佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)

  • 1407人登録
  • 3.63評価
    • (86)
    • (148)
    • (171)
    • (26)
    • (9)
  • 154レビュー
著者 : 佐藤可士和
  • 日本経済新聞出版社 (2011年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532195878

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 以前テレビで小山薫堂と対談してたのを見たり、友達が好きだったりで前から気になってた佐藤可士和。その対談の際も、ものっそいシンプルに整理し尽くされた彼のオフィスや常に手ブラスタイルを貫いてるとこなんかがクローズアップされてた。この本ではそれがどのような理由で徹底的に整理され、それがどのようにデザインや考え方に発展していくか、っていう部分をわかりやすく伝えてる。彼のファンでなくとも、断捨離やGTDに興味のある人なら共感するところ大かも。彼の仕事にはこれからも注目していきたい。

  • 整理整頓がいかに仕事効率を上げるか、ということを
    体感できる本。

  • 日々持ち歩くものを極力減らすってところが刺さった。
    自分の荷物多すぎるから。

  • 読んだ後、何でも整理がしたくなる。カバンの整理から頭の整理の仕方まで学べる一冊。サッと読めて、面白い。アートディレクターながら感性に頼っていない所も良い。

  • ロジカルシンキングができるようになりたくて。
    分かりやすい。けど横文字多用だわ

  • ■文章が長くなりがちな人、議題をうまくまとめられない人は、必見。

    「情報の整理ができない」。
    それがコピーライターという職業に就いている私の課題でした。クリエイティブの仕事は、さも天才的なひらめきが必要とされそうなのですが、実はロジカルシンキングがめちゃくちゃ大事。頭の中が整理できてない人に、キャッチコピー一本でスパッと言えるはずがありません。

    言いたいことがずれると、誰にも伝わらない広告になる。そんなときに手にしたのが、いつもシンボリックなデザインをされる、佐藤可士和さんの本。あれだけ強い印象を残せるデザインを手がけられるということはきっと整理上手なんだろう、と思ってたのですが…いやぁ、ホントに素晴らしかった。

    CMやグラフィックのアイディア出しでかなり苦戦してましたが、やっていけそうです。がんばります。可士和さん、ありがとうございました。

  • 408

    2017年では42冊

  • 普通でした。
    後半は自分の手がけたプロジェクトの話。

  • アートディレクターとは
    「コミュニケーション戦略を総合的に立案しデザインの力で目に見える形にしていくこと」
    だそうです。
    対象の持ってるポテンシャルを最大限引き出すという意味では僕の仕事である人材育成に共通するものがあると思います。

    整理をする時って複雑なことを複雑に捉えるから問題解決しないんですよね。
    問題の本質を見ることで初めて整理可能になるんやと思います。

    「状況把握」「視点導入」「課題設定」
    素材のポテンシャルの状況を把握し、自分の視点からバラバラな情報をつなげていき、独自のポジティブな立ち位置を確立させることが最重要課題です。

    「他人事を自分事にする」
    これは仕事するときの基本ですよね。
    「他人事」が「他人事」のままやったらいつまでもピンとこないんですよ。
    「他人事」が「自分事」になって初めて自分の外にあった情報が自分の思考に組み込まれますて両者がイコールにつながります。

    最後にこの本の肝心な点です。
    「空間の整理」整理するにはプライオリティが大切
    「情報の整理」プライオリティをつけるためには視点の導入が不可欠
    「思考の整理」視点を導入するには思考の情報化を
    この3つの整理がシームレスにできるようになれば仕事の整理もバッチリ進むかもしれませんd(^_^o)

  • 30分もかからず要点のみ読破

    既にやっていることなので、

    うなずける部分は多かったです。

    しかし新しいヒントは無し。

    読みやすく良い本ではありますね。

全154件中 1 - 10件を表示

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)に関連する談話室の質問

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)の作品紹介

整理術を磨いていくと、仕事を取り巻く環境がみるみる快適になっていくのが実感できるはずです。それに伴い、仕事の精度も劇的にアップしていることでしょう。この本で僕が述べる整理術とは、整理のための整理ではなく、快適に生きるための本質的な方法論。ですから、デスク周りなどの空間から仕事上の問題、人間関係に至るまで、あらゆる場面に応用できるのです。

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)はこんな本です

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)の単行本

佐藤可士和の超整理術 (日経ビジネス人文庫)のKindle版

ツイートする