ポジティブ・チェンジ

  • 426人登録
  • 3.86評価
    • (28)
    • (51)
    • (35)
    • (5)
    • (0)
  • 47レビュー
  • 日本文芸社 (2015年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784537261271

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
メンタリストDa...
メンタリストDa...
有効な右矢印 無効な右矢印

ポジティブ・チェンジの感想・レビュー・書評

  • 同じ著者が書いた『超集中力』がかなりよかったので、こちらも読んでみましたが、結構普通でした。
    たぶんそう思ったのは、というか読後に気付いたのですが、読書の私自身が結構ポジティブだから今更感があったのかもしれません。
    ポジティブに考えようと努力するよりも、まず行動せよ!というのは、実体験上よくわかります。
    とっとと行動した方が、失敗したとしてもリカバリーできるし、嫌な気持ちが増幅しないので、自分自身自然とそうしていました。
    個人的には、近頃恥ずかしいことをしていないので、やってみようかと思います。というか、早くやらなきゃ!

  • 「ポジティブ・ジェンジ」
    著者:メンタリストDaiGo   発行日:2016年10月10日
    評価:★★★★☆
    読破冊数:18/100冊


    ◼︎こんな人におすすめ
    ・ポジティブになりたい人
    ・行動できる人間になりたい人


    ◼︎内容紹介
    自分を変えるのに頭も根拠も希望もいらない! 時間・言葉・友人・モノ・環境・外見・食事。7つのスイッチで、あなたは激変する!
    メンタリストDaiGoが実践した超変身法を初公開! 心理学と脳科学の最新研究を駆使。楽しみながら自分を変える「ポジティブ・チェンジ」で「なりたい自分」になる方法を教えます。たった5週間で人生を変える最強の心理術。
    [潜在能力を最大限に引き出す5週間トレーニング]
    1週目……A4の紙に自分を書き出す。
    2週目……「新しいこと日記」をつける。
    3週目……「めんどうくさい」を行動のサインにする。
    4週目……「超恥ずかしいこと」をやる。
    5週目……敵を利用する。
    読者限定無料特典 メンタリストDaiGoの特別解説動画をプレゼント! 「ポジティブになる口グセとは?」
    この本を読めば、変化の過程自体が楽しさ、面白さ、ワクワク……といったポジティブな感情に満たされるようになります。これまで誰も教えてくれなかった、本当に変わるための方法を、あなたに教えましょう。――メンタリスト DaiGo(プロローグより)

    出版社からのコメント
    人の心を読み、行動を操る人気メンタリストのDaiGo先生。
    DaiGo先生は、少年時代、いじめられっ子でした。つらい、いじめを克服するためにメンタリズムの技術を身に付けたといいます。
    「人は誰でも簡単に変身できる」というのは、メンタリストDaiGo先生の信念です。心理学のさまざまな法則と技術を使い、あなたの人生を変える画期的な方法を教えます。

    内容(「BOOK」データベースより)
    たった5週間で人生を変える!最強の心理術。時間・言葉・友人・モノ・環境・外見・食事7つのスイッチで、あなたは激変する!メンタリストDaiGoが実践した超変身法を初公開!心理学と脳科学の最新研究を駆使。楽しみながら自分を変える「ポジティブ・チェンジ」で「なりたい自分」になる方法を教えます。

    著者について
    メンタリスト DaiGo(めんたりすと・だいご)
    慶応義塾大学理工学部物理情報工学科卒業。人の心を作ることに興味を持ち、人工知能記憶材料系マテリアルサイエンスを研究。大学在学中にイギリスのメンタリスト、ダレン・ブラウンに影響を受けて、人間心理を読み、誘導する技術メンタリズムを学び始める。英国発祥のメンタリズムを日本のメディアに初めて紹介し、日本唯一のメンタリストとして数百のTV番組に出演。現在は、パフォーマーとしてではなく、人間心理の理解を必要とする企業コーポレートアドバイザーや作家・講演家として活動中。ビジネス、話術から恋愛、子育てまで、幅広いジャンルで人間心理をテーマにした著書は、累計90万部を突破。
    主な著書は、『一瞬でYESを引き出す心理戦略。』『男女脳戦略。』(以上、ダイヤモンド社)、『人を操る禁断の文章術』(かんき出版)、『限りなく黒に近いグレーな心理術』(青春出版社) など多数。
    ●オフィシャルサイト http://daigo.me/
    ビジネスやコミュニケーションに使える心理術を無料公開中。
    詳しくはメンタリストDaiGo公式ニコニコチャンネルhttp://ch.nicovideo.jp/mentalistまで。

    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
    メンタリストDaiGo
    慶応義塾大学理工学部物理情報工学科卒業。人の心を作ることに興味を持ち、人工知能記憶材料系マテリアルサイエンスを研究。大... 続きを読む

  • ◯もしも私が(中略)という目標に向かって頑張ったとしたらどうでしょう。もしそんなことをしたら、おそらくトレーニングは続かなかったはずです。(8p)

    ◯準備が完了することなど永遠にありません。(32p)

    ◯「めんどうくさい」と感じたら、それを行動のサインにするだけでいい。それだけで、あなたは周りにいる人たちのなかから抜きん出る方向へ変化することができるのです。(215p)

    ★変わるための方法を書いた本

  • なりたい自分になるには頭はいらない!考える前に行動。なるほどー。考えるから変われないのですね。テレビに出てるときもダイゴさんってあまり見たことがなかったけど読んだ甲斐がありました。

  • 行動するために思考を変えるのではなく、思考を変えるために行動するのが正しい…というのは知っていたけれど、具体的にそれらを実行するための具体的なテクニックが紹介されていたので面白かった。そのうちもう1回読み直しておきたい。

  • 2015年・2016年と立て続けに物事が上手くいかず自信を無くしていたこと、以前からDaiGOさんの本を読んでみたかったことから、今年最初の読書に本書を選びました。

    結論としては、「たくさん自己啓発読んでいるのにポジティブになれない」「変わろうと思っているのに、やり方がわからない」という人にはとてもおススメできる一冊だと感じました。

    「思考を変えれば行動が変わる」のではなく、「行動を変えれば思考が変わる」という一番のメッセージを伝えるべく、時間・言語・食事など7つの視点から脳科学に基づいたアドバイスを伝えてくださるので、シンプルかつ説得力があり、読み終わるころにはやる気スイッチがONになっていること間違いなしです。

  • 気持ちを変えるには、「行動」を変えること。
    やる気があるから行動を起こすのではなく、
    行動を起こすからやる気が出る、みたいなよく言われる話。
    自分を変化させ続けるために、
    毎日新しいことをして、
    「新しいこと日記」を書こうというのが、良いなって思った。
    「早起き」については、私は無理とあきらめる。
    早起き、体調悪くなるんだよね。

  • 参考にしたいところが多々あった。しばらく時間を置いた後でもう一度読み直したい。

  • 行動が全て。人は考えると行動しなくなる。

  • 心をオープンにすれば、
    自分を変える一歩を、
    後ろから突き飛ばされる感じの本です。

  • メンタリストDaiGoさんの本ですが、始めて手に取りました。

    ずっと気になってた本なんですが、やっと読む事ができました。

    内容は、かなりいい事が書かれている気がします。
    自分にはちょうど良い本だったのかもしれません。

    考えるより行動することがなにより大切だと
    作業興奮の原理を元に説明されてます。


    ・行動がネガテイブな感情を排除する。
    不安や恐れなどの感情が湧いてきたら、とりあえず何かする。
    やる気が出たから行動するのではない。
    行動し始めてからやる気が出るのだ。


    確かに、やり始めると案外進む事あるもんね!

    普通、やり始めるまでが長いのだけど、そこの対策も説明されてます。

    なんとなくわかっている事かもしれないけど、言葉にすれば、はっきりと分かるかもね!

  • 考えてる暇があったらとにかく行動しろ。以上っ!(笑)

  • これまで考えすぎてがんじがらめになっていた。
    もう考えるのは辞めようと思う。
    ひたすら行動あるのみ。

  • メンタリストDaiGo さんの本は何冊か読んでいるのですが、この本が今のところ一番好きでした。

    大人になるとあまり色々なことに挑戦しなくなってしまうけど、些細な本当に小さな「新しいこと」に挑戦してそれを日記に書く。

    言葉使い、ラインやメールで使っている言葉を見直す。そういう自分でもできそうな事がたくさん書かれていたので、読んで良かったです!

    さっそく今日は、いつもスマホで聴いてる曲を入れ替えて新しい自分にチェンジしようと思っています!

  • さまざまな心理テクニックや成功者の事例が簡潔にまとめられている。ただ一方で、どこかで聞いたり読んだりしたことのある知識ばかり。ということは、自分を変える知識もチャンスもすでに持っているということ。
    この系統の本に時間を費やすのではなく、次のステップに進むべきだ。

  • この本を読んでDaiGoさんに対する印象がかなり変わりました。
    テレビで拝見するイメージに対し、本書で感じたイメージは努力家で行動力のある方だと感じました。
    ご自身を変えるために、大きな努力をされてきたのだと推察します。

    変化に対して抵抗する人間の本能と、アドラー心理学 目的論に基づき、自分を変える方法を紹介した一冊。
    計画や準備ではなく、行動がすることで変化を起こす、
    何よりも行動することの大切さを意識させられました。

    具体的に何を変えればいいのかについても7つのポイントから紹介されており、実践方法も書かれていました。

    変わるためにいろいろ試行してきたが、変われなかったという方に、今までとは違う方法での変わり方を提供してくれるという点でオススメの一冊です。

  • 自分を変えるのに最小限の条件はなんだろう?と考えるというのは、うまいやり方。

    とりあえず、1つだけ変える。小さくてもいいからかえる。

    やってはいけないことをやらないためには、考えることが有効。

    仕事中の雑念は書いて手帳に貼っておく。

    自分は変われる、といったことに根拠はなくていい。

    自分をかえるために必要なことは、考えることではなく行動をかえることである。
    1.時間2.言葉 3.友人 4.モノ 5.環境
    6.外見 7.食事

    悪い例>英単語を1日に10個覚えよう
    良い例>朝食の前に、英単語を10個覚えよう

    寝る前の出来事は、記憶に残りやすい。

    多くの人が見ているテレビやインターネットのニュースを見れば見るほど、思考はどんどん普通の人になっていきます。

    朝昼晩の食事は5対3対2

    面倒くさいと感じたらすぐ行動を繰り返しているとそのうちなれる。

    恥ずかしいことの代表はしっぱい。大失敗になれる。

    愚者が友人を利用する以上に、賢者は敵を有効に利用する。

  • 変化するには行動しなければならない。
    行動した結果でしか、変わったことを実感できない。

  • “思考より行動ありき“
    とにかくまずは行動してみよう。

    私は、ついつい先走って考えすぎてしまい、実行するのをためらうことがありますが、自分の取りかかりやすい小さなことから始めてみようと思いました。

  • メンタリストDaiGoさんの本は『自分を操る超集中力』に続き2冊目。

    『超集中力』と出版年月が近いので重複した内容が多く、またあちらの方が新しいので、より掘り下げてある印象。なのでどちらか一冊を買うとすれば『超集中力』を勧める。

    ただ、この『ポジティブ・チェンジ』の方が人間関係に関する知恵は多いような気がするので、他人との関係も見直したい人は2冊買う価値はある。

  • こういう啓発本あまり読まないけど、面白かった。最近時間ないなーってぼんやり思ってたけど、1日の時間の使い方を見直すことができた。無理にやる気を起こさせるのではなく、今の自分を見つめ直すことにより、変わるためにはどうすべきか、自然と気づき行動に移せるようになる、ということか。

  • 自分の生活を豊かにしたい!そんな願いは誰しもが持っているはずです。この願いを脳科学的な心理学で叶えてくれるのがこの本です。
    例えば、人間は早寝早起きをするのは良いことだと聞きますが、これは科学的にも証明されているのです。生活習慣が整えられるだけでなく、人間は夜になればなるほど不安な心情に陥りやすくできており、それに対処できるのです!
    この本を読めば、自分の生活を、そして人生を幸せに変えてくれるはずです!
    蔵書なし
    ハンドルネーム⇨BAZZ

全47件中 1 - 25件を表示

ポジティブ・チェンジを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ポジティブ・チェンジを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ポジティブ・チェンジを本棚に「積読」で登録しているひと

ポジティブ・チェンジの作品紹介

お金や成功を手に入れるのに努力はいらない! 7つのメンタリズムであなたは劇的に変わる! 人の心を操るメンタリストDaiGoが自ら実践した、誰でも簡単に、なりたい自分に生まれ変わる、究極の心理法則を解説します。

ポジティブ・チェンジのKindle版

ツイートする