さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

  • 283人登録
  • 3.93評価
    • (12)
    • (19)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : トム・ラス
制作 : 古屋博子 
  • 日本経済新聞出版社 (2017年4月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532321437

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アーノルド ベネ...
ベン・ホロウィッ...
リンダ グラット...
佐々木 圭一
伊賀 泰代
ジャレド・ダイア...
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0の感想・レビュー・書評

  • 無意識の思考の習慣を発見する。
    そして強みへ。努力しなくてもできることが才能であり。それは幾分でも伸ばす可能性秘めている。
    旧番の知識前提な点。ウェブなら電子書籍がつくことを考えると本は手元に置きたい人用。

  • 自分を知るという意味では興味深い書籍ではあるが、自分が思っている自分と強みが覆される内容ではなかった。個人差はあると思う。
    使い方としては、付属のアクセスコードを用いてインターネットで試験を受ける内容である。テスト自体は日本語であるが結果は英語で帰ってくる。
    その結果で示された自分の強みを、書籍を参照して確認する。
    ここで使いにくいのはウェブの回答結果が英語で返されるのに対して書籍のインデックスは日本語なので参照しにくいと言うことである。この辺はもう少し読み手に配慮してもらいたい。
    心理テストの延長のような感覚で使えば楽しめるのではないか。

  • テストは受けてないけど、自分で抽出した。大体こういう性格診断テストは、テストの結果で何言われようと自分で当てはまってるところを探し出せてしまうものなので、それなら最初から結果と説明を網羅して、自分で比較・抽出する方が診断としてより正確な気がする。

  • 面白い試みである。
    しかし、根本的に間違ってる気がする。
    なんでもポジティブにいやーいいっていうもんではないだろう。

  • Webアンケートを答えることで、5つの自分の強みを教えてくれ、その強みをどのように生かしたら良いか、が書いて有る本。孫子的な。遠い昔にやったことが有り、その時から比べると幾つか変わっていた。元気があれば何処が変わったのか、また変わった強みをどのように生かすのか、について考えてみたい。

  • やはり、長所を伸ばしていくのが、自分にとっても部下にとっても良いのだよなと再認識。いいねーと思うが、本の内容の大半がストレングスチェックをやった結果の説明。

    それはやってみようと思ったが、IDを入れないとチェックが出来ないとのこと。これ図書館で借りたものだしなぁと思って、困っていると、Webの下に登録すれば同様なことができるよ(BYリクルート)のURL。やってみようと、メールアドレスを登録し、Webにアクセス。ストレングスチェック的な物やってみる。
    ・自分の意見を通すほうですか?
    ・論理的に話す方ですか?
    など幾つもの質問、同じ質問の何回か出てきて、やっていて自分が途中でわからなくもなってくる。30分後やり遂げると結果は、どーでも良さそうな、今私が答えたことの総括。うん、そう選択したしそうだろうね。

  • 平日の休み時間、休日の空き時間などを利用して読了。
    以前に前作(1.0)を読み、ストレングスファインダーのテストを実施してその結果が極めて自分自身にとって納得のできるような分析結果だったので、この本も購入した次第です。
    1.0と2.0との間で資質の名称34個は同じらしいが、違いはアセスメントそのものよりも結果だそうで、今回のこの本の巻末とじ込みのコードを使ってストレングスファインダー2.0を受けた結果として提供される資料の一つ「強みの洞察レポート」が2.0の大きな特徴らしいですね。(p.213)

    アセスメントの結果わかるのは「才能(潜在能力)」であって、「強み」ではないそうで、「才能」はダイヤモンドの原石、ダイヤモンドを磨き上げたものが「強み」なのだそうです。(p.216)

    読了直後で、まだストレングスファインダー2.0を受けていないのでできるだけはやく受けてみようと思います。

    付箋は10枚付きました。

  • 診断とセットでの評価でよい。さらに講義をうけると良い。

  • 収集心
    着想
    ポジティブ
    運命思考
    適応性

    納得。
    生かすための行動としては、
    収集したことを、整理しアウトプットすること。語彙を増やす、刺激する本や記事を読む時間をとる。
    着想は、説明できる何かを探す力。違う角度から眺める力。アイデア他人に話す前に練るし、編集するし、伝え方を工夫する。周りには伝わりにくいから。
    運命思考も、わたしにとっては当たり前の「すべては大きく繋がっている」というものの見方を他人に伝える方法を探す。
    適応性は、柔軟性を都合よく使われないように判断のガイドラインを決めておく。単に柔軟に対応するだけでなく、落ち着いて賢明かつ迅速に対応することだということを示す。
    ポジティブは、 認識が甘いからではなく楽観的である理由を説明できるようにしておく。

  • ■書名

    書名:さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
    著者:トム・ラス

    ■概要

    「強みの活かし方」が資質ごとにわかる!進化したウェブテストのアクセスコード付き。
    (amazon.co.jpより引用)

    ■気になった点

    なし

  • あちこちでちょいちょい紹介されていてやってみたくなった性格分析(付属のコードでネット診断)。

    結果は、1:慎重さ、2:収集心、3:内省、4:原点思考、5:調和性。ひとりが好き、読書が好き、もめ事は嫌い・・・何このメンタル弱感。すごく自分を発見した!っていうより、認めたくないけど当たってるなーという感じ。

    今の仕事はこの性質にあってるようないないような。あとは
    気になった解説の文面をマーカーで引いて現状改善を考えよう、ということらしい。有料でコーチングや上位5位以下の資質も見られるとか。なんだろう芋ヅル商売っぽい気もするけど、面白かった。ご立派なハードカバーじゃなくてお手軽ムックみたいなので1000円くらいだったら満点だと思う。

  • 他の自己分析ツールで出たし自分でも理解している自分の性格を提示され、真新しいことはあまりなかったような。好奇心とか勉強への熱意とか未来志向とかだったけど、あぁ、やっぱりそういう感じね。みたいな。

    でも、自分の性格は理解していたけどそれを「自分の武器にすべき、これから伸ばしていくべき強み」としてあんまり考えたことはなかった。
    それがどうやって日常生活や周りの人に影響を与えていけるのかが書かれてあったりしたのは新鮮。
    自分の強みを最大限活かせる者が成功する。その通りだと思う。

  • STRENGTHS FINDER 2.0 https://www.gallupstrengthscenter.com/のアクセスコード付き。

    僕のTop5は、この5つでした。
    1. Ideation 着想
    2. Intellection 内省
    3. Adaptability 適応性
    4. Learner 学習欲
    5. Input 収集心

  • 資質の発見とそれを強みにする為のアイデアが紹介されている。
    資質の発見には本を購入したら1回分のアクセスコードがついていて、アセスメントを受けられる。
    約35分かかる。
    結果は34種類の資質のうち、上位5つが提示される。
    全ての資質を知るには別途80ドルくらいするアクセスコードを買う必要がある。
    本書はバージョン2なのだが、導入部分があっさりと読みやすく書かれている。
    1は洋書の自己啓発にありがちな長くて詳細で読みにくい説明があった。
    本書の言いたいところは大きく3つ。
    ・弱点を克服するのではなく、強みを伸ばせ。
    ・資質を強みにするには投資が必要だ。
    ・仕事で強みを活かせてないと様々な悪影響がある。
    自分の資質を知りたい人や、強みを活かせてないと感じる人にオススメです。

  • 新しい気付きがとても多かった。これからの自分の生き方や考え方に影響を与えそう。

    会社の経営、マネジメント、採用を行なってる人は特に、メンバーの行なったストレングスファインダーの強みを知ることが素晴らしい仕事につながるような気がする。

    メモ。
    http://totzyuta.hateblo.jp/entry/2017/05/22/204146

  • ビッグデータで進化したのかな。
    使い道が難しく、自分の強みがわかるのは良いが、それをどう伸ばして行くかが大事。やってわかった気で終わってしまっては意味がない。
    そこはコーチを利用することになるのだろうか。

  • 数年前に読んだが、バージョンアップされたということで再読。

    ストレングス・ファインダーも受け直した。
    以前とはちょっと違う心理状態だったが、幾つかの項目は数年前と同じ結果になった。
    あらためて自分の強みの要素について理解できた。
    その活用方法についてもう少し踏み込んで書いてあるともっと役立ったと思う。

  • 昔の10と結果が、全然違っていたのが、新鮮だった。

  • 「欠点」を克服するのに時間の大半を費やすのではなく、自分の「才能」を知り、「強み」を発揮できる仕事をするのを推奨している本。

    本書では、「才能」の資質を34個に特定しており、質問項目に回答することで、その人の資質のトップ5を割り出せるようになっている(巻末にサイトのアクセスコードが付いている)。

    サイトの方では、質問項目は日本語で書いてくれているが、解説は現時点では日本語を選択できないようである。
    そのため、本書に書いてあるそれぞれの資質の解説を読めばよい(サイトに載っている解説と、本書に載っている解説はほぼ同じである)。

    私の場合、質問に答える前に、先に本書の解説を読んでいたのだが、その時に「あー自分の資質これだろうな…」と感じたものが、質問回答結果でもトップ5に選ばれていた。

    しかし、願望込みで「この資質もあるんじゃないか?(自分の職業に関係していそうだし…)」と感じたものがトップ5に入っていなかったのは、がっかりしなかったと言えば嘘になるだろう。

    頭では「ないものねだりじゃなくて、自分の長所に目を向けよう」と重々わかっているつもりなのだが…。

    私の結果では、「内省:Intellection」が、トップ5の一番上に来ていたが、解説を見て「だから、自分は一人でいる時間が全く苦でないのか」と非常に腑に落ちるところがあった。

    本書では、結果の解説だけでなく、「その資質を生かすための行動アイデア」が載っているのが役立つと思った。
    私の資質トップ5は、全体的にインプットに関係するものが多かったので、アドバイスとしては、「書いたり人に教えたりしてアウトプットすることを心がけましょう」とのことだった。参考にしたい。

    自己啓発本等を読むと(本田健氏の本だったように思う)「自分の才能の型を見つけましょう」と書かれているが、「正直自分では分からないな」と思っていたので、今回、自分の才能の型を知れて良かった。

    後は、この資質を「強み」に変えられるよう努力したい。

  • いつかやってみたいなと思っていたストレングスファインダー。職場で目標設定することとなり、自己分析になるかと。
    上位5項目は、①慎重さ、②学習、③収集、④分析、⑤アレンジでした(ブクログについては②③がよく発揮されているなと思う)。
    強みを伸ばすことが大切というのはわかるのだけど、自分に足りない下位5項目が気になるのは私だけなのかな?

  • ストレングス・ファインダーのウェブテストを受けるために購入。
    上位5つの資質を確認できます。

    自分の資質をどう活かすか、活用のヒントを得られる一冊です。

  • 国内で累計50万部のベストセラーとなった、同名著の新版(著者は違う)。本書では、人々が持つ「34の資質」それぞれに加え、10項目の〈行動アイデア〉と3項目の〈人の活かし方〉を解説する。巻末には、新しくなったウェブテスト〈ストレングス・ファインダー2.0〉を実施するためのアクセスコードを付す。ちなみに自分は「原点思考」「責任感」「着想」「内省」「未来志向」だった。

    第I部 まず、あなたの強みを見つけよう
    「いばらの道」を選ぶな / あなたは「強みのゾーン」にいるか / 「才能」を「強み」にする / 才能は、あなたに見出されるのを待っている / 〈ストレングス・ファインダー〉を受ける

    第II部 あなたの強みを活用しよう――34の資質と行動アイデア
    アレンジ / 運命思考 / 回復志向 / 学習欲 / 活発性 / 共感性 / 競争性 / 規律性 / 原点思考 / 公平性 / 個別化 / コミュニケーション / 最上志向 / 自我 / 自己確信 / 社交性 / 収集心 / 指令性 / 慎重さ / 信念 / 親密性 / 成長促進 / 責任感 / 戦略性 / 達成欲 / 着想 / 調和性 / 適応性 / 内省 / 分析思考 / 包含 / ポジティブ / 未来志向 / 目標志向

  • 新要素である行動アイデアと強みの洞察レポートから得られる発見が楽しく、とても役立ちそうな予感がしています。以前受けている人も、現在の強みを確認するのも含めて、ストレングスファインダー2.0を受けてみるのはありだと思いました。
    http://rutei.hatenablog.com/entry/2017/04/14/224806

全27件中 1 - 25件を表示

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0を本棚に登録しているひと

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0を本棚に「積読」で登録しているひと

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0の作品紹介

「才能を隠してはならない。それは、使うためにつくられたものだ。日陰に置かれた日時計にいったい何の意味があるだろう」(ベンジャミン・フランクリン)

「強みの活かし方」が資質ごとにわかる。待望の新版、ついに登場!
皆さんは毎日、自分の強みを使うチャンスがあるだろうか。おそらくないだろう。多くの場合、才能は未開発のままだ。ゆりかごから職場まで、私たちは強みを伸ばすよりも欠点を直すために多くの時間を割いている。
人が才能や強みなど「その人の良いところ」を見出すには、まず、それらについて自分自身やまわりの人たちに説明できるように「言語化」する必要がある。2001年に出版し、人々が持つ「34の資質」を明らかにした『さあ、才能に目覚めよう』は国内で累計50万部のベストセラーとなり、世界中で話題となった。あなたの強みを「見える化」してくれるツール〈ストレングス・ファインダー〉を使って「トップ5の資質」を発見した人の数はいまや数百万人に及ぶ。

新版となる本書では、「その資質をどう使えばあなたの武器になるか」「どうすればその資質を持つ人たちを活かすことができるか」といった「強みの活かし方」にフォーカスする。34の資質ひとつひとつについて、それぞれ10項目の〈行動アイデア〉と3項目の〈人の活かし方〉を解説する。資質や才能はダイヤモンドの原石であり、それを活かしてこそ、光り輝くダイヤモンド、すなわち強みとなる。

進化したウェブテストのアクセスコード付き!
さらには〈ストレングス・ファインダー〉も進化した。新しくなったウェブテスト〈ストレングス・ファインダー2.0〉では、結果として提供されるレポート群がよりあなたらしいものにカスタマイズされている。あなたの回答を膨大なデータベースと比較して「何があなたを際立たせているのか」を明らかにしている。本書には〈ストレングス・ファインダー2.0〉を実施するためのアクセスコードが記載されている。

本書は一気に読み進むこともできるが、今後何十年にもわたって、あなたの才能を開花させるための指針となるだろう。本書には、あなたの強みを活かすためのたくさんの戦略やアイデア、ヒントが詰まっている。それらを実践すれば、あなた自身を、そしてあなたのまわりの世界を見る目が永遠に変わるはずだ。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0はこんな本です

ツイートする