難しい。
    ③仮設をぶつける。
    これってこういうことですか?という確認の疑問を躊躇せずに相手にぶつけてみる。これを繰り返す。勿論喧嘩のためにするわけではないので、注意が必要。

    ・目的意識を持つことの重要性。
    自分はよくものを捨てて整理整頓するが、何のためにするのかをよく考えなければその行為自体に意味がなくなってしまう。

    ・自分は何のために整理するのか?
    ①整理することで普段の掃除、手入れが楽になる。
    ②ごちゃごちゃした空間を好まないため、スッキリした空間を作りたい。
    ③物を選んで少なくすることによって本当に大事な、自分に必要な物を見えやすくする。

  • 読みながら主に文房具類を整理。ノベルティのボールペンなど使用頻度の低いペン類、色鉛筆、絵の具、スケッチブックは使用品でも受け入れ可能な寄付先へ。捨てるのは忍びないまだ使える物もこれなら手放せるな。。

  • 佐藤可士和の処女作。内容としてはやや筆者目線が強いがそれでもデザインをする、ということがどういうことなのか、という点だけでも色々と参考になる。
    また明治学院大学、国立新美術館のデザインストーリーなどもあるので、こちらも単純に面白い内容。

    以下抜粋
    -------------------------------
    ・大切なのは自己表現ではなく、同人々に伝えるか。つまりデザインやビジュアルの力を使って本当に伝えたいことを相手に届けることではじめて広告は機能する。

    ・忙しいから整理は後回し、ではなく仕事の効率を上げるために整理をする
    ・本質を探る、というのは物事の奥深くに入り込むのではなく、どんどん引いて離れて客観的に見ることが大切。
    ・携帯デザインをするとき、まずデザインが先にすすみいざマスへ発表する、という段階になった時の話)
    →世の中に対し、なぜこういう携帯を作ったのか、説明しなければならない。言語化の必要性が出てきた。

  • 読みやすい。何事につけても整理整頓は基本。

  • 整理術のノウハウが整理されててわかりやすい。自分でも行っていたことだが、言語化された表現で再確認できた。空間、情報、思考の整理術が包括的に考えられている点はとても納得した。

  • hontoで所有

全154件中 1 - 25件を表示

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)に関連する談話室の質問

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)の作品紹介

整理術を磨いていくと、仕事を取り巻く環境がみるみる快適になっていくのが実感できるはずです。それに伴い、仕事の精度も劇的にアップしていることでしょう。この本で僕が述べる整理術とは、整理のための整理ではなく、快適に生きるための本質的な方法論。ですから、デスク周りなどの空間から仕事上の問題、人間関係に至るまで、あらゆる場面に応用できるのです。

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)はこんな本です

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)の単行本

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)のKindle版

ツイートする