人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

  • 3332人登録
  • 3.71評価
    • (293)
    • (481)
    • (375)
    • (89)
    • (35)
  • 600レビュー
著者 : 千田琢哉
  • 日本実業出版社 (2011年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784534048561

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
有川 浩
有川 浩
高野 和明
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。の感想・レビュー・書評

  • サクサク読めて内容も楽しかった♪

    とても説得力があったのが…

    20 あなたの本棚はあなたの将来の鏡 54ページ
    [手前側には自分の建前(ウソ)が、奥側には本音(ホンマ)が隠れています]
    ☆どんぴしゃ!で笑った。ヤバイ。
    手前側→青春ハッピーもの、奥側→太宰、心理学、暗い本ばかり。


    46 「納得してみよう」とすると仕事がうまく回る 112ページ
    [「納得できない」と言っている人は、教えてもらう立場なのにふんぞり返っています。]
    ☆まさにその通りで、この一文で私は随分救われたし、判明してスッキリした!


    色々な本と内容はかぶるけど、読みやすいしわかりやすいので好印象♪ただね、一番最後はキザだなぁ~…と思った。


    借りて時々読み返したいな。

    21 本を借りて読む人は、自分も一生使われて終わる。58ページ

    これを読んで衝撃的だったけど、やっぱり図書館で借りてしまうがメインの私です…。

  • 刊行当時から気になっていましたが、このタイミングで偶然手に取ることがあって読了。
    本書の中に、「あなたと本との出逢いは、どんなに遠回りしたとしてもすべてベストタイミングなのです」という一文がありますが、まさにその言葉の通りだと思います。今読めて、よかった。

    人生で壁にぶつかった時、辛くてしょうがない時、いつも本に助けられてきた気がします。
    本と出逢えてよかった。
    心からそう思うと同時に、著者もそのことを強く強く感じているのが至るところから感じられて、愛読心(なんて、造語ですが)をくすぐられます。

    娯楽としての読書もいいし、勉強のための本もいい。
    けど、辛いときに本から浴びる言葉のシャワーの効果はすごい。涙とかも一緒に流してくれるかのよう。

    改めて読書の素晴らしさを噛み締めさせてくれた一冊でした。私には、本があってよかった。

  • 千田さんの本の中で最初に読んだのがこの本。ぼちぼち本を読んでいる方だと思っていたし、読んでいればいいことあるかな、くらいに思っていた。
    「読書とは本来エロティックなものである」とまで言い放ち、読書とは著者との出会い、対話、果ては絡みであることを激しくも印象的な言葉で示され、終始引きこまれた。数ある千田さんの本の中で、多く「読書とは書いた人の人生の一部を分けてもらうこと」とある。

    確かに人生一人分だけを生きるより、世の中に無数にある本の数だけ考えや軌跡を分けてもらえるなら、本ほどこんなに面白いものはない。
    私がこの本から得たものはその気付き。貪欲にならざるを得ない。

    それにしても千田さんは、大学生時代とはいえ4年間で1万冊読んだって、1日に6~7冊のペースなんだけど(笑) 本当にすごい人だ。

  • 私の出身校は仙台の丸善と金港堂だ。
    この一文にやられました。
    年に何回かある本を読まなくなる時期から抜け出すのにかかさず読むことになりそう。
    短時間で読める内容なので常に本棚に置いておきたい一冊。

  • 本の読み方指南書みたいな感じ。とにかく量を読むことを推奨している。質の高いものだけを読む、という主張は耳触りが良いが、そういうやつは信用ならない。本は100冊読んで1冊良い本に当れば万々歳だと考える。とにかく量をこなすこそ大事で、量の差がいずれ質の差にも影響してくる。本書を読むことで、読書への意欲が大きく高まった。その賦活作用に星5個

    ・ベストセラーを批判するやつほどデキナイやつ。デキルやつはベストセラーから「どうしてこの本が売れたのか」を吸収しようとする。内容もさることながら、表紙イラスト、帯など内容以外の全てからも吸収する。
    ・どんな本からも、良いところを吸収するように心がける。欠点探しは誰にでも出来るのだから。本に限らない。
    ・本に限らず、「今自分がはまっているもの」の話をするとき、正確に内容を伝えようとするよりも、面白かった”空気”を面白く伝えようとした方がうまくいく。感動を共有するようにする方がうまく行く。
    ・うまくいかないときこそ本を読む。あらゆる本は複雑な悩み事を紐解いていくために存在する
    ・膨大な知識を頭にいれて行く。もちろんカオスになっていくが、あるポイントを超えると、それらが自らの知恵として整然と並び始める。そうなると生かしやすい
    ・本を読んだ後、自分なりに内容をまとめてみる。そしてタイトルを自分なりに考えてみる。そういう作業をすることで内容が反芻される
    ・SWOT分析、それぞれ長所、短所、機会、脅威、の頭文字にあたる。会社の分析方法の一つ
    ・情報という断片の集合が知識である。いまや知識はインターネットを通じて素早く手に入るようになったが、知識の段階ではあまり訳に立たない。知識が有機的に結びついた知恵の状態に出来るのは、自分の脳しかない
    ・本の買いすぎで貧乏になることはない。年間300冊読め、と。確かに本への投資はもっとも無駄にならない自己投資である
    ・魚は泳ぐことで、鳥は飛ぶことでそのレゾンテートル、存在意義を表現する。人間は知恵によってそれを表現する。
    ・学問的根拠をあまり待ちすぎると機を逃すこともある。100の学問的根拠を待つより、30の仮想思考(~なんじゃないか?)で生きて行った方が成功しやすい
    ・早朝読書は頭が冴えてよい

    買う本を選ぶ基準
    ・前書きが面白いこと。小説以外の本は前書き以上に本文が面白いことはない。
    ・見出しに目をざっと一分通して、自分の心の琴線に触れる言葉、自分が今抱えている課題に関する言葉があること。
    この二点でよい。面白い作品にはなかなか巡り合えないことを心得る

  • この本のおかげでさらに読書に対するモチベーションが上がった。
    とにかく時間を見つけて書店に行くようになった。
    5つ星では収まらない!
    ★★★★★★★★★★くらい!!

  • 本書は大学入学まで漫画しか読まなかった若く貧しき日の著者が、自腹で1,000万円を投資し1万冊を読破してつかんだ「つまらない人生」を変える超実践的読書術を公開したものです。やっぱり読書はした方が得。

    本を読まない人はまったく読まなくても別に、死ぬわけではないのでそれはそれでいいと現在では思っております。ただ『俺は本なんかよまねぇんだ』ということを何の臆面もなく言う御仁にはじめてであったときは大変ショックでしたね。『あぁ、この世にはそういう人間もいるんだ』と。

    前置きはさておいて、本書は大学に入るまで漫画しか読まなかった筆者が自腹で1000万円をつぎ込んで1万冊の本を読破して、そこからつかんだ実体験をまとめたものです。この本をはじめて手に取ったのは行きつけの本屋で、そこでぱらぱらとめくってみて、初めて読んだのが中谷彰宏氏の本であるという記述から『やっぱりな…』と思ってしまいました。

    お金云々の話はさておいて、生きていてやっぱり面白いなと思えたり、かなりの逆境に陥っても、どうにかこうにか生き延びてきたのは、曲がりなりにも自分も作者と同じような経験(そこまでカネをつぎ込んではいませんが)をしているからだと確信します。

    特に、書斎のある家というのには非常にあこがれていて、僕の知っている範囲では、自分の蔵書を保管するためだけに家を一軒買ったなんて話を聞いていると本当にうらやましいなぁ、と思ってしまうのです。別に、高い服も要らない。高級外車もいらない。いや、できたらあったほうがいいのかもしれませんが、どっちを優先しますか?と自らに問うた場合、間違いなく本を買っているだろうな、という展開になってしまうのです。

    本の中に、大学時代に10円が足りなくて本を買うのを泣く泣くあきらめた』なんていう話がいまだに夢にまで見るという箇所を読んでいると『わかる!』と激しく同意している自分がおりました。はっきり言って、僕が本を選ぶ基準は『勘』に頼るところが多いのですが、ほぼ間違ったことがなかったです。それはやはり、幼少期から積み重ねてきたものがあるんだと自分に感謝しつつ、この本のメインターゲットである20代前半から中盤の学生やビジネスマンの皆様はこに書かれてあることを参考にされてみてみてはいかがでしょうか?

  • これとレバリッジリーディングを読んでから、多読の重要性を理解し、たくさん本を読むようになった。

  • やっぱ読書は最高だ~と思える内容。読んでいることがさらに楽しくなってくるし、読書の存在意義を改めて実感できて読書の良さをかみしめた。読後は爽快感がいっぱい。

  • 読書会に参加した際紹介されて、その日中に購入読了

    ・”読書”の良さを改めて実感できる
    ・読書欲が上がる
    ・読みたい本の新たな探し方知った

    最近あまり読めていなかったので、また再スタートしよう。

    まずド頭の「僕の出身校は、仙台の丸善と金港堂だ」の印象が強い。
    ここで既に「あああ本読みたいいいい」って感情でいっぱい。

    読書で養われるモノ80項目が後に続く。その中で印象に残った、もしくは意識したい点は以下の項目。

    1漫画も堂々たる一ジャンル
    2本を読むと付き合う人が変わる
    3仲良くなりたい人のオススメの本は積極的に読む
    420代の内に30代、40代の予習をしておく

    実際に読書会に参加すると、周りの人々が本当に博識で、私ももっと意欲的に学んで行きたいと思うようになる。良いサイクルを創り出せているなと感じる。

  • 今年本を読み始めた自分にとってはまさにバイブル
    本を読むということ、本を読むことでどうなるかというよくある内容だが読みやすく構成されているので一気の読み切れる
    本を読んでみようかなと思い始める人にはまず初めに読んで見てとお勧めしたい

  • ぼくはこの本に出逢っていなければ、死んでいたと思います。
    比喩でも何でもなく、本当に死んでいたと思います。
    生きていると様々な壁にぶつかることでしょう。
    その壁を乗り越える方法なんてどこにもないようにさえ感じます。
    でも、自分が経験することは過去に誰かが経験しています。
    そしてその経験から得られた知恵を世に遺してくれています。
    それらの知恵は前向きに生きていくうえでヒントとなるはずです。
    本を読んでいれば、人生が輝かしいものにならないはずがない。
    そんなことを教えてくれた本です。

    ぼくはこの本を本当に大切な人にだけプレゼントしてきました。

  • 本はたくさん読んだ方がいいと思うけどこの本は別に読まないでいいと思います。

  • この本に低い評価を付けるのには勇気がいる。その行為は、著者に言わせると幼稚園児なみ、ということになるらしいから。
    何カ月も待って図書館で借りる行為も愚かなことと言われているのに、これ図書館で借りてるし。
    他にも色々断言されてるけれど、そんなことないよって反論したいこともいくつかある。
    著者からは軽蔑されそうだけれど、そんな私でも読書は大好きだ!

  • 本は買って読むべきだと主張する。何年も経ったあと、同じ本を読んだときに、違う部分に線を引きたくなる。成長を感じる。
    素直に理解できた。自分が頭の何処かで感じていたことを、はっきりと言葉にしてくれた。

  • 何よりも、本のタイトルが自分には心強かったので購入。他の読書について書かれた本と併読することで、より読書についての見識が深められました。

    本書から得られたこととしては、
    ○読書にも量→質、質→量のサイクルが必要
    ○自分探しの答えは本棚にある
    ○読書を続けることで付き合う人が変わる
    ○すべてが悪循環のときこそ読書のチャンス
    など。

    後、文中の「99度も熱湯だが、そこで諦めると沸騰には至らない。わずかな差が天文学的な差になる」という例えは読書以外にも通じる素敵な表現だと感じました。

  • 本を読むことのメリットが書かれた本。タイトルに惹かれて購入しました。

    著者はかなりの本好きで、本に対する想いが文字から伝わってきます。
    語り口が強く、断言してくれるので、読んでいて気持ちが良いしポジティブになれます。

  • 本が好きになってから、たまーに、「なんで俺ってこんなに本好きになったのかな?なんでこんなにたくさんお金かけて、たくさん本買ってるんだろう」って思うことがある。
    でも、そこで買い続けるのはやはり自分が本を好きになったからだろうし、自分を変えたいと思ってるからだろうと思う。
    この本を読んで、やっぱ読書っていいなぁと思った。自分で文を書くと思うけど、文章って書くのがすごく難しい。
    相手に伝わりやすく、自分の思ってることを伝えるのは容易ではない。それを、本の著者は乗り越え、本を一冊完成させる。そこには、著者が必死で考え、粘って書いた一つ一つの文章があり、それをたったの千円そこらで買えて、二時間くらいでその自分にとって新しい知識、知恵を吸収できるので、安いもんだなと思う。
    なんか、本書とは関係ないことを書いてしまってるが、この本が本棚にあることで、本の意味を常に考えさせてくれることになりそうだ。

  • 非常に良い刺激になった良本。
    本を読むことを暫く怠っていた自分としてはこの本で得ることは非常に多くあった。
    今読書の虫になりかけている原因の1つ。

  • 大学の四年間で、仕送り、バイト、糸目をつけずに、読書に一千万つぎ込んだとは、あっぱれ道楽息子。一万冊以上を購入したなんて羨ましい。実践的な本の読み方使い方というよりも、本を読むことの精神的意義を滔々と語った本書。見開き完結の歯切れ良い訓誡は、ガツンと心を揺さぶるものばかり。「レバレッジ・リーディング」の本田直之氏や、「本は10冊同時に読め!」の成毛眞氏ほど、挑発的攻撃的ではなく、読書を続けてついに悟りを開いた人こそかくや、と思われるくらい読者には親切で、ご自身は謙虚な印象を受けました。

    どんな読書論の本にも欠かせない推薦図書。冊数が少なく、そのレビューの書き方も簡潔で的確。千田琢哉氏が推薦するのならぜひ読んでみたい!と、紹介文を読んでいるだけでわくわくしました。

    ●本にかけたお金とその人の年収は比例する。
    ●本の買い過ぎで貧乏になった人はいない。
    ●インプットの質は必ず量の上に成り立つ。
    ●モテたかったら読書に限る。本を読んで美男美女になる。

    膨大な読書を続ける中で「お金持ちになるかはわからないけど、一生お金に困ることはないだろうな」と悟った千田琢哉さん。「お金に愛されるとは、余分すぎるほど来ることもなく、足りなくもならないということ」と語った吉本ばななさん。幼い頃「おじいちゃんのようにサンドイッチを売って大もうけする!」と両親に話すと、「おじいちゃんは素晴らしいビジネスマンだったけど、お前が人を喜ばせられる方法は、物を売ることじゃなくて、お話を聞かせてあげることなんじゃないかな?」と諭され、エンターテイメントを志したという映画監督。(Fresh Air より)

    この3人がふと重なりました。根底にあるのは本書にある通り「あなたは自分の何を通して人を喜ばせるのかを考えなさい。」というメッセージなのだと思います。人を喜ばせ、その対価としてお金を受け取り、またそのお金で誰かを喜ばせる。そんな自然な流れを作ることができるのはきっと、自分に正直に、人を喜ばせたいと考え続け、挑戦し続ける人なんだと思います。

  • 何で本を読んでこなかったんだろう!

    そう思いました。
    元々読むのは嫌いじゃない。
    でも、忙しいことを理由に読んでこなかった。

    たった数千円で、人の考え知ることができる。

    これってすごい事!
    もっと豊かな心で生きたいから。
    お金をケチらずにもっと読もう。
    そう誓いました。

  • 【あらすじ】
    ●大学4年間で1000万円を1万冊読破に注ぎ込み、人生を拓いた実体験
     『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』(9刷11万部)、『20代で伸びる人、沈む人』(10刷37000部)など、
    20代向け自己啓発書でヒットを連発する千田琢哉さん。実は千田さんは、高校時代まで漫画以外の本を読んだことがありませんでした。
    ふとしたきっかけから、ビジネス書にハマり、大学4年間にアルバイトなどで稼いだ1000万円を1万冊の読破に注ぎ込みました。その後、頭角をあらわし、
    日本屈指のトップコンサルタントとして活躍したのち、現在は「お金と時間に縛られずに好きなことをやれる」人生を切り拓いたのです。

    ●本と書店を「ツール」にした自己啓発書!
     本書は、そんな著者による20代30代へ向けた、「本」「書店」を軸にした自己啓発書です。
    「同じテーマで好き・嫌い・初めての著者の3冊を買う」「20代のうちに30代向けの本を読む」など、
    「多読&行動」を方法論にした独自の読書術と自己投資のポイントが2ページ見開きで80項目、
    具体的なアクションプランとともに実践しやすくまとめられています。

    ●残業するより書店に足を運んだほうが給料は増える
     また、「残業するより書店に足を運んだほうが給料は増える」「本を読み続けると付き合う人のランクが上がる」など
    若いビジネスパーソンの読書へのモチベーションを高める言葉も満載。昨今増えている「人生をつらい」と感じている人、
    人生の指針を求めている人に、ぜひおすすめしたい一冊です。

  • とにかく本が好きな人は、共感できる部分が、多いのではないでしょうか。
    いろんな視点で読書をする。
    そして、知識、知恵として、蓄えていく。実践していく。
    著者が長年想ってきたことや、研究してきたこと、実践したことを、千円前後で読むことができる本という存在は、私も本当に素晴らしいと想います。

  • 「つらいときこそ本を読め!」という帯のコピーにつられて3回立ち読みしたので買いました。
    私の家族は本を買うことに対して贅沢とか、もったいないとか言うので、そんな自分を肯定して欲しくて読んだというのが本音です。
    そんな私にはまさにぴったりの本で、本を買ってたくさん読みたい、またそうすべきだと感じさせてくれる一冊でした。
    やや断言しすぎな表現も目立ちますが、読書へのモチベーションを確実にあげてくれます。
    4年間で1万冊読んだという著者の読書経験に脱帽。その圧倒的な行動だけでこの人の言うことを聞いてみようと思わせてくれました。

  • 私は読書好きだが、あまり共感できなかった。書いている事、理想は分からなくもないが、かなり具体性に欠け、一方的な印象を受けた。軽い!
    きっと、私がビジネスマンではないからだろう・・・

全600件中 1 - 25件を表示

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。に関連するまとめ

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。を本棚に「積読」で登録しているひと

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。はこんな本です

ツイートする