ねえ、どれがいい? (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

  • 346人登録
  • 4.09評価
    • (30)
    • (36)
    • (11)
    • (3)
    • (2)
  • 43レビュー
制作 : John Burningham  まつかわ まゆみ 
  • 評論社 (2010年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784566001985

ねえ、どれがいい? (評論社の児童図書館・絵本の部屋)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もしも…………。

    君の家のまわりが変わるとしたら、
    洪水と、大雪と、ジャングルと、どれがいい?
    迷子になるならどこがいい?
    どの動物と暮らしたい?

    自分なら、一体何を選ぶでしょう。
    いろんな例を出しながら、「どれがいい?」と聞いてみる。読み手と聞き手が一緒に答えながら楽しめるので、読み聞かせにオススメの絵本です。

    ***

    あんまり賑やかなクラスだと騒がしくなっちゃうので注意が必要。
    でも、一年生の一番初めとか、場を和ませたいときなら良いと思います。
    読む場合は、先生にも「今日の絵本はちょっとガヤガヤするかもです、あまりうるさくなったら助けを求めますね」とか言っておくといいかも?

  • どれもイヤだけど発想が豊かで面白い。読む都度子供の選ぶ選択肢が違ったりするので新鮮でした

  • 2009/3/4

  • 5:10

  • ①2013年度25分
    ②2014年度3-1朝学

  • どれがいい?と次々でてくるアイディアは、どれも奇想天外で、子どもが大喜びしそう。
    どれも丁寧に絵で表されてて、驚きの状況に飄々とた風情で応じている様子もなんだか面白い。
    大勢の読み聞かせに向きそう。

  • 子供の読み聞かせにはぴったり。
    ぜんぶいや!と大盛り上がりでした。

  • 読み聞かせにも楽しい絵本です。集団で読む時は長くなるので抜粋して読んでいます。子どもたちの想像する姿も楽しくなる絵本です。

  • こどもにとっての究極の選択ばかりの、問いかけ式絵本。

    「どれを手つだう?ようせいのまほう、小人のたからさがし・・・」なんていうすてきなお題から、「どれならたべられる?くものシチュー、かたつむりのおだんご・・・」などと恐怖の質問まで。

    大人も子どもも、うんうん迷って悩んで、大盛り上がり間違いなしの太鼓判です。
    子どもの発言をさえぎらずに、たっぷり聞いてやりながら、一緒に楽しまれることをお勧めします。

  • 1冊目 8分

    2冊目は深い内容を選書したので1冊目は軽く楽しい絵本にしました。

    クラスのみんなに「ねぇ、どれがいい?」と聞きながらとんでもない選択肢の中から答えてもらいました。みんな楽しそうにワイワイ笑顔いっぱいに答えていました。最高学年でも素直に受け入れて朝から笑顔にしてくれる絵本です。

全43件中 1 - 10件を表示

ジョン・バーニンガムの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かがくい ひろし
マージェリィ・W...
酒井 駒子
トミー=アンゲラ...
にしまき かやこ
ポール・フライシ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ねえ、どれがいい? (評論社の児童図書館・絵本の部屋)に関連する談話室の質問

ねえ、どれがいい? (評論社の児童図書館・絵本の部屋)に関連するまとめ

ねえ、どれがいい? (評論社の児童図書館・絵本の部屋)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ねえ、どれがいい? (評論社の児童図書館・絵本の部屋)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ねえ、どれがいい? (評論社の児童図書館・絵本の部屋)を本棚に「積読」で登録しているひと

ねえ、どれがいい? (評論社の児童図書館・絵本の部屋)の作品紹介

「ねえ、どれがいい?」と聞きながら、つぎつぎ出されてくるのは、とんでもない選択ばかり。子どもたちは「どれもイヤ」といいながら、大喜びであれやこれやなやみます。長いあいだ愛されつづけてきたベストセラー絵本の改訳新版。

ねえ、どれがいい? (評論社の児童図書館・絵本の部屋)はこんな本です

ツイートする