LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲

  • 2491人登録
  • 3.97評価
    • (264)
    • (267)
    • (183)
    • (41)
    • (8)
  • 349レビュー
制作 : 川本 裕子  村井 章子 
  • 日本経済新聞出版社 (2013年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532318970

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今までに読んでもっとも勇気づけられた本。そして、自信を持てた本になった。事例が豊富で、繰り返し読むことで、もやもやしていたことがだんだんクリアになってくる。

    仕事か子育てか?という問いがいかにナンセンスか。それでも、その問い突きつけられ、存在もしない子どものために仕事をセーブしてしまう指摘。女は、どんな生き方を選んでも非難されるけれど、自分が幸せと思えるかで自分の選択を評価できるんじゃないかと思えた。

    あとは、妊娠中は新しい仕事を始めるチャンス、というのは目からウロコだった。仕事が楽しみで戻るモチベーションになるという見方。よく分かる!

  • 日本語版が出たら読んでみたいなと思っていたので読めてよかった。女性の管理職・リーダーが増えたら、女性全体が働きやすくなり、家庭との両立もパートナーの協力も得やすくなる―これからの日本に特に必要だと思う。女性の労働力も必要としている今の日本の現状では特に。世界のデータもところどころに乗っていて勉強になった。私は正社員で働きつづけてって人生を歩みたいけれど、彼女のように意欲ある人がどんどん出てきてくれたらいいなって思う。「迷っても、ぎりぎりまで辞めないで」っていうメッセージが胸に響いた。どうなるかわからなくても、自分で自分の道閉ざすのだけはやめよう、そう思った。

  • 先日、NHKで著者・サンドバーグさんのプレゼンテーションが放送されていたのだが、うっかり観るのを忘れていた。それもあって、手に取った本。奥付けをみると、6月初版、8月で7刷と、結構なスピードで売れている。

    現在、フェイスブックの最高執行責任者(COO)を務めるサンドバーグさんの、「仕事を持つ女性」としての経験と考えをまとめた本。仕事が好きで、家族も大事にしたいものの、そこにはさまざまな障壁があって、七転八倒し、問題解決に東奔西走するさまが率直に描かれている。

    実はアメリカは日本や欧州よりも労働法制が遅れており、不備に対して率直な声を上げないと、それをカバーする方法は出てこない。しかもアメリカの企業社会にも、マッチョな男性優位社会の面がまだまだある。そのうえ、「よき母親>>>よきキャリアウーマン」の考えは男女問わず根強いし、「女性らしく」、自分の意見を引っ込めてしまう女性も少なくない。このような、さまざまな局面で女性が出会う困難を分析し、データや研究によって、あらゆる角度から丁寧に説明し、そこから踏み出すにはどうすればよいかが穏やかで朗らかに示されている。理想と現実、傾向と対策を、共感を呼ぶ形で明晰に書かせるとアメリカ人は本当に上手い。フェイスブックという、ジェンダー的にカーストのできていない新しい会社だから、そのあたりの対応が素早くて、サンドバーグさんにとってはとても面白いのだろうと思う。

    自分の置かれた現状を把握し、いかに克服する道を探るかについてのビジネス本ではあるけれど、ゴリゴリのビジネス本ではないし、かといって単純な素敵生きかたテキストでもない。みながみなキャリア・トラックを突っ走れるわけではないし、マミー・トラックだけに人生を捧げられるわけでもない。どちらか一方だけが人生の目的ではないので、ごり押ししないまでも、「あなたのまわりの状況が不利なら、声を上げて、ちょっと踏み出してみましょうよ」と呼びかける。読んでいるうちに、「暗いと不平を言うよりも進んであかりをつけましょう」という、カトリック教会の番組のモットーを思い出した。それに、しんどい時はザッカーバーグ氏の前で大泣きもアリ。そこは「にんげんだもの」的な感じでお願いします。「女の涙には勝てねえや」ではありませんよ、みなさまがた。

    女性の権利と行動範囲の拡大に尽力した先達の言葉が多数引用されていて、そこも知的に刺激的だった。おっさん週刊誌で「近ごろの女子社員はたるんどる!妊娠したら即退職!」などと怪気炎をあげておられるどこぞのサッカセンセイには、オルブライト氏の言葉を献上したい。

    「私の周りじゃとてもじゃないけど無理!」とは言わせない、静かな迫力に満ちていないこともないけれど(笑)、基本、「女子、なんとかなるから考えすぎずにゴーアヘッド!」という励ましを振りまいてくれる本だと思う。全世代で読めると思うし、社会人ルーキーには特に指針になる点が多いのではないかと思う。あと、女性とがっちりいい仕事がしたい男性諸氏にもぜひ。原著を読まれてもいいかと思うけれど、邦訳は日本のデータも組み込んだ「日本バージョン」になっているので、どちらかといえばこちらをおすすめいたします。

  • TEDのスピーチを見て共感を覚えていた女性の本だった。facebookのCOOというキャリアと母親と言う役割の中で普通に悩んでいる等身大の女性の姿が、様々なデータを基に分析されていて一気に読むことが出来た。キャリアを左右する最も重要な要件=パートナーというのは同感。自分自身を振り返っても、パートナーの励ましが仕事を継続することへの大きな活力となってきた。対等なパートナーを望むのなら、女性自身も自らの考えや行動を見直す必要がある。彼女の夫の生育環境、とりわけ母親の価値観が結果として大きく影響しているように読み取れた。
    次の世代の女性達へ、仕事も家庭も楽しむためのたくさんの示唆に富む本。

  • 「LEAN IN 〜女性、仕事、リーダーへの意欲〜」
    尊敬する会社の先輩が私にと選んで貸してくださった本。FacebookのCOO(最高執行責任者)であるシェリル・サンドバーグさんが女性に、そして女性を支える男性に向けて書かれた本です。

    「LEAN IN」
    一歩踏み出すと言うタイトルは、仕事において男性より障害が多く、結婚や出産、育児によって、その度に仕事か家庭かの選択を迫られる女性達へのシェリルさんからの精一杯の後押しだと感じました。

    たくさんの素敵なメッセージの中から1つだけ

    「女にはこれはできない、あれもできない」と考えたら、ほんとうにできない。この自己実現的な考えを追放するのは、私たちの肩にかかっている。初めから降参し「無理だ」と思い込んだら、けっしてできない。

    これまで私は自分が何事にも慎重で、積極的に行けないのは性格のせいだと思っていたけれど、もしかしたらそれは多くの女性が知らぬ間に幼い頃に植え付けられた世間が良しとする女性のイメージのせいかもしれない。
    私も恐れることなく、自分を信じてもっと積極的に取り組めば、自分が思うよりもっともっと上を目指せるのでは?と思わせてくれた1冊。

    「立派な社労士になるのは、自分には無理かもしれない」と弱気になり、目標を失いつつある私への、先輩からの私へのメッセージ。
    先輩の期待に応えられるように、日々の不満やストレスに潰され腐ることなく、一歩前に踏み出したい!

    働く女性だけでなく、全ての女性と全ての男性に是非読んで頂きたい一冊です。
    今回はお借りした本ですが、迷ったときのバイブルとして自分でも購入したいと思います

  • 「男女共同参画社会」。日本でも声高に女性の社会進出が叫ばれているが、フェミニズムの本場アメリカの状況がこれほど醜いとは思わなかった。

    著書によると、USでは「男性は仕事をし、女性は家庭に入る」というのが優秀な大人という認識のようであり、これはアメリカ社会に深く根付いているようである。

    これを変えて見せようとしているのが、フェイスブックCOO シェリル・サンドバーグ氏である。彼女はハーバード大学に進学後HBS(ハーバード・ビジネススクール)に進んだという、アメリカでは絵に書いたエリートのように見えるかもしれないが、天才ではなく
    持ち前のガッツで栄光を手にした努力家である。

    本著によると、彼女が最初ハーバード大学に進んだところ勉強がついていけず、職員に相談したところ「あなたは性格で(ハーバード大学に)入学させたのだから」と言われたそう。

    そこから彼女の奮闘が始まる。努力の甲斐もあってかHBSでは奨学金を貰い、インターンも成功し、その後は超優良企業であるグーグルの経営幹部まで勤めて、現在フェイスブック者のCOOとしてザッカーバーグ氏の貴重な右腕として活躍している。

    それでも彼女は言う「自分が何をしたいのかを常にジョブ・インタビューで言うこと」これはケネディ大統領の「国家があなたに何をしてくれるのかでなく、あなたが国家に何が出来るかを言え」と同じロジックである。つまり彼女のアティチュードは本質を突いているということである。

    彼女は現在、女性の地位向上を目標として日々頑張っている。彼女のお陰でアメリカでは少しばかりか(いや大いにかもしれない)、女性が徐々に経営幹部になれるようになって来たような感が本書からする。

    サンドバーグ氏の重要なもう一つのモットーは「家族と夕食をとるため夕方5時半には退社すること」を決めたそうである。しかしこれを公言するようになったのは、ごく最近から。それまでフェミニズムの本場、アメリカでさえもそのようなことを堂々と言うのははばかれたそうだ。

    翻って日本。サンドバーグ氏も著書で実証例を挙げているが、日本人女性は出産後、会社を退社するのがごく一般的ではないか?少子高齢化の日本で女性は貴重な戦力である。また、人口の半分が女性であることを鑑みると、女性ならではの視点をビジネスに生かさないことはない。

    本書を読んでサンドバーグ氏のようなガッツのある女性と一緒に働きたいと思った。彼女は間違いなく世界を変えるであろう。

  • 妊娠5か月の時に一気読みした。
    「妊娠中は大変だった。」と著者のつわりのエピソードから始まり、よくある女性の自己啓発本とは違った。
    私も、妊娠するまでは、妊婦は皆幸せで、子どもを迎える喜びに満ちているものだと思っていた。
    妊娠して初めて、つわりの大変さ、精神の不安定さ、子どもに対する責任から仕事を始めとする様々なことを我慢しなければならない辛さを知った。
    著者のエピソードにもあったとおり、周りに気付かれないように、あるいは、周りに「お先に失礼します。」と言いながら、定時に退社することが苦しかった。
    でも、以前は一日十数時間かけてやっていた仕事も、やり方次第で半分の時間でできるんだと気付けた。
    無能な男性たちの無駄な残業や会議に、付き合わなくてもいいんだと思えるようになった。
    男女間で育児に対する考え方が違うのは仕方ない、自分で切り拓いていけばいい。
    仕事を辞めたくなるのは目標を下方修正した結果仕事に魅力を感じられなくなるから、働く母親ではなく仕事も愛する両親になる、保育費は女性の将来への投資、完璧じゃなくていい、みんなつらい、はじめからあきらめることはない、全部手に入れるなんて不可能だけど、最初からあきらめたら絶対に手に入らない、パートナーとは育児に協力する存在ではなく責任を分担する存在、だから自分のやり方を押し付けてはいけない、意識が変われば行動は変わる…著者のメッセージに勇気付けられた。

    コミュニケーションをとること、嘘をつかないこと、寛大であること。

  • 平等な世界のためにできることは、一人でも多くの女性が社会的に重要なポジションにつくこと。
    頭を殴られた気がした。だけど、確かにそうだと思った。自分の出世それ自体に意義があるんだって、そんな簡単なことに気づかなかった。

    面白くて、たくさん頷けて、怖いのは私だけじゃないんだ、みんな自信ないんだって安心して、励まされる本。
    最近、殆ど諦めかけていた。会社や社会の状況は、いつか子供を持ってしまったら昇進するのは難しそうに見えたし、私には実力も人間力も足りないように思えたから。
    でも、いまの私にできることを、もう少し頑張ってみたい。こんな難しいこと到底無理な気もするけど、行けるところまでは行ってみようと思う。

    女性だけじゃなくて、むしろ男性にこそ読んでほしい本。まずは上司や先輩にすすめてみよう。

  • 私はシェリル・サンドバーグという人を敬愛している。FacebookのCOOであり、この著書やTEDで社会における女性のポジションについてメッセージを発信する姿、毅然とした美しさ含め。本書は真剣にキャリア形成を目指す全ての女性と、女性の同僚や部下を持つ全ての男性が読む価値がある(女性の上司を持つ男性もだろうが、それは僅かだろうから)。
    超有能で夫がsupportiveで、金持ちで美人なスーパーウーマンに言われても一般人の役に立たないわ、という意見は的外れだろう。そもそも、一流の人が言うから耳を傾ける価値があるのだ。2軍落ち年収100万の野球人より、イチローに野球論を教わりたいだろう。
    彼女のメッセージは「一人でも多くの女性がパワーポジションに着き、女性のための社会を作ろう」というものだ。私は上を目指すには年を取り過ぎたが、自分なりに勇気づけられた。パワーポジションに就いている女性の比率がどの先進国より低い日本からはサンドバーグ氏が活躍するアメリカは平等社会のように見えるが、「家族に対して罪悪感に駆られる」「自信がなく自らチャンスを諦める」等の状況は、大いに共感できるものだった。もちろん、若い女性が読めば仕事観を変えるパワーがあるかもしれない。
    また、「社会が悪いのだ、男が悪いのだ」とは言わない。女同士敵対するのをやめ、女性が自ら自分を変えていこう、と語りかける。女性と言っても主婦や家庭を中心にする女性はスコープ外だが、サンドバーグ氏はあらゆる選択を尊重しあおうという。
    調査・統計データを多量に引用した原注にも、自身の華々しい経歴自慢ではなく、社会学的なアプローチを取ろうという著者の誠意が表れている。残念なのはこれが電子書籍ではなく紙でのみ出版されており、URLが記載されていてもほとんど意味がないことである。日経新聞社、最先端のIT業界の著者の本を、なんという旧弊な考えで扱っているのだ。

  • 女性のリーダーが生まれにくいことに対してやるべきことは多い。
    でも、諦めず目指さなければならない。
    5年後、10年後のために。

全349件中 1 - 10件を表示

シェリル・サンドバーグの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
三浦 しをん
デール カーネギ...
クリス・アンダー...
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲を本棚に「読みたい」で登録しているひと

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲を本棚に「積読」で登録しているひと

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲の作品紹介

新規大卒者の50%が女性となってから30年が経過したにもかかわらず、いまだにアメリカの政府や企業のリーダーの大多数は男性です。つまり、社会生活に大きな影響を与える決定において、女性の声が平等に反映されにくい状況が続いているのです。この問題は、日本ではより顕著です。なぜ女性リーダーが生まれにくいのでしょう?その原因はどこにあるのでしょう?フェイスブックのCOOが書いた全米大ベストセラーの話題作。その「一歩」を踏み出せば、仕事と人生はこんなに楽しい。

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲のKindle版

ツイートする