免疫革命 がんが消える日 (日経プレミアシリーズ)

  • 32人登録
  • 3.13評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 日本経済新聞社 
  • 日本経済新聞出版社 (2017年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532263317

免疫革命 がんが消える日 (日経プレミアシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 二度のガンサバイバーである私にとって、免疫薬の発明は非常に明るいニュースです!
    オプジーボ以外にもドンドン開発が進んでいるようなので嬉しい限りです。
    競争が進み、安く効果的な治療になることを期待してます。

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    がん治療の「最終兵器」として注目を集める免疫薬「オプジーボ」。どういう人に、どれくらい効果があるのか。どんなしくみなのか。副作用の危険性は高いのか。薬価(公定価格)はなぜ引き下げられたのか。どんな類似薬が出てくるのか―日経の専門記者がもっとも知りたい疑問に答える。

  • サクサク要点をつかめる。

全5件中 1 - 5件を表示

免疫革命 がんが消える日 (日経プレミアシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

免疫革命 がんが消える日 (日経プレミアシリーズ)の作品紹介

「これは革命だ」──尽くす手がないと言われた末期がん。
そのがん細胞が小さくなるだけではなく、一部の患者ではがん細胞が消滅する結果が出た。

その新薬は、小野薬品工業とBMSによる免疫薬「オプジーボ」。

14年9月に悪性黒色腫の治療薬として製造販売承認を受け、その対象範囲を徐々に広げている。
肺がん、腎臓がん、血液がんでの適用が認められ、さらに胃がんや食道がんへの適用拡大も予定。
まさに「がん治療の最終兵器」として注目されている。

本書はそのオプジーボを軸に、がん治療の最前線に迫るルポルタージュだ。

誰にでも効果があるのか。
重篤な副作用を招く危険性がある、というのは本当か。
他の治療法と併用して平気なのか。
数千万円という費用は下がるのか。
これからどんな類似薬が登場するのか。

日経の専門記者が、もっとも知りたい疑問に答える!

免疫革命 がんが消える日 (日経プレミアシリーズ)はこんな本です

免疫革命 がんが消える日 (日経プレミアシリーズ)のKindle版

免疫革命 がんが消える日 (日経プレミアシリーズ)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする