投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識

  • 558人登録
  • 3.97評価
    • (50)
    • (41)
    • (39)
    • (6)
    • (1)
  • 60レビュー
制作 : 貫井 佳子 
  • 日本経済新聞出版社 (2012年10月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532355395

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 良い本なのだろうと思う。しかし、インデックス投資で地道にコツコツと稼げれば良いと思っている一般の人には無縁の本。私も、よほど本気で株を買う時などには、また読もうと思う我、今すぐ読もうとは思わない。

  • リーマンショックの時に最も稼いだ運用会社の人の本。安いときに買って高いときに売るのが基本だけど、個人ではなかなか難しいよね。理論を実践しているこのような人はすごいと思う。

  • 難しかったけど、言いたいことは伝わった。何回も読んだ方が良いかも。上げ相場は冷静に。底値で勇敢に。
    群集と、逆の動きをする。

  • 投資のテックニックではなくしっかりとした考え方、スタンスが言及されており示唆に富む。
    ただし実際に分析し、何を選んでいくかは個々のスキルや経験に依存する。

  • バイブルにされている

  • 即効性のある話は少ない。また、、本書を読めば直ぐに投資で大儲けできると言う本ではないので、それを求めている人は別の本に当たった方がいいでしょう。

    私としては、著者の投資に対する姿勢や考え方には共鳴するところも多い。最近投資信託の商品としては、インデックスファンドで十分との声が大きいような気もするが、著者の様な人が動かすアクティブファンドであれば購入してみたい。

  • 投資初心者ですが、わかりやすく読めた。保守的過ぎるわけでもなく、かと言って向こう見ずなリスクテイカーではなく、バランスの取れた投資とはこういう考え方なのかなという印象を受けた。

  • 市場で平均以上のパフォーマンスをあげるには、投資スキルに頼るしかない。投資スキルを一言でいえば誤りの許容範囲、すなわち「安全域」の設定にほかならない。

  • 基本的なことが書いてあるところもあったけど、
    自分として参考になったのは2点で
    1.リスクとどう付き合うのか
    2.生存バイアスを意識する
    といったあたり。
    特に2は好成績を上げた人が確率的な成功だったのか、
    理由があっての成功なのかを考えるポイントになりそう。

全60件中 1 - 10件を表示

ハワード・マークスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
スティーヴン・D...
ジャレド・ダイア...
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識はこんな本です

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識を本棚に登録しているひと

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識を本棚に「読みたい」で登録しているひと

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識の作品紹介

世界最大級の資産運用会社の創業者が、長年にわたり顧客に送り続けてきたレターを元に、成功する投資哲学を伝授。

ツイートする