投資の鉄人 (日経プレミアシリーズ)

  • 41人登録
  • 4.11評価
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 日本経済新聞出版社 (2017年4月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532263393

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

投資の鉄人 (日経プレミアシリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 至極真っ当なことがかいてあると思う。この種の本は安易なハウトゥ本より、こういった本質的なことを考えさせる本の方が読んでいて面白い。

    それにしても、昔の投資家は、グレアムさんにしても、テンプルさんにしても上手いことを言ったもんだ。

  • 書き手によってうーん、と思ったり、これは、と思ったり、差があるように感じました。(それが共著の良いところといわれればそれまで)

    ・FPが年金事務所に行く、ってのはいいかも。(どうして65という年寄りになってから確定申告やら年金事務所やら、いままでしなくて良いことが増えるんだ?)

    ・テンプルトン卿はよんでみよう

    ・債券の意味は購買力の維持(いまはどうしよ?個人向けかなあ)

    ・何でも、買う前に相談すること

全3件中 1 - 3件を表示

岡本和久の作品一覧

岡本和久の作品ランキング・新刊情報

投資の鉄人 (日経プレミアシリーズ)を本棚に登録しているひと

投資の鉄人 (日経プレミアシリーズ)の作品紹介

今日、多くの方が将来のお金に対する不安を感じています。不安を感じつつも、どうしてよいかわからないという方も多いものです。しかし、将来の自分は今の自分が支えるより仕方がありません。
投資は、できるだけ早く、できるだけたくさん儲けようとするから難しいのです。少しずつ時間をかけて資産を育てていけば、とても簡単なものです。
人生を通じての資産運用を始めるのは、そんなに難しいことではありません。本当に難しいのはそれを続けることです。そして、続けなければ効果が出てきません。

長期的に資産を形成していくための「装置」を作り、それを点検しつつ「管理」していく。長い期間にわたって資産運用を続けていると、その道中にはいろいろな誘惑が登場します。しかし、それらに惑わされないで、ひたすら合理的なことを続けるのが大切です。「惑わされない」ことが資産運用の成功のカギです。

個人投資家を惑わす大きな要因は4つあります。それらは「情報」「相場」「商品」、そして、「自分」です。これらに惑わされず、投資を成功に導くにはどうすればよいのか。個人投資家に絶大な信頼を寄せられる資産運用のプロ4人が集い、4つのテーマから実践的にアドバイスします。

投資の鉄人 (日経プレミアシリーズ)はこんな本です

投資の鉄人 (日経プレミアシリーズ)のKindle版

ツイートする