道をひらく

  • 5115人登録
  • 3.93評価
    • (533)
    • (482)
    • (509)
    • (49)
    • (15)
  • 493レビュー
著者 : 松下幸之助
  • PHP研究所 (1968年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569534077

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
板倉 雄一郎
アレックス・ロビ...
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

道をひらくの感想・レビュー・書評

  • とても胸に突き刺さった。
    その生き方がカッコいいとも思った。
    何度も読み返したいと思える本でした。

  • この本は家庭に1冊あったらいいですね。
    いろいろと勇気づけられるし、読むだけで心が浄化されていくように感じる。
    子どもにもいずれ贈ってあげたいと思った。

  • ●幸之助さんの著書は精神世界ではより初歩的で世俗的、大衆的なイメージがあり手を伸ばしてこなかったが、本書はとても価値高く感じている。それは私が社会の中で対組織の任についたことも影響しているだろう。これは社会人が読んでこその書だと思う。
    ●素直さと勤勉さの大家から発せられた珠玉の言葉は詩集のように、社会の波に打ち寄せられた心を癒し励ましてくれる。これはまさに、ビジネスマンの聖書なのだ。そしてまた日本の未来のために思い返すべき指針であろう。
    ●逆境であれ、順境であれ、その与えられた境涯に素直に生きることである。
    ●ちがうことをなげくよりも、そのちがうことのなかに無限の妙味を感じたい。無限のゆたかさを感じたい。いろいろの人があってよかった。さまざまの人があってよかった。
    ●考え方はいろいろあろうが、時にこうした心境にも思いをひそめてみたい。
    ●善意に基づく策であっても、それが策を弄し、策に堕するかぎりは、悪意の策と同じくまた決して好ましい姿とは言えないであろう。
    ●昔の武士が深く恥じたように、止めを刺さない仕事ぶりを、大いに恥とするきびしい心がけを持ちたいものである。
    ●それでも彼らが、身の危険にさらされながらも、果てしない原野をかけめぐっているときのしあわせを、時に心に浮かべているような気もするのである。
    ●手を合わすという姿は、ほんとうは神仏の前に己を正して、みずからのあやまちをよりすくなくすることを心に期すためである。⭐

  • 松下幸之助金言集。
    父親の本棚にも同じ本があって,随分前に読んだおぼろげな記憶があるが,社会人になってから読んでみるとやっぱりこの人ってすごい!って思う。
    僕が生まれる10年以上も前に発行された本だがいまだに色褪せていないというのは,我々が彼の求めているところにまだたどり着けていないからなんだろうな。。。

  • 最近かばんにいれてる。お守りみたいな本。アドラー心理学にかぶれている今、松下さんの言葉からもアドラー的な考え方がほとばしっているように感じ、余計に聖書化している。田舎の一介のオバちゃんでも、こころの支えは必要なんじゃよ。

  • ここでわざわざ批評するまでもなく
    素晴らしい内容だった。

    日々読み返して、人生の教訓とする
    教科書としたい。

  •  素直に、謙虚に生きることを説いた本作。読んでいると、今自分に何が足りないのかがよく分かる。読む年齢、タイミングによって胸に刺さる部分が変わりそうな、そんな一冊。

  • 社会人ならば一度読むべきと購入したまま、所々読んでそのままになっていた一冊。
    経営者の本は幾つか読んだけど、やはり全てに通じるものがある。
    道、生と死、などが心に沁みたが、一つ一つが教えになっている。
    読んでいると心穏やかに健やかになる。

  • 幸之助翁の本はどれを読んでも分かり易く、理解しやすく、簡単な言葉でありながら本質が深い。。これも非常によい1冊です。しかも幸之助翁の本はブックオフの100円コーナーにもたくさん並んでいるので、そこで買って充分です。。古さがまったく問題にならない本ですから。

  • ◾︎わからなければ、人に聞くことである。己のカラにとじこもらないで、素直に謙虚に人の教えに耳を傾けることである。それがどんな意見であっても、求める心が切ならば、そのなかから、おのずから得るものがあるはずである。

    ◾︎働くことは尊いが、その働きにくふうが欲しいのである。創意がほしいのである。額に汗することを称えるのもいいが、額に汗のない涼しい姿も称えるべきであろう。怠けろというのではない。楽をする工夫をしろというのである。楽々と働いて、なお素晴らしい成果があげられる働き方を、お互いにもっと工夫したいというのである。そこから社会の繁栄も生まれてくるであろう。

    ◾︎命ぜられた通りにやって、その通りにうまくいったのだから、もうそれでよいと考える人。いやたとえ命のままにやったとしても、その結果は一応キチンと報告しなければならない、そうしたら命じた人は安心するだろうと考える人。その何でもない心がけ、ちょっとした心のくばり方のちがいから、両者の間に、信頼感にたいする大きなひらきができてくる。

    ◾︎命じたからには、これを追求しなければならぬ。どこまでもトコトン追求しなければならぬ。それが命じた者の責任ある態度というものであろう。


    ◯与え与えられるのがこの世の理法。
    多く受けたいと思えば多く与えればよい。

  • なんとも心が落ち着きます。

  • 全てに納得できるわけではないけれど、自分を省みる機会になったと思う。
    手元においておきたい。

  • 思考の整理学や、ドラッガーの本に近いものを感じた。「世界の経営学者は今何を考えているか」においては、科学的なものではないとして一蹴されるところもあるだろうけれど、さすが松下幸之助!という大事な考え方。個人的にはYouTubeに流れるスピーチのほうもグッとくるので、ぜひ見て欲しいっす!

  • 多くの啓発本とは違い、小手先の言葉の巧さというよりかは、端々に、えも言えない重量感があったように感じました。戦後から高度成長期を越えて、今の日本の基盤を築きあげた気概が滲み出ているからでしょうか。日本の行く末を本気で憂い、日本の気質、風土に誇りを持ち、そして、なにより、本気で日本全体を明るくしたいという願いを昭和を生き抜いた人は強く持っていたのだと思います。昨今は自分の身の回りの世界を大事にするのでも大変なのですが、日本全体の世界を豊かにしたいという切なる先人の想いは踏襲していかなければならないしれません。時代をつくってくれた先人に感謝ですね。

  • すでにたくさんの人が読んだ本だと思いますが、ようやく僕も読みました。人柄と人物の大きさがよーく伝わってくる名著。これは、わるいけど誰にもあげずに自分の一冊として引っ越しても持って行く。見開きで1編が終わるので、たびたび、人生の節目と言わず空き時間に読んでも心の調整できると思いました。すごい人だ。松下さん。お会いしたかった。こういった本を残してくれてありがとうございました。

  • 松下幸之助の言葉は具体的なのに普遍的。
    何度読んでも気づきがある。その時々の求めているもの、悩み、心の状態に応じてこたえてくれる。時に励まされ、諭され、戒められる。やはり松下幸之助は凄い人だ。

  • 松下幸之助氏のベストセラーとなっている書籍。

    組織人であるならばとにかく読むべし。

    心に届くメッセージ多数あり。

  • うらやましい。この人の思考回路を自分の頭にダウンロードしたい。

  • この意識の高さ、ハンぱなソニック。

  • 何かの折に読み返そう。きっと、勇気を与えてくれるはずだ。

  • ふとした空き時間にぱっと開いたページを読む。
    そこには素敵な気づきが隠れている。

  • 2011/8/26
    精神論として基本的な大事なことが書かれている。
    生きて行く上で大切にしていきたい内容である。

  • 道開けます。仕事用のバックに常に入っている1冊。困難にぶつかった時、落ち込んでいる時、まさに道に迷っている時など、すべての迷いに対して一種の答えが載っている本だと思う。貧困の幼少期を過ごし、その人生の経験から色々なことを学び、世界のパナソニック(松下電機)を1代で作り上げた松下幸之助。現代版『豊臣秀吉』だと言っても過言ではない人物だと思っている。個人的にビジネス書は「ノウハウ」よりも「経営者の自伝」を読むことが多い。そこには少なからず「リアル」があるし、人間の可能性の大きさへの希望が持てるから・・・。そんな中でやはり松下幸之助の本は、経験値がハンパじゃないと感じるが故に何度も読み返してしまう。本当に過酷な経験をたくさん経験した上でもポジティブに物事を考え、実現してきた松下幸之助。ただただ感服。

  • 松下幸之助の言葉。重く、温かく、勇気をもらえる。心が疲れたら何度でも読み返したい一冊。

  • ものすごくいいことばかりが書いてあった。
    気がする。
    読んでからかなり月日が経ったからなぁ。勘弁してちょ

全493件中 1 - 25件を表示

道をひらくを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

道をひらくの単行本(ソフトカバー)

道をひらくのKindle版

ツイートする