昨日までの世界(上) 文明の源流と人類の未来 (日経ビジネス人文庫)

  • 68人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 倉骨 彰 
  • 日本経済新聞出版社 (2017年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532198282

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
トマ・ピケティ
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

昨日までの世界(上) 文明の源流と人類の未来 (日経ビジネス人文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人類学の碩学が取り組んだ意欲作。
    高度先進工業社会が置いてけぼりにした「昨日までの世界」=伝統的社会こと未開文化にある風習を観察することで、現代の課題解決を探る。
    ジャレド・ダイアモンドは、タヒチに憧れたゴーギャンやアフリカの情熱に魅せられたピカソのように、忘れられた文明の底力に取りつかれたのだろう。

    子育て、高齢化社会。社会保障のモデルを先進国に探す前に、考えるべきことはあるのではないか。

  • さまざまな部族のエピソードが載っているが、子供に体罰を許さない部族の話が心に残った。

  • ジャレド・ダイアモンド久々の新作。「昨日までの世界」は「現代社会」でない、伝統的社会を指す。「"現代"社会」は語弊があると思うけど、要はWIRED( Western, Educated, Industrialized, Rich and Democratic )な社会。

    高地ニューギニア人の、白人とのファーストコンタクトのエピソードが面白い。白人の野糞を見て、こいつらも同じ人間だと理解したと言うのだw。
    1時間に4回の授乳、3,4歳での乳離れ、絶えず誰かが周りにいて、決して一人になることがない子供達。
    諍いの解決に当事者間の感情が最優先に考慮されること。
    知らないことが一杯ありました。

全3件中 1 - 3件を表示

昨日までの世界(上) 文明の源流と人類の未来 (日経ビジネス人文庫)を本棚に登録しているひと

昨日までの世界(上) 文明の源流と人類の未来 (日経ビジネス人文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

昨日までの世界(上) 文明の源流と人類の未来 (日経ビジネス人文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

昨日までの世界(上) 文明の源流と人類の未来 (日経ビジネス人文庫)の作品紹介

「現代社会を深く考えるための必読書」――養老孟司
「ダイアモンド文明論の決定版的集大成」――福岡伸一

■600万年におよぶ人類の進化の歴史のなかで、国家が成立し、文字が出現したのはわずか5400年前のことであり、狩猟採集社会が農耕社会に移行したのもわずか1万1000年前のことである。長大な人類史から考えればこの時間はほんの一瞬にすぎない。では、それ以前の社会、つまり「昨日までの世界」の人類は何をしてきたのだろうか?
■領土問題、戦争、子育て、高齢者介護、宗教、多言語教育……人類が数万年にわたり実践してきた問題解決法とは何か? ピュリツァー賞受賞の世界的研究者が、身近なテーマから人類史の壮大な謎を解き明かす。全米大ベストセラーの超話題作、ついに文庫化!

「本書はひとりひとりの人生や生活、日々の選択といった個人の興味関心に直接関係するテーマを扱っており、私の著作のなかではもっとも生活に身近な内容になっている」(「日本語版への序文」より)

昨日までの世界(上) 文明の源流と人類の未来 (日経ビジネス人文庫)はこんな本です

ツイートする