梅棹忠夫 語る (日経プレミアシリーズ)

  • 323人登録
  • 3.57評価
    • (18)
    • (31)
    • (40)
    • (7)
    • (2)
  • 45レビュー
著者 : 小山修三
制作 : 小山 修三 
  • 日本経済新聞出版社 (2010年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532260972

梅棹忠夫 語る (日経プレミアシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 糸井重里さんの文に梅棹さんが「1960年代にすでに情報産業 という
    概念を作った人」としてあったので。 

    梅棹さんとはどんな人か 何をした人かという取っ掛かりの本としては
    いいと思います。 私はこれから「文明の生態史観」に行きます。

    岡本太郎の「太陽の塔」だけを見に東京から大阪万博公園に行った
    時に民博だけは気になったのだけどスルーしてしまった。。 
    次回は民博を見るだけに大阪に行こうかな。 

  • 面白かったです。

  • 「知の巨人」である梅棹忠夫先生の対談内容を編集している。「自分で見たことしか信じない。」、「情報は分類せずに配置せよ」、「思いつきこそ独創である」、「困難は克服されるためにある」、「いいリーダーはフォロワーシップを経験し理解することやな」など、メッセージが記されている。梅棹先生の「人間としてかなりの自信がある」と言い切る部分に、私は特に魅力を感じた。

  • 知の巨人、梅棹忠夫、大いに語る。 追悼であります、梅棹ワールドの入門書としては最適ではないでしょうか。 

  • 近代インテリを武士道と結びつけるなど、やはり、一代の人物であろう。インドと中国の比較など、ところどころ興味深い語りがある。梅棹の思想は著書よりもこのような談話こそが、という思い。

  •  小山修三先生による故梅棹忠夫氏へのインタビューをまとめた本。梅棹氏がまだお元気だったころの対談本は何冊か読んだことがあるが、この本を読むと亡くなられる直前まで歯切れの物言いでかくしゃくとされていた様子が目に浮かぶ。梅棹氏の思想にふれるという点では物足りなさはあるが、人となりに触れたい人には好適。
     梅棹氏の著作を全く知らない人は、小山先生があとがきで記しているように、「文明の生態史観」「情報の文明学」「知的生産の技術」の3冊と国立民族博物館の見学をお薦めしたい。

  • 時間つぶしによった書店で、ぶらぶらながめていて見つけた。やはりとりつかれている。帯にはこうある。「死の直前まで語り通した、自らの生きざまと哲学」。「文章は誰が読んでもわかるように書く。複文はイカン。」「情報は分類せずに配列せよ。検索が大事。」「梅棹の言うことは単なる思いつきやと言われる。だったら思いついてみろと反論する。思いつきとはひらめきであり、オリジナルの発想をひらめくことこそ独創である。」「博士号は足の裏についた飯粒や。取らな気持ち悪いし、取っても食えん。」「小山・・・『武士道』という本なんかどう思うんですか? 梅棹・・・読んでへん」一言ですますところがかっこいい。「日本の先生は権威主義、権威を守ろうとして居直る。」1976年の話、「コンピュータは、そろばんと鉛筆や。供給してみい、そうしたら需要がでてくる。」梅棹先生に現在のITについて語ってほしかったのだけれど、「ITは信用しない。自分で見たもの意外は信用できない。」「梅棹忠夫の人生は挫折の連続」「困難は克服されるためにあるんや。」「みなさん、あきらめたらあかんのですよ。」

  • 自分の好きな事に対して活動し、ぶれない自分をつくりたい

    知的生産の技術の作者としてあまりにも有名な、梅棹忠夫氏。
    そんな梅棹さんの最後の語りを収録した本。

    自由闊達。
    偉ぶるな、権威的になるな。
    自分の足で、目で確かめたものが真実。
    そんな梅棹さんの言葉に勇気づけられました。

    好きなものごとに対して、
    現場に行って、歩いて、見る。
    そうやって見識を深めていく。
    自分の好きな事に対して活動し、軸が出来ていけば、
    その信じるものに対して、批判されてもぶれない自分が
    出来ていくのかな、

    というように捉え、自分の活動にうまく転化させていきたいと
    思った一冊です。

    自分に自信がないから、人は卑屈になるのかな、ということを
    最近考えているので、
    自分の好きな事に対して力を注ぎ、いつか
    「人間としての自信」を持てる自分になれたら幸せだなと感じました。

  • 梅棹忠夫に興味があるなら、読むべき一冊。
    示唆深い言葉が多々出てき、考え方に一端を垣間見せてもらえました。

  • 90才まで自分の目、耳、足を使い頭を使って考える。他人のまね、同調をしない考え方に、私の「理想のひと」にするゆえんがあります。By たけちゃん

全45件中 1 - 10件を表示

小山修三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
スティーヴン・D...
大前 研一
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

梅棹忠夫 語る (日経プレミアシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

梅棹忠夫 語る (日経プレミアシリーズ)の作品紹介

他人のまねをして何がおもしろい?-未知なるものにあこがれ、自分の足で歩いて確かめ、自分の目で見て観察し、自分の頭で考える。オリジナリティを大事にして、堂々と生きようやないか!閉塞感・不安感に満ちた現代日本人に向け、「知の巨人」が最後に語った熱きメッセージ。

ツイートする