さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

  • 330人登録
  • 3.92評価
    • (15)
    • (24)
    • (10)
    • (3)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : トム・ラス
制作 : 古屋博子 
  • 日本経済新聞出版社 (2017年4月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532321437

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 無意識の思考の習慣を発見する。
    そして強みへ。努力しなくてもできることが才能であり。それは幾分でも伸ばす可能性秘めている。
    旧番の知識前提な点。ウェブなら電子書籍がつくことを考えると本は手元に置きたい人用。

  • 自分を知るという意味では興味深い書籍ではあるが、自分が思っている自分と強みが覆される内容ではなかった。個人差はあると思う。
    使い方としては、付属のアクセスコードを用いてインターネットで試験を受ける内容である。テスト自体は日本語であるが結果は英語で帰ってくる。
    その結果で示された自分の強みを、書籍を参照して確認する。
    ここで使いにくいのはウェブの回答結果が英語で返されるのに対して書籍のインデックスは日本語なので参照しにくいと言うことである。この辺はもう少し読み手に配慮してもらいたい。
    心理テストの延長のような感覚で使えば楽しめるのではないか。

  • 自分の特性が当てはまり、どういう人間かがわかる。

  • 目的・成長、コーチ、継続的会話、強み、人生

    適職15%

    2017年5月15日の時点で161,997,918人が受験


    ・個人の人材開発

    ・マネージャーの強化育成

    ー強みを活かした自分らしいマネジメントスタイルを確立
    ー部下の強みを理解して育成する

    ・チーム・ビルディング

    ーメンバー同士のコラボレーションを考える
    ーチーム全体のセッション

    自分が何者か?見える化する

    自分のやり方でいいんだと勇気づけられる
    ・相互理解上昇
    ・人を受け入れる幅が広がった

    強みの衝突がDISCOMMUNICATIONの原因

    強み文化の広がり

    強みが言語化される→ なんとなく✖️

    デメリット
    ・謙虚な文化なので強みを否定される
    ・占いのよう
    ・TOP5よりbottom5に着目される
    ・強みにレッテル貼り、決めつける

    MY 5
    1/収集心
    2/適応性
    3/内省
    4/達成欲
    5/着想

  • 未来志向、達成欲、慎重さ、収集心、目標志向

    コードさえあれば本の中身はウェブで見れる気もするが、中々興味深かった

  • こういうタイプの本が、ちゃんとこれまでの間のデータを踏まえてUpDateされているのが嬉しい。更に深く、行動に落とし込めるようなアイディアも。

  • テストは受けてないけど、自分で抽出した。大体こういう性格診断テストは、テストの結果で何言われようと自分で当てはまってるところを探し出せてしまうものなので、それなら最初から結果と説明を網羅して、自分で比較・抽出する方が診断としてより正確な気がする。

  • 面白い試みである。
    しかし、根本的に間違ってる気がする。
    なんでもポジティブにいやーいいっていうもんではないだろう。

  • Webアンケートを答えることで、5つの自分の強みを教えてくれ、その強みをどのように生かしたら良いか、が書いて有る本。孫子的な。遠い昔にやったことが有り、その時から比べると幾つか変わっていた。元気があれば何処が変わったのか、また変わった強みをどのように生かすのか、について考えてみたい。

  • やはり、長所を伸ばしていくのが、自分にとっても部下にとっても良いのだよなと再認識。いいねーと思うが、本の内容の大半がストレングスチェックをやった結果の説明。

    それはやってみようと思ったが、IDを入れないとチェックが出来ないとのこと。これ図書館で借りたものだしなぁと思って、困っていると、Webの下に登録すれば同様なことができるよ(BYリクルート)のURL。やってみようと、メールアドレスを登録し、Webにアクセス。ストレングスチェック的な物やってみる。
    ・自分の意見を通すほうですか?
    ・論理的に話す方ですか?
    など幾つもの質問、同じ質問の何回か出てきて、やっていて自分が途中でわからなくもなってくる。30分後やり遂げると結果は、どーでも良さそうな、今私が答えたことの総括。うん、そう選択したしそうだろうね。

全31件中 1 - 10件を表示

トム・ラスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0を本棚に「読みたい」で登録しているひと

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0の作品紹介

「才能を隠してはならない。それは、使うためにつくられたものだ。日陰に置かれた日時計にいったい何の意味があるだろう」(ベンジャミン・フランクリン)

「強みの活かし方」が資質ごとにわかる。待望の新版、ついに登場!
皆さんは毎日、自分の強みを使うチャンスがあるだろうか。おそらくないだろう。多くの場合、才能は未開発のままだ。ゆりかごから職場まで、私たちは強みを伸ばすよりも欠点を直すために多くの時間を割いている。
人が才能や強みなど「その人の良いところ」を見出すには、まず、それらについて自分自身やまわりの人たちに説明できるように「言語化」する必要がある。2001年に出版し、人々が持つ「34の資質」を明らかにした『さあ、才能に目覚めよう』は国内で累計50万部のベストセラーとなり、世界中で話題となった。あなたの強みを「見える化」してくれるツール〈ストレングス・ファインダー〉を使って「トップ5の資質」を発見した人の数はいまや数百万人に及ぶ。

新版となる本書では、「その資質をどう使えばあなたの武器になるか」「どうすればその資質を持つ人たちを活かすことができるか」といった「強みの活かし方」にフォーカスする。34の資質ひとつひとつについて、それぞれ10項目の〈行動アイデア〉と3項目の〈人の活かし方〉を解説する。資質や才能はダイヤモンドの原石であり、それを活かしてこそ、光り輝くダイヤモンド、すなわち強みとなる。

進化したウェブテストのアクセスコード付き!
さらには〈ストレングス・ファインダー〉も進化した。新しくなったウェブテスト〈ストレングス・ファインダー2.0〉では、結果として提供されるレポート群がよりあなたらしいものにカスタマイズされている。あなたの回答を膨大なデータベースと比較して「何があなたを際立たせているのか」を明らかにしている。本書には〈ストレングス・ファインダー2.0〉を実施するためのアクセスコードが記載されている。

本書は一気に読み進むこともできるが、今後何十年にもわたって、あなたの才能を開花させるための指針となるだろう。本書には、あなたの強みを活かすためのたくさんの戦略やアイデア、ヒントが詰まっている。それらを実践すれば、あなた自身を、そしてあなたのまわりの世界を見る目が永遠に変わるはずだ。

ツイートする