OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜び

  • 286人登録
  • 3.78評価
    • (16)
    • (18)
    • (10)
    • (4)
    • (3)
  • 34レビュー
  • 日本経済新聞出版社 (2017年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532321598

OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜びの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エッセイか自叙伝だと思って読んだらセルフ・ヘルプ本でした。
    序文がとっても感動的で、突然逝ってしまった夫をどんなに愛していたかがすごく伝わってきて、読んでいて胸が熱くなりました。思わず涙がこぼれそうになりましたが、その序文がこの本のすべてでした。あとはひたすら同じ話の繰り返し。

    「オプションB」っていうタイトル、うまいなーと思ってしまった。
    このキャッチ―なタイトルと、著者のネームバリューのおかげで、期待しすぎてしまったのだと思う。
    あのフェイスブックのシェリル・サンドバーグが、いかに不本意な道(オプションB)からキャリアを築いてきたのかが読めるのかなと思いきや、仕事関連のオプションB話は全くなく、序文の話が繰り返されるだけ。途中で飽きてしまい、こんな恵まれてる人のシングルマザーライフとか参考にならんわ、とひねくれたことを思ってしまった。

    序文だけでやめておけば良かったと思った本です。勝手に誤解した私が悪いんですけどね。

  • 最後の章、シェリルに新しい恋人がいる、というような話に、違和感(喜ぶ気持ちよりも、彼女を否定したい気持ち)を感じる自分に気づいた。

    それは、本に書かれているような、未亡人に対する暗黙の期待(未亡人はいつまでも夫を思って嘆いているべき)というよりも、私のあこがれである(くやしいほどにあこがれている)彼女の不幸をこそ喜びたい、ちょっと不幸な彼女でいてほしい、という私の深層心理なのだろう。

    考えを改め、心底幸せでいてほしいと思いますよ。

  • 邦訳を心待ちにしていたシェリル・サンドバーグの『OPTION B』を読んだ。
    『LEAN IN』が世界中の女性を勇気付け、FacebookのCCOとして脚光を浴びていた彼女に2015年に悲劇が訪れる。
    メキシコに旅行中、不慮の自己で夫・デイブ・ゴールドバーグが亡くなってしまうのだ。残された子供2人と、これからの人生をどう歩むべきか。
    「逆境」「レジリエンス(回復力)」「喜び」を主題に、「オプションB(次善の選択肢)」を探っていく。
    予期せぬ不幸に見舞われた人々の言葉と経験、心理学や社会学の知見と理論、なによりもシェリル自身が日々感じた想いから「オプションB」の形と可能性が明らかにされる。
    僕が上記で書いてきた「不定期に訪れる倦怠感」なぞ、この本で紹介される出来事に比べれば取るに足りないものである。それでも「幸せ」や「不幸せ」は相対的なものである。得られる教訓やフレームワークは積極的に学び、生かしていきたい。
    たとえば、本の冒頭で心理学者のマーティン・セリグマンの「3つのP」というフレームワークが紹介される。これは苦難からの立ち直りを阻害する三つの要因のことだ。
    自責化(「Personalization:自分が悪いのだと思うこと)、普遍化(「Pervasiveness:あるできごとが人生のすべての側面に影響すると思うこと)、永続化(Permanence:あるできごとの余波がいつまでも続くと思うこと)である。(『OPTION B』21頁より)
    倦怠感から脱するにあたりキーワードとなるのは、「俯瞰と相対化」だろう。
    全体最適ではなく個別最適に陥っていないか、点検する術として上記のフレームは参考になる。
    全体最適を駆動させるには、「自己効力感」、「前に進んでいる感覚」と言い換えてもいいかもしれない。それを自分が体感できる方法で、日常に組み込んでいく必要がある。人によっては毎日必ず読書をすること、仕事には関係のないプロジェクトを進めること、ランニングをすること、ジムでワークアウトすること、なんでもいい。その多くは習慣に紐付いている。
    習慣を見直す習慣を持つこと、自分の規範は自分で決めること、大きくても小さくても人に話してみること、まずはこの辺りから取り組んでみようと思います。

    https://note.mu/ryh/n/nb07a0e8a4288

  • 今抱えている問題には当てはまりにくかった。
    この本にそう困難にぶち当たったら再度読みたいと思います。

  • ・自分を殺し損なったものが、自分を強くしてくれるbyニーチェ
    ・怒った悪い出来事に関して、自責化、永続化、普遍化することは悪い出来事からの立ち直りを遅らせる

    ネガティブな自分を変えたい、強くなりたいと思って手に取った本。
    もちろん、意識を書いてある通りに変えることは難しいけれど、落ち込んだ時、この本に立ち返って自分の意識をポジティブに変えていきたい。

  • うーん、イマイチ。内容は悪くないんだけど、ダラダラと書き綴っているだけなので、読む気がうせてくる。これはページのデザイン的な問題で、太字などの強調箇所もなく、文字が詰まりすぎているのが一因かもしれない。また、あくまでも著者が個人的に体験したことや、著者の周りの人間に聞いた話を、実際の出来事を交えながら紹介しているだけなので、いまいちエビデンスや説得力に欠ける。なによりも、私自身が著者のような途方もない喪失感に直面した経験がなく、自分ごととして読めないことが原因かもしれない。

  • オプションBとは「次善の選択肢」である。本紙では「3つのP」が苦難からの立ち直りを妨げることを指摘している。

    「①自責化(自分が悪いのだと思うこと。Personalization)、②普遍化(あるできごとが人生のすべての側面に影響すると思うこと。Pervasiveness)、③永続化(あるできごとの余波がいつまでも続くと思うこと。Permanence)」

    「自分で状況をコントロールできる」という意識(コントロール感)をもつと、ストレスに耐える力が高まったというのは、とても印象に残った。

    「苦しんでいる人には『ボタン』が必要だ。オーウェンが自殺してから、アダムは学部生の授業の初日に、自分の携帯電話の番号を黒板に書くことにした。そして、僕が必要になったら24時間いつでも電話してきなさいと、学生に伝えている。学生が電話をかけてくることはめったにないが、いまでは全員がキャンパスで提供される精神衛生面のサポートに加え、もうひとつずつボタンをもっているのだ。」

  • 20171121

  • この手の感動、成功もののなかでも好きではない部類です。庶民には共感しえない感覚のようです。

  • 最愛の夫が死んだとき、どのように耐えるか、成長するかの本。

    人生はバラ色だけではない。次にどうするか。
    レジリエンスとは、苦しみに耐える力。どうすればそれを高められるか。

    オプションAは無理になったら、オプションBを使い倒す決意をする。

    自責の念、普遍化、永続する恐怖、これらから逃れる方法を考える。

    人に体験を話す。辛い人には体験を聞く。むしろ尋ねるほうがその人のためになる。「尋ねない友人」にならない。「オープナー」になる。話したいならいつでも聴く、と伝える。

    騒音を止められるボタンを持つ=自分でコントロールできる状況を作り出せばストレスはなくなる。ボタンは押されなくても、そこにあるだけで価値がある。=友人としてそばにいる、ということを伝えるだけで意味がある。

    なんでもする、という暇があったらなんでもしよう。
    自分が扱ってほしいように他人を扱う、のではなく他人が扱ってほしいように他人を扱う。

    自分への思いやりをもつ。自己憐憫ではない。あやまちはだれにでもある。

    トラウマの後に成長がある。

    感謝の念を忘れない=辛い体験を起点にする。記念日にきちんと感謝する。
    「幸せの扉が一つ閉まると、別の扉が開く。でも閉じた扉を未練がましく見ていると、開かれた別の扉に気が付かない」ヘレンケラー。

    生きている限り希望が持てる、ではなく、希望が持てる限り生きれいられる。

    後悔はやったことよりやらなかったことに感じるもの。

    ユダヤ教では、喪に服す期間は親族なら1年、配偶者は30日。吹っ切って前に進んでほしい、という意味。

全34件中 1 - 10件を表示

シェリル・サンドバーグの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ヴィクトール・E...
シーナ・アイエン...
リンダ グラット...
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜びに関連する談話室の質問

OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜びを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜びを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜びの作品紹介

すべては、著者シェリル・サンドバーグが
休暇先で最愛の夫を亡くした瞬間から始まった――


生きていればだれだって苦難に遭遇する。
そういうとき、考えるべきは「次にどうするか」である。
完璧な人生なんてあり得ない。
だからみんな、なんらかのかたちの「オプションB」を選ばざるを得ない。
この本は、だれもがオプションBをとことん使い倒せるようにするための本である。
――「はじめに」より


「オプションB」とは、「次善の選択肢」のことだ。

だれであれ、「バラ色」だけの人生はあり得ない。
「最良の選択肢(オプションA)」ではなく、オプションBを選ばざるを得なくなったとき
その逆境からどう回復すればよいのか。

夫を失ったシェリルに、友人で著名心理学者のアダム・グラントが教えてくれたのは、
人生を打ち砕く経験から回復するための、具体的なステップがあるということだった。

回復する力(レジリエンス)の量は、あらかじめ決まっているのではない。
レジリエンスは、自分で鍛えることができるのだ。

人生の喪失や困難への向き合い方、逆境の乗り越え方を、
世界的ベストセラー『LEAN IN』著者と『GIVE & TAKE』著者が説く。

OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜びのKindle版

ツイートする