レジリエンス:こころの回復とはなにか (文庫クセジュ)

  • 26人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 阿部 又一郎 
  • 白水社 (2016年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560510094

レジリエンス:こころの回復とはなにか (文庫クセジュ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レジリエンスを批判的に検討している。それはバラ色の概念ではなく、様々な危険性をはらんでいる。

    回復できない人たち、一見回復したかに見えてしまう人たちに対する眼差しが重要だ。

    ・レジリエンス研究の三つの波。個人の素質、過程、力(あるいは適正、性向。個人、環境両方を含む)。
    ・ジュリアス・シーガルのヒューマン・レジリエンスの根源:1.コミュケーションの向上、2.率先して対人関係を主導する、3.罪悪感に屈しない、4.体験してきたことに意味を与える、5.似たような体験を経てきた人たちとのつながりを築く
    ・攻撃者への同一化の過度な適用の仕方
    ・あるタイプのアタッチメントをもつ子ども7割が、頼りにする大人の様式を共有している。
    ・レジリエンスの時代適合的な四つの傾向。1.人間生活への懸念、2.自らの過去よりも、むしろ現在や将来的計画によって自己規定する。3.否定面よりも肯定面に関心を持つ、4.治るのに心の専門家はいらない
    ・1.モラル的立場を助長する危険性、2.世代間に引き継がれるトラウマの過小評価、3.心的構築におけるトラウマの多様性とノンヒューマンな環境の役割をしばしば無視すること、4.トラウマによって最も多く引き起こされる症状でありながら、創造や創作として知られた形式によるトラウマの解決を理想化する傾向、5.観察・説明・予測についての相違をごちゃまぜにする、6.目標を定めた予防策を組織するという口実の元、社会統制を補強しうる情報収集の実施。
    ・トラウマを受けた人に介入するものにとって、第一の特質は、レジリエンスのプロセスを統制して導こうとする願望を断念すること。
    ・問題が解決したように見えるとトラウマにまつわる症状が出現することも希ではない。
    ・あなたはいかなるレジリエンスについて語っているのか。疫学者、認知科学者、精神分析家、道徳家?
    ・レジリエンスは傷ついた個人や集団が、それぞれ自由に扱える資源を用いて自ら引き受けられるよう、新たな計画を描けるよう促す。
    ・2010年の国連のレジリエンスの定義は見当たらない・・・2007年ならば「Resilience:The ability of a system, community or society exposed to hazards to resist, absorb, accommodate, adapt to, transform and recover from the effects of a hazard in a timely and efficient manner, including through the preservation and restoration of its essential basic structures and functions through risk management. (30 Aug 2007)」

全1件中 1 - 1件を表示

セルジュ・ティスロンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミヒャエル・エン...
村田 沙耶香
リンダ グラット...
稲垣 えみ子
エラ・フランシス...
菅付雅信
有効な右矢印 無効な右矢印

レジリエンス:こころの回復とはなにか (文庫クセジュ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

レジリエンス:こころの回復とはなにか (文庫クセジュ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レジリエンス:こころの回復とはなにか (文庫クセジュ)を本棚に「積読」で登録しているひと

レジリエンス:こころの回復とはなにか (文庫クセジュ)の作品紹介

しなやかにはね返すレジリエントなこころとは
 普段の生活に突然なにかが起こる。あなたは落ち込むこともあれば、自分の殻に閉じこもったり、病気になったりする。けれども再び立ち直ろうとしたり、坂道を上ってゆこうとする時はいずれやってくる。「レジリエンス」という理論が導入されるまでは、カタストロフが発生した後、どうにかして早く落ち着きを取り戻そうと努めなければならなかった。レジリエンス概念によって、カタストロフが発生する前よりも後の方がはるかに良くなれる、と考えられるようになった。
 このように「レジリエンス」とは困難をのり越え、自らを構築し続ける能力を表わす。さまざまな領域で使われているため、その言葉がさし示すものも多様である。本書では、レジリエンス研究の歴史をふり返り、この言葉の定義や使用法をめぐる相違点について指摘する。臨床的な観点からみたレジリエンスとは。

レジリエンス:こころの回復とはなにか (文庫クセジュ)はこんな本です

ツイートする