食の軍師 (ニチブンコミックス)

  • 274人登録
  • 4.06評価
    • (33)
    • (37)
    • (21)
    • (3)
    • (0)
  • 35レビュー
著者 : 泉昌之
  • 日本文芸社 (2011年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784537127072

食の軍師 (ニチブンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 常連として店で食べるというのに少し憧れるどころでなく、その店の食べ方がわかっているフリをして空回りする姿がたまりませんね。そして、勝手に相手に軍略を仕掛けての負けっぷりも素晴らしい。っていうか、これを読んでも、この通りに食べる事はまずないというのが食の漫画として新たな地平なのかもしれない

  • 主人公・本郷播を知ったのは雑誌「バラエティ」(休刊)の短編小説。回転寿司屋に入り、向かいに座る男を勝手に敵と定め蘊蓄を傾けながら寿司を食べ最後は勝手に敵に敗北する。といった内容でした。
    あれから時は経ち、相も変わらず同じ事を繰り返す本郷播…最高!!

  • これを読んでから寿司やおでん、焼肉を食べるのが楽しく仕方ない。何度も読んでしまう一冊。

  • 死ぬほどどうでもよくて超おもしろい!なぜ旅行に‥おもろい

  • 読むと一人飲みが楽しくなる。久住さんの食へのこだわりはデビュー作の時からいい意味で全く変わっていない。やはり絵は泉さんがベストマッチだと思う。

  • いいから黙って食えよ、と思いつつも、豚カツや卵かけご飯の食べ方を真似したくなる、そんな漫画。
    なんで諸葛亮なのかずっと判らなかったんですが、大分経って「食の軍師」≒「蜀の軍師」な事に気づきました…。

    祐天寺は、ナイアガラ以外の店も、だいたいあの辺りかな?と思わせてくれる感じで良かったです。

  • めちゃくちゃおもしろい。ご飯漫画で初めて心底いいと思った。ギャグだけでなく、本当におなかがすいてくる。みんなこういうものを求めて、読むのか。

  • オヤジのこだわりグルメを三国志に乗っけてテンションで押しきるぜ系読み物。三国志もグルメも好きで面白いが、テンション押しだけでなくもう少し、料理知識やストーリーの深みが欲しいところ。

  • 「食の軍師」
    TOKYO MX 水曜23時30分
    出演:津田寛治、高岡奏輔、篠井英介
    http://s.mxtv.jp/gunshi/

  • 力石かっこいいなあ。

全35件中 1 - 10件を表示

泉昌之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

食の軍師 (ニチブンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

食の軍師 (ニチブンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

食の軍師 (ニチブンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

食の軍師 (ニチブンコミックス)のKindle版

ツイートする