「朝30分」を続けなさい! (PHP文庫)

  • 266人登録
  • 3.56評価
    • (15)
    • (29)
    • (33)
    • (7)
    • (2)
  • 39レビュー
著者 : 古市幸雄
  • PHP研究所 (2010年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569674117

「朝30分」を続けなさい! (PHP文庫)の感想・レビュー・書評

  • 当たり前のことが挑発的に書いてある。自分のためにやるから続かない、はビックリした。何を勉強すればよいのか、読んでもわからなかったけれど衝撃的な一冊。

  • 反復による無意識への学習効果や、朝方の優位性など、内容には同意だが、新たな気づきは少ない。
    学習効果へ、勉強時間が自乗で寄与するという理論は感覚的には分かるが、理由付けが乏しい。

  • 「1日30分を続けさない」が素晴らしかったのでこの本も読んでみました。

    文章はかなり辛辣ですが伝えていることはまさに的確かつ真理です。

    私も朝に色々と作業をすることが多いのですが時間の使い方をこの本を参考にやってみたらさらに効率アップしました。

    当たり前のことを続ける、ということの大切さがよくわかります。

    目標に向かう為のモチベーション維持の為にも定期的に読むと良いかもしれません。

    非常におすすめ。

  • まとめたらいらない

  • 当たり前のことを毎日続ける

    30分でいいから毎日コツコツと
    効果がでるのは15ヶ月後

    良書はボロボロになるまで何回も読む

  •  つい読んでしまった。しばしばため息を出しつつ、1時間程度でさらりと。おっしゃるとおりである。やりましょう。

  • 課題図書的に勧められたので読んだのだけれど、なぜ勧められたのか謎。朝は効率良いです、質より量です、を前半に押し出しつつ、ひたすら「うだうだ言ってないでコツコツ繰り返し勉強しなさい」ということを言ってるのみ。
    15ヶ月後に成果が出る、とな。前に朝勉強する習慣が続いたのは半年くらいだけだったので成果が出なかったのだなぁとつくづく。夜のうちに明日の朝やることを決めておく、30分早く起きるために30分早く寝る(劇変させない)というのは正。

  • 朝のご利益を感じながら生きようと再度痛感した、

  • ・朝勉強するために夜は早く寝てしまう
    ・朝の時間は進むスピードが遅い
    ・業績の良い社長は7時半から仕事を開始している
    ・朝の方がインプットの時間を確保しやすい
    ・朝は集中力が高い、時間の制限があるから
    ・夜のうちに翌朝の勉強内容を決めておく
    ・朝勉強の習慣が確立されるのに時間がかかる、粘り強く
    ・習慣を変えるには時間がかかる、まず30分から始める
    ・関連書を10冊20冊読む、2冊や3冊ではだめ
    ・良いと思った著者の本を全部読んでしまう
    ・読むべき本がない時は良書と判断したものを繰り返し読む
    ・英語学習は英語字幕でTVを見る
    ・通勤時間で効果的なのは、ipodtouchでDVDを見ること
    ・夜は暗記モノの勉強が有効
    ・朝勉強は自分のためでなく大切な人のためにする
    ・変化が現れるクリティカルポイントまで粘り強く
    ・変化が出るのは15ヶ月後
    ・独身時代は自己投資のお金を使う
    ・夫婦時代は朝の勉強が有効

  • ロビンズ氏はローン氏に対して、「その本はもう
    読みましたよ」と答えました。するとローン氏は
    「何回読みましたか」と尋ねました。
    ロビンズ氏は「1回です」と答える。
    するとローン氏は「私はこの本を10回以上
    読んでいる。私はお金持ちです。あなたは1回しか
    読んでいない。あなたは貧乏です。何か気づきませんか?」

    あなたの習慣は潜在意識(無意識)が操っていたのですよね。
    ということは、ある生産的な行動を潜在意識(無意識)に
    落とし込めば、あなたは何も考えずに生産的な活動を
    行うようになるのです。自動的に。
    それも毎日、無意識で。

  • 取り敢えず、誰にも邪魔されず集中しやすい朝の時間を有効活用すること。

    感謝の手紙を書くことが他人との差別化という例は、非常に良かった。

  • 本当に当たり前のことが書かれていますが、なかなかそれを実行できないという辺りのことを厳しく指摘していて、本当に腹が立ちます。
    でも、それも作者の意図。
    なかなかできないことをするから、人より差もつくし、自分の力になるという気がします。
    ぜひ、読んでみて、作者の意図に、乗せられてみて下さい。
    僕はもう始めてみました!

  • 着実にインプットの総量を増やす やるかやらないか 自然淘汰 負け組は社会に必要な存在 他の人が簡単に出来ないから、価値がある TOP10%
    一般解と特殊解 知っていることと習得していることでは次元が違う
    繰り返し見られるDVD 映像や状況とセットで単語・フレーズを覚えられる
    映像付きで単語・フレーズを覚えると、検索が超簡単
    覚える単語・フレーズの対象が、目に見える、または体験できるときときと同時に覚える 繰り返し学習 覚えたフレーズを応用して、別のフレーズをつくる 強い動機 悪魔 必須条件=must
    どうして自分は朝早く起きて勉強する必要があるのか? 自分に焦点を当てると人間は弱い。自分以外のために焦点を当てると、人間は物凄い力を発揮する あなたを突き動かすホットボタンとは? 強い憤り 負け組を選んだ人たちのおかげで、勝ち組がラクして勝てる
    クリスティカルポイント=臨界点=物質が形を変えるポイント 液体が気体に 0か100の世界 継続をしなければ、失敗する確率は100% 天動説から地動説に変える パラダイムシフト特殊解を選ぶ人の成功の確率は何%か? 繰り返すことで能力が開発される 頭で知っていることと習得していることは違う 体で覚える 無意識(潜在意識)に落とし込む 人間はすぐに忘れる動物だから、何度も反復しないと習得できない 不安はすべて紙に書き出す 「知っている」と「体で覚える」の大きな違い! 反復しなければ、絶対にいい結果は出ない 他人の3〜5倍の量多く勉強や練習をしないと差別化できない 今のあなたに必要なのは実践です 勉強・努力するのが先、セルフイメージをあげようとするのは後失敗モデルのまったく逆を実践し続けました 負け組と逆の行動を取ればいいだけ

  • 勉強し、市場価値を高めることを知りたくて読書。

    勉強し続けるメリットを学ばせてくれる。凡人である私は人の3、5倍は努力しなければいけないと自覚している。それを改めて気づかせてくれる1冊。

    プロローグで書かれている通り、直線的な書き方も多いため読者からの評価は2極化していると著者も自覚している。しかし、それも計算した上で書いているそうだ。

    私には著者の気持ちがガツンと心に響き、自分のために努力しなければと奮起させてくれる。

    良書は10回でも100回でも人の数十倍読む。紹介されている『思考は現実化する』(ナポレオン・ヒル)は7から8回ほど、『生き方』(稲盛和夫)、『7つの習慣』(スティーブン・コヴィー)、『道は開ける』(デール・カーネギー)はそれぞれ1回ずつしか読んでいない。全く読書量が足りていないことを反省させられた。

    「第7章 自己啓発の落とし穴」は、軽く衝撃を受けた。しかし、同時にその通りだと痛感する。

    セフルイメージを高める→実績や知名度がない人間が高めても意味がない。
    方法や学習法を学ぶ→まず勉強する習慣を身につけることが先。それから考える。
    人脈を作る、広げる→平々凡々な庶民では広がらないし、活用もできない。

    まずはコツコツと勉強を続けて、市場価値を高め、結果を出し、魅力ある人的資源となることを幹に据えて取り組むことが王道。

    再読する予定本。

    読書時間:約50分

  • かなり強烈な語り口で書かれた本。勝ち組なるか負け組になるかは自分で選んでいるってところが印象に残った。
    例え話も簡単に理解できてかなり納得させられる。
    心なしか朝早く起きれるようになったので、次は勉強する。
    時間はないけど、やりたい勉強はたくさんあるので。

  • 今更「朝」の大切さをどうこう言うつもりはないのですが、
    今一度自分も確認するという意味で、
    歯磨きしながら毎日少しずつ読んでいました。

    著者は、結構ズバッと言い切るタイプで、
    人によっては不快な気持ちになってしまうかもしれません。
    が、その分、心に響く人にはビリビリ響きそうな爽快感です。

    勉強する大切さを再確認したい人、
    朝勉強するモチベーションとしたい方は、
    読んでみるといいのではないでしょうか。

  • やり方さえ間違っていなければ、15カ月以上やり続ければ何かが起きる。液体の水が沸点に達して気体に変わるように、何かが起きる。
    p.139の図がすっとくる。

  • なぜこの本に行きついたのかわからないけれど、購入そして読了。

    朝30分を続けなさい、ということで朝人間になることがいかに時間的にも効率的にもよくなるか、ということを検証した?本。(タイトルから推察できる)

    個人的には朝の大切さは理解しているし、実践している側の人間なので、どのように筆者の古市さんが朝の重要性を説いてくれるか、楽しみに読み進めてみた。

    まずは夜に仕事や勉強をするのことの非効率さ、それを対比にした朝の時間の質の良さなどの話がされている。

    ただ、精神論的なところや古市さんの主観が強すぎて、読んでいる側からすると押しつけがましく感じる部分もあるかもしれない。

    著書中盤ではどんな勉強をするか、そして古市さんの体験談という風に進んで自己啓発の落とし穴という形で結んでいる。

    確かに、朝に勉強や仕事や雑事を行うのは効率的だと思う。
    ただ、検証の仕方やサーベイがお粗末なので、説得力がない。
    せっかく、朝の爽快感やフレッシュ感を伝えることのできるテーマなのに、朝早く起きてこれをやりなさい!と言われれば、少し反発したくなるのは天邪鬼の私だけだろうか。。。

  • 自己啓発色が非常に強い一冊。
    継続は13ヶ月が最低でも必要と思わせてくれるかも。

  • 著者経歴:古市幸雄。東京生まれ、明治学院大学文学部英文科卒業。読売新聞社編集局写真部退社、ニューヨーク州立大学で経営学修士(MBA)取得。帰国後、翻訳会社、英会話学校などを立ち上げる経営者。

    当たり前のことを当たり前にやれば成長する、ということを自己の経験と合わせて厳しめに述べた内容。英語の勉強の必要性、朝活の効果、良本は繰り返し読め、など基本生活を向上させることを強く意識させてくれる本としては良本。

    しかし、世の成功者の例、計算式に当てはめて伝えようとするのは正直下手で伝わらない。自身に響くところだけ抽出して活用するのがベター。

  • 勉強することが、どれだけ大切か、が書かれています。ごく当たり前のことが書かれていますので、勉強する習慣がついている人は読む必要はないでしょう。

    ですが、勉強の習慣がついてない人にとっては、どれだけ勉強が大切か、思い知らせれます。

  • 同じことが何度も何度も繰り返されている本。
    継続が大事。自己投資が大事。

    他人と差別化するには勉強して抜きんでる必要がある。
    継続するにはモチベーションが必要。

    著者の少し上から目線の書き方には違和感を感じますが。
    あえてそういう書き方をしているとのこと。

    最後には理由が分かりますよと書いていましたが。
    あまり納得できる答えではなかったような気がします。

    信じる者しか救わない神様のように。
    興味がないなら、どうぞつまらない人生を送ってくださいと言わんばかりで。

    読者に媚びる必要はないかもしれないけど。
    必要以上に不愉快にさせるような書き方をするのもどうかと思いました。

  • できたらいいなとは思うけど、できないなーという感じ。まず朝型人間にならなくては。

全39件中 1 - 25件を表示

「朝30分」を続けなさい! (PHP文庫)に関連する談話室の質問

「朝30分」を続けなさい! (PHP文庫)を本棚に登録しているひと

「朝30分」を続けなさい! (PHP文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「朝30分」を続けなさい! (PHP文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする